ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

ハッピーフィート

2007-03-18 01:39:34 | 映画2007
 魚が獲れなくなったのはIWC(国際捕鯨委員会)のせいだろ!

 この作品でもテーマとなっていた、人間=エイリアンが原因というのは間違いではないかもしれないけど、捕鯨を禁止されたせいでクジラが過剰になっているからだ。日本の鯨肉食文化は縄文時代からあったとされているほど馴染みの深いもの。それに美味しい。最近はちょくちょくスーパーでも見かけるようになったが、鯨肉を食べたことのない世代がいることも事実。生態系の変化による環境激変という警鐘があるものの、絶滅の危機に瀕しているわけでもない食用の鯨まで禁止するアメリカは京都議定書にも調印しないほど環境問題を無視している・・・しかも最近はクジラに殺された人も・・・

 などといった問題はさておいて、冒頭から懐かしの洋楽のオンパレードにノックアウトされてしまいました。いきなりビートルズのカバーから始まるなんてしびれます。スティービー・ワンダーやEW&F、クイーンといったカバー曲で圧倒されたというか、もう涙が止まりませんでした。とは言っても最も印象に残っているのがロビン・ウィリアムズの「マイ・ウェイ」だったりします。早速サントラを購入しようと近所のツ○ヤへ行ったら置いてなかったので、今日のところは試聴サイトで我慢です。

 ストーリーも音楽とダンスというモチーフを活かし、言葉は通じない動物であっても通じる部分があるというテーマに展開させたアイデアがいい。恋の歌が得意な皇帝ペンギンであっても、彼らの歌うメロディは動物がただ鳴いているだけにしか聞えない。自らの声帯ではなく、モノを鳴らしてリズムをとる。エイリアンと交信するために科学技術の粋を結集した方法をとるSF映画に比べると、なんと原始的で論理的なんだろう。音楽が言葉以上に生物の公用語となる夢のようなお話でした。

 もちろん映像面においても、CGの最終進化形と評価してもいいくらい素晴らしいものでした。ペンギン描写の細かさや、南極の巨大な氷と人間の建造物。さらに海水ジャンプだとか、動きもぶったまげるほどの迫力で、落下を体感できました。もちろんペンギンダンスのリアリティはモーション・キャプチャーによって、実際には有り得ない動きをコミカルに演じている。人間は実写なのかわかりませんでしたけど、『トイ・ストーリー』での違和感もこの手法で解消されることでしょう。

 「デイヴ・・・」などと『2001年宇宙の旅』のパロディのような台詞には笑ってしまいましたが、「質問は一つじゃ」という台詞なんてのは『A.I.』だったのか。もしかすると『未知との遭遇』リズム版という一面もあったのでしょうか。小ネタを探す暇もないほど夢中になってしまったのも事実。もう一度観たくなりました・・・

★★★★★
(字幕版)
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (28)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
« 映画ドラえもん のび太の新... | トップ | デジャヴ »
最近の画像もっと見る

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
結局南極大冒険!? (たましょく)
2007-03-18 11:09:03
 ども、たましょくです♪

 主人公のマンブルよりも脇役たちの存在感が
ステキでした。ペンギンがあの体型で見事なタ
ップやダンス、歌を披露してくれたこと、CG
の出来映えの高さも相まって終始釘付け。

 あー「A.I.」ですか!確かに、そー言われ
るとそんな感じしますね~。それにしても、ラ
ブレイス、ホントに苦しそうだったw
満点 (kazupon)
2007-03-18 12:06:11
なんとなくkossyさんは高評価だろなって
予測してましたがやっぱり(笑)
自分も全く同感ですごく楽しめました。
何度も鳥肌でしたよ~
サントラすぐに欲しくなる映画って結構
何度も見返すんじゃないかと思います。
吹き替え版ばっかりみたいですけど、
結構大人に見てほしい映画ですよね!
オーストラリア凄過ぎ (JEFF)
2007-03-18 12:14:16
最近のオーストラリアブーム凄いですよね。
途中で登場する人間は実写なんじゃないかって思っちゃうほどの出来になってましたよね。
動物園でのペンギンの描写があまりにもリアル過ぎて、もう水族館でペンギン直視できません。

よくよく考えると、環境問題とミュージカルを掛け合わせた、2006年の映画のトレンドをふまえた作品なんですよね。
アカデミー賞受賞も納得。
もうアニメはアメリカの時代じゃなくなったね。
サントラ (にゃんこ)
2007-03-18 20:34:20
こんばんは~
2回目鑑賞してきちゃいました(爆)
サントラ いいですよ~~~
観る前から散々聴いて、今日の映画館への行き帰りも
聴きまくって・・・映画観ちゃって浸りまくり(笑)
今日は吹替えでしたけど、ほぼ満足です。
でも、やっぱり字幕がいいなぁ~
ノーマ・ジーンがはじめてマンブルと会ったときに
魚を吐き戻してあげてたでしょ?
あそこの訳し方が違うんだなぁ~
まぁ、文字と音声だと、音声のほうが柔らかなニュアンス(笑)
やっぱりおこちゃまも観るので、考えたのかな~
と、思いました。
こんばんは! (由香)
2007-03-18 20:48:02
kossyさん、こんばんは!
昔の給食の『鯨の竜田揚げ』は美味しかったなぁ~
あっ年がバレバレ。。。爆

なかなか楽しめる映画でしたね。
映像も綺麗だったし、歌とダンスも良かったです。
最後の展開はバタバタだと思いましたが。。。
一緒に観た子どもは喜んでいました~^^・
クジラ (kossy)
2007-03-18 23:55:32
>たましょく様
脇役たちもよかったですよね~
ロビン・ウィリアムズもほどほどの目立ち方だった。
ミュージカル仕立てになっていましたけど、
このくらいが丁度いい!
CGの技術も凄いものです。

他にも「AI」ぽかったところがあったんですけど、
「2001年」といい、キューブリックへのオマージュかな。

>kazupon様
いつもありがとうございます。
俺が高評価になるだろうだなんて、いつも読んでくださってるからわかるんですよね。そう言われるととてもうれしいですよ~
やっぱり音楽映画って最高!
しかも歌が上手くなっていくといった成長物語を想像してたけど、そうした期待を裏切るような展開も素敵でした。
大人にも観てもらいたいですね~特に音楽好きならば必見です。

>JEFF様
人間が登場したときには驚きました。
まぁ、CGなんだから、人間を撮影してコンピュータに取り込めばそっくりになるんだから当然なんだろうけど・・・
水族館のペンギンたちを見て、こんなに色んな種類のペンギンがいるんだ~と、ペンギンマニアじゃないために驚いてしまいました(汗)
なるほど・・・ミュージカルは最近のブームでもあったんですね。言われて初めて気づきました。個人的には『レント』は映画館で観たかった・・・

>にゃんこ様
おお~!!もう2回目!
俺はちょっと忙しくて、リピートが難しくなってきました。
これならサントラ買うよりDVDを待ったほうがいいのかな~なんて思ってもみました。
あと2回観ることができるなら、吹替えも体験してみたいところですが、吹替版を観た人の評判ってあまり良くないみたいですね・・・
最近では『ニモ』を字幕と吹替で比べてみましたけど、あれはどちらも良かったなぁ。ミュージカルがはいってくるとやっぱり字幕ですよね♪

>由香さま
鯨の竜田揚げ・・・ヨダレが出てくる・・・
家ではクジラの白身も味噌汁に入れたりなんかして、なかなか美味しいものなんですけど、やっぱり赤身がいいですよね。
もっと鯨肉が普及しないかなぁ・・・

CG映像と音楽。
これほど完成度の高いアニメはなかなか出てこないですよね。
出た、5つ星 (rukkia)
2007-03-19 18:38:11
kossyさんは音楽だけで星ふたつ分くらいありそうな勢いですね。
私はブリタニーが不満で辛くなりました(^^;

CGは圧巻でしたね。
実写人が出たのはびっくりしましたが。まあ、それもありかなと。
いくつになっても・・・ (はなな)
2007-03-19 20:47:18
この映画、体の中に少しでも音楽を聴くとリズムとってしまう遺伝子(="ノリノリ遺伝子"というか?)、を持っていたら、お年に関係なく、一緒に体が動かしたい衝動に駆られたのでは。

椅子に座ってみる映画、というより、自分も踊ってみたら楽しい映画?

往年のロボコップがヒットしたとき、米の劇場では音楽に合わせてジャガジャガお客が踊り、いいシーンでは「ロボコップ!」と叫ぶ、という、妙な一体感あったそうです。
この映画は、もう少し穏やかな作品ですが、やっぱりノリノリ!で参加したくなる作品ですね。
自分もペンギンになる一瞬があったのでは?

楽しかったです。
私は・・・ (しんちゃん)
2007-03-19 22:33:21
 映像音楽★4つでストーリが★2つ(笑)
で、総合は★3つにしました。

 オープニングの「ゴールデンスランバー」でしびれて・・・メンフィスとノーマ・ジーンという名前にしびれて(笑)

 ずっと面白かったんだけど、子どもには自然界において「異端」はやっぱ「排除」されるものだということをちゃんと教えてあげなきゃいけない映画だなぁって思いました。

 人間が絡んできたので、一気に冷めちゃったんですよね(^^;
実写なの? (kossy)
2007-03-20 00:15:31
>rukkia様
そうかぁ~読まれてたか(笑)
音楽映画に関しては俺の評価は参考にならないことがバレてしまいましたね。
この映画のオープニングから涙を流せる人なんて1%くらいしかいないんじゃないかと思います。
ブリちゃんのパートは誰なのかわかんなくて、さほど気にならなかったです・・・

>はなな様
そうそう!そうなんです。
館内は人がまばらだったために隣の人が足でリズムをとっていたのかどうかもわかりませんが、俺だけ頭でリズムをとってばかみたいでした(汗)
さすがに立ち上がる人はいなかったけど、やってみたかったなぁ・・・

『ロボコップ』でそんなに盛り上がっていたのかぁ~知らなかったな。俺は映画館で観たけど、そんな動きは全くなかったです。

帰り道タップダンスの真似をしてころんでいる人がいましたよ!(うそだけど)

>しんちゃん様
ストーリーはだめでしたかぁ~
まぁ、そんなにたいしたことはないのかもしれないけど、俺的には大満足でした(汗)
みなさんが書いてるような環境問題なんて全然思い浮かばなかったし、やっぱ音楽に夢中になってしまって・・・
ラップとかヒップホップなんてのも元々は異端の音楽から広まったものだと考えれば、こういう世界もありかな~なんて(笑)

コメントを投稿

映画2007」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

47 トラックバック

「ハッピーフィート」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
ツボを押さえたつくりながら、社会性メッセージが鼻につくところも。様々なCGアニメが作られるようになって、単なるCGの技術だけではヒットが難しくなる中、昨年の全米興行で大成功を収めた本作。ペンギンに踊らせるという時点で営業面でのアピールを難なくクリア。本編で...
『ハッピーフィート』 吹き替え版 (Sweet* Days)
監督:ジョージ・ミラー 声:手越祐也、ブラザートム 他 アカデミー賞長編アニメ映画賞受賞 STORY:歌で求愛する皇帝ペンギン達が暮らす南極大陸。メンフィスとノーマ・ジーンの間に生まれたマンブルは歌が歌えず、足をパタパタと動かすだけだった・・・ まさ...
ハッピーフィート (Blossom Blog)
ハッピーフィート HAPPY FEET 監督 ジョージ・ミラー オーストラリア アメリカ 2006
ハッピーフィート(字幕版) (何書☆ねくすと)
評価:☆  ペンギン魂度:85% 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない) 『あらすじ』  南極大陸で繁殖期を迎える皇帝ペンギンたち
ハッピーフィート (Akira's VOICE)
個性は自分を救う。
ハッピーフィート (It's a Wonderful Life)
♪Once there was a way to get back homeward  Once there was a way to get back home  Sleep pretty darling do not cry  And I will sing a lullabye・・・♪ うわ!始まったら静かに聴こえてくる曲は ビートルズの「アビーロード」、いやポール・マッ...
ハッピー フィート @試写会 (シュフのきまぐれシネマ)
ハッピー フィート  2/28(水)@一ツ橋ホール(試写会) 監督?:?ジョージ・ミラー 声の出演?:?イライジャ・ウッド?、?ヒュー・ジャックマン?、?ニコール・キッドマン?、??ロビン・ウィリアムス?他 配給:ワーナー・ブラザース チラシやポスターを見
ハッピー フィート (そーれりぽーと)
ゴキゲン(死語)なハッピーチューンにのせて、CGのペンギンが歌って踊る劇場予告編が気になっていた『ハッピー フィート』を観てきました。 ★★★★★ 映画『皇帝ペンギン』は、この映画の為のプロモーションだったのか。 あれを観てから『ハッピー フィート』を観る...
ハッピーフィート (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第79回アカデミー賞 長編アニメ映画賞受賞可愛いペンギンの映画は、歌って踊ってだそうだから、やっぱり字幕でなくっちゃ【story】南極に住む皇帝ペンギンたちにとって、人生で一番大切なもの、それは『心の歌』。ところが、マンプルは筋金入りの音痴だった!長老たちや...
【劇場映画】 ハッピーフィート (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 南極に住む皇帝ペンギンたちにとって人生で一番大切なのは、自分だけの“心の歌”を見つけ、生涯の伴侶にふさわしいパートナーの愛をゲットすること。ところが、そんななかに、ひとりだけ筋金入りの音痴ペンギンが…!彼の名前はマンプル。長老たちや仲間...
「ハッピーフィート」:品川駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}おいおい、品川駅前のシネコンではもう「ハッピーフィート」を上映してるのか? {/hiyo_en2/}これは、予告よ。上映は春休み。 {/kaeru_en4/}でも、俺たちはこの映画観たぜ。 {/hiyo_en2/}ホールの試写会でね。 {/kaeru_en4/}そっか。でも、このシネコン、隣...
「ハッピー・フィート」先行上映で見てきた映画感想 (Wilderlandwandar)
なにかと話題の踊るペンギンアニメ映画「ハッピー・フィート」(原題HappyFee
ハッピーフィート (エリ好み★)
可愛すぎですよ、赤ちゃんペンギン…{%exmark2%} デート向きの映画です。
『ハッピー・フィート』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
毛先までフワフワの踊るペンギンに心までメロメロになる映画『ハッピー・フィート』 劇場予告の時からあの可愛さにメロメロだったのですが、いざ劇場で見るとやっぱりあの可愛さは、反則技です。(笑) 開始十数分後、卵から足だけニョッキリと出して、トテトテ歩く主人公...
ハッピー フィート (2006) 108分 (極私的映画論+α)
 日本語吹き替え版で観ました。 父親がメンフィス、母親がノーマ・ジーンってギャグがどのくらいの人にわかるんだろうか(笑)
ハッピー フィート/イライジャ・ウッド (カノンな日々)
これは絶対オリジナルの字幕版で観なくっちゃっていう映画ですよね。だって音楽&ダンス映画なんですからッ。けっこう早い段階から気合いの入った劇場予告編が流れていたと思うんだけど、コレはよっぽどの自信作だったんでしょうね、きっと。制作サイドの意気込みがビシビ...
映画『ハッピーフィート』 (翠の独り言)
今年のアカデミー賞で長編アニメーション映画賞を受賞した『ハッピーフィート』を見てきました! ペンギンがダンスをしている予告が印象的なこの映画。自らタップを踏む私としては、公開前からとても気になっていた映画でした。
ハッピーフィート (C'est Joli)
ハッピーフィート’07:オーストラリア/アメリカ ◆監督・脚本:ジョージ・ミラー「ベイブ・都会へ行く」「マッドマックス」シリーズ◆声の出演: イライジャ・ウッド、ブリタニー・マーフィ、ヒュー・ジャックマン、ニコール・キッドマン、ヒューゴ・ウィーヴィング、...
映画「ハッピーフィート」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ハッピーフィート」(字幕版) 南極大陸を舞台に、音痴のペンギン・マンブルの奮闘を描いたミュージカル仕立てのフルCGアニメ。 皇帝ペンギンのメンフィス(声:ヒュー・ジャックマン)とノーマ・ジーン(声:ニコール・キッドマン)夫妻に、息子のマンブル...
『ハッピー フィート』 (Give me your paw !)
2006年 アメリカ HAPPY FEET監督 ジョージ・ミラー出演 (声)イライジャ・ウッド、ヒュー・ジャックマン、ニコール・キッドマン、ブリタニー・マーフィー、ロビン・ウィリアムズ 他 南極に住む皇帝ペンギンたちにとって人生で一番大切なのは、自分だけの“心の歌...
映画「ハッピー フィート」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年22本目の劇場鑑賞です。レイトショーで観ました。「ロレンツォのオイル/命の詩」「ベイブ/都会へ行く」のジョージ・ミラー監督作品。南極に暮らす皇帝ペンギンたちの世界を歌と踊りで綴るファンタジー・ミュージカル・アニメーション。誰もが自分だけの“心の歌”...
『 ハッピーフィート 』 (My Style)
南極大陸を舞台に、ペンギンたちが歌って踊る楽しいお話。 音痴のペンギン・マンブルの大冒険を描いたミュージカル仕立ての フルCGアニメ映画。 このフルCGってのが、スゴイ☆ ペンギンの毛並み1本1本も細かーく・・・もう、ふわふわ感とか たまらな~いっ。気持ち...
ハッピー・フィート (ももママの心のblog)
皇帝ペンギンは心の歌を歌う。それは彼らにとってとても大事なことなのだ。それなのに、とびきり音痴に生まれたマンブル坊や。その代わり、タップダンスが天才的にじょうずなのだけど、皇帝ペンギンの社会では認められず・・・。
ハッピーフィート(字幕版)/ボイスキャストは豪華!! (銅版画制作の日々)
 声優が豪華キャストです。主人公のペンギンマンブルのボイスキャストにはあのイライジャ・ウッド。マンブルの両親ペンギン☆パパメンフイスにヒュー・ジャクマン、ママノーマ・ジーンは二コール・キッドマンなのです。これから鑑賞の方、出来れば字幕版で生の声を堪能し...
ハッピーフィート (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 22日がバイトの休みだったので、その前日の夜に期待のCGペンギンアニメ「ハッピーフィート」を観てきましたよ!  皇帝ペンギンたちの世界では”心の歌”が大事です。  将来人生をともにする相手の心を掴むため、魂から湧き出る”心の歌”を見つけ出すことだ大切...
「ハッピーフィート」 か~わ~い~い~~ (はらやんの映画徒然草)
「ドリームガールズ」に続いて同じ日に観賞しました「ハッピーフィート」です。 今日
ハッピーフィート (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
南極に暮らす皇帝ペンギンたちの世界を歌と踊りで綴るファンタジー・ミュージカル・アニメーション。 かるく一昨年の「皇帝ペンギン」が過ぎりますたが...そうか、「皇帝ペンギン」がどうして撮られることになったか...
ハッピー フィート (小部屋日記)
Happy Feet(2006/アメリカ) 【劇場公開】 監督・脚本・製作:ジョージ・ミラー 声の出演:イライジャ・ウッド/ブリタニー・マーフィー/ヒュー・ジャックマン/ニコール・キッドマン/ヒューゴ・ウィービング/ロビン・ウィリアムズ ペンギンの生態、生命力の強さ...
ハッピーフィート/字幕版(映画館) (ひるめし。)
キミの"心の歌"は何? このステップが、ぼくの気持ち。
ハッピー フィート (ひめの映画おぼえがき)
ハッピーフィート 監督:ジョージ・ミラー 声の出演:イライジャ・ウッド、ブリタニー・マーフィ、ヒュー・ジャックマン、ニコール・キッドマン、ヒューゴ・ウィーヴィング、ロビン・ウィリアムズ... 「このステッ
★「ハッピー フィート」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日休みは、シネコンをハシゴして計3本の鑑賞。 こちらは「川崎チネチッタ」で見た1本目。 平日だっていうのに子供が多いな・・・と思ったら、 世間はもう春休みだったのね・・・子供向けアニメのラインナップも多いし。
Happy Feet (ハッピー フィート) (アリゾナ映画ログ - 砂漠から...)
2006年11月24日鑑賞Tagline:  WARNING: May Cause Toe-Tapping. ストーリー寒い南極大陸、そこに住むのはアツい皇帝ペンギンたち。飛ぶことをやめて数千万年、長~い歴史の教えを守り、日々の糧を授かっている。
ハッピーフィート (八ちゃんの日常空間)
最初の2パターンある歌だけの特報に度肝を抜かれました。これまでのCGアニメーションと違ってデフォルメとかされていないキャラクター、美しい絵。単に凄いアニメが出てきたなぁ~、とか思って期待していたのですが、期待度をはるかに上回りました。
【ハッピーフィート】 (+++ Candy Cinema +++)
【英題: HAPPY FEET 】 ◆監 督   ・・・ ジョージ・ミラー ◆脚 本   ・・・ ジョージ・ミラー/ジョン・コリー/ジュディ・モリス/ウォーレン・コールマン ◆声の出演 ・・・ イライジャ・ウッド(マンブル)
ハッピー・フィート (人生・ダグアウト -dugout of life-)
 評価/★★★☆☆ (ユナイテド・シネマにて鑑賞)  監督:ジョージ・ミラー  Mr.インクレディブルよりこういう作品は吹き替えに心を決めている自分。今回は正解だったのかどうかいまいち微妙かな??(だって、"Mr.イン…"の黒木瞳のはまりぶりがあまりにも異常だっ...
ハッピーフィート (日々徒然ゆ~だけ)
 落ちこぼれペンギンのグローイングアップ物だと思ったら,いつアル・ゴアが出てくるかという展開…
ハッピーフィート (ルナのシネマ缶)
「皇帝ペンギン」の映画を観てから すっかりペンギンファンに なってしまったし・・・ 「カーズ」をおさえて、アカデミー賞の 長編アニメーション映画賞を 受賞した作品なので 絶対字幕で観ようと思っていました。 う~~~ん!やっぱり子ペンギンは、めちゃく...
ハッピー フィート (O塚政晴と愉快な仲間達)
―ネタバレしまくり― ペンギン、嫌いじゃありませんw。 アカデミー賞長編アニメーション映画賞を受賞した作品ってことで、観てみました。 ハッピー フィート ★★★☆☆ 精巧なCGで描かれた、皇帝ペンギンたちが主役のフルCGアニメ。 豪華...
映画 『ハッピー フィート』 (Death & Live)
おチャメとは、こういう時に使うのかいな? 『ハッピー フィート』  2006年 原題 : HAPPY FEET 監督 : George Miller ロビン・ウイリアムズとかね、 ブリタニー・マーフィーとかの声が聞きたいもので、 字幕に行きましたよ。 なんとも子ペンギン...
【映画】短足萌えなので。 (のびのびにっき)
「ホリデイ」を見たかったのだけど、公開日だけあって満席な有楽町。お近くでやってた
『ハッピーフィート』'06・米・豪 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ皇帝ペンギンのメンフィス(ヒュー・ジャックマン)とノーマ・ジーン(ニコール・キッドマン)夫妻に息子のマンブル(イライジャ・ウッド)が誕生した。パタパタと足を動かす妙な癖を持つマンブルはペンギンにとって大事な歌の授業中に音痴であることが発覚してし...
自己弁護の感想を強要●ハッピー・フィート (Prism Viewpoints)
尺不足を説教でカバー。 『Happy Feet』 南極大陸で一大帝国を築く皇帝ペンギンたちは、 心の中から湧き出る歌で愛を語り育むのが習わしで、 人生は歌で決まるといっても過言ではないほど。 ところが、メンフィスとノ
ハッピーフィート (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『史上初、”踊るペンギン”物語!』  コチラの「ハッピーフィート」は、3/17公開になった2006年度のアカデミー賞長編アニメーション賞受賞のキュートなペンギンが歌って踊るミュージカル・アニメなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  ペンギン達が寄り添っ...
映画評「ハッピー フィート」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年オーストラリア=アメリカ映画 監督ジョージ・ミラー ネタバレあり
<ハッピー フィート>  (楽蜻庵別館)
2006年 オーストラリア・アメリカ 108分 原題 Happy Feet 監督 ジョージ・ミラー 脚本 ジョージ・ミラー  ジョン・コリー  ジュディ・モリス    ウォーレン・コールマン 音楽 ジョン・パウエル 声の出演 イライジャ・ウッド  ブリタニー・マーフ...
『ハッピーフィート』(日本語吹替え版) (みみのお座敷)
某都内のさびれた映画館で見てきました[E:dash]。田舎町に住んでるので映画館
ハッピーフィート (Addict allcinema 映画レビュー)
このステップが、ぼくの気持ち。