ネタバレ映画館

最強寒波が来るから
早めに映画観ておいた方がいいですよ!

ゼロの焦点(1961)

2006-02-19 20:12:45 | 映画2006
 映画を観て帰宅すると「笑点」の時間に間に合いませんでした。

 2時間サスペンスの原点のような映画でした。数ある2時間サスペンスのスタッフはロケや設定、編集技術をこの映画から吸収しているに違いないと思えるほどです。ストーリーは難しくないし、犯人当てだって簡単。松本清張作品の中でも推理の醍醐味を味わう小説ではなかったと思いますし、それよりも犯人の過去やその過去にまつわる悲しい人生の登場人物をクローズアップした社会派作品です。戦争についての映像は一切出てこないのに、日本の敗戦によって悲惨な運命に翻弄される女性たちが日本海独特の暗さと重い空気に溶け込んでゆく。「戦後は終わった」と言われた昭和30年代にあっても、その暗い陰は人々の脳裏に根付いていたのです。過去を隠さねばならなかったというテーマは森村誠一の『人間の証明』にも通じますが、今の時代とは違い、犯人側の背負った重い運命にも涙せずにはいられませんでした。

 舞台は金沢を中心とした石川県。今冬は久しぶりの豪雪となりましたが、45年前の豪雪の映像には驚きました。しかも主人公の女性(久我美子)はハイヒールで雪道を歩くという無鉄砲ぶり。「だから都会の女性は・・・」などとブツブツ言ってしまいそうになりましたが、彼女は新婚7日目。新郎は広告会社金沢支店所長という肩書きでしたが、「ブーツを忘れずに」との忠告もする暇がなかったのだと思われます。しかも夫が謎の失踪という災難に遭ったので、気が動転していたこともあったのでしょう。手掛かりを探すため、今は無き路面電車で寺町3丁目へ向かい、得意先の社長宅に到着する。社長の大邸宅は『野性の証明』と同じく成巽閣だ。そして、これも今は無き北陸鉄道能登線に乗って能登半島のヤセの断崖へ。荒れた冬の海から押し寄せる白波も印象的ですが、ラストシーンにも登場する断崖から見た日本海には、どんよりと曇った空から一条の光が差し込んでいるという絶妙のタイミングを狙った効果がありました。

 事件の語り手のようでもある主演女優の久我美子よりも、高千穂ひづると有馬稲子がとても良かったです。特に、実はこれが真相だという回想シーンにおいて、有馬稲子の全てを許すかのような優しい目には泣けました。若き日の加藤嘉や西村晃も熱演しています。

 しかし、雪が降らない太平洋側の人がこの映画を見ると「北陸には住みたくない!」と思うこと間違いありません。それほど暗いのです。これは雪国の人間が自虐的に楽しむ映画。そして暗さから脱却し明るい性格になろうとする再生のための映画なのかもしれません。

★★★★★(もちろん地元びいき)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« ナイト・オブ・ザ・スカイ | トップ | アサルト13 要塞警察 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
懐かしい (中年ジュリー)
2006-02-20 15:34:24
「ゼロの焦点」原作も読み、映画も観ました。

が、ずいぶん昔のことなので、詳しいことは全部忘れています。



男優は南原宏治でしたね。

「君の唇、やわらかいね」

と新婚旅行で夫が言い、それがひとつの手がかりになる、そんな展開だったような。

失踪の原因が、立川基地に関係していたようにも記憶しています。



とにかく懐かしくなって、失礼を顧みずコメントしました。

北陸の冬 (kossy)
2006-02-20 19:14:59
>中年ジュリー様

南原宏治をご存知とはさすがです。

しかも細かいシーンまで・・・

夫には他に女がいるんじゃないかと疑う大切なシーンでしたが、後半の高千穂、有馬の両女優のおかげで印象が薄くなってしまいました。

俺は原作とテレビドラマ版しか観ていなかったので、かなり新鮮にうつりました。寒い北陸、見終わったらますます寒さを感じてしまいました(笑)

シネモンドに感謝です・・・
kossyさん、こんにちは~♪ (ルールー)
2006-02-21 14:11:12
この作品は、昨年亡くなられた野村芳太郎を偲ぶ監督特集で、銀座の東劇でいろんな作品が上映されたときに観ました。

高千穂ひづるさん、この映画と同じくこの特集で上映された『張込み』で初めて知った女優さんでしたが、すごく雰囲気があってキレイでしたね。

有馬稲子さんもイイ感じでしたよね~昔の俳優さんたちは本当に美しくオーラがあったと思います。

久我美子さんのハイヒールにはホントびっくりしました。(^^;;;

石川県の金沢や七尾は母の実家があるので他の場所より親しみがあるんですけど、やっぱり住みたくはないかもー
野村監督特集 (kossy)
2006-02-21 16:32:46
>ルールー様

コメントありがとうございます。

こちらでも現在シネモンドという映画館で特集やってるんです。

『張込み』も観ました。

高千穂ひづるさんはほんとに綺麗です。

現在、俺は一時的な高峰秀子ファン。

テレビで古い映画が放映されても普段は観ないのに、高峰秀子が出演してるとついつい観てしまいます。



石川県はやっぱりダメですか~~(笑)

県民にとっても一番嫌な季節だけの映画ですもん・・・
こんにちは♪ (ミチ)
2006-02-22 17:55:17
母を連れて見に行ってきました。

母はシネモンドが初めてだったのですが、規模といい場所といい驚いておりました。

なんだか地元のあちこちが出てくるのっていいですよね~。

見覚えのある風景が幾つも!

それにしてもすごい積雪量でしたね。

三八豪雪じゃないと思うのだけど、昔はたくさん降ったのかな?

金沢弁もみなさん頑張ってました。

気持ち悪かったのはラブシーン。

あんなに近距離でキスシーン撮らなくても・・・はきそうでした(爆)
地元 (kossy)
2006-02-22 23:10:02
>ミチ様

俺も生まれる前の金沢。

市電には乗ったことあるけど、ほとんど覚えてません。

そういや一番金沢弁が上手かったように思えた有馬稲子さんでしたけど、設定では都会の人ですよね?

数年住んでるだけでも上達するなんてすごいことです。おまけに英語もペラペラだったし・・・
ブックマークしました (green_spice7)
2006-02-27 01:01:29
はじめまして!時々覗かせてもらってます。

「ゼロの焦点」は、後半は有馬さんが見せ場かっさらっていった感でしたね。



私のブログのブックマークにこのサイトを追加したんですが、どうやってお知らせしたらいいのかわからず、ここにコメントさせてもらいます。

(いまだブログを使い方をよーわかってないもんで・・・(~_~;))
ありがとうございます (kossy)
2006-02-27 13:23:42
>green_spice7様

はじめまして。

ブックマークのご報告ありがとうございました。

『ゼロの焦点』での有馬稲子さん。ほんとに金沢弁が上手でした。自然だからこそ、演技も映えるんですよね~

映画のレビューも参考になりました。

今後も、こちらからもちょくちょく遊びに行かせていただきます。よろしくお願いいたします。
拝見しました。 (サリー)
2009-11-21 23:33:36
子供の頃住んでいた北陸が舞台ですね。
確かに今思いだしてもあまり明るい想い出はありません。
昔の女優さんはこの方達が演じていらしたのですね。
新作とはどんな違いがあるのか、まだ映画を見てない私には新鮮なお話しでした。

コメントを投稿

映画2006」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

『ゼロの焦点』(1961) (【徒然なるままに・・・】)
挙式の一週間後、夫の憲一は前任地の金沢へと引き継ぎの為に旅立った。だが新妻の禎子に会社からもたらされたのは、憲一が突如行方不明になったという報せだった。憲一の足跡を追って禎子は急ぎ金沢へと発つが、その行方は杳として知れず、憲一が昵懇にしていたという取引...
● 「ゼロの焦点」1961 (月影の舞)
「ゼロの焦点」1961 「松本清張映画ベスト10 DVD&BOOK 02 『ゼロの焦点』」 小学館/2009.11.11/3465円 1961年の作品。 今公開の「ゼロの焦点」を観て、 ムショーに旧作が観たくなって、 1961年作のDVDを思わず、買ってしまった。 ...