ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

ヒトラーの贋札

2008-02-25 21:02:57 | 映画2008
 プラテンといっても食べ物ではない。

 ドイツといえば印刷技術先進国だ。現在の日本国内の印刷所をみてもハイデルベルグ社の印刷機がかなりのシェアのあることがわかるほど。多分、第二次大戦当時でもドイツの技術は素晴らしかったに違いない。そんなナチスドイツがユダヤ人たちに贋札を作らせたベルンハルト作戦の裏側を描いた映画です。

 原作は映画にも登場する印刷技師のアドルフ・ブルガーが書いたもの。ドイツは敵国イギリスを経済的混乱に陥れ打撃を与えるため、ザクセンハウゼン強制収容所でユダヤ人技師たちに贋札作りを強要する。拒めばアウシュビッツ送りか、即銃殺。ポンド作りは間もなく成功を収めるが、これによってドイツの戦況が有利に運ぶとユダヤ人虐待も長引き、従順でいることは自分の命を長らえることになるものの、罪もないユダヤ人が殺され続けることをも意味する。

 終戦を黙って待つよりも、ナチスへの協力を拒否し決起するなどと主張する原作者ブルガーは主人公ではなく、戦前から贋札作りで暗躍していたサロモン・ソロヴィッチ(カール・マルコヴィクス)が主人公。正義感の強い作者と元々悪人という2人の視点を変えたことによって、ブルガー(アウグスト・ディール)のサボタージュという行動が同胞を危機に晒すなどといった部分も見えてくる。逆に、悪党であるサリーが仲間を大切にしていることもわかるのです。まぁ、感情移入はしづらかったりしますが・・・

 収容所ではニセ札だけではなく、パスポートなども偽造している。そのため家族の不幸を知って自殺を図ろうとする者もいたり、薬を手に入れるためにナチ親衛隊少佐ヘルツォークと取引するという場面も登場する。ちょっとだけいい人のように思わせる少佐だったけど、ドイツの敗戦を悟って逃げだそうとする将校も実際にいたんだろうなぁ。この絶妙な駆け引きや、サリーの心の葛藤も見どころなのです。

 興味深かったのはユダヤ人印刷技師たちが厚遇されていたところ。収容所の中でも彼らから数メートル先では毎日のように拷問や銃殺があり、それが見えないだけに彼ら自身の待遇の良さもわからない。同じ収容所内でも天国と地獄のような格差社会があったことだ。さすがに今日的テーマとまでは思えないけど、虐待されていた他の舎を感じていたならばブルガーに同調して暴動が起こるなどして、ベルンハルト作戦も違う形になっていたのかも・・・

 尚、プロローグ、エピローグともに戦後のサリーが描かれていたのですが、カジノの強運ぶりを見る限り、収容所内では彼の判断が功を奏していたのかもしれない。また、わざとツキを無くす行為は虐殺された同胞たちへ、自分たちだけ生き残ったことの償いだったのかも・・・

★★★★・

コメント (15)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
« 第80回アカデミー賞発表 | トップ | チャプター27 »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
祝☆アカデミー賞受賞! (かえる)
2008-02-25 22:34:31
こんばんは。
Mongol、受賞ならず残念でした。
が、本作は納得の秀作と思いました。
ナチスもの、収容所ものはいくらでもありますが、
ここに描かれていた"葛藤"が素晴らしかったなぁと。
サリぃ~♪サリぃ~♪
秀作 (kossy)
2008-02-25 23:42:43
>かえる様
ナチス関連の映画はほんとに多いですけど、なかなか秀でた作品が現れませんでしたよね・・・ハリウッドで作られるものが多かっただけのことかもしれませんが、知られざる真実を描いたということもあって、新たな発見もありました。
重くなりすぎないのも良かったかな~
これは・・ (シネマ大好き娘)
2008-02-26 06:03:35
こっちにきてません~~

今日は4分間のピアニスト観ます~

観た?!
祝!受賞 (かのん)
2008-02-26 10:32:15
こんにちわ。
鑑賞したばかりの作品、それも感動させられた映画がこうして大きな賞を獲ると何だか嬉しくなります。

特にこの映画はこれまで観てきたナチス関連作品とはちょっと異なる切り口で、語り尽くされていたように思えてもまだまだ知らない事実がたくさんあるんだと認識させられる作品でした。
ドイツ映画 (kossy)
2008-02-26 16:11:52
>シネマ大好き娘様
「4分間のピアニスト」は観ましたよ~
あれは感動!
結局、同じドイツということで比較してしまって、こちらの点数が低くなってしまいました・・・

>かのん様
俺はアカデミー授賞式を見終わって、思い出したように映画館へと急いでしまって・・・やっぱり「モンゴル」を応援していたのか、気にとめていませんでした(汗)

ナチス関連の映画はかなり見てきたつもりですが、描き方によっては今後も色んな可能性が残されてますよね。残虐なシーンは所々にあったけど、ほとんど見せないという手法もよかった。収容所がどんなところか知らない一般のユダヤ人と同じ感覚に・・・
よくできた映画でした (kisen)
2008-02-29 09:25:09
kossyさん、おはようございます。

こうやって、鑑賞した(メジャーではない)作品が受賞するとうれしくなりますね。

でも、これはよくできていたと思います。
ナチスを扱った映画は本当に多いと思うのですが、本当の意味でわかりやすく、凡人をも感心させてしまう映画というのは、その実、少ないようにも思います。

結局、リーダーとなったサロモンは、最初はその技術を見込まれていたとしても、そこまでみんなを統括するつもりもなかっただろうに、でも反抗分子さえかばう、器の大きなリーダーになってましたね。

やっぱり、そういう才能(?)のある人って、自然とそうなるんだなぁ、なんて違うところで感心していました。

これは、もともとブルガーの本を元にしているから、ちょっとブルガー寄りにはできているんだろうけれど、私個人的には「いくら信念があっても、仲間を犠牲にしてはいかんだろう」とちょっと批判的に見ていました。

あ、そうそう!「4分間の・・・」ももうすぐ来るんです。kossyさんがお褒めになっていたので、鑑賞することにします。
祝オスカー (kossy)
2008-02-29 23:48:51
>kisen様
ドイツという国が自らナチス批判映画を作りだしてから、まだ日は浅いんですよね。
それもハリウッド側から描く一方的な視点じゃないし、かなり興味深いものがあったりします。

もともとサロモンには自分が生き残りたいという意識しかなかったのが、徐々に変化していきましたよね~
リーダーとなりたいがための行動じゃなく、徐々に仲間意識を増やしていったというか・・・心が変わっていく様子が面白かったです。
満点にならなかったのは、偽造した札を持っていったということがあるかもしれません・・・でも、思い出すにつれ、よく出来てたな~と印象がどんどん変わってきました。

4分間のピアニスト。
音楽によって好みはわかれると思いますが、kisen様なら大丈夫!
なるほどオスカー (たいむ)
2008-03-03 17:55:20
kossyさん、こんにちは。
予備知識くらい入れていくべきだったと、見ながら後悔。
ブルガーが正しいと思いつつ、でも。。と思ってしまう自分がそこにいました。

>プロローグ、エピローグ
これにはやられました。サロモンはあの後どうしたのかな?とか想いをはせながら、明るい気持ちで帰りました(笑)
理想と現実 (kossy)
2008-03-18 08:20:18
>たいむ様
俺も予習なんて一切・・・まさか本当の贋札の名人が主人公だとは思っていませんでした・・・
ブルガーの主張に関しては、理想的ではあるけど「生きて悲惨な収容所の真実を伝える」ことができなくなるんですよね。映画鑑賞という傍観者的な見方だと、共感できなくなってもしょうがないことなのかもしれません。

実際のサロモンのその後には唖然とさせられますが、いいエピローグを作りましたよね~あそこで偽札を捨ててしまっても金に困ればまたやっちゃう・・・想像はいろいろできるので余韻が残りました。
( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪ (とんちゃん)
2008-03-26 19:36:27
遅ればせながら、こちらでも1週間上映で先週観たのですが、やっとUPしました^^

あ~~>ドイツといえば印刷技術先進国

そうなんですか!私ってホント知らない事ばかりで・・。
そういった事も踏まえて観れたらもっと面白いのにね^^

ところで、私は最後の方に集中力が途切れてしまい
確かエンド・ロールで195○年まで彼らは
贋札作りをさせられた・・とあったような気がした
のですが、(観間違いかも^^)
終戦後・・どのようにしてサリーが冒頭のあのモナコのホテルのカジノ・シーンでの大金を持っていたのか謎です。
収容所では、禿げちゃったサリーが髪の毛もフサフサで・・・「金なんてまた造ればいいのさ」
と言ったような記憶があるのですが
もしかしたら、夢なのかなぁ??と思ってみたり。
教えて下さい<(_ _)>

ミチさんにも同じ事聞いてみます(笑)
よっぱちゃんなのでコピペで聞いてみます(爆)

コメントを投稿

映画2008」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

35 トラックバック

映画 【ヒトラーの贋札】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ヒトラーの贋札」 ナチス・ドイツによる史上最大の贋札事件「ベルンハルト作戦」を描いた作品。第80回アカデミー賞外国語映画部門ノミネート。 おはなし: ナチスは敵国イギリス国内経済に打撃を与えるため、大規模な偽ポンド札の製造に着手する。各地の収...
『ヒトラーの贋札』  Die Fälscher (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
葛藤し、彼は如何にして生き続けたか。確かな手ごたえの感動作。 第二次世界大戦下、ザクセンハウゼン強制収容所で、選ばれたユダヤ人に贋札づくりの指令が下された。ナチスの暴虐、強制収容所のユダヤ人の悲劇を描いた映画はあまりにもたくさんあるものだから、その歴...
ヒトラーの贋札 (利用価値のない日々の雑学)
今までその名称くらいしか存知得なかった「ベルンハント作戦」だが、謀略工作の専門家アルフレート・ナウヨックス親衛隊少佐が発案し、書類偽造課長ベルンハルト・クリューガー親衛隊少佐が指揮・実行した。その名前をとってこの作戦名が付いたということも全く知らなかっ...
ヒトラーの贋札 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『完璧な贋札。 それは俺たちの命を救うのか。 それとも奪うのか──』  コチラの「ヒトラーの贋札」は、1/19公開となった"ナチス・ドイツが行った国家による史上最大の紙幣贋造事件。この驚くべき歴史的事実に隠された、ユダヤ人技術者たちの正義をかけた闘いの...
ヒトラーの贋札 【称号:佳作】 (映画細胞~CinemaCell)
ナチスの強制収容所へと送られたユダヤ人贋作師サリーは、その才能を見込まれてナチス
『ヒトラーの贋札』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:Die Fascher) -----ヒトラー? ということは、またドイツ映画かニャ? 「うん。これを観ると 映画の題材というのは、 まだまだ転がっているんだなと思...
ヒトラーの贋札/カール・マルコヴィクス (カノンな日々)
しばらくシャンテシネに行ってなかったからこの映画の予告編もたぶん一度も観てないんだけど、チラシや紹介記事など読んでみると骨太そうな社会派ヒューマンドラマな感じだったのでとても気になっていた作品です。シャンテシネは公開直後は激しく混むので時間差アタック、...
ヒトラーの贋札 (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Die Faelscher”(The Counterfeiters)原作=アドルフ・ブルガー著「ヒトラーの贋札 悪魔の仕事場」。脚本・監督=ステファン・ルツォヴィッキー。祝・アカデミー賞外国語映画賞受賞!☆☆☆☆★
ヒトラーの贋札 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 ドイツ&オーストリア  ドラマ&サスペンス&戦争  監督:ステファン・ルツォヴィツキー  出演:カール・マルコヴィクス      アウグスト・ディール      デーヴィト・シュトリーゾフ      マリー・ボイマー 【物語】 第二次世界大戦の最中、...
10●ヒトラーの贋札 (レザボアCATs)
ベルンハルト作戦、ナチスによる贋札製造事件を描いた重厚なドラマ。だけど、想像するよりずっと爽やかな後味の良い佳作だ。
ヒトラーの贋札 (シャーロットの涙)
生き抜く・・・
【ヒトラーの贋札】 (日々のつぶやき)
監督:ステファン・ルツォヴィッキー 出演:カール・マルコヴィクス、アウグスト・ディール、デーヴィト・シュトリーゾフ 『完璧な贋札。それは俺達の命を救うのか。それとも奪うのか-』 「第二次世界大戦の真っ最中、各地の収容所からザクセンハウゼン強制収容...
ヒトラーの贋札 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
造らなければ死、造ればそれは家族や同胞への裏切り。彼らの命をかけた選択とは__。 アカデミー賞外国語映画賞受賞おめでとうございます! 第二次世界大戦の直後、モナコのモンテカルロ。サリーことサロモン・ソロヴィッチ(カール・マルコヴィクス)が豪華なホテ...
劇場 『ヒトラーの贋札』 (らぶらぶシネマ)
★★★★ 製作年:2006 製作国:ドイツ/オーストリア 原題:DIE FALSCHER ジャンル:ドラマ 監督 :ステファン・ルツォヴィッキー 出演者 :カール・マルコヴィクス 、 アウグスト・ディール 、 デーヴィト・シュトリーゾフ 、 アウグスト・ツィルナー 、 マルティン...
史実の裏側の物語―「ヒトラーの贋札」Part2 (豆酢館)
史実の裏側には、いつだって人間存在の真理が潜んでいる。
ヒトラーの贋札 ☆第80回アカデミー賞外国映画賞受賞作品 (銅版画制作の日々)
   第80回アカデミー賞 外国映画賞受賞作品   アカデミー賞受賞ということもあるので、他の映画紹介を飛ばしてこの作品のレビューを書く事にしました。2月5日、京都シネマにて鑑賞。平日にもかかわらず、大勢のお客さんなので驚きアカデミー賞にノミネート...
ヒトラーの贋札 (映画を観たよ)
まだまだ出てくるドイツの歴史
「ヒトラーの贋札」 生き抜くことの行為への誇り (はらやんの映画徒然草)
第二次世界大戦、ナチスドイツは「ベルンハルト作戦」を展開しました。 これはイギリ
囚人たちの心の温度差。『ヒトラーの贋札』 (水曜日のシネマ日記)
第二次世界大戦中のドイツ、ザクセンハウゼン強制収容所で行われていた実在の事件を題材に描かれた作品です。
Die Fälscher「ヒトラーの偽札」みた。 (たいむのひとりごと)
終戦間際のナチスによる、敵国の経済破綻を狙った偽札の偽造、「ベルンハルト作戦」にまつわる物語が描かれている作品。著者は実際偽札作りに関わったユダヤ人であるが、自身の視点とも少し違った描かれ方にやや困惑
真・映画日記『ヒトラーの贋札』 (          )
JUGEMテーマ:映画 2月29日(金)◆730日目◆ 「真・映画日記」、2周年である。 2年前、なんとなく始めた日記がこうして2年も続いた。 それでもまだまだだ。 もっと見たい! いろいろと余裕が出来たのでガンガン見ていく。 試写会も行く。 ということで...
ヒトラーの贋札 (にき☆ろぐ)
国家による史上最大の贋札事件と言われる、“ベルンハルト作戦”を題材にしたヒューマンドラマ。第2次世界大戦中のドイツ、ザクセンハウゼン強制収容所で、ナチスから紙幣贋造を強制されたユダヤ系技術者たちの苦悩のドラマを描くということでかなり重い内容ですアカデミ....
ヒトラーの贋札 (とんとん亭)
「ヒトラーの贋札」 2008年 独/墺 ★★★★ 第二次終戦後、かつて贋札作りの達人サリー(マルコヴィックス)は、大金を持ち、モナ コの海辺のホテルへ現れる。ホテルの金庫に金を預け、華やかなカジノへと・・・。 そこで、目が合った令嬢と一夜を共にす...
ヒトラーの贋札 (C'est Joli)
ヒトラーの贋札'06:ドイツ・オーストリア ◆原題:E FALSCHER/THE COUNTERFEITER◆監督:ステファン・ルツォヴィッキー(アナトミー)◆出演:カール・マルコヴィクス、アウグスト・ディール、デーヴィト・シュトリーゾフ、アウグスト・ツィルナー、マルティン・ブラ...
ヒトラーの贋札 (ネタばれせずにCINEるか)
よく毎年こう飽きもせず、ナチス批判の映画が次から次へと作られるものだ。ユダヤ人の執念恐るべしというより、映画産業に投資可能な富裕層が、それだけユダヤ人の中に多いという証なのかもしれない。 第2次大戦末期「ベルンハルト作戦」という偽造紙幣製造作戦に従事さ...
ヒトラーの贋札 (ネタばれせずにCINEるか)
よく毎年こう飽きもせず、ナチス批判の映画が次から次へと作られるものだ。ユダヤ人の執念恐るべしというより、映画産業に投資可能な富裕層が、それだけユダヤ人の中に多いという証なのかもしれない。 第2次大戦末期「ベルンハルト作戦」という偽造紙幣製造作戦に従事さ...
ヒトラーの贋札 (悠雅的生活)
 生きるための選択。正義を賭けて。
ヒトラーの贋札 (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
    = 『ヒトラーの贋札』  (2007) = 1936年、ベルリン。 パスポートや紙幣など、偽造のプロとして身を立てていたサロモン(カール・マルコヴィックス)は、ある日、犯罪捜査局に捕らえられる。 サロモンは、犯罪者の送られる刑務所ではなく、ユダヤ人...
ヒトラーの贋札 (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
    = 『ヒトラーの贋札』  (2007) = 1936年、ベルリン。 パスポートや紙幣など、偽造のプロとして身を立てていたサロモン(カール・マルコヴィックス)は、ある日、犯罪捜査局に捕らえられる。 サロモンは、犯罪者の送られる刑務所ではなく、ユダヤ人...
ヒトラーの贋札(1/19公開) (第八芸術鑑賞日記)
 08/3/21、銀座シネパトスにて鑑賞。6.5点。  アカデミー外国語映画賞。昨年の『善き人のためのソナタ』に続き二年連続でのドイツ映画の受賞だが、堅実な演出で描かれた社会派サスペンスであるという点まですっかり共通している。こうした作風が最近のドイツ映画の(特...
『ヒトラーの贋札』'07・独・オーストリア (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ第二次世界大戦中のドイツ。ユダヤ人強制収容所の一画に、各地から集められた職人たちが働く秘密工場があった。パスポートや紙幣の偽造で逮捕されたサリーは、そこでかつて自分を逮捕したヘルツォークが、大量の贋ポンド紙幣をばら撒き、イギリス経済を混乱させる...
『ヒトラーの贋札(にせさつ)』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2006年:ドイツ+オーストリア合作映画、ステファン・ルツォヴィッキー監督&脚本、カール・マルコヴィクス主演、第80回アカデミー賞外国語映画賞受賞作。 ≪DVD鑑賞≫
映画評「ヒトラーの贋札」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年オーストリア=ドイツ映画 監督ステファン・ルツォヴィツキー ネタバレあり
「ヒトラーの贋札」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
そろそろ本家アカデミー賞も発表になるので、 昨年の受賞作品を観てみる事に。 本作はオスカーの外国語映画賞受賞作。
No.129 ヒトラーの贋札 (気ままな映画生活)
今年度のアカデミー賞外国映画賞に輝いた作品です。 予告やテレビでの映画紹介でかなり気になっていた作品でした。 ユダヤ系のお話は、結構数多くあるけど本編でも 人間としての扱いを受けていない、いや、家畜同様に 扱われていて観ていて、気分悪くなりました。 こ...