ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 SEE版

2005-05-05 10:36:26 | 映画2005
 トイレ休憩があったのでホッとした。

【感想:2004.2】
 ついに旅が終った。第1部でのテーマは‘指輪の誘惑’、第2部では‘信じる心’がテーマであったように思うが、この完結編では愛、友情、裏切り、生と死、戦争といったテーマが複雑にからみあう重厚な内容となっていた。特に死者若しくは死にかけてる者に対して生きていると信じて助け合うこと(意味不明だ)が伏線になっていたような気がする。そして、単なる続編ではなく、各シーンとも前作、前々作と巧くからみあって、感慨深い作品に仕上がっています。また、何となく主役がサム、エオウィン、ゴラムとなっていたような気がする。特にエオウィン姫には夢中にさせられましたよ。旅が終ってみると、人間の成長として最も著しかったのはサムなのだろうな、と感じました。
 やはり迫力ある戦闘シーンは観る者をあたかも参戦しているような錯覚を与え、物語に引きずり込んでいく魅力があります。今回のCGを中心としたスペクタクル映像では、投石のシーンで石の目線となり観客が敵陣の中に突っ込んでいくかのようなカメラワーク!空中に浮いたような気分にさせられました。ゴラムの墜落シーンもそうでした。
 ちょっとだけマイナス点は、ホビットたちが人間たちと同じフレームの中にいることが多く、明らかに子供のスタントを使ってると感じさせたところか。。。(気にしすぎだった・・・)

【追記:2005.5、SEE版】
 サルマンの最期。塔から落ちたときは哀れだった。SEE版で一番びっくりだったのは、エオウィン姫が死んでしまったのか!と思わせる映像。一瞬、もしかして死んでしまう別バージョンなのかと悲しくなってしまいました。もう一箇所びっくりだったのは、最後の黒門前での交渉役のオークとのやりとり。ミスリルの肌着を見せられたら「フロドが死んだのでは」と覚悟したはずのアラゴルン。これによって戦いの意味も若干違ってしまったかのようだ。そして、忠誠心を問うかのような主従関係が3部作を通してくっきりと浮き彫りになる。サムとフロド、ピピンとデネソール、エオウィンとメリー、中世の騎士道精神をそのまま表現しているかのようだが、戦いにも厭世主義的な雰囲気が強調されているようでもあり、この辺りは通常版の方がすっきりしているかなぁ。

 25周年特別版が公開されたら、また観るぞ!そのときはシルバー料金だ!

コメント (13)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« レモニー・スニケットの世に... | トップ | ブレイド3 »
最新の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
25周年・・ (kaoritaly)
2005-05-05 10:58:02
こんな長いの、観る体力があるかしらん?なーんて。あったら観に行きたいですね。

いま、CDかけて(もちろん、王の帰還)かいてますよ。



確かに通常版が良かったところもありますね。



だけど、訳とかももう少し検証してもらって上映して欲しかったかな・・。





ところで、フロドが最後に船に乗って旅発つのは・・見識を深めるため?永遠の命を得るため?

私の解釈は「見識を深め冒険する」なんですけど。原作読んでないしどうなんだろうかと・・。



改めてこちらにTBしますね。
TBありがとうございます。 (rika)
2005-05-05 13:40:35
kossy様

TBありがとうございます。

いまから出かけるのでまた後にTBにきますね。

私は映画館で見ましたがとてもよかったです。



kaoritaly様

ヨコレスすいません

>フロドが最後に船に乗って旅発つのは

普通の世界では癒せない傷をおった為に

暮していけなくなった為にエルフたちの世界に行きます。

指輪を持ったことのある人間(?)は最終的にすべてエルフの

世界へ行きます。そのぐらい、指輪が恐ろしいってことです。



サルマンが塔の上からガンダルフをなじります、どう騙して

フロトたちを丸めこんで、滅びの山に行かせたんだとーー

指輪を持ったものたちの運命は指輪を持った時からきまって

しまうってことです。(最後にはゴラムのようになってしまいます

そのため、フロトにはゴラムを殺せません)

RotK (AKIRA)
2005-05-05 18:39:56
復活して良かったものとそうでない映像がありました。



少~し物足りない印象の所も・・・



アングマールを倒したエオウィンは,

ガンダルフより強いというのは・・(笑



まぁ,それでも至福の四時間だった事には変わりないんですけれどね。





関係ないですが,トールキンの親友ルイスによる

「ナルニア国ものがたり」が映画化されますね。

ニュージーランドで撮影&映像はWETA社だそうで期待しちゃいます!
新たなる旅立ち (kossy)
2005-05-05 19:09:53
>kaoritaly様

字幕は通常版とは多少違っていたような気がしました。

去年の公開時には3回観てるのに、自信がないのですけどね・・・

フロドは旅の記録をサムに委ねちゃいましたから、新たな冒険ではなさそうですよね?

俺の意見(今考えた)では、ビルボ・バギンズの最期を見取ろうとした!ような気がします。

それともケイト・ブランシェットの魅力に参ってしまったのか・・・難しい(笑)



>rika様

エルフに託された3つの指輪が消滅したと言っていましたけど、どうなるんでしょうね~

エルフの長寿は指輪のおかげだったのか、それとも元々長寿なのか・・・エルフの今後も知りたいところです。



>AKIRA様

しまった・・・PJのカメオがあったのですね!

全く知りませんでした。

AKIRAさまの記事を読んでから観に行くべきでした(笑)

ナズグルのボスの名前も通常版では出てきませんでしたよね?

それにしてもエオウィンの魅力いっぱいで、大満足でした。



『ナルニア国ものがたり』・・・知らなかったです。

面白そうですねぇ~
TBありがとうございました。 (はさみ)
2005-05-05 21:25:52
TBありがとうございました。

SEE版でもやはり字幕は論争の種のようですね……。



映画は原作に比べるとローハン(というかエオウィン)に焦点が当たっていて、その分ゴンドールが薄くなってしまったような気がします。

エオウィンは好きですので、それはそれでよかったですが。

やっぱり映画にはヒロインが必要のようですね。



25周年特別版って…いいですねえ……うっとり。

その時はぜひレゴラスとギムリが西方に船出するところまで描いていただきたいです。





字幕 (kossy)
2005-05-06 02:27:42
>はさみ様

戸田奈津子さんも忙しいのでしょう。

若干手を加えたように感じましたけど、

原作との違いを無くそうとしているかのようでした。



原作は、全く読んだことがないのですけど、

エオウィンの出番が少なかったのですね・・・

レゴラスとギムリの船出?

やはり友情が深まったのですね。

ちょっとほのぼの・・・
TBありがとうございます (summer2005)
2005-05-06 19:17:23
TBありがとうございます!

PJのカメオ見逃した・・・

今度DVDで見ます。



これからもよろしくお願いします!
DVD (kossy)
2005-05-08 16:10:28
>summer2005様

コメントありがとうございます!

俺も3部作ともSEEのDVDが欲しいです。

今すぐじゃなくてもいいけど・・・



こちらこそ宜しくです♪
Unknown (さばきち)
2005-05-08 20:46:13
先月まで地元のシネコンで上映してましたが、悩んだ末、観に行きませんでした。DVDで我慢しました。

スクリーンで観たい気持ちも強かったのですが、4時間半、観続ける根気が沸かなかったものですから・・・。でも、トイレ休憩あったんですね。

私も、通常版の方がすっきりしていて好きです。



フロドの船出について・・・あくまで私の解釈ですが、エルフの不死の国というのは「あの世」なんだと思います。灰色港で船に乗るまで、フロドの顔色はとても悪く死人のようでした。

フロドがナズグルから受けた傷は、あの世に行かなければ癒えないもので、何も苦しみがない世界へ行きたかったのではないか、と思います。
フロドの船出 (maul)
2005-05-08 22:02:27
ヨコレスすいません。

フロドの船出については、>さばきちさんに同感です。「あの世」の解釈で間違いないと思います。

コメントを投稿

映画2005」カテゴリの最新記事