ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

タイヨウのうた

2006-06-13 23:02:42 | 映画2006
 Aadd9-E-Bm7-Dadd9♪

 この出だしのコードがとても心地よい。しかもAadd9にしなければ、雨音薫(シンガーソングライターYUI)による透明感溢れる歌声にマッチしないのです。ストロークの気だるさからも察することができるように、ギターの腕前はそれほど上手いとは思えないのですが、絶妙なアクセントを含んだコード進行からしても作曲は天才的。気持ちがいいほど余韻たっぷりに涙を誘う映画でした。しかも試写会帰りに車でFMを聴いていると偶然にも「good-bye days」が流れるものだから、感動のあまりこっそりとボリュームを上げすぎてしまいました・・・ごめんなさい。

 泣けるかどうかなんて音楽好きの者にとっては愚問です。横浜でのストリートライブのシーンでもう涙腺決壊ですよ。『スウィングガールズ』でいきなり仲間が楽器を買って参加したりするシーンや、古くは『ベニイ・グッドマン物語』でライオネル・ハンプトンが突如セッションに加わるのと同じ効果なのです。理屈抜きで音楽心を動かされ、慟哭にも似た叫び声を心の中で上げてしまいました。

 難病もの、純愛もの、プロモーションビデオもの、等々とベタすぎると一蹴することは簡単なのですが、10代の頃にギターを手にした経験のある人ならばわかるはず。Fのコードが難しいとつまずいたあの頃を思い出すに違いありません。とは言っても、彼女は五線譜に音符や歌詞を書き留めることをしない天才肌のミュージシャンですから、素直に歌声に聞き入るだけでも満足できることでしょう。

 映画そのものは、音楽映画にしては間がありすぎる点や斬新さがないといったマイナス部分もありますが、まだ25歳の監督ということなのでこれからも十分期待できる人なんでしょうね。役者としては主人公二人よりも岸谷五朗がとても良かった。逆に麻木久仁子はバラエティ番組の司会者に戻ってもらいたいくらいでした・・・

 雨音薫の病気は色素性乾皮症(XP)。治療法も確立していないのに難病指定されていないそうです。この映画がヒットすることによって、難病指定への運動が起こったりすると、映画の力を感じることができると思うのですが・・・もしそうなったら、また泣いてしまいそうです・・・

★★★★★

コメント (48)   トラックバック (88)   この記事についてブログを書く
« マンダレイ | トップ | いたいふたり(2002) »
最近の画像もっと見る

48 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2006-06-14 00:32:38
麻木久仁子はバラエティ番組の司会者に戻ってもらいたい・・・。



それはいい意味で?(笑)

まぁ、どっちでも良いんですけど。←無責任。



役者らしい人は岸谷さんぐらいでしたが、

それでもこの作りは好感が持てますね♪



若々しい感覚の映画ですが、「good-bye days」の良さにすっかり騙され、

ラストには泣ける、泣ける。

ストリートライヴも良い演出ですよね。

コンニャロ!ってカンジです。



今ではスッカリ予告編で泣ける体質になってしまいましたおよよ。
あ。 (こっちゃん)
2006-06-14 00:34:17
ちなみに私がUnknown ↑なこっちゃんです。



別に匿名ってワケじゃないんですけど・・・
岸谷五朗さんはとても良かったですね (たろ)
2006-06-14 00:36:17
こんばんは。

弊ブログへのトラックバックありがとうございました。

こちらからもコメントとトラックバックのお返しを失礼致します。



この作品は、色素性乾皮症(XP)という難しい主題をシリアスというだけでない色々な味わいと細かい所に配慮されて作り上げられた映画でした。

そして、雨音薫役を演じたYUIさんの主題歌は印象深かったですね。



また遊びに来させて頂きます。

ではまた。



Unknown (Mr.G)
2006-06-14 00:54:38
TBありがとうございました。

横浜でのストリート・ライブのシーン、気持ち良かったですねえ。

「スウィングガールズ」のメンバー再会のいきなりライブに、私もいたく感動したクチです。

ここいらへんをリアリティが云々という方は、正直かわいそうな気がします。
ストリートライブ (kossy)
2006-06-14 08:47:22
>こっちゃん様

麻木久仁子は好きなんです。

16分割とかのクイズ番組が特に!

いろんな番組見てたのに結婚してからは興味がなくなりましたよ・・



俺は予告編だけでかなり泣いたのに、まだ涙が残っていたのか!と自分にビックリです。

あぁ、ミニライブ付きの試写会も観たかったなぁ・・・



>たろ様

どうもありがとうございます。

この映画のヒットによってXPに関心を持つ人が増えそうですよね。病気そのものをテーマにした映画ではなかったのですが、しっかりと伏線を配置した脚本でもありましたよね~

もう主題歌は・・・聞くだけで涙



>Mr.G様

いつもありがとうございます。

あ~~なんだか嬉しい。

「スウィングガールズ」のあのシーンは最高ですよね♪

横浜ストリートライブだって、そういった批判が出てきそうな気もしてますが、そんな方には色んな音楽映画(ミュージカル含む)を観てもらいたいものです。
ちっちゃいのはダメ? (Ageha)
2006-06-14 13:35:00
オンライン試写会に当たったのはラッキーだったんですが。



ちっちゃ!



スクリーンの大きさや一緒に見る人数が

映画の感動に比例するのでしょうか?

・・・地上波テレビで家族でサッカー見るよりは

せめてパブリックビューで・・ってのと同じ?!



ということでなんだか辛口になっちゃいました。



正直演技はちょっとね・・なんですが

悲劇を悲劇として盛り上げずに

むしろ精一杯生きるのっって方向で

映画をつくったことには拍手。

ありふれたテーマかもしれませんがさわやかでした。

ある意味彼女でないと撮れないものがあって。



沢尻エリカがやると号泣もんになっちゃいそうだな。
私もオンライン (cloud9)
2006-06-14 15:11:13
TBありがとうございます。

5つ★だったんですね~。



私もAgehaさんと同じくオンライン試写会で見たので

画面は小さいは、ぶつぶつ途切れるはで

とても集中できるような状況ではありませんでした。



でも…ちゃんと見てても号泣、はないだろうなぁ
テレビは・・・ (kossy)
2006-06-14 23:40:08
>Agega様

ちっちゃい画面を体感するために、公式サイトの予告編を見直しました。

いやぁ~ちっちゃい(笑)

だけど、大画面で観たばかりだったので感動が甦りましたですよ!涙が出ちゃった・・・



この映画での演技がよかったのは岸谷五朗だけでしょうけど、歌が全てをカバーしてくれました。

今年は生きることをテーマにした映画がやたらと多いですから、またまとめてみたいと思っています。



>cloud9様

甘いと思いつつも満点です。

小さい画面でぶつぶつ途切れては感動も薄れるでしょうね~しょうがないです。

カップルで入場すると1000円だそうですから、映画館へも行ってみては・・・
こんばんわ (ななな)
2006-06-15 20:54:36
見た直後もでしたが今になってまた「いい映画だった~」って思います。

設定はよくあるけどやっぱ純愛で悲しく作るよりも生きる希望が溢れていた方がいいです。

観終わった後の気分もいいですしね!

CMとかで歌が流れると思わず聞き入ってしまいます~♪何回も聞きたくなる歌です。
ようやく (kossy)
2006-06-15 21:22:47
>ななな様

次の日くらいまでは、予告編や歌を聴いただけで涙が出てきたのですが、もう治りました。ふぅ・・・

やっぱり生きることへの執着。大切です。



俺はしばらく弾いてないギターをまた弾きたくなってきました♪

コメントを投稿

映画2006」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

88 トラックバック

タイヨウのうた (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
なんて泣かせるんでしょう....(つд⊂)ううっ この物語の女の子は、 太陽の下で無邪気に遊ぶことも、お天気の良い空の下で大好きな人と手を繋ぎ仲良く歩くことも出来ません。生まれつきの”悲しい病気”を抱えた女の子だったのです。 これは 歌が大好きな ...
「 タイヨウのうた 」 (MoonDreamWorks)
監督 : 小泉徳宏 出演 : YUI / 塚本高史 / 岸谷五朗      公式HP:http://www.taiyonouta.jp/ やばい!すごくやばいです、凄く良かったですこの映画。まったくノーマークで期待しないで観に行ってこんなに感動したのは、同じように天使のような歌 ...
試写会鑑賞 九段会館にて ~ 小泉 徳宏 「 タイヨウのうた A Song to the Sun 」 (** Paradise Garage **)
こんばんは。 日中は曇り、夜は小雨の水曜日です。 今日は、一足先に 九段会館にて行なわれた試写会で観させて頂いた、小泉徳宏氏の新作映画について。 『 タイヨウのうた A Song to the Sun 』 ( ‘06年 日本 ) 《 STAFF 》 監督 : 小泉 ...
試写会 新宿明治安田生命ホールにて~小泉 徳宏「タイヨウのうた A Song to the Sun」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 曇り空の金曜日です。 今日は、昨日 新宿明治安田生命ホールにて行なわれた試写会で再度観させて頂いた、小泉徳宏氏の新作映画について。 『 タイヨウのうた A Song to the Sun 』 ( ‘06年 日本 ) 映画の感想としては、 5月17日( ...
タイヨウのうた (新・CINEMA正直れびゅ<ネタバレあり>)
Yahoo!の1万人オンライン試写会に当たった。1万人だからはずれないだろうとは思ってたけど。回線空いてる方がいいと思い、早朝5時半よりパソコンの前に陣取った。
映画 「タイヨウのうた」 (ようこそMr.G)
映画 「タイヨウのうた」 を観ました。 太陽にあたれないXP(色素性乾皮症)という病気の少女と 彼女に出会った少年との切ないラブ・ストーリーでした。 またしても難病モノかよ、って思う方が多いでしょうが これが思いのほかよく出来た作品で、心 ...
タイヨウのうた試写会 セカチューをもしのぐ涙あふれる感動ラブストーリー、、、だったんですが。 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ )
まずはじめに、この映画はあなたの予想してるよりイイです!!(断言(笑))  画づくりが丁寧です、非常に勉強になります。ツッコミどころがないほどリアルな恋愛、家族愛も描かれているので若者にも大人にも心に染み入るでしょう。 松下IMPホール、主 ...
YUI for 雨音 薫「Good-bye days」 (時流を聴く)
YUIが主演する映画『タイヨウのうた』の主題歌「Good-bye days」を購入。 『タイヨウのうた』の制作委員会に名を連ねるヤフーが、Yahoo!動画でビデオクリップをフル配信中(無料)です。 『
タイヨウのうた (色即是空日記+α)
試写会行ってきました。  難病モノって嫌いなんですがね、、、いかにも泣かせようとするのが。 これは違いますね!!!  たしかに彼女は病気なんだけれど、無理に泣かせようとしていない。  むしろ生の喜び、輝きが眩しかったです。
「タイヨウのうた」 (しんのすけの イッツマイライフ)
確かに彼女はそこに生きていて、 彼女の歌は、見た者、私達に残り続ける。 映画を見終わった後にはただ、 爽やかな青春賛歌が流れている。
感想/タイヨウのうた(試写)&YUI for 雨音 薫 (APRIL FOOLS)
難病、純愛、別離、ってゆー「セカチュー」的キーワードだけ聞くと「無理無理、パスします」と拒否反応出したいとこだしょーが、ちょい待ちな。意外にいいぜ、この映画。食わず嫌いはノンノン。 『タイヨウのうた』 てことで、にゃんだかものすごい勢いで盛り ...
タイヨウのうた・オンライン試写会にて。 (ペパーミントの魔術師)
太陽の光にあたることができないXPと言う病気を抱えた少女 雨音薫は、いつも部屋の窓から見下ろすバス停で サーフィン仲間とはしゃいでる少年孝治を見つめていた。 夜しか外にでることができない薫は 路上ライヴへと出かけた先で偶然彼を見かけ 一気にしどろもどろ ...
映画「タイヨウのうた」オンライン試写会 (雲九の物品購入覚書)
3度目(かな?)の挑戦にして初めて当選しました。 (写真は全く記事に関係ありません) 使っているのはノートパソコンなので、 普段は目の酷使が心配であんまりネットで映画を見ることはありません。 が、せっかく当たったので挑戦!! … … … ぶっつぶつ画 ...
映画:タイヨウのうた 試写会 (駒吉の日記)
タイヨウのうた 試写会@新宿明治安田生命ホール 「夜だけ会おうよ。太陽が沈んだら迎えに行くよ」 「GOAL!(駒吉レビュー )」と並んでめちゃめちゃ試写会が多い本作、こんなに試写会だらけで大丈夫なんでしょうか。本日、350席くらいのホールは6割くら ...
タイヨウのうた (sigh.)
公開は今週末の6月17日土曜日からですが、Yahoo!BBのオンライン試写会に当ったので、劇場公開前にネット試写会で見ました。 タイヨウのうた 監督は小泉徳宏さん。 主演は、これが映画初主演となるシンガーソングライターのYUIさん。相手役には「木更津キャッツ ...
タイヨウのうた (ともやの映画大好きっ!)
【2006年・日本】試写会で鑑賞(ともや評価:★★★★★) 月の光の下で、限られた時間を歌と一緒に生きた16才の少女。 その少女の一夏の恋を描いた物語。 海辺に近い鎌倉で暮らす雨音薫(YUI)は16才の女の子。彼女は太陽の光にあたれないXP(色素性乾皮症) ...
『タイヨウのうた』 (アンディの日記 シネマ版)
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]    06/17公開  (公式サイト)(公式感想ブログ) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:] 泣き度[:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:] 青春度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:] ...
もうひとつの「いじわるな神様がくれたもの」◆『タイヨウのうた』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
5月30日(火)試写会・プレシネ60にて 太陽の光に当たることが出来ないXP(色素性乾皮症)という病気を抱えた16歳の少女・雨音薫(YUI)は、学校にも行けず、昼と夜が逆転した孤独な生活を送っていた。そんな薫の生きがいは、歌を歌うことだった。誰も居ない深 ...
ボディ・ブロー『タイヨウのうた』 (この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!)
映画『タイヨウのうた』全国2万人泣き祭り大試写会で 『タイヨウのうた』を見てきた。 会場にはお客さんが3分の2くらい。 今回の募集方法に問題があったのだろう。 まあ座席数以上に当選させて通路に座らされるより 数段ましですが。 メールで当選の案内は ...
タイヨウのうた (シネマ日記)
ネタバレあり。試写会が当たったので行ってまいりました。79%が星五つをつけたというふれこみですが、、、正直、星五つかと言われるとちょっとそれはつけすぎかなーと思いますが、いい映画ではありました。ワタクシはこういう不治の病系のお話では、恋愛関係にあ ...
タイヨウのうた (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
初めて何が上映されるか観るまでわからないという モニター試写会に当たって観た作品! 塚本高史出演と聞いて観たかった作品だったので かなり早くに観ることが出来て嬉しさ倍増…☆ 「タイヨウのうた」2006年公開・邦画 監督/小泉徳宏 脚本・原作/坂 ...
タイヨウのうた (映画を観たよ)
これまたドラマ化するみたいですね。 最近ホントこのパターン多いですよね。 でも私の場合ドラマは最初と最後しか見ないんですよね(笑 なかなかいい映画でした。ってか期待をいい意味で裏切ってくれました。 もっと「セカチュー」とかみたいに病気&純愛で泣かす ...
『 タイヨウのうた 』 (やっぱり邦画好き…)
 公式サイト 映画 『 タイヨウのうた 』 [試写会鑑賞] 2006年:日本 【2006年夏ロードショー】[上映劇場 ] 監 督:小泉徳宏 脚 本:坂東賢治 原 作:坂東賢治  [ キャスト ] YUI 塚本高史 麻木久仁子 ...
タイヨウのうた(この思い歌として光ある世界に届けたい) (オールマイティにコメンテート)
「タイヨウのうた」は海辺で暮らす少女が太陽の紫外線を浴びると死んでしまうXP(色素性乾皮症)の神経病を抱えながらも歌を路上で歌い、好きになった彼氏と親友と両親に囲まれながら生きたストーリーである。この病気と共に考えながら観る映画として何ができる ...
タイヨウのうた(この思い歌として光ある世界に届けたい) (オールマイティにコメンテート)
「タイヨウのうた」は海辺で暮らす少女が太陽の紫外線を浴びると死んでしまうXP(色素性乾皮症)の神経病を抱えながらも歌を路上で歌い、好きになった彼氏と親友と両親に囲まれながら生きたストーリーである。この病気と共に考えながら観る映画として何ができる ...
ベタなツボを抑えている 「タイヨウのうた」 (平気の平左)
評価:80点{/fuki_osusume/} タイヨウのうた 予告編でだいたいストーリーが読めます。 ベタです。 でも、泣けます。 ボロボロに泣いて、悲しくて、どうしようもない! と言う類の話ではなくて、難病モノでありながら、終わった後は何か爽やかな気持ちにな ...
タイヨウのうた / A SONG TO THE SUN (きょうのあしあと)
「彼女は、タイヨウに帰っていった。        僕の心に歌を残して。」 監督:小泉徳宏 脚本:坂東賢治 出演:YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗、通山愛里、田中聡元、小柳友、ふせえり、小林隆、マギー、山崎一 公式HP:http://www.taiyonouta.jp ...
タイヨウのうた/YUI、塚本高史、岸谷五朗、通山愛里 (カノンな日々)
映画としては小粒で素朴なんですが、わりと序盤から心の琴線にふれてくるもんですから、ウルウルきちゃって、涙注意報に警戒するまでもなく、早々と泣けてしまいました。作品がどうこうというよりも個人的なツボがとても多い物語だったんですね。主人公の薫にも孝 ...
タイヨウのうた (うぞきあ の場)
~YUIの歌声と、演技に引き込まれていってしまいました。~ ラブストーリーです。 でも、観客に無理に泣かせようとするところがなく、 自然な作風が好き。 YUI~  顔をくしゃくしゃにして唄う所が良いですね。  あの、フェンダーのピックの首飾りは、自 ...
タイヨウのうた (ぼくと、師匠と・・・明日へ  DAO)
映画『タイヨウのうた』初日なので ぼくの観たLastの回も満席!! もう見事なくらい直球!! ど真ん中!!の映画です。 ここまで真っ直ぐに創られると気持ちいいですね!!ホント!! 「世界の中心・・・」は映画としての仕掛けがほど度々に効果 ...
『タイヨウのうた』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
まっすぐに前向きに、今出来る事を一生懸命に! 予告編では、3回泣いた…。 けれど、不思議と劇場では涙はなかった。 その代わり、彼女の瑞々しい歌声が、心の奥にまでジンジンと響いてきましたよ。 『タイヨウのうた』 輝く太陽の様に、キラキラと眩しいくらい ...
YUI for 雨音薫「Good-bye days」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
「Good-bye days」は YUIの初主演映画「タイヨウのうた」の主題歌。 YUIが雨宮薫にリンクしてるように 音楽への思いが等身大のようにみえる。 そんな映画の中で登場する「Good-bye days」は 切なくそして暖かく癒される曲です。 カップリングには今や幻となった ...
タイヨウのうた (ナナシ的エンタメすたいるNet)
「バルトの楽園」に続けて2作目は 昨日公開された「タイヨウのうた」も見てきました。 太陽の光に当たると命を落とす病気を持つ少女が、 ある日少年との出会いによって命の輝きを取り戻した純愛物語。 難病を持つヒロイン雨宮薫には 福岡出身のシンガーソングライ ...
タイヨウのうた (独身anの30後半ってこんな?)
『タイヨウのうた.』  『若すぎるかな?』と思いつつ出かけた試写会だったけど、
タイヨウのうた (MONOlog)
雨なので映画に行ってきました。 泣かせる映画によくあるような設定、 どこかで見たことあるような展開、 ヒロインの棒読みっぽいセリフ・・・・ なんだよー{/hiyo_shock2/}とか思って見てたけど 気付いたら涙ぽろぽろ。 観終わったあとめちゃめちゃ爽やかで切 ...
タイヨウのうた (It's a Wonderful Life)
夜に車を運転してて何気にラジオをつけると、 丁度この映画のライブ付き試写会?の模様をオンエアしていて、 主人公を演じるYUIの生歌が流れてきました。 本人の作詞・作曲によるそれは、なかなか耳に入ってくる曲。 前に劇場で予告観た時に興味も沸い ...
タイヨウのうた (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「タイヨウのうた」の感想です
タイヨウのうた (そーれりぽーと)
「HINOKIO」のエンドロールで流れていたYUIの曲に不思議と涙が止まらなかったのが昨年夏。あれからあの曲を耳にするたびに目頭に熱いものを感じるようになりすっかりYUIのファンになった私。 今度はそのYUI自信が主演ということと、私のハンドルネームの“Sole”が ...
『タイヨウのうた』 (京の昼寝~♪)
彼女は、タイヨウに帰っていった。僕の心に、歌を残して。 ■監督 小泉徳宏■原作 天川 彩(「タイヨウのうた)ソニー・マガジンズ刊」■原案・脚本 坂東賢治■キャスト YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗、通山愛里、山崎 一□オフィシャルサイト   ...
小さな恋心が残した、大きな足跡。『タイヨウのうた』 (水曜日のシネマ日記)
太陽の光りにあたれないXP(色素性乾皮症)という病気を抱えた、 16歳の女の子の物語です。
タイヨウのうた (Akira's VOICE)
ピュアな歌声が心に響き,じんわりと感動。 だけど,お涙頂戴の場面も幾つかあって少し興醒め。 良い映画なのに,そこだけ残念。
タイヨウのうた (シャーロットの涙)
歌は生きる証 普通に生きたかったと語る薫の想いが歌という表現 病気ではなく「個性」 七里ガ浜や江ノ島、昔よく行きました。 台風のうねりが入った時位しか湘南は大きい波がたたないし、ショートボードで乗れるような波ではないシーンがちょっと苦しい。苦笑 ...
タイヨウのうた (ドリアンいいたい放題)
本日、仕事前に鑑賞 これは予告編からとっても気になる作品だった。 何とか、できるだけ早く見ようと、アレコレ試写会応募したが 残念ながら全く当たらず! そんなこんなで昨日やっと鑑賞 そして、何でこんなに気になっていたか気づいた。 そう!Y ...
タイヨウのうた (映画人的トラック・バックセンター)
『タイヨウのうた』 映画『タイヨウのうた』に関する記事のトラック・バックを大募集獵
映画「タイヨウのうた」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「タイヨウのうた」 太陽の光に当たれないXP(色素性乾皮症)という病気を抱える少女・雨音薫(YUI)が歌と一緒に懸命に生き抜いた物語。 16歳の薫は学校へも行かず昼夜逆転の生活をしている。そんな彼女の楽しみは歌を歌うことと部屋から明け方サーフ ...
タイヨウのうた (琴線~心のメロディ)
【2006年6月17日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】 【観た場所:T-JOY東広島】 面白かった度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} オススメ度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} もう一度観たい度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} ...
タイヨウのうた (映画感想BLOG 瞼のスクリーン)
オススメ度 ★★★★☆ YUIの「Good-bye days」がシーンと重なると、ジ~ンとしてしまう、作詞、作曲YUI、すごい。映画としては少し、古い感じもしたけど、ジ~ンとさせる映画。 どの俳優も良かった、まず、YUIの演技ははじめて観たけど、可愛い、違和感が無 ...
タイヨウのうた (★過去発~現在経由~未来行☆)
YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗、通山愛里、田中聡元、小柳友、ふせえり、 小林隆、マギー、山崎一他出演。 原作/脚本、坂東賢治。監督、小泉徳宏。 あらすじ YUIの演じる雨音薫(16歳)は、XP(色素性乾皮症)という病気で太陽の陽射しを浴 ...
タイヨウのうた (★過去発~現在経由~未来行☆)
YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗、通山愛里、田中聡元、小柳友、ふせえり、 小林隆、マギー、山崎一他出演。 原作/脚本、坂東賢治。監督、小泉徳宏。 あらすじ YUIの演じる雨音薫(16歳)は、XP(色素性乾皮症)という病気で太陽の陽射しを浴 ...
タイヨウのうた (まつさんの映画伝道師)
第494回 ★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  誰かを想う気持ちを芸術に込めることは、芸術における傑作を生むことに繋がる事が多い。  例えばベートーベンの代表曲「エリーゼのために」は、彼の悪筆のため「エリーゼ ...
タイヨウのうた (マボロシログ)
タイヨウのうた監督:小泉徳宏出演:YUI/塚本高史/岸谷五朗/麻木久仁子/他太陽の光にあたれない難病XP(色素性乾皮症)の少女、雨音薫は16歳。昼間の高校に通えない薫は、夜になると駅前広場に出てギターの...
「タイヨウのうた」みた。 (たいむのひとりごと)
「鑑賞予定無し」と宣言していたのだけど、いつもお世話になっている姫鷲さん(6/16)の記事にて、姫鷲さんがこの作品の”小泉監督の従弟さんとお友達”だという話を聞き、おもいっきり遠いのだけどちょっぴり親近感を覚えたことでもあり鑑賞とあいなっ
タイヨウのうた (C'est Joli)
タイヨウのうた2006年/日本 ◆監督:小泉徳宏◆出演:YUI/塚本高史/岸谷五朗/麻木久仁子 ◆STORY◆XPという病を抱え、太陽に当たれない少女・薫のささやかな幸せは、夜明け前に家の前を通るサーファー、孝治の姿を見ること。ある夜、いつものように駅前でギ ...
タイヨウのうた (C'est Joli)
タイヨウのうた2006年/日本 ◆監督:小泉徳宏◆出演:YUI/塚本高史/岸谷五朗/麻木久仁子 ◆STORY◆XPという病を抱え、太陽に当たれない少女・薫のささやかな幸せは、夜明け前に家の前を通るサーファー、孝治の姿を見ること。ある夜、いつものように駅前でギ ...
届 ~「タイヨウのうた」~ (サナダ虫 ~解体中~)
小泉徳宏監督作品、YUI主演の、 映画 「タイヨウのうた」を観た。 XP(色素性乾皮症)という難病の少女が、歌を通じて愛を伝える純粋な恋物語。 感想。 ①あんなにバス停を動かす必要は、ないと思う。(バレるに決まってるって) ②「好きなバナナは ...
「タイヨウのうた」 ( )
YUIの歌声は申し分なかった!儚げで、でも力強く一生懸命歌ってる姿は、病気と闘いながら生きる主人公・薫そのものでした。そしてこの映画は何と言っても自然なセリフがとても生きている。キレイごとじゃなくて、その辺に転がってそうな会話で、だからこそとて ...
タイヨウのうた(映画館) (ひるめし。)
彼女は、タイヨウへ帰っていった。 僕の心に、歌をのこして。 CAST:YUI/塚本高史/麻木久仁子/岸谷五朗/通山愛里  他 ■日本産 119分 久々に目頭が熱くなって鼻をかんだ映画に出会いましたわ~。 お気に入り度も久々の五つ★!! 本当は観に行く予定はなか ...
タイヨウのうた (星のカケラ)
木曜日、『タイヨウのうた』を観た。 XPという紫外線アレルギーの病気を持つ薫(yui)は、毎朝、家の前のバス停で友達と待ち合わせしている孝治(塚本高史)のことを好きになる。薫は紫外線を避けるため、夜の公園で路上ライブを行なう毎日を送り、孝治と仲良くなって ...
【劇場鑑賞68】タイヨウのうた "Live Life Love"(A Song to the Sun) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
大切なもの 歌 家族 そして 彼 限られた時間を 歌と生きた少女の物語 太陽にあたると 死んでしまう 彼女はタイヨウに帰っていった 僕の心に歌を残して 『私、生き生きて生きまくるんだから!』
シネマ日記 タイヨウのうた (skywave blog)
難病ものですが、お涙頂戴の厚かましいシーンやセリフがすくなく、静かに二人の愛が進んでいくのが、好ましい。 夜はすべてを包み、すべてを洗い流す。明日の朝日に出会うため。
タイヨウのうた (勝弘ブログ)
http://www.taiyonouta.jp/最寄りの映画館で鑑賞。こんな病気が有ったんですね。全国色素性乾皮症連絡会 公式ホームページ最近、病気を題材にした映画が多い中、これは比較的明るく、最後まで生きてやろうという気持ちがい
タイヨウのうた (映画評論家人生)
アポロシネマ8 私ごとだが、このところ、とても体の調子が悪い。金曜日、土曜日、日曜日と休みをいただいたが、金曜日、土曜日は一日中、ワンルームの部屋でぼーっと過ごした。私が休日に表に出て行かないのは、
タイヨウのうた試写会 セカチューをもしのぐ涙あふれる感動ラブストーリー、、、だったんですが。 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ )
まずはじめに、この映画はあなたの予想してるよりイイです!!(断言(笑))  画づくりが丁寧です、非常に勉強になります。ツッコミどころがないほどリアルな恋愛、家族愛も描かれているので若者にも大人にも心に染み入るでしょう。 松下IMPホール、主 ...
そして彼女は歌を残して・・・ (CINECHANの映画感想)
129「タイヨウのうた」(日本)  この作品の予告編はもうかなり前から観ており、YUIが歌う「Good-bye days」も耳に残り、この曲を聴けば、胸がジーンときてしまう。  この頃の純愛映画と呼ばれるものには男女どちらかが不治の病だったりすることが多い。こ ...
タイヨウのうた (多いに語り多いに笑う)
太陽の光にあたると命に危険がおよぶ病をかかえる少女が、ある少年との出会いによって自らの命を輝かせていく純愛物語。監督は本作の制作プロダクションであるROBOTが抜てきした新人の小泉徳宏。ヒロインにシンガーソングライターのYUIがふんし、映画初主演ながら ...
タイヨウのうた ~ 生きることにひたすら夢中 ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 生きることにひたすら夢中 ~ 主演に女優ではなく、シンガーソングライターのYUIを起用し、主題歌も本人の作詞作曲による楽曲を使っていることでも話題のこの作品。ニュースによると、女優・竹内結子もこの作品を観て太鼓判を押したとか。 太陽の光に当た ...
タイヨウのうた (The Long And Winding Road)
「タイヨウのうた」 『太陽の光にあたることができないXP(色素性乾皮症)という病気を抱える少女、雨音薫(YUI)。昼と夜が逆転した生活。歌うことが生きがいの彼女は、夜中駅前で一人歌を歌う。 いつも部屋の窓から見て思いを寄せていた、サーフィン好き ...
YUIは山崎まさよしを超えられるか? 映画『タイヨウのうた』 (海から始まる!?)
 のびやかと素直さがいい。それは、主演であるYUIとYUIの歌、そしてこの映画を演出している弱冠25歳の監督の手腕についても言えることで、未熟さ、拙さはあっても、ヘンな気取りや押し付けがましさがなくて、さっぱりとして清清しい。それは、主人公が好きになっ ...
『タイヨウのうた』 (ねこのひたい~絵日記室)
太陽の紫外線を浴びると死んでしまうため夜に徘徊する謎の少女が、たまたま見かけた男子高校生を追い掛け回し、力づくで押し倒し、ついには我が物にしてしまう・・・。 え?ドラキュラもバンパイアも出てこないの?
「タイヨウのうた」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2006年・ROBOT/監督:小泉 徳宏) 早朝、高台にある家の窓から、遠くのバス停を眺めている少女の姿から映画は始まる。 やがてバス停
タイヨウのうた (スーパーヅカン)
太陽の光にあたれない“XP(色素性乾皮症)”という病気の薫(YUI)は、学校にも通えず、唯一の生きがいは夜の駅前広場で路上ライブをすることだった。そんなある日、彼女は孝治(塚本高史)と出会い、親しくなっていく。しかし、孝治に病気のことを知られてしまっ ...
タイヨウのうた (とんとん亭)
「タイヨウのうた」 2006年 日本 ★★★★ 太陽の光にあたれない難病XP(色素性乾皮症)の少女、雨音薫(YUI)は16歳。高校に行く年頃だが、病気のため 家でじっと息を潜めるように、陽がくれるのを待つ日々だったんだろう。そんな少女が毎日 ...
タイヨウのうた (三度の飯より映画好き)
太陽の光に当たることのできないXP(色素性乾皮症)という難病を抱えた少女、雨音薫の切なくも爽やかなラブストーリー。 あからさまな泣かせの演出に走らず、抑えめな演出でやや淡々と描かれています。監督のセンスを感じました。特に冒頭の、歌手のYUI演じる薫 ...
タイヨウのうた (八ちゃんの日常空間)
A Song To the Sun [新宿東亜興行チェーン/新宿アカデミー] 公式サイト 『太陽にあたれない少女に恋をした。』 ぎりぎりセーフ。松竹配給だからMOVIXとかでもやっていたのだが、ようやく観れた。かなり前から予告編チェックしていて、駄作かなとか思いつつも ...
タイヨウのうた (八ちゃんの日常空間)
A Song To the Sun [新宿東亜興行チェーン/新宿アカデミー] 公式サイト 『太陽にあたれない少女に恋をした。』 ぎりぎりセーフ。松竹配給だからMOVIXとかでもやっていたのだが、ようやく観れた。かなり前から予告編チェックしていて、駄作かなとか思いつつも ...
タイヨウのうた (PLANET OF THE BLUE)
ドラマも見てますが、これは映画版の感想です。 観るきっかけは、ドラマ見てたからなんですけど、思っていた以上に 映画が良く手ですね^^ 是非?紹介したかったんですが、もしかして公開終わってる? 監督  小泉 徳宏 出演  YUI  塚本 高史 ...
タイヨウのうた (三度の飯より映画好き)
太陽の光に当たることのできないXP(色素性乾皮症)という難病を抱えた少女、雨音薫の切なくも爽やかなラブストーリー。 あからさまな泣かせの演出に走らず、抑えめな演出でやや淡々と描かれています。監督のセンスを感じました。特に冒頭の、歌手のYUI演じる薫 ...
タイヨウのうた(2006) (epiphany)
タイヨウのうたYUI / 塚本高史ジェネオン エンタテインメント この商品の詳細を見る 【あらすじ】太陽の光にあたれない難病XP(色素性乾皮症)の少女、雨音薫は16歳。昼間の高校に通えない薫は、夜になると駅前広場に出て
タイヨウのうた (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
『Oh、Good-bye days~♪』 歌詞とかがスッと入ってきてなかなか歌が効いてる。 タイヨウのうた スタンダード・エディションposted with amazlet on 06.11.24ジェネオン エンタテインメント (2006/11/22)売り上げラン
タイヨウのうたを妻と見た (世田谷のProducer)
YUIと塚本高史主演の映画版 ジェネオン エンタテインメント タイヨウのうた プレミアム・エディション DVDで妻と見た。 とにかく妻に見せたかったのだけど、珍しく刺さった模様。涙ぐんでました。 僕は二度目ということもあり、感動は初回ほど ...
【邦画】タイヨウのうた (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B+ (演技3/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術3/衣装2/配役4/魅力4/テンポ3/合計37) 『評論』 「世
タイヨウのうた (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画(DVD)「タイヨウのうた」         (小泉徳宏:監督)    色素性乾皮症(通称XP)という紫外線に弱い難病のため、  太陽の光を避けて生活しなければならない、  16歳の雨音 薫(YUI)。  夜な夜なギターをもって街角で歌う日々を送る彼女が ...
mini review 07017「タイヨウのうた」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
カテゴリ : ラブ・ストーリー 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 119分 公開日 : 2006-06-17~ 監督 : 小泉徳宏 出演 : YUI 塚本高史 麻木久仁子 岸谷五朗 マギー 山崎一 届くことを、信じること。 雨音薫、16才。学校に行かず、...
映画「タイヨウのうた」 ~我にとっての“生きる証”は歌う事である~ (混沌と勇気日記。 ~紡げ、天地創世の破滅を綴る勇ましき姿を~)
月の下でしか生きられない少女。 サーフィンの好きな陽に焼けた少年。 交わるはずのないふたりが出会って、奇跡の物語がはじまった------。 海辺の町に暮らす雨音 薫(YUI)は16才。彼女は太陽の光にあたれないXP(色素性乾皮症)という病気を抱えている。学校には行け...
タイヨウのうた 07069 (猫姫じゃ)
タイヨウのうた 2006年   小泉徳宏 監督  板東賢治 原作、脚本YUI  塚本高史  麻木久仁子  岸谷五朗  通山愛里  田中聡元  小柳友  ふせえり  小林隆  マギー(ジョビジョバ)  山崎一 うわぁ~、、、これ...
<タイヨウのうた>  (楽蜻庵別館)
2006年 日本 120分 監督 小泉徳宏 原作 坂東賢治 脚本 坂東賢治 撮影 中山光一 音楽 YUI  椎名KAY太 出演 YUI  塚本高史  麻木久仁子  岸谷五朗    通山愛里  田中聡元  小柳友  山崎一  ふせえり   海辺に住む16歳...
『タイヨウのうた』06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ太陽の光にあたれない“XP(色素性乾皮症)”という病気の薫(YUI)は、学校にも通えず、唯一の生きがいは夜の駅前広場で路上ライブをすることだった。そんなある日、彼女は孝治(塚本高史)という青年と出会い急速に親しくなっていくが・・・。感想数多く難病も....
タイヨウのうた (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『彼女は、タイヨウに帰っていった。 僕の心に、歌をのこして。』  6/17公開の「タイヨウのうた」の試写会に行ってきました♪涙腺の弱いあたしはやっぱりかなり(T-T) ウルウルきちゃいましたよ~。でも、雨音薫(YUI)と藤代孝治(塚本高史)の淡いラブストーリー...