ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

ホテル・ルワンダ

2006-05-25 22:10:20 | 映画2006
 どうしてイギリスのようにアフリカ連合国にならないの?

 たまたま5月はジャン・レノ映画祭りとなりました。しかもエンドクレジットを凝視しても出てこない。ようやく観ることのできたホテル・ルワンダなのに、溢れ出る涙をこらえたいがためにジャン・レノのことばかり考えてしまいました。

 「アフリカのシンドラー」などという呼び名も正しいのかもしれませんけど、今ひとつピンときません。人の命を救いたいと願う気持ちには変わらないのですが、ポール(ドン・チードル)の取った行動は、ただ家族を救いたいという一念が四つ星ホテルのマネージャーという地位も絡めて徐々に心が変化していったもの。計算ずくではない、魂の叫びを感じ取れるものだったのです。しかも最初は政府軍の将軍への賄賂から始まったものであったり、様々な懐柔策、スパイ衛星といった嘘だったり、切羽詰った人間から生まれた機転の利いた判断だった。

 この映画の凄いところは、和平調停、大統領暗殺といった短期間の政変を上から見たまま描くのではなく、あくまでも一般市民からの視点に絞ったところにあるのではないでしょうか。外国人報道陣(ホアキン・フェニックス他)だって、ホテルから遠く離れたところまでは取材に出られないし、運良く撮ったスクープ映像にしても「怖いねと言いながら誰も助けに来ないさ」と現実と一線を引いてしまうマスメディアの弱さを露呈してしまう。こうして、現実にどのような悲惨な状況になっているかわからないリアルタイムの恐怖が客席にまで押し寄せてくるのです。

 映像面においても、暴徒化したフツ族民兵の狂気に満ちた形相。朝霧たちこめる道には死体の山。何より怖かったのは一つ10セントで中国から仕入れたという鉈の束だった。なぜ同じ国の人間がここまで対立しなければならないのか・・・悲しくなるほどの宿命にしても、過去の列強による分断があったことを忘れてはならないのかもしれない。国連軍による平和維持活動だけを見ると、大国による内政干渉がなかったようにも映るが、裏には大きな力が働いているものだ。

 難民に対して何も力になれない小市民さにもどかしくなるとともに、日本公開を応援する署名をしなかった自分を恥じてしまいます・・・

★★★★★

コメント (34)   トラックバック (73)   この記事についてブログを書く
« 寝ずの番 | トップ | デタラメ映画館 その17 »
最近の画像もっと見る

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (カヌ)
2006-05-25 23:50:43
ポールは黒人であっても、ルワンダの支配層と同じだと思ってましたよね。それが違うと思い知らされて、家族だけでなく、仲間も救うんだというように変わってきたところが自然で魅力的に思えました。

泣き崩れネクタイを締められないシーンは印象に残りましたよ。
TBどうもです。 (ノラネコ)
2006-05-26 00:00:36
こんばんは。

仰る通り、この映画のもっとも特徴的で、もっとも恐ろしいのは、徹底的にパーソナルな視点に拘ったところでしょうね。

主人公が普通のおっさんだからこそ、遠いアフリカの事件でも、実にリアリティを持って迫ってきます。

同時に虐殺してる側も普通の市民だって所が恐ろしい。

この話の種は世界中いたるところに転がってますし、日本だって例外ではないでしょう。

ポールの様に常に冷静な目をもっていたいものです。

ここ2,3日gooにTBはじかれてしまいます。

のでコメにて失礼いたします。

あら・・・ (ノラネコ)
2006-05-26 00:03:06
と、思ったらはれました。

なんか不安定ですね・・・
でっちあげ (kossy)
2006-05-26 00:28:49
>カヌ様

自分がフツ族だからって、裏切り者とでっちあげられたら殺される対象になってしまう。それほど殺伐としてたというか、殺人、粛清なんて狂気の沙汰ですよね。

俺は死体の道が一番印象に・・・



>ノラネコ様

メンテナンスだかなんだかわからないですけど、不安定すぎますね・・・

ハリウッド産でも日本産でも戦争映画といえば、必ずといっていいほど指導者側の描写が入ってきますけど、この映画は凄かった。昔はこういう戦争映画もあったけど、最近はついでに歴史を教えるような要素が必要なのかもしれませんね。

ポールのような行動は難しいかもしれませんけど、人の命の重みを常に考えていたいものです・・・
衝撃! (えい)
2006-05-26 00:40:54
こんばんは。



さすがにこの映画は、

いつものkossyさんとタッチが違いますね。

ぼくも上半期、

もっとも衝撃を受けた作品の一つでした。

こんばんは♪ (ミチ)
2006-05-26 00:48:03
あのナタが中国製の安物だったのにショックを受けました。

私が東京で見て高得点をつけた3作「白バラ」「ルワンダ」「クラッシュ」がkossyさんも同様に高得点でやったー!って感じです。

そう思えば東京ではすごい作品ばかりを見てきたという事ですね。

ちなみにもう一本見た「ブラックキス」はいまひとつでしたが、OJ君が出ているので良しとしました。
こんばんは☆ (ルールー)
2006-05-26 01:05:21
TBありがとうございます♪

ようやくそちらでも公開されたんですね!

わたしはかれこれ4ヵ月くらい前に観たわけですが、こうしてkossyさんの記事を拝見して、また胸に熱く痛いものが流れるのを感じます。

わたしもアノ道が一番印象深かったというかショックでした…

とにかくこの事実を世界に知らせたい、という制作側の意図が、こうしてじわじわですが日本でも達成されて本当によかったと思います。

ドン・チードルはじめ、ニック・ノルティ、ホアキン・フェニックス、ジャン・レノと役者陣は本当に素晴らしかったですね。

でもどうしてジャン・レノはノンクレジットだったんでしょう?
噂通りの。。。。 (mig)
2006-05-26 01:22:47
スゴイ作品でしたね。

kossyさん、やっぱり満点ですねー



ワタシはちょっと思うところがあって

8にしちゃいましたけど

やっぱり必見の作品だと思います
必見 (kossy)
2006-05-26 08:47:26
>えい様

えへへ、途中までは笑いを取る文章を考えてみたんですけど、やっぱり無理でした(汗)

こういう映画の場合は記事を書くのも難しいものです・・・



>ミチ様

東京へ行った観た映画が全て俺の満点!

すごいです。

行った価値がありましたね~

往復運賃2万以上。

お疲れ様でした。

これがB級だらけだと、JRにも金返せ!と言いたくなるところでした・・・



>ルールー様

あの死体の道はホントに辛くなりました。ポールと一緒に泣き崩れてしまいそうなほど・・・

この事実にしても、100万人の大虐殺。とても映像に出し切れませんよね。それも民兵が行ったというのだから、恐ろしくなってしまいます。

ジャン・レノはアフリカでのロケをしてないから、もしかするとクレジットを遠慮したのかもしれませんね(推測)。



>mig様

俺も10点満点だと、9点くらいかもしれません。

実は今年の映画で比較すると「イノセント・ボイス」のほうが上だったかな~なんて思ってしまいました。

とにかく必見には違いないです。

そーいえば (かのん)
2006-05-26 10:57:48
この作品中ではあまり描かれてませんでしたけど、実際にはあの外国人プレス(BBCでしたっけ?)らが撮影してきた映像が世界を震撼させてそしてルワンダに目を向けさせる事になったんですよね。



ホテルのバーで女性に記者が何族か尋ねて「見分けなんかつかない」というようなセリフがスゴク印象的でとても重要なメッセージを感じました。

コメントを投稿

映画2006」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

73 トラックバック

「ホテル・ルワンダ」 (独りつぶやき日記 (CineMy Memories))
ホテル・ルワンダ日本では本来公開される予定もなかったらしいのですけれども、アメリカであまりにも反響が大きく、すごい映画だ!という評判になったらしく日本での公開嘆願署名・・・・が集まり、急遽公開に至った・・・という経緯がある作品です。それなら!と ...
ホテル・ルワンダ HOTEL RWANDA (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
ドン・チードル主演 1994年に起こった ルワンダの大虐殺を描く実話を基にした映画 約80万人が虐殺されたと言うルワンダ その中で 外国人向け一流ホテルの支配人ポールが多くの難民を ホテル内に隠し命を救った 虐殺が起こったのは国内の人種問題でした ルワ ...
ホテル・ルワンダ (とんとん亭)
「ホテル・ルワンダ」 2006年 南ア/伊/英合作 ★★★★★ 感慨無量です! 観終わった後もやり切れなさは残るものの 史実に 向き合えて、魂が揺さぶられる思いをして 涙し、胸を打たれた この映画に 感謝します。私の住む街も市民のリクエスト ...
ホテル・ルワンダ (Remember Tomorrow)
1994年、ルワンダの首都キガリ。ベルギー系の高級ホテル、ミル・コリンで働くポール(ドン・チード)は有能な支配人だ。通常では手に入らない高級な酒も、1本1万フランもするハバナ産の葉巻も、さまざまなルートを駆使して手に入れては、ホテルに集まるゲスト ...
ホテル・ルワンダ ((ほとんど)シネマ日記)
1994年、アフリカのルワンダで起こった100万人の大虐殺を題材にした映画。 ルワンダの首都ギガリで西洋資本の高級ホテルの支配人を任されているポール(ドン・チードル)は、ホテルの格を守ることに必死だった。いつも高級な酒を切らさなし、キューバ産の葉巻だっ ...
ホテル・ルワンダ (シャーロットの涙)
「よかった」とか、「感動した」とかそんなことじゃない何か…。言葉が見つからない。やるせなさと哀しさと恐さ・・・またそれ以上になんて言ったらいいのか。 涙腺弱いのを自分で認めているので、前評判からしてどんなに泣くのかとちょっと恐かった。しかし・・ ...
[ ホテル・ルワンダ ]あなたは何を感じますか (アロハ坊主の日がな一日)
[ ホテル・ルワンダ ]@シアターN渋谷で鑑賞。 すごい人気である。老若男女問わず、多くの人が観に来て いる。シアターN渋谷も毎回、満席に近い状態だ。 [ ホテル・ルワンダ ]は2004年度アカデミー賞の主要3 部門(脚本賞、主演男優賞、助演女優賞)にノ ...
「ホテル・ルワンダ」 (the borderland )
朝10時からの上映に間に合うように40分ほど前に行ったのに既に満席!立ち見はあったけど、これは腰をすえて観たい作品だったので、12時20分のチケット購入。すぐ観るつもりだから本もなく、3時間待ちは辛かったです。(近くに何もないとこなんで) しか ...
「 ホテル・ルワンダ 」 (MoonDreamWorks)
監督・脚本 : テリー・ジョージー 主演 : ドン・チードル /ソフィー・オコネド /ホワキン・フェニックス      公式HP:http://www.hotelrwanda.jp/ 原題:HOTELRWANDA 監督は、「 父の祈りを  」でアカデミー賞にノミネートされた気鋭の脚本家 ...
映画~ホテル・ルワンダ (きららのきらきら生活)
  「ホテル・ルワンダ」公式サイト94年、アフリカのルワンダで民族間の対立が大虐殺に発展し、100日間で100万人もの人々が惨殺さる中、ルワンダの高級ホテルに勤めていた一人の男がホテルに1200人もの人々をかくまってその命を守り抜いた実話を「父の祈りを」 ...
ホテルルワンダ・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
この映画、本来日本公開の予定が無かったのだが、ネット上の署名活動で公開が決まったのだそうだ。 運動を展開した「『ホテル・ルワンダ』日本公開を求める会」、そして彼らに答えた
ホテル・ルワンダ (映画評論家人生)
九条シネ・ヌーヴォ 前評判より、公開されてから意外なヒットとなっている。遅れて遅れて・・・よくやく観ることになった。フツ族、ツチ族の内紛は知っていたものの、単にニュースの上っ面しか見ていなかった。恥
映画 「ホテル・ルワンダ 」 (ようこそMr.G)
映画 「ホテル・ルワンダ 」 の試写を有楽町朝日ホールにて。
『ホテル・ルワンダ』 (ラムの大通り)
「憎しみからは何も生まれない」 ----これってインターネットの署名運動によって 日本公開が実現した映画だよね。 「そう。昨年度のアカデミー賞で ドン・チードルの主演男優賞ほか 全3部門でノミネートされた話題作だ」 ----そんな映画なのに なぜオクラ入りしそ ...
真実を知れ 「ホテル・ルワンダ」 (平気の平左)
評価:90点{/fuki_love/} ホテル・ルワンダ ホントこの映画が日本で公開されることになってよかったと思います。 100万人以上が虐殺されたという事件の割に、残虐描写は控えめですが、緊張感はすごいです。
★「ホテル・ルワンダ」 (ひらりん的映画ブログ)
当初、日本では公開予定がなかったのに・・・ 署名運動で公開にこぎつけた・・・って話の映画だよね。 主演もドン・チードルだし・・・ 実話らしいし・・・ チネチッタのポイント貯まってるし・・・ 観てみる事に。
映画「ホテル・ルワンダ」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Hotel Rwanda 1994年、アフリカはルワンダで民族の対立による大量虐殺の嵐が吹き荒れるなか、逃げまどう人々をホテル"ミル・コリン"にかくまう支配人の物語。 時代は、フツ族とツチ族の内戦がようやく終結をみるが、当時のフツ族大 ...
映画「ホテル・ルワンダ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ホテル・ルワンダ」★★★★★ 1994年、アフリカのルワンダで内紛が大虐殺に発展し100日で100万もの人々が惨殺された。たった十数年前のことだけれどどれだけの人がこの事件を覚えているだろうか。 この映画を見ることによって「アフリカのシンドラー ...
Hotel Rwanda(2004,U.K./Italy/South Africa) (The Final Frontier)
『ホテル・ルワンダを日本でも公開してほしい』とインターネットで嘆願書に署名を集め、そして公開が実現したこの映画。私の地元ではシネコン1館だけでの上映、しかも3週間限定公開という扱いでしたが、観てきました。ずっと気になってたから。 ホテル・ルワンダ ...
映画『ホテル・ルワンダ』 (ルールーのお気に入り)
これは観た方がいい…いや、観るべき映画だと思います。わたしはルワンダという国すらよく知らなかった…
ホテル・ルワンダ /HOTEL RWANDA (我想一個人映画美的女人blog)
必見です。。。。{/ee_3/}            今から約10年前の1994年4月~7月にかけて、“千の丘の国”と呼ばれるアフリカの内陸国、ルワンダ共和国で、80万人もの罪のないツチ族がフツ族たちによって虐殺された。 1994年4月6日、ルワンダ キガリ空港上空で大 ...
ホテル・ルワンダ(2004年) (勝手に映画評)
タイトル ホテル・ルワンダ ---感想--- たった3ヶ月で100万人が犠牲になったと言われる1994年のルワンダ紛争でのフツ族の民兵によるツチ族の虐殺をめぐり、フツ族のホテル支配人がツチ族をホテルに匿い、1200人もの人々を守ったと言う話を描いた映画。その支 ...
映画 『ホテル・ルワンダ』 (Death & Live)
『ホテル・ルワンダ』 2004年 Terry George監督 あまりにもテーマが重過ぎて、映画の良し悪しなどとても語れない。 人はどうしたらあそこまで \"悪魔\" と成り下がることができるのだろう。 いったい何がそこまでに人間を腐敗させられるのか。 いまだフツ族 ...
ホテル・ルワンダ (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
必見  地獄の内戦 美しさ そんなものどこにもない
ホテル・ルワンダ (Saturday In The Park)
イギリス&イタリア&南アフリカ合作 監督:テリー・ジョージ 出演:ドン・チードル     ソフィー・オコネドー     ホアキン・フェニックス     ニック・ノルティ 1994年アフリカのルワンダでフツ族とツチ族による民族対立が原因の大量虐 ...
ホテル・ルワンダ/ドン・チードル、ニック・ノルティ、ジャン・レノ (カノンな日々)
アフリカ版『シンドラーのリスト』。1994年、中央アフリカのルワンダで実際に起きた、大虐殺にも発展してしまった内戦の最中で、多くの人の命を救ったあるホテル支配人の物語です。最初にこの映画の存在を知ったとき、実話でありとてもシビアな社会派ドラマという ...
ホテル・ルワンダ (2004) HOTEL RWANDA 122分 (極私的映画論+α)
久々に満席立ち見ありの映画館で10時から「ホテルルワンダ」を観ます。私ですか?ちゃんと席をゲットしましたよ。 「梅田ガーデンシネマ」と言う、大阪キタのミニシアターの中では最高の映画館なのですが、いかんせん座席数が100ほどしかありません。私は9時15分 ...
映画:ホテル・ルワンダ (駒吉の日記)
「この(虐殺の)映像を流しても『怖いね』とディナーを続けるだけだ」 1994年当時、ルワンダ虐殺のニュースを聞いたとき、同じように思った記憶があります。 ツチ族とフツ族の紛争がエスカレートしたのかと思っていました。 映画の中でもツチ族とフツ族に ...
「ホテル・ルワンダ」 (三○○○ 映画付)
ルワンダへ行った私の体育館シューズ 「ホテル・ルワンダ」 高校のときルワンダ難民の為に!とかって 生徒会が各教室に寄付ボックスをおいていったから 卒業の時、体育館シューズをおいてきた。 「もういらないよね」 って友達みんなで言ってかなりの人がシュー ...
「ホテル・ルワンダ」 5000人にありがとうといいたい (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
映画ファンの署名による上映というのは、アカデミー脚色賞を受賞した「Gods and Monsters」以来でしょうか。 署名活動のきっかけは、「アカデミー賞に3部門もノミネートされ、アメリカでもヒットした映画がなんで公開されへんのや!」という単純な疑問から。 黒人 ...
ホテル・ルワンダ (映画チラシ館)
2004年 122分 監督 テリー・ジョージ 出演者 ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ホアキン・フェニックス、デズモンド・デュベ、ニック・ノルティ 1994年のルワンダ。 フツ族大統領が何者かに殺され、フツ族の人々が敵対するツチ族の市民への ...
ホテル・ルワンダ ~アフリカ合衆国 (物欲エントロピー)
遅ればせながら、広島でも公開となった「ホテル・ルワンダ」見てきました。 アフリカ
ホテル・ルワンダ (MAしゃまとアナマリア☆の独り言)
    『愛する家族を守りたい!』ただ一つの強い思いが、1200人の命を救った・・・!!1994年、アフリカのルワンダで~長年続いていた民族間(ツチ族、フツ族)の争いがやがて~大虐殺に発展し~、100日で100万もの罪なき人々が惨殺された・・・!アメリカ ...
ホテル・ルワンダ:人間の醜さ・美しさについて考えてみる (「朱雀門」という方法・第2章)
★監督:テリー・ジョージ(2004年 南アフリカ・イギリス・イタリア作品) 京都みなみ会館にて鑑賞。...
ホテル・ルワンダ (日々徒然ゆ~だけ)
 知らないコトを知るコトは,昔の過ちだろうと目を背けたくなることだろうと,必要である。そういった意味でも,この作品は珠玉の一品である。
『ホテル・ルワンダ』 9P  (OL映画でいやし生活)
私的オススメ度:9P 公開当初から見にいきたくて、今日見に行くことは前々から決めていたのに、なんと前日の虎ノ門で井筒監督の自腹コーナーで『ホテル・ルワンダ』が取り上げてられてしまったじゃありませんか!! しかも★3つの最高点&大絶賛。うげ ...
ホテル・ルワンダ (映画で綴る鑑賞ノート)
1994年といえば、ワールドカップ・アメリカ大会の年。 これは、ドーハの悲劇よりも、あとの出来事なんです。 4月6日にフツ族の大統領が殺され、それから3ヶ月間(4月、5月、6月)に 100万人もの人々が虐殺されたそうです。 それも、爆撃や銃撃ではな ...
ホテル・ルワンダ (吾輩はナマケモノである。)
自分たちでも身分証明で確認しなければ、どちらの部族か見分けのつかないツチ族とフツ族。 1994年4月内戦の和平協定が破られ、フツ族の民兵によるツチ族大量虐殺が始まる。 たった100日間で100万人が殺されたのは、ついこの前の事だったんです。 西側資本の4つ ...
ホテル・ルワンダ (映画通の部屋)
「ホテル・ルワンダ」HOTEL RWANDA / 製作:2004年、カナダ=イギ
14-ホテル・ルワンダ (徒然日誌)
ちょっと時間が合わないかなーと思っていたけど、うまく都合が空いて「ホテル・ルワンダ」を観にいくことができた。ルワンダ版「シンドラーのリスト」と聞いていたので、ちょこっと躊躇とかもあったんだけど、自分の生きているこの時代に起こった大虐殺の全貌を知 ...
映画鑑賞記「ホテル・ルワンダ」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:06.02.10 鑑賞場所:AMCイクスピアリ16 1994年に、人口の1割、100万人弱の国民が虐殺された国があることを知っている人がいるだろうか? アフリカ中央に位置する小さな国「ルワンダ」。 その内戦の最中、一人のホテル支配人が、虐殺から ...
ホテル・ルワンダ(04・南アフリカ・英・伊) (no movie no life)
ミニ歴史講座、ドリンク、資料つき、プレミアムナイトで1000円。素晴らしい企画だと思いませんか? 日本での上映がなかなか実現されず、署名が集められてやっと上映にこぎつけたと言う本作。とうとう山形でも3月25日から本格上映。 昨日は、その前日と ...
ホテル・ルワンダ (エリ好み★)
劇場に通うこと4回。やっと観ることができました~(^^)!世界が見放した100万人の虐殺。「なんとかしなきゃ」って思いにかられます。人々の議論をうむってことに関してはスピルバーグの「ミュンヘン」よりも、ずっと優れているなぁ。(^^;)署名運動をしてでも ...
ホテル・ルワンダ/イメージの力  (マダム・クニコの映画解体新書)
力作であり、必見である。観た後、しばらくは言葉を失った。  同じ日に 「ロード・オブ・ウオー」を観たが、この二つの作品がみごとに繋がり、問題の根の深さに愕然とした。 ホテル・ルワンダ  「ホテル・ルワンダ」では、主人公ポールが、体制派のフツ族で ...
ホテル・ルワンダ プレミアム・ナイト (迷宮映画館)
昨年のアカデミー賞に名を連ねて以来、日本上陸をずーっと待っていた。途中、日本の公開が危ぶまれて、マジに見れないのか・・・と世の無情を嘆いたのだが、やっぱ世の中、そう捨てたもんではなかった。 若い人たちのやる気と勇気はすごい。何かしたい、とりあえ ...
ホテル・ルワンダ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  とにかく観てください。
「ホテル・ルワンダ」を観る (紫@試写会マニア ~別宅~)
今日は、1月14日(土)単館ロードショウ公開予定の「ホテル・ルワンダ」を見てきました。 この作品、実は当初日本での公開は予定になかったんです。 それを一人の日本の青年が、いち映画ファンである彼がネットを通して「良い作品だから公開できない ...
ホテル・ルワンダ (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
★本日の金言豆★ 「フツ族」「ツチ族」などの「~族」という呼称は、差別を連想させるものとして、現在公式の場では使用されない。本作では話をわかりやすくするためにあえて使用。
「ホテル・ルワンダ」 (こだわりの館blog版)
本当に立ち見させるんだものなぁ! 2/18 シアターN渋谷 にて 監督・脚本:テリー・ジョージ 脚本:ケア・ピアソン 出演:ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ホアキン・フェニックス、ニック・ノルティ、デズモンド・デュベ、他   1994年、ルワン ...
ホテル・ルワンダ~勇気・愛、涙・祈り (Muse on Music.)
巷で話題になっていた映画「ホテル・ルワンダ」をようやく見に行ったので感想を。すごかった。この映画は、ルワンダで実際におこった「フツ人によるツチ人大量虐殺」を元にした作品だ(一説には80万人、人口の10分の一が殺されたという・・・)。短くまとめる ...
ホテル・ルワンダ (映画をささえに生きる)
この映画は社会派映画ではありません。背景としてアフリカを覆う諸問題は存在しますが、人間として正しくあろうとした1人の男を描いたヒューマンドラマです。
念願のホテル・ルワンダ! (銅版画制作の日々)
             私はこの映画を観るまで、アフリカ情勢をほとんど知る事はありませんでした。  ルワンダという国がアフリカにあるのは知っていましたが、アフリカのどの場所  にあり、どのような国かも分からずにいました。「ホテル・ルワンダ ...
ホテル・ルワンダ (いつか深夜特急に乗って)
「ホテル・ルワンダ」★★★★★ (盛岡フォーラム1)2004
ホテル・ルワンダ (ぶっちゃけ…独り言?)
7点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) う~ん、凄かった。 こーゆー事実があったなんて、ワタクシ全然知りませんでした。 100万人ですよ、100万人! 狂気の沙汰ってこーゆー事を言うんでしょうね。 でこの作品、その愚かな行為の真っ只中 ...
ホテル・ルワンダ (サイ5150のブログりまっせ!)
先日、観ました「ホテル・ルワンダ」。これは 感動した とか、憤りを感じた とかそういうことではなくてこんな恐ろしい悲劇が実際に起こったということを再認識する為にも観るべき作品だと思います
ホテル・ルワンダ (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2004年 製作国 イギリス/イタリア/南アフリカ 上映時間 122分 監督 テリー・ジョージ 製作総指揮 ハル・サドフ 、マーティン・カッツ 脚本 テリー・ジョージ 、ケア・ピアソン 音楽 ルパート・グレグソン=ウィリアムズ 、アンドレア・グ ...
ホテル・ルワンダ (Hotel Rwanda) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 テリー・ジョージ 主演 ドン・チードル 2004年 イギリス/イタリア/南アフリカ映画 122分 ドラマ 採点★★★★ 人が出来る事には限界があり、どう足掻いても出来ないことは出来ない。愛する人がボブ・サップのような巨漢に襲われていても、自分には映画のヒ ...
ホテル・ルワンダ (ぷち てんてん)
私は映画館で見たんですけど、もうDVDが出ているんですね。ぜひご覧ください。☆ホテル・ルワンダ☆(2004)テリー・ジョージ監督ドン・チードル・・・・・・・・・ポールソフィー・オコネドー・・・・・・タチアナホアキン・フェニックス・・・・・ジャックニック ...
ホテル・ルワンダ (Akira's VOICE)
深く痛い悲しみの中でも,愛する気持ちは決して消えない。
家族愛の美しさ (藻、たくさんの日々。)
次は、「ホテル・ルワンダ」について。 この映画は、アフリカのシンドラーと呼ばれた人のお話です。 シンドラーって誰? 歴史に疎かったもので、調べてみました。 オスカー・シンドラーは、第二次世界大戦の際に、 千人以上のユダヤ人をホロコーストから ...
ホテル・ルワンダ (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  アフリカのルワンダで、1994年に実際に起った種族間抗争を描いた社会派ドラマであり、2005年のアカデミー賞にノミネートされている。 この映画は、当初日本で上映される予定がなかったらしい。ところが熱狂的信者達がネットで必死の書き込みを ...
ホテル・ルワンダ ~新作DVD~ (利用価値のない日々の雑学)
この作品で描かれているルワンダのツチ族とフツ族の紛争に関して、筆者が当時一番最初に知り得たのは、週刊雑誌「News week日本版」である。他のどのメディアよりも早くそして詳しく記事が掲載されており、特に、見開き4ページか何かの特集の時には、このふたつの ...
『ホテル・ルワンダ』 (Sweet* Days)
ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション CAST:ドン・チードル、ソフィー・オコネドー 他 STORY:1994年、アフリカのルワンダ。長年に渡るツチ族とフツ族の抗争がエスカレートし、フツ族はツチ族を大量虐殺。そんな中、高級ホテル「ミル・コリン ...
『ホテル・ルワンダ』’04・英・伊・南ア (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1994年、ルワンダの首都キガリ。多数派のフツ族と少数派のツチ族が長年争ってきたルワンダでは3年間続いた内戦がようやく終息し、和平協定が結ばれようとしていた。ベルギー系の高級ホテル、ミル・コリンで働くフツ族のポール(ドン・チードル)は有 ...
それでも消費の一部 (映画 本 コミックレビュー●うきうきウォッチン●)
「ホテル ルワンダ」  『ホテル ルワンダ』 知ってるかい?人間の愚かさを。 っつー幾度となく問われた事のあるテーマの ドキュメンタリー風ヒューマンドラマ。 ルワンダっつー、特に突出した何かで耳にする事もない 貧民国、南アフ...
ホテル・ルワンダ (悠雅的生活)
1994年、ルワンダ。殺戮が止まらない町で。
ホテル・ルワンダ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞【story】1994年、アフリカ中部にあるルワンダで、ツチ族とフツ族の民族対立による武力衝突『ルワンダ紛争』が勃発した。フツ族過激派が、ツチ族やフツ族の穏健派を100万人以上虐殺するという状況の中、1268人を自分が働いていたホテルで匿ったポール・ルセサ...
『ホテル・ルワンダ』この映画を見て! (オン・ザ・ブリッジ)
第159回『ホテル・ルワンダ』  今回紹介する作品は1994年にアフリカのルワンダで起こった大量虐殺事件を題材にした『ホテル・ルワンダ』です。 アフリカ中央部に位置するルワンダ共和国。遊牧民族であった少数派のツチ族と農耕民族であった多数派のフツ族という二つの民...
『ホテル・ルワンダ』 (すきなものだけでいいです)
この憎悪はどこから湧き出てくるのでしょうか。 “人が人を殺したくなる” という感情。 その感情の根源は、何なのでしょう。 「愛する人の命を理不尽に奪われた。」 「死んでしまいたい程の苦痛を与えられ
◆DVD・ホテル・ルワンダ (映画大好き☆)
ホテル・ルワンダ監督:テリー・ジョージ出演者:ドン・チードル、 ソフィー・オコネドー、 ホアキン・フェニックス、 ニック・ノルティ収録時間:122分レンタル開始日:2006-09-02Story94年にアフリカのルワンダで勃発した民族紛争を描いた社会派ドラマ。悲劇的な状況下...
ホテル・ルワンダ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「ホテル・ルワンダ」は、1994年アフリカのルワンダで起こったツチ族とフツ族の民族対立による武力衝突”ルワンダ紛争”、フツ族がツチ族を120万人以上虐殺したこの紛争の最中、1200人以上のツチ族を危険を顧みずに自分のホテルに匿った実在のホテルマンの実...
ホテル・ルワンダ (我が頭に巣くう映画達)
60点 2004年のイギリス、イタリア、南アフリカ共和国の合作映画で、 監督はテリー・ジョージ、主演はドン・チードルです。 1994年にルワンダで勃発したルワンダ紛争によって、 フツ族の過激派が10...
ホテル・ルワンダ (我が頭に巣くう映画達)
60点 2004年のイギリス、イタリア、南アフリカ共和国の合作映画で、 監督はテリー・ジョージ、主演はドン・チードルです。 1994年にルワンダで勃発したルワンダ紛争によって、 フツ族の過激派が10...