ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

ベオウルフ 呪われし勇者

2007-12-02 01:48:20 | 映画2007
 ベオウルフの股間を見事に隠すカメラワーク!

 『フォレスト・ガンプ』以降、ロバート・ゼメキス作品とは相性が悪かったのですが、これは久しぶりに満足。予告編で想像していたのは『300』をファンタジーにしたような内容だと思っていたのに・・・です。『ポーラー・エクスプレス』や『モンスター・ハウス』と同じく、またもやパフォーマンス・キャプチャーによる3D作品ではあるものの、俳優の顔をそのまま再現しているリアルさ。細部にまでこだわった映像は、アップになると顔の産毛までクッキリ映し出されるほどなのです。まぁ、これが不気味だとも言えるのですが・・・そして、驚愕の映像というほどではないにしろ、ゴールデンドラゴンの迫力は凄まじいものがありました。

 映像的には最初こそ違和感があるのですが、アクションが派手になってくるとメイキングも見てみたいことさえ忘れてしまいます。単なる英雄モノとは一味違うと感じてしまったことは、公式HPのプロダクション・ノートを読んで確信を持ちました。古代英語詩が原作になってるものの、欠落した部分を脚本家の2人が文献を研究してオリジナリティを持たせているらしいのです。

 王国を攻めてきた一人のモンスター、グレンデルはなぜだかフロースガール王(アンソニー・ホプキンス)だけは殺そうとしない。ドラゴン退治をしたこともある勇者だったことは確かだけど、かなりの老齢。かつては脳みそも食ったことのあるシリアルキラーとは思えないほどの好々爺なのです。秘密は徐々に明らかにされていくのですが、海を越えて魔物退治にやってきたベオウルフ(レイ・ウィンストン)だけは魔物の母親と対峙してその秘密を知ってしまう・・・。

 魔物の母親がアンジェリーナ・ジョリーなだけに、“英雄、色を好む”というより“英雄、色に弱し”といったところか。二代にわたって魔物と交わってしまい、出来た息子に王国を脅かされるという面白い発想には驚かされてしまいます。それに“英雄、大ぼら吹き”といった2人の性格が面白く、英雄伝説はこのように誇大して伝えられていくものだということを教えられました。

 世界観もどことなく似ていたため、ずっとファイナルファンタジーをプレイしてる気分で見ていて、やっぱり最後にはドラゴンの登場があったので嬉しくなってしまいました。なんとなく映画賞の一つを取るような気もするのですが、これはアニメ部門になるのかな?ジョン・マルコヴィッチがなかなかの演技だったと思うものの、アニメだし・・・アンジェリーナ・ジョリーも美しかったけど、下唇が割れてないようなCG処理(?)されてるし・・・

★★★★・

コメント (33)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« モーテル | トップ | マイティ・ハート 愛と絆 »
最新の画像もっと見る

33 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そんなに (はっち)
2007-12-02 08:33:16
おじゃまします・・・
トラックバックが入れられなくなってますので、
コメントで失礼~♪ちなみに上のURL欄にjugem
ボクのBlogのURLを入れると不正URLで書き込みさえ
出来ない状態です(^_^;)
Jugemとgooってn仲悪いの??(爆)

元ネタがあまりボクの好みのネタじゃないので、
スルーしようかと思ってましたが、そんなに凄い
ですか・・・

値段は割高になりますが、3Dっでやってる映画館
もありますが、どんなもんなんだろうか・・・
映画というより、映像に興味津々です~♪
こんにちは! (由香)
2007-12-02 09:26:53
お邪魔します♪
物語は凄く面白かったのですが、あの映像にイマイチ馴染めませんでした。
『“英雄、色に弱し”』のベオウルフですが、演じたレイ・ウィンストンが実際はポッチャリおじさんなのも頭を過ぎっちゃいました―
好々爺 (とらねこ)
2007-12-02 17:37:19
へえ~★面白そうですね!

3D画像というのを耳にして私も、もっすごぉーく気になって来てたとこだったのです!

>好々爺

大学までずっと、「すきすきじい」って読んでました。

>呪われた勇者

ドラクエだと時々、呪われたまんまでプレイしちゃうんですけどね。

「もろはの鎧」でしたっけ?攻撃受けると相手にはね返す鎧。

しかも守備力も高いんだから、少々呪われたって、構いませんよ!
英雄 (kossy)
2007-12-02 19:19:26
>はっち様
トラックバックやコメントの件、困ったものですね~早く解決されることを祈りましょう。
3Dじゃないと楽しめないという方もいらっしゃることでしょうが、俺は普通版でも楽しめました。ストーリーをじっくり見つめると、ありきたりのファンタジーよりは興味深い点が見つかるのです。
決して勧善懲悪ではないと思える部分もあったりして、CGなのに人間臭さを感じたりしますよ~

>由香さま
映画を見終えてからレイ・ウィンストンの素顔を確認しました!彼は大喜びですよね。これだけカッコ良くなるなんて・・・
ゲーマーだったら映像の違和感は問題ないのかも・・・

>とらねこ様
多分3D映像だともっと迫力あったんだろうな~
でもきっと賛否両論。ゲームやっててよかったと感じられる映画でした(笑)
ドラクエの呪い・・・俺は呪われるのが嫌なので、そうしたアイテムはすぐに売っちゃいます。そうかぁ~、今度プレイするときは呪われてみよっと♪
こんばんは♪ (ゆかりん)
2007-12-02 20:57:14
もとからアニメ感覚もしくはゲーム感覚で観てなかったので違和感アリアリでした、、、
3D版もあるんですか?
それはそれで面白そうですね。
TBありがとうございました (くまんちゅう)
2007-12-02 21:22:21
原作とバトラー主演の映画と感想書いてたので、これを見ないわけにはいきませんでした。
内容改変は良いような悪いような、でも映画的には楽しめたので結構満足だったりします。
Jバトラーでこの内容だったらもっと良かったのにと無いものねだりの愚痴を言ってみたりします。
たとえCGでもアンジーの魅力には負けました。
アンジーの (miyu)
2007-12-02 22:37:15
妖艶さって確かに際立ってはいたのですが、
正直あたしが男でもアレにテを出す勇気はありません。
そのあたりが勇者たる所以なんでしょうかね。
めがね (八ちゃん)
2007-12-02 22:57:12
自分の書き方が悪かったみたいだけど、
めがねかけますよ。
「青赤めがね」ではなく、「偏光レンスめがね」ですぅ。
ごめんなさい
3D (kossy)
2007-12-03 02:28:41
>ゆかりん様
たまたま直前までゲームをしてたので違和感がなかっただけかもしれません。それでも、「あれ、実写じゃなかったのか~」とビックリしてしまいました!
3D版も楽しそうですよね。

>くまんちゅう様
バトラー版も観てみたいです。たぶん、原作に忠実な、それほどぶっ飛んだ映像じゃないのだとは思いますけど、ちょっと味わってみたいです。
内容は脚本家の発想によって自由度が増してしまったんでしょうね。こんな話がそのまま昔からあったのだとしたら凄すぎます。

>miyu様
アンジーだから・・・なんでしょうね(笑)
一応魔物の母親なんだし、本当にいるとしても人間そっくりじゃないはず!
でも、「王にしてやる」などという言葉は欲深い人間なら受け入れちゃうのかもしれません・・・

>八ちゃん様
ふ~~危なかった。
めがねは要らないと吹聴してしまうところでした(汗)
偏光メガネということは、USJのターミネーターの3Dと一緒ですよね?違ったかな・・・
うははは… (八ちゃん)
2007-12-03 05:57:27
はい、スパイダーマン ライドでかけるのと一緒です。
ん? (汗

コメントを投稿

映画2007」カテゴリの最新記事