ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

2007-05-30 23:14:01 | 映画2007
 石川県ロケ映画が多くなってきた。

 カンヌ国際映画祭では『殯(もがり)の森』が話題騒然となりましたが、日本からは吉田大八監督・佐藤江梨子主演による今作も批評家週間に出品されていたのです(知りませんでした)。CM界ではベテランである映像監督だけあって随所に斬新な映像も見られるものの、長編映画としてはもうちょっと工夫が欲しいところでした。それでも本谷有希子(石川県出身)の原作が面白いおかげで、ブラックユーモアに浸ることができるのです。

 舞台となるのは3月に大地震に見舞われた石川県能登。ロケは昨年の夏から秋にかけて行われたらしく、半年後に起こった災害を思うとなぜか懐かしく、タイムスリップしたような印象も受けます。舞台挨拶でサトエリが「私も阪神大震災を被災」したことと、「夢を持つ同級生も亡くなった」ことが原動力となって女優になり、「これからの復興が大切だ」と熱弁をふるっていました。映画を観る前にすでに感動してしまい、すでに目はウルウル・・・始まってすぐに、大地震のニュースを見ている永作博美の映像が映り、因縁めいたものまで感じてしまうのです。

 この作品は、家族それぞれの確執や秘密めいたもの、ユニークな登場人物ばかりのせいもあり、家族の脆さをも描いています。主人公のサトエリが両親の急死の知らせを受け、田舎に戻ってくる。しかし、彼女が上京したのは素質もないのに女優を目指したためであって、自意識過剰とゴーマンさゆえ仕事もなく、実家から仕送りをもらわねば生活もできず、ついには事務所からも解雇通知を受けてしまうほど。オーディションを受ける回想シーンでは、感情のこもってない台詞により大根ぶりも発揮する・・・この下手さぶりが上手いのです。

 実家では妹(佐津川愛美)との確執、血の繋がっていない兄との謎めいた約束、同級生(山本浩司)との関係が非常に面白い。妹は漫画家の素質があり、過去に、エゴに満ちた性格と暴力性を持った姉の痴態を鋭く観察し、それを克明に描いた漫画を投稿するが、見事新人賞を取ってしまうのです。女優業が上手くいかないのは妹の漫画のせいだとして復讐心に燃え、妹をいたぶり続けるサトエリ。さらに、兄嫁であるのになかなか家族に溶け込めない永作のコメディアンヌぶりがとてもいい(痛いところも多く、可哀想なのですが・・・)。

 サトエリの能登弁はほとんど関西弁でしたが、兄役の永瀬正敏はばっちり。そして、佐津川愛美の演技が暗いんだけども、最も光っていました。また、山本浩司の今年の出演作は『それでもボクはやってない』、『さくらん』、『ユメ十夜』、『パッチギ2』、『しゃべれどもしゃべれども』に次いで6本目。彼のバイプレーヤーぶりが全開となってきました。さらに、明和電機の土佐社長も重要なところで出演(なんとも言えぬ役柄だ)。これはなんとも・・・

 見事な不協和音を奏でる人間関係も、嬉しい知らせや悲しい人の死によって新たな展開を見せる。誰が一番恐ろしい性格なんだ!?と性格設定のどんでん返しのような場面まである。殺伐とした人間関係は都会だけの特権じゃなく、自然に恵まれた田舎にだってあるのだとブラックユーモアたっぷりに訴えてくる・・・凄い内容だ。もちろん、サトエリ、佐津川愛美のギリギリセクシーショットも・・・

★★★★・(多少ひいき目)

7月7日公開!

コメント (12)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
« ボビー | トップ | しゃべれども しゃべれども »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見たかった (祐。)
2007-05-31 18:26:05
試写会があったとは知りませんでした。
見たかったです。
石川県は、先行上映で6月30日から上映なので、それまで我慢しています。

劇団:本谷有希子の処女作ですが初演は失敗。その後脚本を書き換えて再上演で大ヒットした劇なので、脚本は完璧だと思いますので、映画もかなり期待できるのではないかと思います。
本谷有希子も舞台挨拶に来て欲しかったかなと思いました。
こんにちは♪ (ミチ)
2007-05-31 18:42:05
サトエリも見れたし、笑い声も起こっていたし、なかなか盛況な試写会でしたよね。
全国に先駆けて見れるなんてちょっと優越感?(笑)
サトエリ批判(下手すぎる)ばかりを事前に読んでいたのですが、あれが却ってよかったように思いました。
ヒットしてほしいですね~。
ニアミス? (cloud9)
2007-05-31 23:13:26
kossyさんもいらしてたんですね~、試写会。

私はサトエリちゃんの全くサプライズにならない舞台挨拶もさることながら、レオくん司会うまいなーとへんなところにひそかに感心しておりました。
女子アナのげんこーいっしょけんめぇ覚えてきました、というのとは仕切りレベルが違うわ~なんて。

いつもながらローカルすぎる話ですいません。
試写会 (kossy)
2007-06-01 07:17:25
>祐。さま
俺も試写会を知らず、能登ロケがあったことも知らず、もちろんサトエリが来るなんてことも全く知りませんでした。
試写会仲間のおかげです。
本谷さんのご両親は観にきていましたけど、まだ若いご両親でした。ご本人は録音でのあいさつ。こんな才能のある人が石川県にいたことにもビックリです。

>ミチ様
さすがに内容がブラックなだけに、笑いどころも難しかったりしました。永作博美の災難でさえ笑ってしまえるけど、彼女の明るさあってこそなんでしょうね。
公開の1ヶ月も前に試写会があるってのもすごいですよね。そういや、去年の「ユナイテッド93」もやたらと早い試写会でした・・・

>cloud9様
3人とも試写会場にいたなんて初めてのこと?
もうちょっと間近でサトエリを見たかったのですが、映画を楽しむため自分的ベストポジションに座ってしまいました。
MROのアナウンサーも上手かったです。
「失言」なんてのも狙った演出・・・にくいです。
後輩では? (祐。)
2007-06-02 10:25:34
本谷有希子はkossyさんの高校の後輩だと思いのですが、違うのかな。

自分の名前を劇団にするところが、「腑抜けども・・・」の長女に似ているのかも。
高校の・・・ (kossy)
2007-06-02 23:50:05
>祐。さま
あれま、高校の・・・最近の名簿を持ってないので調べようがありません。
劇団を持つくらいですし、演劇の経験も豊富なんでしょうね。実際にそういう役者志望の子がいたのかもしれませんよ(笑)
こんばんは (カオリ)
2007-07-13 18:30:50
確かに石川県ロケのをもう3つくらい観てます・・・地元民としては嬉しい半面複雑ですよね。私も劇中「山形県民」なる人を見るとピリリときます。

このブラック過ぎる展開が何よりも面白かったです。みんな痛い役柄でしたけど、それがよかったなあと思います。
石川県 (kossy)
2007-07-14 16:25:43
>カオリ様
舞妓、吉祥、腑抜け・・・集中しましたもんね。
だけど、腑抜け以外は方言が全く聞けませんし(笑)
山形の映画も多いですよね~やっぱりそう思えるのは『スウィングガールズ』とか藤沢作品のせいでしょうか。

ブラック過ぎる展開には引いてしまいそうになりましたが、険悪な人間関係という反面教師と捉えれば、それなりにいい映画だったのかも・・・
お久しぶりです (八ちゃん)
2007-08-23 22:40:14
実は、これを見て永作に惚れました。
永作 (kossy)
2007-09-04 08:57:57
>八ちゃん様
永作博美・・・昔から好きです。
というか、彼女は全然歳をとらない~~

コメントを投稿

映画2007」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

30 トラックバック

映画 【腑抜けども、悲しみの愛をみせろ】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」 本谷有希子の同名戯曲を映画化。 両親の訃報を受け、女優を目指して上京していた澄伽(佐藤江梨子)が4年ぶりに舞い戻ってくる。自意識過剰な彼女は、自分が女優として認められないのは家族、とりわけ妹の清深(佐津川愛...
「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」試写会招待券 (雲九の物品購入覚書)
全くタイトルが長いわね、近頃の映画は…。 {/note/}今回も自分の名前で応募したハガキははずれ。 珍しくネットから応募した分がどうにか1枚ひっかかりました。 石川県出身の本谷さんの戯曲を元に能登でロケが行われた本作品。 地震で失われた黒瓦の美しい風景が見られ...
「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」試写会 (Thanksgiving Day)
九段会館で行われた、映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の試写会に行ってきました!! 本谷有希子原作の、ブラックユーモア溢れるこんな内容です。 ↓↓↓ 『両親の訃報を受け、音信不通だった澄伽(佐藤江梨子)が東京から戻る。家には、母の連れ子だった兄・宍道...
『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』 (ラムの大通り)
----この映画、お芝居が基になっているんだって? 「そのようだね。 『生きてるだけで、愛。』が芥川賞にノミネートされた本谷有希子という人が 旗揚げした『劇団、本谷有希子』の公演作。 その後、小説化されて三島由紀夫賞候補にもなったらしい」 ----お芝居と言うと、 ...
サトエリのブログ、ホントのとこ (サトエリのブログ、ホントのとこ)
サトエリのブログ、あれからどうなったか?ホントのとこ知りたい方は他にいませんか? サトエリのブログは破局だけで終わるもんではありません。続きがあるんです。
「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」 (青いblog)
「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」 公式サイト: http://www.funuke.com/ 出演: 佐藤江梨子、佐津川愛美、永瀬正敏、永作博美、他 監督: 吉田大
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
原作=本谷有希子。脚本・監督=吉田大八。撮影=阿藤正一・尾澤篤史。美術=原田恭明。音楽=鈴木惣一朗。ビジュアル・エフェクト=大西博之。漫画=呪みちる。ゴーマン勘違い女と、その家族の行き着く先は?☆☆☆☆★
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(07・日) (no movie no life)
タイトルはシュールだけど、中身はもっとその上を行く。 交通事故で急死した和合夫妻の葬式の日、女優を目指して上京していた長女(佐藤江梨子)が戻ってきた。平穏に暮らしていた長男(永瀬正敏)、その嫁(永作博美)、次女(佐津川愛美)たちに、緊張感が走る。本谷...
『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』 (2007) / 日本 (NiceOne!!)
監督・脚本:吉田大八原作:本谷有希子出演:佐藤江梨子、佐津川愛美、 永作博美、永瀬正敏鑑賞劇場 : 109シネマズMM横浜公式サイトはこちら。<Story>両親の訃報を受け、音信不通だった澄伽(佐藤江梨子)が東京から戻る。家には、母の連れ子だった兄・宍道(....
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (八ちゃんの日常空間)
FUNUKEDOMO KANASHIMINO AI WO MISERO 168[シネマライズ/SC1/SRD] 公式サイト 『「やっぱお姉ちゃんは、最高に面白いよ。」』 永作博美サイコー! 神童以来となるシネマライズです。昔は、この映画館、凄く前衛的な雰囲気を感じてなかなか縁がなかったんですよ...
【2007-101】腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 姉・澄伽(すみか) 自分が特別だと思っている勘違い女 妹・清深(きよみ) 姉のいたぶりに耐える少女 今の私はホントじゃない。 絶対人とは違うんだ。 『やっぱお姉ちゃんは、最高に面白いよ。』
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (そーれりぽーと)
奇抜なタイトルと、身内を連想させる他人事とは思えない設定が気になっていた『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』を観てきました。 ★★★★ 「私は何が何でも女優になるの!」 “自分は特別”と勘違いして、彼女なりに努力しているようだけれど、はたから見ていると安...
映画:腑抜けども、悲しみの愛を見せろ 試写会 (駒吉の日記)
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ 試写会(TFMホール) 「アンタがヘンなマンガ描くから演技に集中できなくなったんじゃない」 タイトルはすごいし、予告編もかなり面白そう。原作は舞台だそうですが極端なキャラクターや見せ方がすごくマンガちっく。 自意識過...
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (エリ好み★)
もとのお芝居は観てませんが、おそらく映画にした方がグロくなったんじゃないかな…(*_*;
★「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」 (ひらりん的映画ブログ)
今月は、どうも「109シネマズ川崎」での上映作が気になるひらりん。 2本まとめて見てきちゃいました。 その2本目。
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ サトエリ頑張っています。 (銅版画制作の日々)
   妹がしでかしたトンでもない事件が、壮絶な姉妹バトルに・・・・・   7月14日、京都シネマにて鑑賞。あのサトエリが超ゴーマンな勘違い女を演じています。スタイルバッグンですよね。サトエリさん足が長いので、同性の私もうっとりするくらいです。   ...
『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』 (アンディの日記シネマ版)
<注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですが本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} → 『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』 (本館) 【監督】吉田大八 【脚本】吉田大八 【原作】本谷有希子 『腑抜け...
吉田大八監督の「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」を観た! (とんとん・にっき)
この「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」は吉田大八によって映画化され、2007年カンヌ映画祭「批評家週間」正式招待作品となりました。出演は佐藤江梨子、佐津川愛美、永作博美、長瀬正敏です。予告編を見ると、この配役、見事にピッタリ、なかでもエゴ丸出しのサトエ
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (Memoirs_of_dai)
A Genius Actress 【Story】 両親の訃報を受け、女優を目指して上京していた澄伽(佐藤江梨子)が4年ぶりに舞い戻ってくる。自意識過剰な彼女は、自分が女優として認められないのは家族...
【映画】腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (新!やさぐれ日記)
■状況 MOVIX伊勢崎にてレイトショウで観賞 ■動機 チャットモンチー(主題歌担当)にお願いされた為 ■感想 思いのほか面白くて驚いた、満足 ■あらすじ 両親の訃報を受け、女優を目指して上京していた長女・澄伽(佐藤江梨子)が故郷に戻ってくる。自意識過剰...
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (映画鑑賞★日記・・・)
【腑抜けども、悲しみの愛を見せろ】2007/07/07年公開製作国:日本 監督:吉田大八原作:本谷有希子『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(講談社刊)出演:佐藤江梨子、佐津川愛美、永作博美、永瀬正敏、山本浩司 和合澄伽は見てるこちらも恥ずかしい・・・ぞ。
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
ァレはどうも永作博美演じる兄貴の嫁さんがかわいそうだけど嫌われ松子や自虐の詩みたいな感じで可笑しいなぁ 腑抜けども、悲しみの愛を見...
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
ァレはどうも永作博美演じる兄貴の嫁さんがかわいそうだけど嫌われ松子や自虐の詩みたいな感じで可笑しいなぁ 腑抜けども、悲しみの愛を見...
アホな姉としたたかな妹。~「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」~ (ペパーミントの魔術師)
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ山本浩二 佐津川愛美 永作博美 アミューズソフトエンタテインメント 2008-02-22売り上げランキング : 574おすすめ平均 俳優入門本谷世界を見事に映画的に昇華させた快作。永作博美さん素晴らしいAmazonで詳しく見る by G-Tools いや~~最...
観ました、「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」 (乙女千感ヤマト)
DVDで昨日観ました。もっのすごく面白かったの[E:heart01]に、公開当時
観ました、「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」 (乙女千感ヤマト)
DVDで昨日観ました。もっのすごく面白かったの[E:heart01]に、公開当時
『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』 (Sweet*Days**)
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(2008/02/22)佐藤江梨子、佐津川愛美 他商品詳細を見る 監督:吉田大八 CAST:佐藤江梨子、佐津川愛美、永...
【映画レビュー】腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (Hisa-Bo's Walk)
2007/日本 督: 吉田大八 脚本: 吉田大八 原作: 本谷有希子 撮影: 阿藤正一 尾澤篤史 音楽: 鈴木惣一朗 出演: 佐藤江梨子 佐津川愛美 永作博美 永瀬正敏 他
『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ両親の訃報を受け、女優を目指して上京していた澄伽(佐藤江梨子)が4年ぶりに舞い戻ってくる。自意識過剰な彼女は、自分が女優として認められないのは妹の清深(佐津川愛美)のせいだと家族をいたぶる。兄の宍道(永瀬正敏)も澄伽には気を遣い、横柄にふるまう...
『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』 (『映画な日々』 cinema-days)
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ 両親が交通事故で急死。 4年振りに女優志望の長女が帰郷して 巻き起こすブラックコメディ。 【個人評価:...