ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

世界でいちばん不運で幸せな私

2004-12-08 02:42:58 | 映画2004
 酷い映画を観た時に「地雷を踏む」などと面白い表現があるけれど、この映画は「核弾頭を踏む」くらいの覚悟で観ないと駄目かもしれない。

 映像、カメラワーク、編集、俳優の演技は平均点以上。監督のセンスは凄いものがあると感じたが、内容はとんでもない実験的ストーリーであり、ジュリアンとソフィーが繰り広げる無茶苦茶な交換イタズラには呆れかえってしまった。前半では、こどもらしく、憎めないようなイタズラもあるのだが、ゲームのスタートが運転手のいないバスを動かすというもので、いきなり観客に「このまま観るか?観ないか?」とケンカを売っているような気がしたのだ。上映開始後5分でこの挑発である・・・ここで帰っては金をドブに捨てるようなものだ。この二人を殴りつけたくなる衝動を押さえながら(そう、前半では拳を握っていたと思う)、ガマンして鑑賞したのだ。

 大人になってからのゲームは他人に迷惑をかけることもなく、彼らの普通の愛憎劇のような気もした。ソフィー以外の女をナンパ、ジュリアン以外の男と寝る、このあたりは許そう。「人様に迷惑だけはかけるんじゃないよ」というおばあちゃんの遺言が聴こえなくなる部分でもあるのだ(どこのおばあちゃんだ?)。ただし、ジュリアンの車のトランクにあった死体?首吊り?ここだけが意味不明だった。

 こうして、良識という踏絵が映画館の客席の下に置かれ、二人の恋愛ゲームだけを楽しめるとしたら、犯罪までをも容認してしまうことになりそうな心理テスト映画。あのままコンクリートで固められなければ、恋愛ゲームはさらにエスカレートして、高層ビルの一つでも爆破してしまいそうな勢いだった。正直言って、ラストはホッとした。

 素直な感想としては批判的な観点なのだけど、もしかすると、これが全て反面教師の映画なのかもしれないと感じたし、“周りの人を幸せにする”内容の『アメリ』と対極をなすかのごとく“周りの人を不愉快にする”実験的映画にチャレンジしたととらえれば、すごいことだとも思った・・・これは有り得ないか・・・

★・・・・
世界でいちばん不運で幸せな私@映画生活

コメント (24)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« Mr.インクレディブル | トップ | エイプリルの七面鳥 »
最新の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (カヌ)
2004-12-08 20:49:34
観客置いてけぼりの、ある意味凄い映画だと思いました。本当に固まらないと、キリがなさそうでしたね(^^;
残りますね・・・ (kossy)
2004-12-08 20:54:19
かなり残ります。

あのまま固まらなかったら、もっとすごい!

この映画を高評価している人はラストの意味がわからないようですよ・・・面白いですね。
感性が… (パイン田中)
2004-12-09 11:04:32
感性があってしまったのか、

けっこう好きなんですよね、この映画。

「フィクションを作るのならこれぐらいやってみろ」みたいな気合いが感じられて。



ただすごく好きかすごく嫌いかのどちらかに分かれそうな気が。



>この映画を高評価している人はラストの意味がわからないようですよ・・・面白いですね。

モノクロシーンの解釈の問題なのでしょうか。ハッピーエンドとコメントしている人がいたのには、びっくりしましたが。



TBつけさせていただきました。
賛否両論 (kossy)
2004-12-09 13:04:35
全くの反対感想なのにTB・コメントまでつけていただき感謝しております。

俺としても絶対に賛否両論になるとは思っていましたし、途中からいい点もあったので中間点かな~くらいに感じたのですが、あえて最低点の方にさせていただきました。



満点をつけている人の中には、「コンクリートでは固まらずに生き返り、老後を幸せに暮らしたとさ」くらいにとらえている人がいましたね。



俺が受けたこの嫌悪感は単に二人に対してだけではなく、子どものシツケを怠っている父親に対しても感じましたし、何でもかんでも「核攻撃だ」などとした脚本に対しても怒りを覚えたのです・・・まぁ、一番の原因は俺に広い心が無かったせいかもしれません・・・反省。



反省だなんて… (パイン田中)
2004-12-09 17:57:23
blogを始めてから、特に「映画の見方って人それぞれだなあ」と感じています。まあ嗜好品ですから。



ですからいろいろな感想があると思っていますし、どうしてそう感じたのかの理由がはっきりしていれば、いろいろな見方をお互い交換するのも、映画鑑賞の楽しみかと。



こちらこそ、全く反対の感想のTBをつけてお気を使わせてしまって、ごめんなさい。でももし良ければ、今後も違う感想のTB&コメントを付けさせてくださいね。
真実の賭け事 (祐)
2004-12-12 20:16:22
賭け事が 生活より優先させると 不幸になるというメッセージだっさたのかな。

10年間会わないのも 賭けだったし、永遠に愛しても賭けでした。

本心を言っても それが真実なのか 賭けの対象なのか 相手の気持ちを信じられなくなったのが一番の不幸なんでしょう。最後は人柱でめでたしめでたし。。 
初めまして (コパ)
2005-04-06 19:22:22
つい今さっきこの作品を見て、ネットを放浪してきたものです☆初めまして!

久々に面白い映画だったので嬉しくてたまりませんっ



フランス映画はアメリを見て「可愛いだろうが面白くなーい」だったので少々心配だったのですが…



サクサク話が進んでくれて彼らの悪戯にド肝を抜かれて楽しいジェットコースターストーリーでした**



私もあの死体の場面は謎です(苦笑)

あとラストはバットエンドでいいんですよね?!

だってコンクリートから這い出たんじゃ不死身です。



だからあのおばあちゃん達はその後あの缶を偶然拾ったんじゃないかなくらいに解釈してるんですけど…

何か謎です;
おばあちゃん (kossy)
2005-04-06 22:01:27
>コバ様

コメントどうもありがとうございます。

もうかなり忘れています、すみません。

バッドエンドだけど、

もう人に迷惑かけなくてすむから、

周りから見たらハッピーエンドなのかもしれません。

俺みたいな年寄りは、ついていけませんでした・・・泣

TB送らせていただきました。 (ぺぺ山田)
2005-04-07 17:35:15
>「核弾頭を踏む」くらいの覚悟で観ないと駄目…

っていう感想に思わず、ふきだしましたっ!

私にとっては、地雷レベルじゃなかったですよ、確かに…。

観る人によって、好みがかなり分かれるみたいですね。賛否両論記事を読んでいると面白いです。



核弾頭 (kossy)
2005-04-08 08:54:21
>ぺぺ山田様

確か劇中にも「核弾頭」という台詞があったかと思います。

どれだけ予習しておいても、この衝撃度は前もってわかりませんでした・・・

日本ではヒットしてないけど、賛否両論の割合を知りたいところですね~

コメントを投稿

映画2004」カテゴリの最新記事