ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

デトロイト・メタル・シティ

2008-09-03 19:07:22 | 映画2008
 松ケンのヨダレは飼い牛からの影響か?

 松山ケンイチ信者が少なそうな日を選んでの鑑賞。メタルとフォークという音楽はどこか相容れるものがあるのだと昔から感じていた(作品ではポップミュージックと言っていたが)。学生時代に所属していた軽音楽部にもメタルとフォークをかけもちする男がいたし、アルフィーの高見沢なんてのもそうした二面性ミュージシャンの一人だろう。

 デスメタルという言葉すら知らなかったのですが、ヘヴィメタルの中でも“死”、“悪魔”、“地獄”といった言葉が使われる、教育上よくないジャンルの一つらしい。物語は、主人公の根岸崇一(松ケン)はポップミュージシャンを夢見て、今年教育界に激震が走った大分県から上京するところから始まる。あっという間に彼はロックスター。しかし、彼がやりたかった音楽とは違い、デスメタルのギターとボーカルを嫌々ながら続け、それが圧倒的人気となってしまった。

 ポップミュージシャンを目指すこと自体がかなりのマイナーだと思うけど、頭もよく大学で勉強してたというところが東大卒のオザケンをも彷彿させる。その部分が、田舎に帰省したとき、高校をやめてしまった弟に説得するシーンにうまくリンクしていたようだ。音楽で夢を与えるというテーマよりも、全てを学んだ上でバカをすることに惹かれてしまいました。

 やりたい音楽ができずにいるミュージシャン。あり得る話だと感じたせいで全体的には素直に笑えないし、それほど面白くなかったのですが、松山ケンイチの演技力には脱帽です。メタルもポップも演じるときは漫画的。それでいて二面性を上手く分けているのだからすごい!音楽映画やコメディ映画というよりも、松ケン映画としての印象が強くなった。

 エンドロールでジーン・シモンズの名前を発見して愕然・・・KISSは好きなバンドだけど、ジーン・シモンズだとはわからなかった。そういや「デトロイト・ロック・シティ」という曲もヒットしたし、「デトロイト・ロック・シティ」という映画だって作ってる。半音下げてチューニングする音楽スタイルや白塗りメイクや衣装もそのままヘヴィメタルの基礎を作ったと言ってもいいバンド。KISSに燃えていた中学時代に母校が全焼したことを思い出した・・・

★★★・・

コメント (16)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
« 20世紀少年 | トップ | グーグーだって猫である »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (シネマ大好き娘)
2008-09-04 05:41:24
マツケン、すごいよね~~~

Lと、同じ人物とはおもえないっす~
Unknown (ryoku)
2008-09-04 12:18:26
 先日観てきました。
 原作とは若干方向は違うようでしたがなかなか良かったと思います。
 特にデスレコードの社長の松雪さん(パンツ見せながら)やファンの人の熱演が光っていたと思います。
 金玉ガールズがちょい役だったのが残念でした。
Unknown (Unknown)
2008-09-05 23:33:27
ジーン・シモンズは、ジャック・イル・ダークの中の人です。
こんばんは (カオリ)
2008-09-08 22:44:19
お久しぶりです。

>松山ケンイチ信者が少なそうな日

にドキッとしてしまった自分です。たぶん松ケンが主役じゃなかったら見に行ってないだろうな~と言うノリでしたが、なかなか楽しかったです。

今後もいろんな役に果敢に挑戦してほしいですねー
Unknown (ちゃまこ)
2008-09-10 10:27:34
正真証明の松ケンファンなのでドキドキしながら読みました。作品はともあれ、松ケンの演技を誉めてくださってホッとしました(笑)すごいなぁ~としか言いようがないくらい役になり切るので面白いです~!
次の作品が待ち遠しくなる俳優さんに巡り会えた幸せに浸っています。
キモいのも計算のうち? (rukkia)
2008-09-11 09:58:14
松山ケンイチという人は見たことなかったのですが、おもいっきりマンガチックにやり遂げてましたね。

あのクラウザー様の言動をいちいち解釈しまくるファンたちがおもしろかったです。
大甘と激辛 (PGM21)
2008-09-12 00:48:31
何時もお世話になっております。
TBから時間が経過してしまいましたが・・・
やりたい音楽(ポップミュージック)持っている才能(デスメタルミュージック)というギャップがあるいみ面白い映画ですよね。
デーモン閣下のようなメークをしている時の根岸青年はまさに演じているクラウザーさんですもんね。
私もどちらかを選べと問えばデスメタルかな?ポップミュージックって甘過ぎて聴いていると溶けちゃうんですよね。
デスメタルならロック系なので弾けられるという感じです。
別にショーの中での演出なので個人的には全然OKです。
デトロイト (kossy)
2008-09-12 22:50:33
>シネマ大好き娘様
どこかで期待していた・・・松ケンがサンバを踊りだすシーンを。
いや、それがなくても様々な役柄をこなすなんてすごい俳優ですよね!

>ryoku様
俺も金玉ガールズをもっと見たかった!(笑)
松雪さんも光ってましたね~。松ケンに馬乗りになるシーンなんて、よからぬ想像までしてしまったし・・・
原作は音楽がないだろうから想像するのも難しいですよね。アニメではどんな音楽なんだろうなぁ~

>unknown様
わざわざありがとうございます。

>カオリ様
ぶはぁ~
松ケン信者だったのですね!
今思えば松ケン信者が大勢いた方が素直に笑えたかもしれなかったです・・・どうも変な場面で笑ってしまったkossyです(汗)

>ちゃまこ様
コメントありがとうございます。
松ケン信者ってのは、単なるイケメンを追いかける人たちじゃなく、彼の演技にも惹かれるんでしょうから、悪くは思っていませんですよ(笑)
男から見ても、次にどんな役をこなしてくれるんだろうかと期待しています~

>rukkia様
あれ、デスノートも観てなかったんですか?
単なるアイドル俳優じゃないんです。
ちょっとオバカなキャラのほうが光っている俳優かもしれません・・・

クラウザー様の解釈をするファン。大倉孝二ですよね。松ケンよりも面白かったりして・・・

>PGM21様
俺もあの手のポップミュージックと比較するならメタルを選んじゃいます(笑)というか、ポップミュージックの才能はありませんよね。
でも、メタルって正直言うと、ずっと聴いてられない。ヘッドバンキングしすぎて頭が痛くなっちゃうんです(笑)
松ケン信者ですが (may)
2008-09-18 09:48:13
社長が松雪さんじゃなかったらDVD待ちだったかもしれません…^^;
>松山ケンイチ信者が少なそうな日
私は逆にそれ狙いでレディースに行ったのにカップルばっかりでしたorz
こちらには1行目だけ観て行ったんですが、場面がわかって『これかぁ~!!』とまた声に出して大爆笑しました。

1番凄かったのは対決前…あのヒールで全力疾走した松ケン君を尊敬します。
ヨダレ (kossy)
2008-09-19 23:21:31
>may様
実は監督のインタビューシーンをテレビで見てたんです。2テイクほど撮ったらしいのですが、同じシーンで指示もしてないのに自然とよだれが垂れてた松ケン・・・凄い俳優だと褒めてらっしゃいました(笑)

疾走シーンも良かったんですけど、昼から夜へと、いったい何時間走ってたのか・・・距離感がさっぱりつかめませんでしたよね?

コメントを投稿

映画2008」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

29 トラックバック

「デトロイト・メタル・シティ」望まなかった夢がみんなの夢になっていた純粋な青年のドリームストーリー (オールマイティにコメンテート)
「デトロイト・メタル・シティ」は李闘士男の漫画「デトロイト・メタル・シティ」を映画化した作品で大分の田舎から出てきた1人の青年が大学を卒業してポップシンガーを目指したがレコード会社を間違えた事でデスメタルバンドデトロイト・メタル・シティ(通称DMC)のボ...
デトロイト・メタル・シティー (そーれりぽーと)
渋谷系ポップミュージシャンを目指して上京したものの、意に反してデスメタル系バンドのボーカリストとして、カリスマ的人気を博して悩む、松山ケンイチ主演の『デトロイト・メタル・シティー』を観てきました。 原作のマンガは未チェックです。 ★★★★ 松雪さん、パン...
デトロイト・メタル・シティ (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日は「デスノート」の松山ケンイチ主演の「デトロイト・メタル・シティ」を観てきましたよ!!  おしゃれでポップなミュージシャンを目指している気弱な青年、根岸(松山ケンイチ)。  しかしそんな思いとは裏腹に所属するレーベルでやっているのは一部に熱狂的ファ...
デトロイト・メタル・シティ (Akira's VOICE)
事務所選びは慎重に。  
【2008-198】デトロイト・メタル・シティ DETROIT METAL CITY (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 僕がしたかったのは・・・ こんなバンドじゃない!!
『デトロイト・メタル・シティ』 (Sweet*Days**)
監督:李闘士男  CAST:松山ケンイチ、松雪泰子、黒木ローサ 他 故郷から東京の大学に出てきた純朴な青年、根岸宗一(松山ケンイチ...
映画 「デトロイト・メタル・シティー」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
予告編の時、出演者の名前の中にカタカナで「ジーン・シモンズ」? エッ(゜Д゜≡゜Д゜)マジ?、本物ですか? (((( ;゜ω゜)))アワワワワ、あの...
デトロイト・メタル・シティ(映画館) (ひるめし。)
僕がしたかったのは・・・こんなバンドじゃない!!
デトロイト・メタル・シティ (Thanksgiving Day)
映画「デトロイト・メタル・シティ」を観に行ってきました!! この映画は原作も面白いし、安藤裕子ねえやんも注目気味だったこともあって、公開されたら絶対観ようと決めてたんですよ。 なので早速、公開初日に行ってきたというわけです。 こんな内容の映画です。...
デトロイト・メタル・シティー (そーれりぽーと)
渋谷系ポップミュージシャンを目指して上京したものの、意に反してデスメタル系バンドのボーカリストとして、カリスマ的人気を博して悩む、松山ケンイチ主演の『デトロイト・メタル・シティー』を観てきました。 原作のマンガは未チェックです。 ★★★★ 松雪さん、パン...
デトロイト・メタル・シティ (Sweetパラダイス)
ポップス系ミュージシャンを目指していた青年・根岸は入るレコード会社を間違え、なぜかデスメタルバンドのボーカルに。根岸はバンドを辞めたいと社長に懇願するが、自作のポップスが認められない世の中への憎悪が逆にデスメタルの名曲を生みカリスマへと祭り上げられてい...
デトロイト・メタル・シティ (to Heart)
僕がしたかったのは… こんなバンドじゃない!! 製作年度 2008年 上映時間 104分 原作 若杉公徳 (白泉社『ヤングアニマル』連載) 脚本 大森美香 監督 李闘士男 音楽 服部隆之 出演 松山ケンイチ/加藤ローサ/秋山竜次/細田よしひこ/大倉孝二/岡田義徳/鈴木一真/高橋一...
「デトロイト・メタル・シティ」 (俺の明日はどっちだ)
小沢健二やコーネリアスみたいな渋谷系ミュージシャンを夢見て大分の田舎から上京してきた純朴な青年が、自分の意図に反し何故かデスメタルバンドのボーカルとしてデビューさせられ、その上あろうことかブレイクしてしまうことによって起こる悲喜こもごもを描いた馬鹿馬鹿...
【デトロイト・メタル・シティ】 (+++ Candy Cinema +++)
【監督】 李闘士男    【原作】 若杉公徳     【脚本】 大森美香    【公開】 2008/08/23   【上映時間】 104分   【配給...
デトロイト・メタル・シティ (パラダイスインフォ)
JUGEMテーマ:映画 デトロイト・メタル・シティは昭和歌謡でデスメタルなバンドだった!!? DMCのライブステージに降り立った加藤ローサの「根岸君だよね!」発言、あなた、最初から最後までイタい女の子なのね…。 魔界遊戯~for the movie~(初回限定盤)(DVD付)...
マツケンメタル (宇宙のめいぐると)
「デトロイト・メタル・シティ」
『デトロイト・メタル・シティ』@新宿ジョイシネマ (映画な日々。読書な日々。)
おしゃれな渋谷系ポップミュージシャンに憧れ、大学進学を機に田舎から上京した心優しき青年・根岸崇一。「NO MUSIC NO DREAM」を胸に、デスレコーズの新人ミュージシャン募集に応募するが、本人の意志を無視して悪魔系デスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」(...
【映画】デトロイト・メタル・シティ (新!やさぐれ日記)
■動機 すっごい面白そうだったから ■感想 メチャメチャ面白かった! ■満足度 ★★★★★★★ まんぞく ■あらすじ 純朴な青年、根岸崇一(松山ケンイチ)は、ポップミュージシャンを目指して大分県から上京する。だがひょんなことから人気悪魔系デスメタルバ...
デトロイト・メタル・シティ(2008) (萌映画)
メタルがらみでジーン・シモンズ大先生も出演というから、見ておかなくちゃと思った「デトロイト・メタル・シティ」、予想通りどーでもいいストーリー、予想外にお下劣度が低かったのはやはり大衆に見てもらいたかったからか? 見どころは松山ケンイチのクラウザーさんな...
「デトロイト・メタル・シティ」 メタルヒーロー (はらやんの映画徒然草)
クラウザーさん、存在感がスゴいっす。 「デスノート」の”L”で漫画のキャラクター
「デトロイトメタルシティ」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
ノリは何故か「電車男」。大分ご当地ムービー第1弾。犬飼町(現・豊後大野市)出身の根岸崇一は、渋谷系の"おしゃれ"なポップミュージシャンを目指すも、何故かデスメタルのカリスマとなってしまう。まあ、そういう漫画だから・・・とは言いながらも突っ込まずにはいれら...
ファックオ~フ!!アタシはそんなんじゃ○れねんだよ!!【Detroit Metal City】 (對不起Baby、のんびり隙間blog)
 DMC - goo 映画 DMC - Wikipedia>ポップな渋谷系ミュージシャンを夢見て上京した根岸崇一は、なぜか奇抜なメイクの悪魔系デスメタルバンド【デトロイト・メタル・シティ(通称DMC)】のギター&ボーカル【ヨハネ・クラウザーII世】として活躍する羽目に…『...
デトロイト・メタル・シティ (明け方シネマ)
 根岸(松山ケンイチ)の基本は素直な性格が、見ている側にもクッションとなり、もどかしさとも思えます。ただ、そこにクラウザーさんのビジュアルが加わるとかなりのインパクトがあり、映画を成り立たせていました。  ノートに書き付けた歌詞が激しくデスメタル調...
『デトロイト・メタル・シティ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「デトロイト・メタル・シティ」□監督 李闘士男 □原作 若杉公徳 □脚本 大森美香 □キャスト 松山ケンイチ、加藤ローサ、秋山竜次、細田よしひこ、松雪泰子、大倉孝二、岡田義徳、鈴木一真、宮崎美子、ジーン・シモンズ、高橋一生、美波...
デトロイト・メタル・シティ (メルブロ)
デトロイト・メタル・シティ 227本目 2008-33 上映時間 1時間44分 監督 李闘士男 出演 松山ケンイチ 加藤ローサ 秋山竜次 細田よしひこ 松雪泰子 ジーン・シモンズ 会場 新宿バルト9 評価 7点(10点満点)  ヤングアニマルで絶賛人気連載中のギ...
デトロイト・メタル・シティ 評価:★★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
デトロイト・メタル・シティ (Memoirs_of_dai)
(D)どえらい(M)松雪・松ケン(C)クレイジー 【Story】 純朴な青年、根岸崇一(松山ケンイチ)は、ポップミュージシャンを目指して大分県から上...
デトロイト・メタル・シティ (Blossom)
デトロイト・メタル・シティ 監督 李闘士男 出演 松山ケンイチ 加藤ローサ 秋山竜次 細田よしひこ     宮崎美子 松雪泰子 ジ...
【映画】デトロイト・メタル・シティ…今ヤングアニマルが熱いのか? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日{/kaeru_fine/}は息子の誕生日でした{/cake_2/} もう18歳の高校三年生で、まぁうちの子はそこまで学業が優秀じゃなかったから(なんて言ったら悪いかな…本人の選択で…ですね{/face_ase2/})、大学進学はせずに就職を目指しております。 で、働き始めるとなると今回...