ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

シリアナ

2006-03-05 04:27:54 | 映画2006
 うわっ、久しぶりに見た拷問シーン!痛いよぉ・・・

 これもまたスタイリッシュな映像。散りばめられたエピソードと若干の時系列操作によって、強烈な印象を与えてくれる。しかし、4人の群像劇風な作りになっている上に、中東におけるわかりにくい石油会社の裏舞台と場所がわからなくなるほどの国際色を出しているため、置いてけぼりを食らってしまうこと必至なのかもしれません。そうです、見事にやられました。これほどまでに理解できなかった映画は久しぶりでした。小学生時代に大人の映画を観てチンプンカンプンだったことまで思い出したくらいです。

 アラブの王子が採掘権を条件の良い中国に渡してしまったことに端を発し、米石油会社の合併に関心を抱いた政府とエネルギーアナリスト。そして解雇されたパキスタンの人たち。それぞれの思惑が中東を舞台に蠢いてゆくストーリー。最初はアナリストのマット・デイモンが息子を事故で失うといった悲劇に見舞われるのですが、途中から悲劇の主人公はジョージ・クルーニーへと移っていった。暗殺の失敗もあって、CIA本部からはスケープゴートとして裏切られることになるのです。とにかく拷問シーンは『マラソンマン』や『オールドボーイ』以来の凄さ・・・トラウマになりそうなほど痛々しかったです。

 群像劇の面白さは、それぞれの人間がクライマックスで出会い収束するところにもありますが、今までに見たこともないような瞬時の邂逅だったりして、印象に残るシーンでした。それぞれの運命や如何に?!と、会場が明るくなってもすぐには立ち上がれないほどの脱力感を味わえます。

 日本だって原油の輸入の9割くらいは中東に頼っている。本当は無関心ではいられないはずなのに、国内に165日分の備蓄があるなどといったことは知らないで過ごしています。70年代のオイルショックのことだって忘れ去っています。しかし、小学生の頃、トイレットペーパー不足になり、トイレに紙がなくて手で拭いてしまったことは忘れられません(嘘です)。

★★★・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (48)   トラックバック (91)   この記事についてブログを書く
« デタラメ映画館 その14 | トップ | 力道山 »
最近の画像もっと見る

48 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
僕が悪いんですが・・・ (はっち)
2006-03-05 06:50:30
お邪魔します~♪



そうです!中東の知識がない、公式HPで予習しなかった。全部僕が悪いんです・・・でも、よく解らんかった・・・



3つのストーリーが、どういう風に絡まったのかさえ解らない状態です(汗)
微妙 (祐)
2006-03-05 08:20:49
映画について予備知識が無いのが楽しいです。

いつもタイトルで判断してみているのですが、「シリアナ」は食指が動きませんでした。

「尻穴」映画でないことが分りましたので、少し安心しました。
微妙 (祐)
2006-03-05 08:20:50
映画について予備知識が無いのが楽しいです。

いつもタイトルで判断してみているのですが、「シリアナ」は食指が動きませんでした。

「尻穴」映画でないことが分りましたので、少し安心しました。
こんにちは♪ (ミチ)
2006-03-05 08:31:56
「シリアナ」・・・「しり」「あな」うーん、日本向けにこのタイトルはいいんだろうか???

アカデミー賞にノミネートされているのだからと思って初日に駆けつけたのに、こんなに分からなかった映画は久しぶりです。

置いてきぼりもイイトコです。

アメリカでも置いてきぼりの人多数だったのじゃないかなぁ。

これをもうちょっとだけサスペンスタッチを強くして「魅せる」ことはできなかったのかしら。

うーーん、パンフ読んでもますますこんがらがります。
難解・・・ (azamy)
2006-03-05 10:49:42
中東情勢のこととかあまり知らないため、ほとんど理解できませんでした。話についていくことすら難しかったですね。

こういう難解な内容なら、いっそノンフィクションものでもよかったのではないか?と思いました。
Unknown (えふ)
2006-03-05 11:00:43
わたしの性格からいったら、

ラストのほうで衛星!?を使って車を破壊したシーンだけが、スパイ映画を見てるようで面白かったりして(苦笑)
いつもは ()
2006-03-05 11:37:24
予備知識なしでいくのがモットー?なのですが、今回ばかりは痛い目にあいました。周りの特に女性はものっすごい勢いで頭ふりながら寝てましたし(^-^;

あの拷問シーンで、爪って意外と奥深くから生えてるんだなぁ。と妙な感心をしてしまいました(・・。)ゞ テヘ
kossyさん☆ (mig)
2006-03-05 12:42:06
こういうわざと複雑に描く確信犯的な映画、嫌いです



負け惜しみじゃないんですけど(笑



テーマは興味深いのに退屈に感じさせたのが残念ですー。
今から観ます (ベータ)
2006-03-05 14:23:20
あと5分で上映開始です…

評判悪いみたいですね^^;

拷問 (Mar)
2006-03-05 15:54:28
意外とちょっと手ぬるいかもと思いましたよ。(自分で受けるのいやですが)



CIAなんて、電球を口に入れて、顔殴るし、アラビアンナイトを読むといろんな拷問が出てきますよ。毛虫壺に入れたり、アリに目を食べさせたり、油の煮えたぎった鍋に入れたり、子供のころ、枕元で聞いていたときはあまりびっくりしなかったけど今思うと、とんでもないことが書かれた話だなとしみじみ思いました。まだまだすごいのが出てきますがkossyさんが気絶してしまいそうなのでこの辺で終わりにいたします

コメントを投稿

映画2006」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

91 トラックバック

シリアナ 2006-11 (観たよ~ん~)
「シリアナ」を観ました~♪
映画「シリアナ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「シリアナ」★★★☆ 「シリアナ」・・・この聞いたことのない名前の意味は、イラン、イラク、シリアが一つの国家になることを想定した、米の研究機関の専門用語だとか。 『トラフィック』のスタッフが集結して『シリアナ』では石油ビジネスの裏舞台を描いた。
シリアナ (まったりでいこう~)
宣伝を観た限りではかなり重くてドロドロとした陰謀渦巻く暗い話だと思っていました。自爆テロとかバンバンしてるとか。さすがに自爆テロ等はなかったんですが、陰謀渦巻く嫌な話ではありました。 中東情勢や石油に絡んだ利権問題が主になっているため、そういったことに詳し
シリアナ (Lovely Cinema)
2005/アメリカ 監督:スティーブン・ギャガン 出演:ジョージ・クルーニー    マット・デイモン    ジェフリー・ライト    クリス・クーパー    ウィリアム・ハート 2006/3/4 映画館にて鑑賞 ★★ 正直いって、私の好きなジャンルじゃなかったで
「シリアナ」「力道山」を観る(ネタバレあり) (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
 昨日は骨太のノンフィクション二編「シリアナ」「力道山」を観てきた。しかし両者の
■シリアナ(試写) (::あしたはアタシの風が吹く::)
CIA諜報員ボブは、息子の進学を機に、キャリアに終止符を打とうと決心する…。一方、一流法律事務所の弁護士ベネットは、アメリカの巨大石油会社の合併調査を依頼される。又、ジュネーブ在住の石油アナリスト・ブライアンは、ある事件をきっかけに石油王の王子ナシールの相談
シリアナ (メルブロ)
シリアナ 上映時間 2時間8分 監督 スティーヴン・ギャガン 出演 ジョージ・クルーニー マット・デイモン ジェフリー・ライト アレクサンダー・シディグ 評価 4点(10点満点)  日本人にとってなんともアレなタイトルだが、シリアナとはワシントンのシンクタン
映画「シリアナ」 (いもロックフェスティバル)
むっっずかしい映画やな~これ。 もうマジでねー私ほとんど理解出来ませんでした(^
シリアナ/SYRIANA (我想一個人映画美的女人blog)
石油, 中東, CIA, テロ問題....。 社会情勢に関心がないわけではないけど、 この日本で毎日平和にのんきに、ショッピング♪だのコスメ{/heart_pink/}だのって言ってるようなワタシが語るのは困難、知識もないのにあれこれ語れるわけもなくー。 これまで多少複雑な映画でも
映画: シリアナ (Pocket Warmer)
邦題:シリアナ 原題:Syriana 原作:「CIAは何をしていた?」ロバート
シリアナ 評価額・520円 (Blog・キネマ文化論)
●シリアナをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 ベテランCIA工作員にアラブ某国の王位
シリアナ (eclipse的な独り言)
 友人二人が楽しそうに話しています。そこに自分が近づいた時に、ぴたりと話をやめ
シリアナ (Marさんは○○好き)
戦争が起ころうと、暗殺されようと自爆テロが起きようとうちの国は関係ないと言って
シリアナ SYRIANA (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
ジョージ・クルーニー、マット・デイモン主演 中東の不安定地帯をCIAがSyriana=シリアーナと称していました ボブはテヘランで武器商人を暗殺すべく工作を行います 手はず通り事は運んだのですが  取引相手の一人がミサイルを一基運びだしてしまいます それは過激シーア
映画「シリアナ」スティーブン・ギャガン/監督 (スチャラカランナーの日々)
 映画シリアナ観てきました。  スティーブン・ソダーバーグが総指揮を行い、映画「トラフィック」のスタッフたちが集合して製作したとの事。    ジョージ・クルーニー、マット・デイモンなどオーシャンのキャストたちも集合、派手さのない作品の割には豪華なキャストに
シリアナ (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 今日はバイトが休みだったので、昨晩バイト上がりで観てきましたよ!「シリアナ」を~う!  本作は石油の利権を巡る社会派サスペンスです。  CIAの諜報員・ボブ(ジョージ・クルーニー)は引退間際の仕事として中東の要人の暗殺をすることになり、ベイルートへと潜
試写会「シリアナ」 (こまったちゃん。のきまぐれ感想記)
試写会「シリアナ」開映18:30@ヤクルトホール 「シリアナ」 SYRIANA 2005年 アメリカ 配給:ワーナーブラザース映画 監督:スティーヴン・ギャガン 製作:ジョージ・クルーニー、マイケル・ノジック、ジェフ・スコール    スティーヴン・ソダーバーグ 製作
【映画】シリアナ (セルロイドの英雄)
\"Syriana\" 2005年アメリカ監督)スティーブン・ギャガン出演)ジョージ・クルーニー マット・デイモン ジェフリー・ライト マザール・ムニール クリストファー・プラマー アレクサンダー・シディグ満足度)★★★☆ (満点は★5つです)ワーナー・マイカル・シ
シリアナ (色即是空日記+α)
【世界で最も恐ろしいタブー、解禁】   ---地球は陰謀でできている。 なんて衝撃的なキャッチ。 原作となったのは CIAは何をしていた?      これは予備知識がないと厳しい。予習していったけれど、やっぱり むむむ?? ってなっちゃい.
シリアナ (悠雅的生活)
最後に笑うのは誰
「シリアナ」 (●○ゆるゆるシネマ感想文○●)
「シリアナ」 公式サイト 試写会鑑賞 ゆづあげの好き度  私にはテーマが難しすぎて・・・不明 ? 2006年3月4日公開   ジョージ・クルーニーがどこに出ているのかわらなないくらい、 いつものクールなジョージはいません。 体格に貫禄あるし(苦笑
「 シリアナ 」 (MoonDreamWorks)
監督 : スティーヴン・ギャガン 主演 : ジョージ・クルーニー / マット・デイモン /       公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/syriana/ 「 Syriana 」とは、あるシンクタンクが石油の利権をめぐって作った中東再建のための架空の国名です。 原作...
シリアナ (映画を観たよ)
難しい~!! 石油のことってよく分かんないし。 下調べは必須かも。 見ている途中に「あれれ?」 見終わった後も「あれは何?」と考え込んでしまいました。 基本的には4人のストーリーを元に進んでいって最後に全部が繋がるんですが。 あっちこっちに話が飛ぶので最初から
イベント・ビハインド@シリアナ (憔悴報告)
この映画のストーリーは、奪還サスペンスというジャンルの枠から一歩も外に出ていない。 2発のミサイルのうち1発が無くなった。 やべー!はやく見つけないと!という話。 ただそれだけ。 それでも、おれは最後まで画面に釘付けになっていた。
映画感想「シリアナ」 (三匹の迷える羊たち)
映画感想「シリアナ」 【評価】★ 【娯楽】★ 【笑い】 【国際社会】★ 【時事ネタ】★★★ 【エロ】 久しぶりに時間を浪費したと感じさせる映画でした。 チラシには「世界で最も恐ろしいタブー、解禁」なんてすごいことを謳っていますが、別にたいしたタブーじゃ.
シリアナ (がちゃのダンジョン 映画&本)
『シリアナ』 (2005)SYRIANA製作国アメリカジャンルドラマ/サスペンス《公開時コピー》地球は陰謀でできている。 石油利権が渦巻く中東を舞台に、ベテランCIA工作員の暗躍をドキュメンタリー・タッチで描いた政治サスペンス。元CAI工作員ロバート・ベアが著わし...
『シリアナ』 (flicks review blog II)
 中東のとある小王国の石油をめぐるアメリカ企業の買収の裏にはびこる陰謀を描く問題作。 ミッション遂行中にとある疑惑に突き当たり任務に疑問を抱くCIA工作員、巨万の富を
シリアナ (映画通の部屋)
「シリアナ」SYRIANA / 製作:2005年、アメリカ 128分 監督:ステ
シリアナ(試写会) (cinema village)
コメント無きTBは削除させて頂きます 05米 監督・脚本/スティーブン・ギャガン 出演/ジョージ・クルーニー ジェフリー・ライト マット・ディモン マザール・ムニール あらすじ/元CIA工作人による暴露本をもとに 生み出された映画。 ★★★☆ 更紗評/いやー冒頭.
シネマ日記 シリアナ (skywave blog)
なぜ神は、荒涼とした中東の砂漠の下に油田や天然ガスを眠らせたのでしょうか。そして、その神とは、アラーなのか、キリストなのか? 常に仮想敵国を求め続け、世界の5%の人間
シリアナ Syriana (HappyDays)
シリアナ決して娯楽映画ではない。かなりシリアスであり、現実的である。中東の石油に絡む、アメリカ(政府)の陰謀、策略もの。元CIA工作員による「CIAは何をしていた?」の本を元に、作られた映画。これを元にしているが、映画は作り物だという、と、キャプションが出た...
「シリアナ」 (不良中年・天国と地獄)
3月6日(月)新宿東急にて前評判は、難解の一言でした。どういうふうに難解なのか見てみよう、と映画館へ出かけた私は、たしかにへそ曲がりでしょう。若い頃、難しいと言われたフォークナーの長編小説や、ドストフェスキーの「悪霊」などに挑戦した覚えがあります。それ...
シリアナ・・・・・評価額1200円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
タイトルの「シリアナ」とは、日本語にするとちょっと淫靡な響きがあるが(笑)、これは元々アメリカの政府筋が使い始めた言葉で、イラン・イラク・シリアの三国が一つの統一国家にな
『シリアナ』SYRIANAー2006・3・5に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『シリアナ』 SYRIANA    公式HPはこちら  ←クリック    ●あらすじ アメリカの巨大石油企業も絡み、石油利権が渦巻く中東を舞台に、ベテランCIA工作員(ジョージ・クルーニー)。野心溢れる弁護士ベネット。産油国の王子の相談役を狙う石油アナリスト
★「シリアナ」 (ひらりん的映画ブログ)
ジョージ・クルーニー主演。 2005年のゴールデン・グローブ主演男優賞獲得作品。 予告を見ると・・・アラブの石油利権の話みたいだぞ。
シリアナ (とにかく、映画好きなもので。)
       石油戦争勃発。  CIAの諜報工作員ボブ(ジョージ・クルーニー)は、息子の大学進学を機に、引退を決意した男で、極秘指令ナシール王子(アレクサンダー・シディク)の暗殺の任務を背負う。  経済アナリストのブライアン・ウッドマン(マット・デイ.
シリアナ (arudenteな米)
下調べがないと持たない。 シリアナ(SYRIANA) http://syrianamovie.warnerbros.com/ ≪ストーリー≫ 改革に意欲的な王子ナシールが王位継承権を持つ中東のとある小国。長年危険な諜報活動に従事してきたCIA工作員のボブ・バーンズは息子の大学進学を機に引退を決意す
シリアナ(05・米) (no movie no life)
ジョージ・クルーニーのアカデミー賞助演男優賞効果なのか、平日にもかかわらず結構観客はいました。これまた老若男女様々。「シリアナ」は、主演と言うのがいない映画で、クルーニー自体そんなにたくさん出てくると言うわけではないし、役者は皆「助演」に当たるかもしれな
『シリアナ』★★・・・50点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
元CIA工作員が暴露した赤裸々な真実-驚愕のストーリーは実在する『シリアナ』公式サイト3/4(土)~公開 制作年度/国;\'05/米   ジャンル;サスペンス   配給;WB      上映時間;2時間8分   監督;スティーブン・ギャガン 出演;ジョージ・クルーニー/マ..
シリアナ (Alice in Wonderland)
観た人が難しい、難しいと口を揃えて言う『シリアナ』になんとジムでトレーニングした後にチャレンジしちゃいました。予備知識は入れていったはずなんだけど話に関連性を見出せずに、3000ピースのパズルをぐちゃぐちゃにしたままで終わってしまったような気分で映画館...
シリアナ (映画で綴る鑑賞ノート)
だって、京都議定書の批准を拒む国ですから、アメリカは。 ※ ネタバレ 注意! ※ 石油利権をめぐる争いにしても、同じこと。 なによりも自国の利益が最優先で、そのためには、なんだってしますよ。 どんな理想を掲げても、“アメリカ” には、かないませんよ。 …っ
シリアナ (映画をささえに生きる)
「シリアナとは、CIAが実際に使ってると言われる、イラン、イラク、シリアの三国がひとつの国家になるという事態を想定した架空の国のコードネーム。」-はてなダイアリーより。誰でも思うことを一応言っておきます。イランとイラクで「ナ」かよ!
『シリアナ』 (ねこのひたい~絵日記室)
覆面レスラー・タイガーマスクになるために孤児だった伊達直人が特訓を受けた場所は「シリアナ」ではなく「虎の穴」です。 覆面男バットマンになるために孤児のブルース・ウェインが
シリアナ  (花ごよみ)
                                    (試写会にて)     地球は陰謀でできている。  ジョージ・クルーニー(ボブ・バーンズ)…CIA諜報員。  マット・デイモン(ブライアン・ウッドマン)…ジュネーブ在住の石油アナ
シリアナ (こんな映画見ました~)
『シリアナ』 ---Syriana--- 2005年(アメリカ) 監督:スティーヴン・ギャガン 出演: ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、アマンダ・ピート、クリス・クーパー、ジェフリー・ライト 元CAI工作員ロバート・ベア著書の『CIAは何をしていた?』をスティーヴン
「シリアナ」 80点。 難しい…。正直よく理解出来なかった… (■ヒゲと坊主の日常@浜松■)
正直、よく理解しきれなかった。 その理由として考えられるのは、まず複数の話が複雑に絡み合って一つの結末へという構成。 最近ありがちといえばありがちなんだけど、こういう構成だと自然と登場人物の数が増えるから人の名前と顔を覚えるのが大変。
「シリアナ」  Syriana (俺の明日はどっちだ)
「我々は複雑で難しい時代に生きている。 そして私は『シリアナ』というストーリーを通じて、この複雑な仕組みを内側から描くような方法で反映したかったんだ。」 -- スティーブン・ギャガン「CIA工作員」、「エネルギー・アナリスト」、「企業弁護士」、「パキスタン
Syriana (シリアナ) (アリゾナ映画ログ)
2005年12月4日鑑賞 Tagline: Everything is connected ストーリー ボブ・バーンズは、中東で活動してきたCIAのベテラン諜報員。 息子の大学進学を機に、現場の諜報員としてのキ
【劇場鑑賞22】シリアナ(SYRIANA) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
世界で最も恐ろしいタブー、解禁。 地球は陰謀でできている。
シリアナ (サウンドトラック秘宝館)
SYRIANA 監督: スティーヴン・ギャガン  音楽: アレクサンドル・デプラ  出演: ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、アマンダ・ピート、クリス・クーパー、ジェフリー・ライト、クリストファー・プラマー、ウィリアム・ハート、マザール・ムニール  200
シリアナ 2005年【米】スティーブン・ギャガン監督 (トーキング・マイノリティ)
 コピーが「知れば怖い、知らねばもっと怖い」「地球は陰謀でできている」。CIA、石油会社、司法省、産油国、イスラム過激派などが入れ替わり登場するが、石油利権をめぐる陰謀なのだ。タイトルの「シリアナ」とは、イラン、イラク、シリアが一つの国家になることを想定した
シリアナ (Addicted to the Movie and Reading!)
■ テアトル池袋にて鑑賞 シリアナ/SYRIANA 2005年/アメリカ/128分 監督: スティーヴン・ギャガン 出演: ジョージ・クルーニー/マット・デイモン/アマンダ・ピート/クリス・クーパー 公式サイト アメリカの石油会社、大手のコネックス社とキリーン社が合併.
シリアナ (ケントのたそがれ劇場)
★★★ 全く奇妙なタイトルである。漢字で書いたらとても下品な言葉になりそうだ。念のためネットで調べたら、「シリア」と「イラク」と「イラン」の三国を包括した造語なのだという。 この難解なタイトルからも、この作品がアラブと米国と石油とテロを中心に描かれた、暗
シリアナ【SYRIANA】 (maimai\'s cinema land)
石油。地球上でもっとも力があるもの。人類が恩恵を被りながらも、破滅へと向かわせるもの。この映画を見て、普段何気なく使用している石油のパワーを改めて感じました。 話が難しく、舞台は世界中あちこちへ飛び、場面はコロコロ変わりついていくのが大変。これ誰だ
【 シリアナ 】 (もじゃ映画メモメモ)
石油をめぐるアメリカとアラブの王族、イスラム過激派テロリストの関係を描いた社会派サスペンス。 『トラフィック』の脚本を担当したスティーブン・ギャガンが脚本・監督となれば、本作の複数の物語が同時進行していく形式はうなずける。石油の権利に群がるアメリカを...
シリアナ、陰謀は普通の人々によって実行される (Spotlight 英語で歩く、噂の現場-Scanworld-英語を学ぶきっかけ探し)
日本版のキャッチコピー:「地球は陰謀でできている。」 石油利権をめぐる政府・企業間の攻防と、諜報員の暗躍をドキュメンタリーのように描く一級政治サスペンス(political thriller)です。日本でもやっと公開され、そのコピーは、この作品のラストにつながるテ
『シリアナ』 (ストーリーの潤い(うるおい))
このエントリー、私が言いたいことを理解していただける文章になっているか、ちょっと自信ありません。
「シリアナ」みた。 (たいむのひとりごと)
週遅れで鑑賞。実は「イーオン・フラックス」とどちらにしようか迷った挙句、「シリアナ」に決定。「イーオン・フラックス」は劇場予告編を見たとき、その動きが『草薙素子』にどうしても見えて仕方が無かったんだよぇ(笑)。だから時間の都合さえつけば観
「シリアナ」■仁義なきアメリカ石油政策 (映画と出会う・世界が変わる)
この映画の展開は「仁義なき戦い・代理戦争」を思い起させる。多くの組織と人物が入り乱れながらの群像劇である。さまざまな人物の行動がある一点に収束していく有様は、かなりのインパクトである。ここで描かれていることは「ロード・オブ・ウォー」と同様に世界の裏側で...
「シリアナ」 (the borderland)
鑑賞後、自分の頭の性能に疑問を持ってたけど、他のブログを見てちょっと安心してる(^^; 昨年から「ロード・オブ・ウォー」、「ミュンヘン」、「ホテル・ルワンダ」と実話を元に事実を知らしめる作品が上映されてますが、初めて観てもわかり易くてエンターティメント
シリアナ (impression)
『トラフィック』でアカデミー賞脚色賞を得たスティーブン・ギャガンが、その製作チームを再結集し、アンサンブルドラマの手法で地球規模の麻薬禍を浮かび上がらせたスタイルはそのま
シリアナ-(映画:今年40本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:スティーヴン・ギャガン 出演:ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、アマンダ・ピート、クリス・クーパー、ジェフリー・ライト、クリストファー・プラマー、ウィリアム・ハート 評価:80点 公式サイト (以下ネタバレあり) アメリカ.
シリアナ-(映画:今年40本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:スティーヴン・ギャガン 出演:ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、アマンダ・ピート、クリス・クーパー、ジェフリー・ライト、クリストファー・プラマー、ウィリアム・ハート 評価:80点 公式サイト (以下ネタバレあり) アメリカ.
映画鑑賞記「シリアナ(Syriana)」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:06.03.17 鑑賞場所:シネマイクスピアリ(レイトショー) 複数のストーリーが同時進行で描かれ、複雑な利害関係と人間関係が観る者を混乱に陥れる。 この映画は予習と復習が絶対必要だ。 2000年度アカデミー賞では4つのオスカーに輝いた「トラフィ
シリアナ:制作者の「陰謀」? (「朱雀門」という方法・第2章)
★監督:スティーブン・ギャガン(2005年 アメリカ作品) MOVIX京都にて鑑...
「シリアナ」の主人公は? (映画と出会う・世界が変わる)
ジョージ・クルーニーは、「シリアナ」でアカデミー助演男優賞を受賞。ということはジョージ・クルーニー演じるボブは、この映画の主人公ではなかったわけだ。では、この映画の主人公とは一体誰?ジェフリー・ライト演じるベネット・ホリディか?
『シリアナ』---話の腰を折るのはやめてください (映画兄弟の映画ブログ)
あの台詞の量では、字幕で観るのは無理です(多すぎるという意味です)。いろんな方のブログでも「難解」との評ですが、そう感じる理由は、台詞の量とエピソードが一段落する前に画面が次々と切り替わる脚本の所為です。状況の説明不足もよくない。 中東問題に関する知識
石油覇権を巡る群像劇『シリアナ』 (再出発日記)
監督:スティーブン・ギャガン 出演:ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、ジェフリー・ライト、クリス・クーパー、ウィリアム・ハート、アマンダ・ピート、クリストファー・プラマー【SRYRIANA】ワシントンのシンクタンクで実際に使われている専門用語。イ...
シリアナ (海外ドラマ★☆---WHAT A BLAST---★☆≡)
難解…と評判の「シリアナ」観てきました。 こんな難しい映画見る人いるのかな?映画館独占状態かななんて思っていたら、びっくり「ダイアモンド・イン・パラダイス」の5倍の入り!?マジに私「ナルニア」とスクリーン間違えちゃったの?と思うほどでした。 全くわ
「シリアナ」僕には難しすぎた。。。 (よしなしごと)
 見ようか見まいかずっと迷っていましたシリアナ。アカデミー賞最優秀助演男優賞受賞(ジョージクルーニー)などの賞を受賞・ノミネートされたこともあり、さらにポイントがたまって無料で見られることもあり、見ることにしました。
映画 『シリアナ』 (Death & Live)
『シリアナ』 2005年 Stephen Gaghan監督 ハッピーエンディングじゃないところが、いいです。 集中して観てないと置いてかれますが、集中して観てたら結構面白かった。 アメリカ合衆国という国が石油の利権で動いているということや、石油はそのうち無くなるんだっつーこ
シリアナ (HR BLOG)
超重低音なシリアスドラマ。 ただね~中東の石油の利権闘争にCIA、公認会計士、王子様、イスラム過激派やらなんやら入り乱れに乱れて疲れちゃった(_ _,)/~~ ◇ 中東問題ややこしいのはしゃぁないかもしらんけど、もちっとケズって欲しかったかも… ラストも、あら?(・_
シリアナ (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
人気脚本家の監督デビュー作。スター勢揃いの群像劇。社会派ドラマ。脚本はいいが映像が弱い・・・あれ? 「クラッシュ」じゃないよ。
シリアナ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
元CIA工作員ロバート・ベアによる暴露本「CIAは何をしていた?」を元に作られた映画です。 ロバート ベア, Robert Baer, 佐々田 雅子 CIAは何をしていた? CIAのベテラン工作員、ボブに「アラブ某国の王の長男であるナシール王子を暗殺せよ」との指令が下りま
映画日記「シリアナ」 ジョージ・クルーニーの拷問シーンは痛そうだった( ̄~ ̄;) (ホンダマチコの関心事)
 ジョージ・クルーニーが16キロ太って熱演、拷問シーンアリ。アカデミー賞の助演男優賞を受賞。って聞いて、こりゃぁ見ないわけいかないでしょう。  しかし、16キロ太ってあの程度かぁ。一緒に見に行った米国滞在経験アリの友人は「アメリカじゃあ小柄かも」っていっ
シリアナ (lip)
とってもムズかしい…というか、わかりにくいというか…。 いや、言いたいことはわかるんだけれども、「一方、こちらではっ」が多くて、かつ、境界線がちょっと曖昧なので今なにを話しているのかがわかりにくいところが…。一度よりももう一回ぐらい観るとよくわかるんじゃ
シリアナ (Imagination From The Other Side)
石油利権が渦巻く中東を舞台に、ベテランCIA工作員の暗躍をドキュメンタリー・タッチで描いた政治サスペンス。 原作は元CIA工作員ロバート・ベアの告発本「CIAは何をしていた?」。 出演は「オーシャンズ12」「グッドナイト&グッドラック」のジョージ・クルーニ...
シリアナ (ё俺のブログё)
アスホールでなくて、映画だよ! ま~俺にとっては、アスホールみたいなもんだったがね(^^;; 世界一安全な国で、亀とカエルを飼い、のほほんと暮らしとる俺は、イランとかイラクとかあそこら辺の事情なんぞわからないし、わかろうともしない。 それにアメリカの陰 ...
アメリカ石油戦略 (things4u)
☆人気blogランキング集☆ & ☆インテリア・雑貨ブログ集☆ ↑皆様の応援が更新の励みとなっています。今日も応援ありがとう~☆↑ 今日の映画レビューは連休に観た1本、「SYRIANA」(邦題:シリアナ)から。 変わったタイトル\"シリアナ\&quot ...
シリアナ (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 128分 監督 スティーヴン・ギャガン 製作総指揮 ジョージ・クルーニー 、ベン・コスグローヴ 、ジェフ・スコール 、スティーヴン・ソダーバーグ 原作 ロバート・ベア 脚本 スティーヴン・ギャガン 音 ...
シリアナ (銅版画制作の日々)
この映画は、今も連日ニュースで取り上げられている中東が舞台です。そしてアメリカ映画なんですよね監督はスティーヴン・ギャガン、プロデュースはスティーヴン・ソーダバーグという「トラフィック」のスタッフが再びタックを組んだ作品だそうです。石油をめぐる ...
シリアナ (映画鑑賞★日記・・・)
『SYRIANA』公開:2006/03/04監督:スティーヴン・ギャガン製作総指揮: ジョージ・クルーニー原作:ロバート・ベア    『CIAは何をしていた?』(新潮社刊)出演:ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、アマンダ・ピート、クリス・クーパー、ジェフ ...
シリアナ (とんとん亭)
「シリアナ」 2006年米 ★★★★☆ 石油利権をめぐる地球規模の欲望と陰謀を暴いた社会派サスペンス。 石油利権獲得のために動く大きな力と、反発するものへの容赦ない制裁。 大企業の裏で調査を進める弁護士、そして暗躍するCIA、夢見るアナリスト、 ...
シリアナ (琴線~心のメロディ)
【2006年3月4日劇場公開】 【ジャンル:社会派サスペンス】 【観た場所:レンタル・DVD】 面白かった度:★★★★ オススメ度:★★★ もう一度観たい度:★★★ じっくりと、そしてしっくりと落ち着いて観る事ができた、 久々にしっかりとした、内容の濃い作 ...
シリアナ ~新作DVD~ (利用価値のない日々の雑学)
「クラッシュ」同様、この作品もオスカー効果が無かったら、然程気にせずに終わってしまった作品だったと思う。というか、今現在の中東問題というのは毎日の報道の刺激が強すぎて、事実は小説、厭、映画作品よりも奇也なる世界である。但し、映画作品として評価が ...
『シリアナ』’05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじCIA諜報員ボブ(ジョージ・クルーニー)は息子の進学を機にキャリアに終止符を打とうと決心する。一方、一流法律事務所の弁護士ベネット(ジェフリー・ライト)はアメリカの巨大石油会社の合併調査を依頼される。又、ジュネーブ在住の石油アナリスト・ ...
シリアナ (cinema note+)
シリアナSYRIANA2005年 アメリカなんて渋いんだ~。 といっても、なんとなくし
シリアナ (グレート・タカの徒然なるままに…)
ジョージ・クルーニー主演の社会派サスペンス。 中東での石油利権争いをめぐる企業と国家の話なんだけど、まあとにかくストーリーがややこしくて分かりづらい。 登場人物も顔と名前が最後まで一致せず。 一回観ただけでは理解できない。 ところがもう一度 ...
シリアナ  Syriana (映画!That' s Entertainment)
●「シリアナ Syriana」 2005 アメリカ ワーナーブラザーズ提供 パーティシパント映画製作128分 監督:スティーヴン・ギャガン 原作「CIAは何をしていた?」ロバート・ベア著 出演:ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、アマンダ・ピート、クリス・クーパー...
シリアナ…難解?伝わってこなかった作品 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日は、書き貯めていた映画記事を放出。 といっても公開するのを忘れていた訳ですけどね{/face_ase2/}。温めていた訳ではございません。 映画ネタも尽きたんで、記事アップしたらTSUTAYAに行こうかなぁと思っておる次第です。 (古い映画ネタばかりで恐縮ですが、今日の...
映画評「シリアナ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2005年アメリカ映画 監督スティーヴン・ギャガン ネタバレあり