ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

ミルコのひかり

2008-02-28 21:23:43 | 映画2008
 目を閉じていたら見ることを忘れてしまいそう・・・

 テープレコーダーに興味を持って、何でも録音してしまう・・・自分が10代の頃にやってたことと同じだ。などと、不思議と懐かしさまで感じてしまいましたが、純粋さでは負けている自分に気がつく。ミルコは目が見えないから素晴らしい音響編集ができたんじゃなく、音が与えてくれる直観力や想像力を信じていたからだろうな・・・

 実話を元にしたドラマ。実際に『輝ける青春』などの映画でサウンドデザイナーとして活躍するミルコ・メンカッチの少年時代を描いています。不慮の事故で視力を失ったトスカーナに住む10歳の少年ミルコ(ルカ・カプリオッティ)がジェノヴァの全寮制盲学校に寄宿することになった。わずかながら視力が残されていたせいもあって、学校には馴染めず、ある日古いテープレコーダーを見つけたことから録音マニアぶりを発揮。管理人の娘フランチェスカも手伝って音だけのドラマを作り始めた・・・

 風の音、指を叩く音、等々繰り返し録音し、テープカッティングまでやってのける。点字の定規なんかを使って作業する光景なんて微笑ましくもあり、ここにも古いしきたりに反発する気持ち表れていた。もともとミルコは映画が好きな少年であり、生まれながらにして目の見えない同級生にも映画の魅力を教えてあげるほどなのです。事故の前には『続・荒野の用心棒』を観ているし、同級生たちとはコメディ映画を楽しんでいた。35歳で学校に入学した金庫破り・・・タイトルが思い出せないけど、面白そう~

 1975年までは盲人は一般の学校に入れなかったという社会的背景もあって、クライマックスの音の舞台劇よりもデモ隊を学校前に集めたシーンに力が入ってたようにも思えます。感動を与えてくれるのはミルコではなくジュリオ神父だった!というサプライズ(と感じた)があったのです(その前のおばちゃんの助言もよかったのだ)。もちろん一番泣けたのは故郷に帰ってからでしたけど・・・

★★★★・

コメント (8)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« ふみ子の海 | トップ | ガチ☆ボーイ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (シネマ大好き娘)
2008-02-29 06:40:13
盲もんが好きなん?!(笑)
シネモンド (kossy)
2008-03-02 09:38:18
>シネマ大好き娘様
いやぁ~映画館側の企画ですね。
さすがに続けて観ると、共通点もみつかったり興味深いものがありました。
音だけの世界 (かのん)
2008-03-03 11:52:03
この物語が映画界で音響効果で活躍する人物の実話というのも映画ファンの心をくすぐるところがありますよね。

「何かを失ったかわりに新たに得るもの」ってあるんですよね。昨日聞いてたラジオでも陸上の高野さんが同じような事を言ってたの思い出しました。

ミルコの音の世界もそうだけど、友達との出会いや人々の優しさだって同じかもしれないと感じました。
音だけ (kossy)
2008-03-18 08:12:33
>かのん様
実話ベースの物語はまったくのフィクションとは違いますよね。リアルさがなくても、どうしてもリアルに感じてしまいます。
『RAY』なんかでも感じましたけど、ひとつの感覚がなくなっても他の感覚が優れてくることってありますよね。
友達にしても声だけで心が伝わってくるのでしょうけど、ラストの友達の声が最初のシーンと全く変わらないところにうれしくなってきました。
ひかり (Aki)
2008-10-09 23:38:00
子供には無限の可能性がある。
個性を伸ばせる教育は素晴らしい。
そんな牧師先生に出会えてラッキーでした。
触覚・聴覚・視覚・味覚・嗅覚の中で、一番惑わされやすいのが、視覚かもしれません。
視覚を失う影響は、はかり知れません。
しかし、視覚を失ったことで、他の感覚が鋭くなり、才能が覚醒し、新しい世界感を得た気がします。

色を表現するシーンが素敵でした。青は・・赤は・・茶色は・・もっと聞きたかったです。
音も素敵でした。

【ひかり】とは何なのか?

師や友人との出会い・勇気・探求心なのかな~と思いました。

この作品でも、デモの力は偉大でしたね。
後天的 (kossy)
2008-10-16 00:07:59
>Aki様
そういや『RAY』でもそうだったけど、子供のころは見えていたんですよね。才能を開花させたのは幼き頃の映像があったからこそなのかもしれませんが、心の奥底ではそうしたもどかしさの葛藤があったんでしょうね。

俺だったら耐えられない・・・消えゆく記憶。
誰しもが師や友人に恵まれるわけじゃないだろうし・・ああ、なんという後ろ向きな俺・・・
こんばんは! (アイマック)
2008-10-16 22:54:50
劇場公開されていたことも知らなくて、DVDでみてとってもいい映画でした。
仲間たちとの音集めは、微笑ましいし、子供の感性の鋭さに感心しましたよ。
ラストもよかったです。くじけないミルコに励まされたなあ。
盲目 (kossy)
2008-10-18 19:23:52
>アイマック様
音でドラマを演じるのだからすごいことですよね。子供って無限の可能性を秘めている。やっぱりいいわぁ~

コメントを投稿

映画2008」カテゴリの最新記事

11 トラックバック

映画 【ミルコのひかり】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ミルコのひかり」 イタリア映画界で活躍する実在の盲目のサウンド・デザイナー、ミルコ・メンカッチの体験を基にしたドラマ。 おはなし:1971年、イタリアのトスカーナ地方。10歳のミルコ(ルカ・カプリオッティ)は銃の暴発により視力を失う。ミルコはジェ...
ミルコのひかり(映画館) (ひるめし。)
明日を信じる勇気。
「ミルコのひかり」  ROSSO COME IL CIELO (俺の明日はどっちだ)
決してお涙頂戴ものにはしていないのないのだけど、素直に感動して思わず涙してしまった何とも愛しい作品。 オープニングのトスカーナの豊かな自然の中での「鬼ごっこ」からそれを反復することとなるラストシーンに至るまで、一貫して繰り広げられる爽やかな描写に心弾む...
ミルコのひかり/ルカ・カプリオッティ (カノンな日々)
この作品に関しては通常飲食OKの劇場でも食事の方は禁止にしちゃうのもアリかも。何故ならこの作品が奏でる音が聴覚を研ぎ澄まさせ感性を揺さぶりそして心に響いてくるからです。ものの例えではあるけど、もしかしたらコレは目をつぶって観ることの出来る奇跡の映画かもし...
映画 『ミルコのひかり』 (Death & Live)
『ミルコのひかり』  2006年 原題 : ROSSO COME IL CIELO 監督 : Cristiano Bortone 実際に目が見えない子どもたちも出ているそうで、 目が見えるとか、見えないとか、 そういうことは関係なく、 子どもたちの瞳はキラキラしているのですな...
「ミルコのひかり」  ROSSO COME IL CIELO (俺の明日はどっちだ)
決してお涙頂戴ものにはしていないのないのだけど、素直に感動して思わず涙してしまった何とも愛しい作品。 オープニングのトスカーナの豊かな自然の中での「鬼ごっこ」からそれを反復することとなるラストシーンに至るまで、一貫して繰り広げられる爽やかな描写に心弾む...
『ミルコのひかり』・・・ ※ネタバレ含 (~青いそよ風が吹く街角~)
2005年:イタリア映画、クリスティアーノ・ボルトーネ監督、ルカ・カプリオッティ主演、 イタリア映画界の第一線で活躍するサウンド・デザイナー:ミルコ・メンカッチの少年時代の実話の映画化。 ≪DVD鑑賞≫ 
『ミルコのひかり』 (映画館で観ましょ♪)
盲目の少年の“音”と出会い。 見えてしまうことで聞くコトができないたくさんの“音” 視力を回復し現在イタリア映画界の第一線で...
ミルコのひかり (小部屋日記)
ROSSO COME IL CIELO(2005/イタリア)【DVD】 監督・脚本: クリスティアーノ・ボルトーネ 出演:ルカ・カプリオッティ/シモーネ・コロンバリ/アンドレア・グッソーニ/アレサンドロ・フィオーリ/ミケレ・イオリオ 音と勇気が、僕の瞳になった。 イタリア映画界で...
mini review 09363「ミルコのひかり」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
イタリア映画界で活躍する実在の盲目のサウンド・デザイナー、ミルコ・メンカッチの体験を基に作られた感動作。不慮の事故により目が見えなくなった少年が、“聴く”ことにより新しい世界を築いていくまでを描く。1500人もの中から主役に抜てきされたルカ・カプリオッティ...
ミルコのひかり (映画通信みるみる)
ある偉大な音楽家が、演奏する時瞳を閉じていた 音楽に耳を澄ませるためさ 見えなくても音や言葉を聞いてればわかる からだ全体で感じる ...