ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

魂萌え!

2007-02-02 00:08:05 | 映画2007
 いいか、よく聞け!不倫騒動と借金地獄によってこのカプセルホテルは一気呵成に沈んでいくんだ!

 男の闘いを描き続けてきた阪本順治監督が意外にも女性の日常を描いた作品。『亡国のイージス』によって疲れきったので女性を描きたくなったのだろうか。しかも桐野夏生原作作品を自身で脚本化したのだそうだ。そのおかげで監督の思惑もピタリとはまり、登場人物に生命を吹き込んだかのような印象さえ残ります。そういえば、『どろろ』、『幸福な食卓』、本作品と、最近観た映画で亡国の面々が亡くなってしまう・・・男なんて信用できない!といったところが、映画にも表れてました。

 59歳の女性が4人という、団塊の世代を強烈にアピールする映画となっていましたが、彼女たちの青春時代のフィルムを映写したり、最後に『ひまわり』を大写しにするほど大胆な手法により、“団塊の世代のニュー・シネマ・パラダイス”とも感じ取れました。しかも女優陣が凄いのです。風吹ジュンは今年の主演女優賞を総なめする予感さえするほどの演技だし、三田佳子の大女優っぷりも後半に炸裂する。そして加藤治子の謎めいたカプセルホテル住人がとてもよかった。絶妙だと思われるのが、ベテラン歌手の由紀さおりと今陽子を配したところでしょうか・・・ハレルヤコーラスで、入っていけなかった風吹ジュンというシーンが特に・・・

 男たちはダメダメな部分ばかりが目立つようになっていました。浮気したという事実よりも「家具のようだ」と評した寺尾聡や、玉が燃えなかった林隆三、遺産相続のことしか頭にない田中哲二とか・・・俳優にまかせっきりで作るような森田芳光監督とは大違い。俳優のイメージ通りに脚本を書き演出した阪本監督の勝利でしょう。

 魅了させられるシーンは満載でしたけど、細かなエピソードはちょっと詰め込みすぎだったかもしれません。主人公は仲良しの同級生との交流が続いていたのでまだ幸せそうに見えますが、それでも辛いことだらけ。そんな風吹ジュンの心理変化が手にとるようにわかるし、彼女が家事に専念させられたという古い家長制度のような家族の犠牲者であったことも伝わってくる。肉体は衰えても魂は萌える!団塊の世代の方は観るべき映画なのかもしれません。

★★★★・

コメント (14)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
« 幸福な食卓 | トップ | 2月の掲示板 »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
貫禄ぅ (かのん)
2007-02-02 01:06:13
この世代の女性をこれほど生き生きと描くなんて、それだけで新鮮な感じで引き込まれてしまいました。芝居とはこういうものなのよという女優達の貫禄を見せつけられた気分です。現場は和気藹々だったのかちょっと気になります(笑)。

回想や会話の中にしか登場しない寺尾聡さんが物語上で終始大きな存在感が感じられたのがミョーに不思議でした。
女優 (kossy)
2007-02-02 01:59:13
>かのん様
久しぶりに女優の演技が凄い!と思える作品でした。
去年は蒼井優ちゃんはじめ、若手の活躍しかなかったですもん。
風吹ジュンと三田佳子の対決なんて、手に汗握るような演技だったし、息子に対して怒るシーンも凄かったですよね。
寺尾聡は特別出演扱いなんでしょうかね・・・この男が家具と言ったのか!!!て感じだ。
それにしてもオトコってやつは (nikidasu)
2007-02-02 09:08:27
坂本順治監督久々の快作。掛け値なしに面白かったッス。
ディテールまで丁寧に描かれた演出によって、絵空事ではない血の通った見応えのある映画となっていました。
それにしても蕎麦屋での対決シーンは、まさにバトルでありました。
だから… (八ちゃん)
2007-02-02 09:09:56
日本沈没ネタはいいってばさ~(笑
いや、どうせならトヨエツ出演作、全部やってください。

風吹ジュン、凄く良かったです。蘇る金狼見たくなって来ました。(まだ子供だったんで観てはいけない感情あったんですよね~……)
ただひとつ残念なのは(笑) (しんちゃん)
2007-02-02 09:38:41
風吹ジュンのケツが59のケツには見えず(笑)パンツのラインが透けて見えることで、娘とのケツとの比較…

ヾ(@^▽^@)ノわはは

やっば監督は私みたいな見方をする奴を意識してくれたと信じてます(爆)



原作半分読み終えましたが、ほとんど忠実に脚本化されてます。



女優陣素晴らしかったね。ほぼ59才なのは由紀さおりで、藤田弓子と風吹ジュンは七歳ほど違うみたいです。
風吹ケツ (kossy)
2007-02-02 12:32:09
>nikidasu様
「亡国のイージス」ははずしてしまったこともあってか、今作は大変満足でした。
男から女に変わっただけで、対決シーンというのは阪本監督に欠かせないものなんですね~

>八ちゃん様
にら様が書いてくれなくなったので、ついつい調子にのってしまいました・・・(汗)
そろそろやめようと思います(笑)

昔は風吹ジュンなんていうと、下手な歌、下手な演技と自分の中では定番だったので、昔のはどうなんだろ・・・そういう先入観があったため、むちゃくちゃ驚きましたよ!

>しんちゃん様
終盤の壁紙を貼りなおすシーンですよね!
いやぁ~比べちゃいましたよ。
常盤貴子のプリっとしたヒップがまぶしかったです(笑)

原作と大きく変わったのは『ひまわり』と職業だけなのかもしれませんね。夫を取られたというテーマとも似ているし、なかなかいい映画を選んだものだと・・・権利得るまではかなり苦労したようです。
機械よりは、家具の方がましかな? (あかん隊)
2007-02-02 20:17:36
ご無沙汰ですみません。坂本監督自身が、見つけて映画にしたいと思った原作だったらしいのですね。うーん。イイ素材でした。原作を読み始めました。風吹ジュンは、加藤治子さんを信奉しているらしいですね。「どうしてこういう役やらないの?」って言われたとか。良い意味で、脱昔の風吹ジュン…なんでしょうか? ちなみに、自分は、彼女より一つ年下でした。(爆)
家具 (kossy)
2007-02-02 22:11:28
>あかん隊さま
自分で見つけたというのも、なにか求める心があったのでしょうね~戦いに疲れた男だからこそ、やさしく見つめることができたのかもしれません。
そうかぁ、昔の風吹ジュンを脱皮。
大人になってから大女優になるパターンかな。
気は早いですが、年末の賞レースも楽しみになってきたりします(笑)
いつか来る日常 (にゃんこ)
2007-02-04 10:38:25
友達とのコーラスシーンには・・・あぁ風吹ジュンだけ
SMAPの中居くん状態だったので(ぉ
思わず、彼女の歌声は?っと耳を澄ませてりしてました。
59歳の日常・・・いつか来ちゃうんだけど(笑)
敏子さんの仕切りなおし人生、素敵だなぁ~っと思いました。
さすがに、風呂婆に1万も2万も払うことはないでしょうが(笑)

冒頭のイージスネタ、思わず手をたたいてしまいましたよ。
座布団3枚!(笑)
ネタバレ (kossy)
2007-02-04 11:11:34
>にゃんこ様
自分で読み直しても意味不明の亡国ネタに拍手をいただき、まことにありがとうございました!他の映画のネタバレを怖れて、何を書いてるのかわからない人も多いのではないかと反省しております。

風吹ジュンの歌が聞ける!と思った瞬間にアレでしたから、上手い演出だな~なんて思っちゃいましたよ~

風呂婆に金を払うところは、おいおいそりゃないだろうと思ったものですが、それくらい彼女の心境が落ち込んだものだったのでしょうね(笑)

コメントを投稿

映画2007」カテゴリの最新記事

29 トラックバック

魂萌え!/風吹ジュン (カノンな日々)
最初に断っておきますが、私は風吹ジュンさんが苦手です。過剰な演技と一人浮いたような高いテンションがどうも私と合わないみたい。じゃ、何でこの映画を観に行ったかというとそんな風吹ジュンさんだからこそ、この作品にはとっても合っていそうな感じがしたからなんです...
フライパンと赤いペディキュア「魂萌え!」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
「魂萌え!(たまもえ)」(桐野夏生・原作)は阪本順治監督、久々の女性が主人公の映画。物語・59歳、平凡な主婦として平穏に暮らしてきた敏子(風吹ジュン)。しかし定年退職の3年後に夫・隆之(寺尾聰)が急死
「魂萌え!」 (俺の明日はどっちだ)
たまたま観る直前に、原作を読んだという読書家であり現役主婦でもある古くからの友人に会ったとき、「オンナじゃないと、わからないよ、きっと」と言われてしまい恐る恐るの鑑賞だったけれど、これが滅法面白かった。 話そのものは、長年連れ添った夫の突然の死とともに...
魂萌え! (八ちゃんの日常空間)
いやぁ、やられました~。見事です。さすがシネカノン…恐るべし。 この様な映画を楽しめるなんて、自分も年をとったのかなぁ~、なんて本気で思っちゃいます。 世のおじさん、おばさんが、買い物帰りにふらっと寄って観たくなるような映画です。そういう観客を呼び込め...
魂萌え!(2006) 125分 (極私的映画論+α)
 未亡人が長生きする理由を垣間見た気がしました(爆)
魂萌え! (しまねこ日記)
平凡な専業主婦・関口敏子(風吹ジュン)は穏やかな生活を送ってきた。しかし定年退職して3年目のある日、夫・隆之(寺尾聰)が心臓麻痺で急死し敏子の人生は一変する。葬儀の日、夫の携帯電話に見知らぬ女性から電話がかかってくる。8年ぶりにアメリカから帰ってき...
魂萌え!(20070129) (cococo)
小気味よくて、好きになった。普段から、ご主人や息子、娘に良いようにされている、と
「魂萌え!」:昭和橋バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}昭和橋から目黒川を望む・・・。 {/kaeru_en4/}お前は、昭和橋から目黒川を望む昭和の女・・・。 {/hiyo_en2/}なに、それ。意味わかんない。 {/kaeru_en4/}いや、「魂萌え!」なんて観ると、昭和の女の話だなあって思うわけよ。 {/hiyo_en2/}ますます、わか...
魂萌え! (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
定年退職した夫がその3年後に急死します。夫に先立たれた敏子は、夫の死後、夫に10年来の不倫相手がいたという思いもかけなかった事実を突きつけられます。他にも、相続の問題など様々な問題が敏子に襲い掛かります。その一つ一つの経験が、徐々に、敏子を強くしていき....
『魂萌え!』を鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『魂萌え!』鑑賞レビュー! あなたの妻でいて、幸せでした。 今、私のもうひとつの人生が、 始まります。 とことん行きなさい! 夫の急死後、 世間という荒波を漂流する主婦・敏子。 六十歳を前にして、惑う心は何処へ? 2007年/日本 ...
【2007-11】魂萌え!(たまもえ) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
あなたの妻でいて、幸せでした。 今、私のもうひとつの人生が、始まります。
映画「魂萌え!」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
特に燃えるわけでも萌えるわけでもない・・変わりたいと言いながら、愛ルケするわけでもない・・はじけそうなのにはじけきれない、そんな59歳主婦の葛藤・・ 関ロ敏子(風吹ジュン)は専業主婦、夫隆之(寺尾聰)が60歳の定年退職から3年を過ぎて心臓麻痺に...
魂萌え! (jamsession123goの主観的映画レビュー)
夫の退職まで専業主婦として生きてきた女性が、夫の死をきっかけに、夫の愛人の存在を知り、プチ家出をし、不倫を経験し、自分の携帯とスケジュール帳を持つ。 最後には、ポルノ映画館の映写技師に弟子入りし、若いころから好きだった映画に携わりたいと映写技師になる。
魂萌え!☆独り言 (黒猫のうたた寝)
あれ?映画の日に劇場ですれ違った映画友達何観るの?って聞いたら『魂萌え!』って・・・考えることは、同じかぁ~だって、今週末には1日の上映回数1回になるらしいんだもん(爆)シネコンで~ミニシアター系観るなら公開1週目~♪2週目になっちゃうと・・・観れない時間...
魂萌え! (迷宮映画館)
加藤治子って凄い!
妻たちの2007年問題 【魂萌え!】 (犬も歩けばBohにあたる!)
夫の定年、夫の死、老後の性愛。 これが今、団塊の世代妻たちに突きつけられた現実な
魂萌え! (to Heart)
原作は桐野夏生の同名小説。 「肉体は衰えるけれど魂はますます燃え盛るものだ」という 夫の定年、夫の死、老年の性愛、自立せず親にまといつく子供たち、、 目をそらしたくても何時の日か必ずやってくる、その時。 ちょっとドキドキしながらの観賞でしたが、良かったです...
『魂萌え!』 (京の昼寝~♪)
あなたの妻でいて、幸せでした。でも、私のもうひとつの人生が、始まります。   ■監督・脚本 阪本順治 ■原作 桐野夏生(「魂萌!」新潮文庫) ■キャスト 風吹ジュン、三田佳子、田中哲司、常盤貴子、加藤治子、豊川悦司、寺尾 聰  □オフィシャルサイト...
「魂萌え!」みた。 (たいむのひとりごと)
萌え・・・ここのところ、某小説のヒロイン”萌絵”に苛立っていたりするので、(理不尽であっても)最初はタイトルだけでパスしようと思っていた作品。でも、劇場備え付けチラシを読んでみたらやっぱり面白そう。周囲の評判も上々。ということで、この作品
阪本順治監督「魂萌え!」 (詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記))
監督 阪本順治 出演 風吹ジュン、加藤治子、三田佳子  もし、この作品が女性監督の手で撮られていたら……。こういう仮定はよくないことなのかもしれないけれど、どうしてもそう思ってしまう。  風吹ジュンを中心にした同級生4人組の関係がすっきりしすぎている。...
「魂萌え!」 (こだわりの館blog版)
小説と映画の微妙な関係… 1/27 Tジョイ大泉 にて 監督・脚本:阪本順治 原作:桐野夏生 出演:風吹ジュン、田中哲司、常盤貴子、加藤治子、豊川悦司、寺尾聰、藤田弓子、     由紀さおり、今陽子、左右田一平、なぎら健壱、林隆三、三田佳子、他  定年を
魂萌え!(07・日) (no movie no life)
これって、主人公の年代だと共感できるのかなあ・・・なんて観てる最中は思ってた。でも、良く考えてみると、オトコ・オンナ関係なく、また年齢も関係ないなって思えてきた。 関口(寺尾聡)の妻、敏子(風吹ジュン)は専業主婦。ところが、夫が63歳で急死、その葬儀の...
魂萌え! (いろいろと)
題名につられて鑑賞しましたが、思っていたより楽しめた映画でした。  出演 風吹ジ
「魂萌え!」 (もじもじ猫日記)
男を描くととても魅力的な阪本順治監督、 女を描く第二弾。 (勝手に命名) 「顔」も傑作でしたが、開き直った女性を描くのも もう得意分野と言っていのでは? 今回はネタばれあります。 ドラマを先に観ていたのでストーリーの展開は解ってましたが、 脚本と監督と役者...
映画「魂萌え!」■次の阪本作品は? (映画と出会う・世界が変わる)
風吹ジュンと三田佳子の対決は久々の女優対決で見ごたえ充分。監督の阪本順治は、「KT」、「この世の外へクラブ進駐軍」、「亡国のイージス」と日常から離れた、またスケールの大きい作品が続いたが、それらではかなりの不満があったのではないか。この作品では日常の身...
「魂萌え!」■デパートの屋上という不思議な場所 (映画と出会う・世界が変わる)
映画「魂萌え!」では、デパートの屋上のシーンはひとつの見せ場となっている。考えてみれば、デパートの屋上とは非常に不思議な場所である。かってデパートの屋上には観覧車などの遊具があって子どもたちの憧れの場所であったが、今はほとんどそういうものはない。少なく...
『魂萌え!』 (cinema days 『映画な日々』)
魂萌え!posted with amazlet at 08.04.26ハピネット (2007-07-27)売り上げランキング: 35703Amazon.co.jp で詳細を見る  桐野夏生の原作を映画化  風吹ジュンが...
映画評「魂萌え!」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・阪本順治 ネタバレあり
『魂萌え!』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ定年を迎えた夫と平穏に暮らしていた敏子(風吹ジュン)の日常は夫が心臓マヒで急死したことで一変する。葬儀の後、夫の携帯電話にかかってきた見知らぬ女性からの電話で明らかになる夫の浮気、8年ぶりに現れ強引に遺産相続と同居を迫る長男・・・。感想風吹ジュ...