ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

しゃべれども しゃべれども

2007-05-31 07:33:15 | 映画2007
 ・・・

 今昔亭三つ葉(国分太一)はマクラをすっ飛ばしちまいましたが、このブログ記事にしても冒頭文がいかに大切か・・・とはいっても、しゃべることと書くことでは雲泥の差があるってなもんで、毎回頭を悩ませるしろものでございます。

 真打を目指す二つ目の落語家(国分太一)がひょんなことから話し方教室の先生をやることになった。生徒といえば、会話が苦手だという女性(香里奈)、強烈な関西弁のため学校でも浮いている小学生(森永悠希)、そして元プロ野球の湯河原(松重豊)というユニークな3人。噺家の現状や、落語にチャレンジする国分がみどころだってな映画です。

 落語を知らない者にもわかるように丁寧に描いてくれまして、特に高座返しなんてのは生の落語を観たことのない人には新鮮だし、演題の内容よりも噺家の名調子そのものが魅力である“火焔太鼓”をメインにしてるのもいい。落語の“間”を大切にし、サゲ(オチ)よりクスグリが魅力だってことですな。その“火焔太鼓”の中に「世に二つという名器・・・」という部分がありますが、本来なら「世に二つとない」と言うべきところ、舞楽の火焔太鼓は右・左の対であるところも示してるんですな。また、この噺のオチの古い型は半鐘を仕入れた夫婦が大名が通ったときにジャンジャン鳴らし、ご近所では火事だと勘違いされ大勢が店になだれ込んできて道具をめちゃめちゃ(おじゃん)にされてしまうというものらしい・・・

 もうちょいと見てみたかったのがプロ野球解説だ。本音をじゃんじゃん言ってしまえば、仕事もなくなってしまうかもしれないけど、毒舌解説者としてファンは根付くはず。そういや、ビートたけしがゲスト解説者をやったとき、「原の顔に○○の顔にしてしまえば打てるようになる」などと大いに笑わせてくれたもんだ。彼のエピソードはもっと面白くできただろうし、香里奈の心理描写も唐突すぎて、ちょっと呆気なかったでしょうか。

 壁をなかなか越えることができない状態でも、ちょっとしたことが原因で“化ける”ことがある。人間の可能性を優しく描いた作品だと思うし、下町の人情を感じた映画だった。落語をもっと見てみたいと思わせてくれたし、ついつい古典落語の本を一冊買ってしまいました・・・

★★★・・

コメント (17)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
« 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ | トップ | 恋しくて »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2007-05-31 08:19:51
昨日の試写会、kossyさんもいらしていたんですね~。
あのあと感想も書かずにボヤっとしてました。
今から書かなくちゃ。

国分君、すごく頑張ったな~と思います。
彼はあまりジャニーズっぽい顔じゃないのがいいんですよね(失言?)
元プロ野球選手にしては松重さんは線が細かったですけど、お顔の雰囲気がヒールだから合ってましたね(これまた失言?)
落語のご (よゆぽん)
2007-05-31 09:37:03
(* ^ー゜)ノコンニチハ

太一はなかなかよかったっすね。
ほんとにジャニーズ?(´▽`*)
林家正蔵やいっ平も、コメンターやレポーターやってないで、太一見習えとおもっちゃいましたよ。

ガキンちょ君がおいしいとこもっていってよかったのですが、(故)桂枝雀のコピー落語だったのはちょっと気に食わないとこです。
香里奈ちゃんのツンデレぐあいがよかったので、おじさんは許しますが(笑)
Unknown (ひめ)
2007-05-31 10:09:40
小説を読んで香里奈さんはイメージにぴったりだと思いました。
松重さんはイメージとはちょっと違うんですが逆にいい味を出してそうで見るのが楽しみです。
ジャニーズ (kossy)
2007-06-01 01:59:14
>ミチ様
国分太一・・・他ではイノッチなんかもそう?なんとなく、TOKIOそのものがジャニーズぽくなくなってるような気もします・・・
TOKIOのメンバーって、SMAPやV6に比べて映画出演が少ないのかなぁ。あまり進出もしてほしくないですけど、演技がよければそれでいいっか・・・
松重さんのスウィングなんて見てたら、結構野球選手に向いてたりして。

>よゆぽん様
林家正蔵やいっ平・・・故三平師匠のご子息たちはどうも噺家というよりタレントで・・・どうせなら、「こうやったら笑ってください」をもっとネタにしてもいいのにね。

桂枝雀って、ちょっとビデオに出てただけなのに凄くインパクトありますよね。俺的にはもっと見たかったです。

香里奈は『深呼吸の必要』が一番良かったなぁ~

>ひめ様
「会話は苦手です」ときっぱり言うシーン。
香里奈ちゃんよかったですよぉ~役柄にぴったり。
それでもって、記憶力抜群のところとか、感情のこもってない喋り方が最高でした。
松重さんもよかった!
悠希クン~ (cyaz)
2007-06-01 08:33:20
kossyさん、こんにちは^^

太一の落語も見事だし専門家からの評価も高かったですが、
なにより村林演じる森永悠希クンの「まんじゅうこわい」には驚嘆しました。
枝雀ワールドを知っている人にとっては、彼が演じた「まんじゅうこわい」はまさに枝雀の艶っぽい賑やかな落語そのものだと思います。あの年齢をして凄いと思わず心の中で拍手しちゃいましたよ(笑)
そこらの実力を伴わない落語家よりは笑えましたねぇ(笑)
観終わってスッキリ感のある映画でした!
イノッチは (通りすがり)
2007-06-02 02:52:46
V6です。そう見えないかもしれませんが、V6です(笑)
国分 (kossy)
2007-06-03 00:00:27
>cyaz様
落語は上手かったですね~
彼の練習中の「どんどこどんどこ」が最も印象に残ってしまいます。
枝雀さんの落語はテレビでしか見たことないですけど、生で観ると迫力あるんでしょうね~映画の中のビデオだけでも凄かったですから・・・

実力を伴わない落語家・・・生で見たことないのでわかりませんけど、学生時代の落研の落語はひどかったです(笑)

>通りすがり様
ご指摘ありがとうございます!
まさしくV6。
知ってたんですけど、俺の書き方じゃどうしてもそう読み取れますよね(汗)
ちょうど (にゃんこ)
2007-06-04 01:28:57
落語の楽しさを味わったばかりでしたので(笑)
とっても楽しんじゃいました。
うまいへたって・・・ちゃんと、しっかりわかるのも
面白かったし。
一応、みんな成長物語になってるので、ついつい
太一くんの火焔太鼓で目頭熱くなっちゃいました(笑)
落語 (kossy)
2007-06-05 07:01:14
>にゃんこ様
落語の楽しさ、俺も味わいたいです~
やっぱり生で観ると違うんでしょうね。

それぞれの成長物語。
「化ける」というその瞬間が手にとるようにわかるってのがいいですね~火焔太鼓は買えんなんて安易なオチを想像していた俺はバカでした・・・
TBさせていただきました (taka0096)
2007-06-06 00:31:42
村林君、よかったですね。彼の演技だけでもこの映画見た甲斐ありました。本当に楽しそうに見えるっていうの、なかなか難しいですよね。

コメントを投稿

映画2007」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

34 トラックバック

映画 【しゃべれどもしゃべれども】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「しゃべれどもしゃべれども」 佐藤多佳子の同名小説の映画化。 東京の下町が舞台。“二つ目”の落語家・今昔亭三つ葉(国分太一)の“話し方教室”に口下手な美女・十河五月(香里奈)、同級生に馴染めない関西弁の少年・村林(森永悠希)、毒舌の元野球選手...
しゃべれども しゃべれども (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  ドラマ&青春&ロマンス  監督:平山秀幸  出演:国分太一      香里奈      森永悠希      松重豊 【物語】 東京の下町。二つ目の落語家・今昔亭三つ葉は、若手のくせに古典にしか 興味がなく、普段から着物で通すなど今どき珍しいタ...
真・映画日記『しゃべれども しゃべれども』 (          )
5月29日(火)◆456日目◆ 終業後、「シネスイッチ銀座」で『しゃべれども しゃべれども』を見る。 うん、実にすがすがしい日本映画だ! 監督は平山秀幸。 主演はTOKIOの国分太一。 二つ目(落語で真打ちの下の階級)の落語家・今昔亭三つ葉がちょっとしたきっ...
「しゃべれども しゃべれども」話し方を見つけた先に言えた本当の気持ち (オールマイティにコメンテート)
「しゃべれども しゃべれども」は落語家の2つ目の若手落語家がひょんな事から話し方教室を始める事になり、話し方を教えるストーリーである。話し方の上手い人と下手な人は何処でもいると思うけれど、何を持って上手いととり何をとって下手と取るのかは個人差があり難し...
【2007-71】しゃべれども しゃべれども (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
ひょんなことから 「話し方教室」を はじめることになりました 先生:うだつのあがらない二つ目の落語家 生徒一:無愛想で口下手な美人 生徒二:クラスになじめない関西弁の少年 生徒三:解説の下手な強面の元プロ野球選手 しゃべれども しゃべれども ...
しゃべれども しゃべれども (ともやの映画大好きっ!)
【2007年・日本】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 1997年度の「本の雑誌」ベスト10の第1位に輝いた佐藤多佳子の同名小説を映画化した人情劇。 今昔亭三つ葉=外山達也(国分太一)は師匠である今昔亭小三文(伊東四朗)の元に弟子入りし、現在は【二つ目】の身分に位置して...
「しゃべれども しゃべれども」 (じゃがバタ~ 映画メモ)
予告編で見てから、待っていた映画 単館系ながら、ご近所シネコンでも上映してくれて嬉しい限り ワタクシ ご幼少のみぎり笑点で育った落語好きでありました。 中学の時は扇子を持ち歩き「同好会とか出来ればいいのになぁ~」 などと、 自分では行動を起こせない...
『しゃべれども しゃべれども』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 『しゃべれども しゃべれども』□監督 平山秀幸 □脚本 奥寺佐渡子□原作 佐藤多佳子(「しゃべれども しゃべれども」新潮文庫刊)□キャスト 国分太一、香里奈、森永悠希、八千草薫、伊東四朗、松重 豊 ■鑑賞日 5月26日(土)■劇...
しゃべれどもしゃべれども(映画館) (ひるめし。)
みんな、何とかしたいって思ってる 今のままじゃ、だめだから
「しゃべれども しゃべれども」 (てんびんthe LIFE)
「しゃべれども しゃべれども」よみうりホール 俳優 国分太一 どうもイメージなかったので初めは入り込めませんでした。バラエティーのMCをやっているかTOKIOでキーボードたたいている姿しか知らないから。ドラマも出ていたの知らないし,映画も…。そんな太...
「しゃべれども しゃべれども」おしゃべりは深い (ももたろうサブライ)
監督 平山秀幸 軽い笑いを期待していったのに泣きました。ちょっとあらすじ  思うように腕が上がらず悩む二つ目の落語家・今昔亭三つ葉(国分太一)。そんな彼のもとに、無愛想で口下手な美女・十河五月(香里奈)、大阪から引っ越してきたもののクラスに馴染めない小...
しゃべれども しゃべれども (future world)
東京の下町を舞台に、二つ目の落語家を中心に展開する物語~~ 笑いあり、人情あり、恋あり、仄々とした風情を感じさせてくれる、とても‘やさしい映画’だった。 「古典落語」については殆んど知識も無くっていうか・・・ 始めから終わりまでちゃんと通して聞いたこ...
しゃべれども しゃべれども☆独り言 (黒猫のうたた寝)
先日落語のライブを観たせいかいきなり急に観る気になったのは国分太一主演の『しゃべれども しゃべれども』真打になるには、まだ長い道のりがあるだろう今昔亭三つ葉・・・古典落語が大好きで噺家の道に入ったもののでも、彼には何かが足りない・・・本人はまだ気づいて...
『しゃべれども しゃべれども』舞台挨拶@シネスイッチ銀座 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
忙しかったんで、ひと月ぶりの映画鑑賞&舞台挨拶。今回は、TOKIO・国分太一&香里奈出演の『しゃべれども しゃべれども』日本で1番地価が高い銀座4丁目から1本入った裏通りにシネスイッチ銀座 (写真)はある。10:35くらいに着いたけど、既に行列が(爆)10:45から...
しゃべれどもしゃべれども (はあどぼいるど・えっぐ)
「しゃべれどもしゃべれども」監督:平山秀幸  今昔亭三つ葉(国分太一)は、古典落語に打ち込む若者。他の若者のように新作を作らず、普段着も着物で通す頑固一徹の若者。しかし情熱のわりに目は出ず、寄席の最中に客に席を立たれるなど屈辱に満ちた日々を送っていた。...
映画 『しゃべれども しゃべれども』 (Death & Live)
『しゃべれども しゃべれども』  2007年 原作 : 佐藤多佳子 監督 : 平山秀幸 以外なところに、気分を上がらせてくれる作品があった。 全然観るつもり無かったのですが、 チケットもらったので観ました。 みんな頑張ってるなぁ...そういう感じです。 落...
『しゃべれども しゃべれども』 (2007) / 日本 (NiceOne!!)
監督:平山秀幸原作:佐藤多佳子出演:国分太一、香里奈、森永悠希、八千草薫、伊東四朗公式サイトはこちら。<Story>東京・下町。うだつの上がらない二つ目の落語家、今昔亭三つ葉(国分太一)は、ひょんなことから落語教室を開くことになる。生徒は、美人だが無愛...
『しゃべれども しゃべれども』 (映画館で観ましょ♪)
わたしったら、今年は邦画、観てますね。 ワタシが思う落語家さんと国分太一くんに 誤差が無かった事が観たいと思った理由。 観ていても、観た後も、その思いは変わらなかった。 それらしく見えると言う事も大
「しゃべれども しゃべれども」 (NAOのピアノレッスン日記)
~想いに言葉は敵わない            でも好きという気持ちを伝えたい~予告編で気になってたので、ふらりと行ってきました。2007年 日本映画  アスミック・エース配給  (07・5・26公開)[監督] 平山秀幸[原作] 佐藤多佳子[脚本] 奥寺佐...
しゃべれどもしゃべれども (いいかげん社長の日記)
1週間以上前の6月1日映画サービスデーに鑑賞。 ちょっと、書くのをサボってました^^; テレビ朝日の「オーラの泉 」に香里奈さんがゲストで出演。 そのときに「しゃべれどもしゃべれども 」の話が出て、ちょっと面白そうだったので。 それまでは、パスしようか...
「しゃべれども しゃべれども」 ツンデレとは (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
桂南光曰く「枝雀師匠が憑依した」と評判の少年を見に行ってきました。 一応、宣伝的には「国分君の落語が~」ということですが、関西のラジオ番組にパーソナリティで出てる落語家たちは、この映画の話をするとだいたいこの少年のことを語ってました。 特に若手落語家は、...
自分を認めてもらえる喜び。『しゃべれども しゃべれども』 (水曜日のシネマ日記)
半人前の落語家と、彼の所へ話し方を習いに来る人たちの物語です。
しゃべれども しゃべれども (2007) 109分 (極私的映画論+α)
「桂枝雀」がそこにいました(笑)
しゃべれどもしゃべれども (ダイターンクラッシュ!!)
6月12日(火) 20:50~ チネ7 料金:1200円(レイトショー) パンフ:600円 『しゃべれどもしゃべれども』公式サイト ネタバレあり 最近著名な佐藤多佳子の10年前の作品が原作。原作読んでいない。 落語家二つ目の国分太一が、おっかねー女香里奈、へぼ野球...
しゃべれども しゃべれども [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画 「しゃべれども しゃべれども」     (平山秀幸:監督)  を観てきました♪  半年ほど前に読んだ原作はとってもよくって、  佐藤多佳子さんにハマるようになった  きっかけの本でもあります。  映画もなかなか評判よいようなので、  観たいと思ってた...
「しゃべれどもしゃべれども」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
**************************** 東京の下町に祖母・春子(八千草薫さん)と二人暮ししている外山達也(国分太一氏)は、「今昔亭三つ葉」という名の卯建が上がらない二ツ目の噺家。若くして両親を亡くした彼は、落語好きの祖父の影響で古典落...
しゃべれども しゃべれども☆落語家国分太一の誕生?! (銅版画制作の日々)
 国分太一、映画単独初主演の演技は・・・・・。   6月16日(土)、京都シネマにて鑑賞。TOKIOの国分太一君、何でもこの映画で、初主演だそうだ。だけどそんな感じ全然なく、堂々と演じていた。まるでほんまの落語家さんみたい。ナチュラルな人なので、この役...
「しゃべれどもしゃべれども」☆☆☆ (ドラマでポン!)
 うわー、寄席行きたい!!落語楽しい!!聞くだけじゃなく、自分でも一席語りたくなりました(笑) で、物語は真打ち手前の売れない落語家三つ葉(国分太一)が、ひょんなことから開いた落語教室に集まる、話し下手な生徒達との温かい交流。 落語は好きで好きで仕方な...
「しゃべれども しゃべれども」 伝えられないもどかしさ (はらやんの映画徒然草)
自分の想いを、口にするのは難しい。 たとえ口から言葉が出たとしても、それが自分の
mini review 07085「しゃべれどもしゃべれども」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
1997年度“「本の雑誌」ベスト10”の第1位に輝いた佐藤多佳子の長編小説を映画化。情緒あふれる東京の下町を舞台に、1人の落語家のもとに集った口下手な美女、同級生に馴染めない関西弁の少年、毒舌の元野球選手らの人間模様が描かれる。監督は『愛を乞うひと』で日本アカ...
『しゃべれども しゃべれども』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ思うように腕が上がらず、壁にぶち当たって悩む二つ目の落語家・今昔亭三つ葉(国分太一)。そんな彼の所に、無愛想で口下手な美女・十河五月(香里奈)大阪から引っ越してきたものの、馴染めない小学生村林優(森永悠希)、いかつい面相の元野球選手湯河原太一(...
『しゃべれども しゃべれども』 (cinema days 『映画な日々』)
しゃべれども しゃべれども 特別版 (初回限定生産2枚組)posted with amazlet at 08.05.02角川エンタテインメント (2007-11-09)売り上げランキング: 1203Amazon.co.jp...
映画評「しゃべれども しゃべれども」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・平山秀幸 ネタバレあり
<しゃべれども しゃべれども>  (楽蜻庵別館)
2007年 日本 110分 監督 平山秀幸 原作 佐藤多佳子「しゃべれども しゃべれども」 脚本 奥寺佐渡子 撮影 藤澤順一 音楽 安川午朗 主題歌 ゆず「明日天気になぁれ」 出演 国分太一  香里奈  森永悠希  松重豊    八千草薫  伊東四朗  占部...