ネタバレ映画館

最強寒波が来るから
早めに映画観ておいた方がいいですよ!

オーメン

2006-06-06 06:06:06 | 映画2006
 オリジナル版『オーメン』は、映画館で初めて寝てしまったという経験をした印象深い映画だ。

 それ以来観なおすこともなく、今回30年ぶりにリメイク版を鑑賞することになった。しかも6月6日世界同時公開!惑星縦列並みに嬉しいことじゃありませんか。冒頭から、911テロやスペースシャトル爆発、大洪水などのこじ付けハルマゲドン説でワクワクさせられ、粒揃いの俳優陣にもドキドキさせられた。なんたってジュリア・スタイルズなのです。ニューヨーカーでありながら、イギリス人っぽい発音するし、横顔からは日本人にも見えるくらい愛着がわく女優さんだ。当然、入浴シーンでは眠気が吹き飛んでいました・・・

 30年前、映画館で寝ていたにもかかわらず、一つ一つのシーンが甦ってきた。当時としては『エクソシスト』はわかりやすかったけど、『オーメン』はわかりにくいといった意見が多かったように思います(少なくとも、kossyの周囲では)。日本では、“ホラー映画”という言葉は70年代中頃にはまだ定着せず、宗教がらみの内容だったら“オカルト映画”とジャンル分けされてていた時代だったでしょうか。そして、「オカルトは理解しにくいけど、ホラーはわかりやすよね」などといった会話が飛び交っていました(うろ覚えですが)。こうして色んなことを思い出しながら観ていると、いきなりブレナン神父(最近の脇役王ピート・ポスルスウェイト)の登場に喜び、ワクワクしてきました。

 映画館では何度も椅子が大きく揺れるほど驚かされるシーンの連続。目を背けたくなるほどの残虐シーン。今回は眠ろうにも眠れません。だって、懐かしのミア・ファローまで登場するんですよ。『ローズマリーの赤ちゃん』で自分の子をカルト集団に取られちゃったもんだから、今度は人の子(悪魔の子)をわが子のように可愛がってしまいます。

 そんなこんなで楽しんでいると、「ユダヤがザイオンに帰るとき、人と人とを戦わせる」などと中東問題をさらりと取り入れ、大統領に名付け親になってもらったロバート・ソーン(リーヴ・シュレイバー)がダミアンと対決するわけですが、一発で髪の毛に隠された666を見つけるなんて、さすが史上最年少の大使に任命されるだけのことはありますな・・・たいしたもんだ。

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (24)   トラックバック (55)   この記事についてブログを書く
« ブギーマン | トップ | 初恋 »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
僕も見ましたぜ (石川喜左衛門)
2006-06-06 23:56:30
なんというかこの少子化の時代にますます子供を作るのがイヤになる映画ですねー。これは絶対にフリーメーソンの陰謀です。
Unknown (mig)
2006-06-07 02:10:59
kossyさん

やっぱり666の記念日に観たんですね☆



ワタシもそこツッコミましたよー、

いくら何でもリーヴシュライバー、

6マークを一発かきわけで見つけるとは!



ミアファロー、かなり良かったです
近所では (Babi Kaoru)
2006-06-07 07:39:56
2006年6月6日午後6時~第6スクリーンで上映してました。



オリジナルはTVで放映した時に自宅で見た記憶があります。



今回ダミやん、じゃなくてダミアン役の男の子、可愛くて好きですが…

ダミアンじゃ~、観にいけません((;゜Д゜)ガクガクブルブル
ダミアン (kossy)
2006-06-07 08:46:36
>石川喜左衛門さま

少子化問題まで言及されるとはさすがですね。

感想も楽しみに待ってるでござるよ。



>mig様

666記念日!

こうしたお祭り騒ぎのような公開日に乗り遅れたら大変です。映画館も混んでなかったけど、映画好きな人ばかりのようで妙に嬉しくなってきました。



ミア・ファローは一番良かったかな。

ゾクゾクしましたよね~



>Babi Kaoru様

え~~6時!!

いいなぁ・・・って、感心するところじゃないか・・・



ダミアンの少年、普段は可愛いのかもしれませんけど、ずっとしかめっ面というか、目を細めて、「魔太郎が来る」みたいな雰囲気だったなぁ・・・
乳母 (たましょく)
2006-06-07 10:27:47
 TBありがとうございますm(_ _)m



 お言葉に甘えて先行TBさせていただきました♪





 ベイロックさんがかつて「ローズマリーの赤ちゃ

ん」に出演していたことを後から知りました。内容

が思い出せないですが、さぞかし美しかったことで

しょーね。



 ここまでオリジナルに忠実だと、何も言えないよ

ーな感じです。「悪魔の棲む家」みたいにオリジナ

ルを無視するよーなことになってしまうのかとハラ

ハラしてたのにw



 やっぱ666は、外せないですよね♪
和田画伯? (ノラネコ)
2006-06-07 11:09:55
これは私はダメでしたね。

オリジナルとあまりにも同じ過ぎて、一度入ったお化け屋敷にまた入った様な感じでした。

物語だけならともかく、演出までカーボンコピーなのはちょっと・・・・
和田さん (kossy)
2006-06-07 12:29:35
>たましょく様

そっか、オリジナルを予習されたのですね・・・

俺の場合、すっかりストーリーを忘れたというか、寝てしまっていたので、ようやく思い出した感じです。

オリジナルに忠実だという噂も聞いていたので、なんだか懐かしくなるような・・・

666のイベント効果最高ですよ~



>ノラネコ様

そうでしたかぁ~

オリジナルをさっぱり忘れ去っただけに、高い評価になってしまいましたけど、思い入れがあるとそうなりますよね。

和田さんもリメイク権料を払えばよかったのに(笑)
666 (かのん)
2006-06-07 12:29:39
幼い頃にすりこまれた666のインパクトは絶大で銀河鉄道999の666号を見ても何故かダミアンを思い出すくらいです(笑)。

でもこのリメイク版は残念ながらちょっと期待ハズレ。まぁそれだけオリジナルの衝撃度が素晴らしかったということなんですけどね。



レクサスのカーアクションを見ていて思ったんですけど、門をぶちやぶったり教会に突っ込んだら間違いなくエアバッグが作動しそうな気がしません?(笑)
お祭りだ♪ (とらねこ)
2006-06-07 15:19:25
お祭り気分は盛り上がりつつも、やっぱり今ごろ悪魔の王子が覚醒してるとなると、ぐっすり眠れないもんがありますな。

なぜもっと世間が終末的雰囲気に満ち溢れないんだニャア?
オリジナル (kossy)
2006-06-07 17:53:54
>かのん様

そうでしたかぁ~

オリジナル作品を映画館で寝てしまったということが、リメイクの評価を上げてしまう結果になった俺でした。

銀河鉄道999まで言及なさるとは・・・時期的にも似てますもんね。

そういえば、『ダ・ヴィンチ・コード』の懸賞品が333名にプレゼントってのも何か意図したものだったのでしょうか?



エアバッグ・・・考えてもみませんでした。

あぁ、オリジナルが観たい・・・



>とらねこ様

なんでもかんでもハルマゲドンですから!

1999年には何も起こらなかったし、世紀末思想そのものが否定されつつあるのかもしれません。

でも、地震とか洪水とか、結構ありますよね・・・

コメントを投稿

映画2006」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

55 トラックバック

オーメン(リメイク版) (何を書くんだろー)
「オーメン(リメイク版)」 評価 ★★★☆☆ (3.2) 『あらすじ』  出産を控えた妻を気遣い病院へと向かうアメリカ人外交官のロバート。病院に到着したロバートを 待っていたのは、ひとりの神父だった。その神父の口から語られたのは、ロ ...
オーメン (映画をささえに生きる)
最初にダミアンのスチールを見たとき「あ、こいつ知ってる!アメリカ版『リング』エイダン役の激烈に可愛くない子供でしょ!?」と思ったら別人でした。
オーメン(06・米) (no movie no life)
私は天邪鬼で、「ダ・ヴィンチ・コード」のような超有名作は公開当日には見ないと 記事に書いたが、 今日は06年6月6日だから「オーメン」を見ねば!と使命感に燃えるおばかさんでもある。 と言うことで、公開日の今日、観てきた。 「オーメン」といえばやは ...
オーメン '06 (メディアショップ駿河屋 なぜベス!)
オーメン、ソーメン、冷ソーメン!(死語) わてが丁稚の定吉だす。 2006年6月6日公開の「オーメン」を観て来ました。 日本には神武天皇即位を元年とする皇紀という数えかたがありますが、皇紀で言うと今年は2666年です…。 という獣の数字666にちなんだイベントを ...
オーメン/THE OMEN (我想一個人映画美的女人blog)
1976年のオリジナル版から30年、、、、 "ダミアン"が帰ってきた!! 続編ではなく、完全リメイク。 06年6月6日、全世界同時公開{/kaminari/} 久しぶりのホラーなのではりきって? 観てきました{/hearts_red/} 有楽町マリオンでの1日限りのマスコミ試写にしては ...
オーメン (雑記のーと Ver.2)
「オーメン」を布施ラインシネマにて鑑賞。 6月6日午前6時、イタリアの病院でアメリカ外交官ロバート・ソーンは悲しみに暮れていた。妻キャサリンが産んだ子どもは、直後に死亡して
オーメン(リメイク版) (何を書くんだろー)
「オーメン(リメイク版)」 評価 ★★★☆☆ (3.2) 『あらすじ』  出産を控えた妻を気遣い病院へと向かうアメリカ人外交官のロバート。病院に到着したロバートを 待っていたのは、ひとりの神父だった。その神父の口から語られたのは、ロ ...
オーメン・・・・評価額850円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
先月の「ポセイドン」に続いて、70年代の名作を元にしたリメイク映画がまた一本。 今回ハリウッド再生工場から出荷されたのは、愛すべき職人監督リチャード・ドナーが1976年に世に送り
オーメン/リーヴ・シュライバー、ジュリア・スタイルズ (カノンな日々)
ダミアンの誕生日に合わせて公開するなんて洒落てますねぇ。オリジナルを子供の頃観てますが、思えばあの頃ってオカルトブームだったりもしたんですよね。666は当時のクラスでもちょっとしたブームになったくらいで、その鮮烈な印象は今でも色褪せず、666という数 ...
オーメン (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  2006年6月6日…悪魔の日  
オーメン (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  2006年6月6日…悪魔の日  
オーメン 評価額・1130円 (Blog・キネマ文化論)
●オーメンを鑑賞。 米国人外交官ソーンの妻が死産した。彼は同じ日時に産まれた別の
オーメン(2006年版) (Pocket Warmer)
邦題:オーメン 原題:The Omen 監督:ジョン・ムーア 出演:リーヴ・シュ
B4:オーメン (~勝手に映画評価~)
6月6日午前6時に生まれた母親のいない赤ん坊ダミアンは、同じ日に実の子を死産で亡くしたロバートとキャサリンによって引き取られ育てられた。ダミアンの5歳の誕生日を境に周囲で不可解な出来事が次から次へと起こる。そんな時ロバートに会いにきた神父がダミ ...
オーメン(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ジョン・ムーア 【出演】リーヴ・シュレイバー/ジュリア・スタイルズ/ミア・ファロー/シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック/デヴィッド・シューリス/ピート・ポスルスウ
『オーメン』 (ラムの大通り)
----この映画、2006年6月6日に全世界で一斉公開なんだって? 「そう、1000年に一度の666だからね。」 ----前作が1976年だから30年経っているわけだよね。 いまさらって感じもしたけど、そういう意味があったんだ…。 「うん。ただ恥ずかしながら、 ぼくは前作は、 ...
オーメン (色即是空日記+α)
1976年のオーメンのリメイク。 2006年6月6日午後6時6分スタートとは こだわってるね~!! (でも「6」が多すぎるよねw) 前作はテレビで小さい頃見て、トラウマになったわ・・・この映画、R15指定だし当然なのかも。その頃はR指定なんてなかったから 普通に ...
オーメン (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「オーメン」の感想です
映画:オーメン (駒吉の日記)
オーメン@有楽町スバル座 「パパ、ぼくをころさないで」 (か、たすけて?)ダミアン君の台詞はあと母ケイト(ジュリア・スタイルズ)に「おどかそうと思ったの」くらいであとは泣き喚くくらいだったような・・・あとはずーっと上目遣いでふくれっ面でにら ...
オーメン (まったりでいこう~)
昨日観たかったのですが急な予定で観ることができず、今日行ってきました。レディースデーだったので少し安く観られて嬉しいでっす(笑) 旧作はなぜか三作目だけを観た記憶があります。苦手系な作品だったので、たぶん友人か誰かと行ったんじゃないかと思うのです ...
完全リメイクコピー映画 「オーメン」 ダミあーん!アーめん! (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
6月6日に遅れること2日 6月8日に「オーメン」を観て来ました。 あまりにも忠実すぎる リメイクに、驚きと感心と 様々な思いで鑑賞しました。 オープニングも 「オーメン・サウンド」で感激。 メインタイトル字の 「十字架」「666」遊びにも喝采! 話は ...
オーメン見てきました!! (粉雪の日々是、映画なり)
なんだか最近、感想を書く順番がバラバラだけど・・・(苦笑) まあともかく、昨日封
【 オーメン 】 (もじゃ映画メモメモ)
'76年オカルトホラーの古典...いや、歴史に残るホラーの名作をリメイク。公開は2006.06.06と6並びだ。つーか、観にいけねぇよ普段の日じゃ。 ストーリーは何の工夫もなくオリジナルをなぞっています。ヘンにいじるのもどうかと思うが、ここまで一緒だとねぇ。 ...
オーメン (Akira's VOICE)
テンポ良く恐怖を体験できるアクションホラー。
オーメン (2006) THE OMEN (極私的映画論+α)
 6月6日午前6時、イタリアの病院でアメリカ外交官ロバート・ソーンは悲しみに暮れていた。妻キャサリンが産んだ子どもは、直後に死亡してしまったのだ。同じ時刻、この病院でもう一人の男の子が生まれる。母親は不幸にも出産と同時に息を引き取る。ロバートはこの ...
オーメン (2006) THE OMEN (極私的映画論+α)
 6月6日午前6時、イタリアの病院でアメリカ外交官ロバート・ソーンは悲しみに暮れていた。妻キャサリンが産んだ子どもは、直後に死亡してしまったのだ。同じ時刻、この病院でもう一人の男の子が生まれる。母親は不幸にも出産と同時に息を引き取る。ロバートはこの ...
オーメン(2006年) (シェイクで乾杯!)
どうしても劇場で観たくて、怖いけど行ってきました!
オーメン(2006年) (シェイクで乾杯!)
どうしても劇場で観たくて、怖いけど行ってきました!
映画「オーメン」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年33本目の劇場鑑賞です。「エネミー・ライン」「フライト・オブ・フェニックス」ジョン・ムーア監督作品。70年代後半に一世を風靡したオカルト・ホラーをリメイク。6月6日午前6時に生まれた悪魔の子“ダミアン”が引き起こす恐怖と災厄の数々が描かれてゆく。 ...
映画館「オーメン」(2006年) (☆ 163の映画の感想 ☆)
2006年6月6日に公開されたこの作品。 初日に観ようと思っていたのですが、今日になってしまいました(/ヘ ̄、)グスン 1976年「オーメン」のリメイク版の作品。 オリジナル版オーメンは、TVでも何度も放映されているので小学生くらいのときから何回も見ていま ...
オーメン(2006) (映画評論家人生)
ナビオTOHOプレックス 30年前のグレゴリー・ペック主演「オーメン」は今も名作として代表されるホラー映画である。第二作目のウィリアン・ホールデン主演の「オーメン2ダミアン」もなかなかみせてくれる。
オーメン 06年127本目 (猫姫じゃ)
オーメン 話題のオーメン、順番違うケド、緊急UP。 ジョン・ムーア 監督シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック 、リーヴ・シュレイバー 、ジュリア・スタイルズ 、ミア・ファロー 、デヴィッド・シューリス 、ピート・ポスルスウェイト  未見 ...
映画「オーメン」 (いもロックフェスティバル)
リメイク版『オーメン』を観に行った。 オリジナルに衝撃を受け、色んな思いを抱い
オーメン(リメイク版) (Rohi-ta_site.com)
映画館で、出演:リーヴ・シュレイバー/ジュリア・スタイルズ/ミア・ファロー/デヴィッド・シューリス/ピート・ポスルスウェイト/マイケル・ガンボン/シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック/脚本:デヴィッド・セルツァー/監督:ジョン・ムーア/作品『オーメン ...
オーメン (そーれりぽーと)
06年06月06日、全世界一斉公開された「オーメン」のリメイク。 お祭りだから絶対666の当日観ようと意気込んでいたものの、飲んで疲れて見逃して後日観てきました。 ★ ストーリーの流れはオリジナルのまま。 何のためにリメイクしたのか理解出来ないくらいにまん ...
オーメン (ちわわぱらだいす)
レディスデーで行ってきました~v(*'-^*)bぶいっ♪ やっぱホラーですので一人はいやだったので瑠璃さんを誘って 行ってきました。。。 瑠璃さんもホラー好きなんですよ~ しかし。。。評判通り輦 まったく怖くなかった練 ホラーじゃない ...
映画『オーメン』★★★☆ (てっしーblog)
(ネタバレ注意)  1作目をほぼ忠実にリメイクした作品なのでちょっと残念ですけど、出来の良いホラー映画を堪能できました。リメイクとはいえ、佳作と言えるのではないでしょうか。オリジナルと差をつけるために下手に味付けした物よりも、このようにシンプル ...
オーメン (Lovely Cinema)
2006/アメリカ 監督:ジョン・ムーア 出演:リーヴ・シュレイバ-    ジュリア・スタイルズ    ミア・ファロー     子供の頃、一番怖かった映画は「オーメン」でした。( ̄十 ̄)アーメン・・・ 以下、ネタバレ感想
あのダミアンが帰ってきた!オーメン (銅版画制作の日々)
1976年に公開された映画「オーメン」がリメイクされ、2006年6月6日、全世界で同時公開悪魔の子ダミアンがまた帰ってきた。30年前に観た「オーメン」の記憶はぼんやりだが・・・・おそらくそれほどストーリーも変わっていないように思う。映画の雰囲気 ...
オーメン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
http://app.blog.livedoor.jp/clockworkorenge/tb.cgi/50043815
オーメン (映画通の部屋)
「オーメン」 THE OMEN/製作:2006年、アメリカ 108分 R-15指
映画「オーメン」 (teeter-totter)
2006/06/06公開 ジャンル:ホラー 製作年:2006年 製作国:アメリカ 配給:20世紀フォックス映画 監督:ジョン・ムーア 出演:リーヴ・シュライバー ジュリア・スタイルズ ショーン・フィッツパトリック 666は悪魔の数字。 ホラー映画の名作「オーメン」をリメ ...
オーメン (まつさんの映画伝道師)
第486回 ★★☆(劇場) 「晴れ男」や「雨男」といった烙印は、集団での行楽につきものだ。  だが、あるひとりの人間が天候を左右することなどありえるはずも無く、これが単なる雑な「確率」や「思い込み」による「迷信」であることは誰にでも理解で ...
7月1日☆ (保育園のせんせいブログ♪ハートフルキッズ)
こんにちはぁぁぁ[:ワッ!:]7月に入りましたねっ[:チョキ:]梅雨どきですが・・・[:!:]夏[:!:]という感じがします[:ラッキー:][:さくらんぼ:][:花:] 朝方には雨も止み、今は曇り空と蒸し暑いですね~[:たらーっ:] 明日はお休みです[:嬉しい:][:イケテル:]特 ...
映画『オーメン』を観て (KINTYRE’SPARADISE)
原題:TheOmen(アメリカ)公式HP上映時間:108分鑑賞日:7月1日 アカデミー劇場(歌舞伎町)監督・制作:ジョン・ムーア出演:リーヴ・シュレイバー(ロバート・ソーン)、ジュリア・スタイルズ(ケイト・ソーン)、ミア・ファーロー(ベイロック夫人)、シー ...
オーメン (オイラの妄想感想日記)
リメイク版を見るときはオリジナルは忘れることを念頭に置かないと何みても詰まらなく感じるんだよね。 でもこのオーメンはオリジナルとほとんど一緒でした。 ただ殺されかたが派手になってただけですね。 ネタバレ妄想感想いきます。
The Omen (オーメン) (アリゾナ映画ログ)
2006年6月16日鑑賞Tagline: His Day Will Come ストーリー6月6日午前6時にこの世に誕生した母親不明の赤ん坊ダミアン。実の子を亡くしたロバート&キャサリンのソーン夫妻はダミアンを引き取り、愛をもって育てる。と
オーメン666 (ぶっちゃけ…独り言?)
5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 言わずと知れた名作ホラー『オーメン』のリメイク版です。 オリジナルのシリーズは何度となく、観たくもないのに観ているのすが、どーも 『エクソシスト』ほどの怖さは感じなかったんですよね~。 ...
オーメン 666 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
床屋の意見。 ダミアンもスポーツ刈りだったらすぐ確認できたのに。 オーメン666posted with amazlet on 06.11.2220世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2006/11/03)売り上げランキング: 7499おす
オーメン666 (Extremelife)
70年代後半に一世を風靡したオカルト・ホラーをリメイク。6月6日午前6時に生まれた悪魔の子“ダミアン”が引き起こす恐怖と災厄の数々が描かれてゆく。監督は「エネミー・ライン」「フライト・オブ・フェニックス」のジョン・ムーア。主演はリーヴ・シュレイバーと ...
『オーメン』 (リメイク版) (すきなものだけでいいです)
 ミア・ファローの、ミア・ファローによる、ミア・ファローの為の映画。 『オーメン』・・・。 それは、永遠に語り継がれるであろう、名作の名前。 『オーメン』・・・。 30歳以上の方なら誰もが知っている(※
オーメン666 (mama)
2006年:アメリカ 監督:ジョン・ムーア 出演:リーヴ・シュレイバー、ジュリア・スタイルズ、マイケル・ガンボン、ミア・ファロー、ピート・ポスルスウェイト、シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック 6月6日午前6時、アメリカ人の若き外交官ロバートは、ローマ...
映画評「オーメン」(2006年版) (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2006年アメリカ映画 監督ジョン・ムーア ネタバレあり
<オーメン[2006年版]>  (楽蜻庵別館)
2006年 アメリカ 110分  原題 The Omen 監督 ジョン・ムーア 脚本 デヴィッド・セルツァー 撮影 ジョナサン・セラ 音楽 マルコ・ベルトラミ 出演 リーヴ・シュライバー  ジュリア・スタイルズ  シーマス・デーヴィ=フィッツパトリック    ミア・...
オーメン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人類は、ダミアンの最後の遊び相手。 06年06月06日。未来が終わる…』  ってなワケで、昨日の映画の日はせっかくなのでハシゴして来ちゃったのですが、2本目はコチラ「オーメン」です。6年6月6日の1000年に1度の6並びの日に公開されてほぼ1ヶ月、そろそろ公開終...