ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

トリック劇場版2

2006-06-16 23:40:29 | 映画2006
 崖っぷち女優でもないのに、なぜか崖の上がよく似合う片平なぎさ。よろしくね!

 テレビの新作スペシャルなどをチェックし、あまりにもつまらなかったためスルー体勢だった今作品。なぜか40代以上の方々の評判がいいのでようやく重い腰を上げました。す、すると冒頭から「ゆーとぴあ」ネタじゃありませんか!そ、その上吉幾三ネタも・・・

 80年代の漫才ブーム。「オレたちひょうきん族」などで突如大ブレイクとなった漫才師たちから、ちょっと距離を置いて光っていたのがこのゆーとぴあ。1980年頃には「お笑いスター誕生」という勝ち抜きオーディションのような番組もありましたが、ゆーとぴあは惜しくも6週目で脱落。さすがに“ゴムぱっちん”だけでは10週も人気を保つのが困難だったようです。

 「佐賀のがばいばあちゃん」という素敵な作品を書いた島田洋七もB&Bとして10週勝ち抜き、初のグランプリ獲得。その後の活躍は「笑ってる場合ですよ」で司会者をつとめたりして、一躍スターダムにのしあがった。その洋七、洋八もこの映画では選挙ポスターで登場。ちなみにこの選挙ポスターには、同じくお笑いスター誕生でグランプリを獲得した「怪物ランド」のメンバー赤星昇一郎もいたし、ミスター梅助だってそうだし、仲間由紀恵を助手に使っていたマギー司郎(6週目敗退)も出演していた。

 なんだか「お笑いスター誕生」ファンにとっては涙が出てくるようなサービス満点の映画でした。そして、さすがに劇場版だけあって、数々の映画ネタもありましたが、若い観客が多かったせいなのか、劇場で笑っていたのはkossy1人・・・声を出さないようにしてました。「せめてケンシロウの台詞で大爆笑してください」と言いたいほどでしたよ。現在公開中の映画にも微妙に繋がりのある『嫌われ松子の一生』や『インサイドマン』。ジャック・マイヨール繋がりでリュック・ベッソンとジャン・レノ。なんだか映画をいっぱい観ていると得した気分になりました。

 それにしても、平岡祐太って映画に出るたびに下手になっていってるような気がする・・・

★★★・・

コメント (38)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 雪に願うこと | トップ | DEATH NOTE デスノート前編 »
最新の画像もっと見る

38 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
笑いましたよ~!! (ルナ)
2006-06-17 01:08:29
kossyさんが観た劇場は、あんまりみんな笑っていなかったんですね~。

う~~ん、それはつらい!!

私が観た劇場は、爆笑の渦でしたよー。

年齢層が高かったのでしょうか!!(^^;)

映画ギャグも満載でしたし、“ゴムぱっちん”も

やってくれたし・・・・・

でも見逃してるトコも、たくさんありそうなので、

DVDをレンタルして、ゆっくり見直します。

たぶん、その方が楽しめる作品だと思いました!!
事件よりギャグ映画でしたね (PGM21)
2006-06-17 01:17:50
何時もお世話になっております。

今回のトリックって事件というよりギャグ映画でしたね・・・

あれ殆ど事件にはほど遠いし・・・

まあ私とすれば嫌われ松子で片平さん連投なんですよね。

そして堀北真希は着信アリで連投なんですよね。

偶々重なっただけなんでしょうが変なイメージ引きずりそうですよね。

平岡祐太は確かスウィングガールズのでしたよね?

彼が出る作品では東京フレンズで観る事になります。

色々な作品に出ているのでまだこれというイメージはない俳優ですね。

観ているうちにオイオイって感じで観ていました。
笑い声が無いのはきついですね(⊃д⊂) (そーれ)
2006-06-17 01:42:44
私の観た劇場も爆笑の渦でしたよー。

出張ついでにトーキョーで観たんですが

「ひろし…」で大ウケる私みたいな世代も居れば

「ゴムゴムの…」で大喜びする小学生まで(笑)



平岡裕太はピザーラのCMの時からずっと下手な気がします(毒)

下手なのに出演作はどんどん増える謎…。
ゆーとぴあ (kossy)
2006-06-17 01:43:19
>ルナ様

あまりにも静かな客層。

「お前ら、ゆーとぴあも知らんのか~~!」と叫びたくなったくらいです(泣)

さすがに演歌には疎いので、吉幾三の持ち歌が半分くらいしかわかりませんでした・・・

ギャグや映画ネタは聞き取れなかった部分もあったので、俺も見直してみたいです(笑)



>PGM21様

あのストーリーじゃ結末もわかってしまったし、片平なぎさが不毛村で拉致したんだから土地鑑もあるだろう!って。

そっか、着信アリの予告編でも見たんだった。真希たん。

ホラーの演技も楽しみですね。



平岡祐太はやばいです。

そろそろ本格的に修行しないと・・・
平岡 (kossy)
2006-06-17 01:46:57
>そーれ様

いいなぁ~俺も笑いの渦になる劇場で観たかった。

最初からツボ・・・

あの学ランの意味は大川興業だったのかなぁ~などと考えてる暇もなく、ギャグの嵐だったですもん。

小学生でも笑えるのかぁ・・・



平岡祐太は「スウィングガールズ」や「イマアイ」がヒットしたおかげで勘違いしてるプロデューサーが多いのかもしれません。たしかにヒットするんですよね・・・
知識を・・・ (しんちゃん)
2006-06-17 07:46:40
 必要とするコメディ映画は辛いんだよね・・・

見た目と全員がわかるセリフで笑わせてくれたらどんなに面白いか(^^;



 でもまぁ・・・そういうこだわりこそが「トリック」の個性なんだろうけどね(笑)



 どうせなら冒頭で堀北真希が

「私は軟禁されている・・・この肩幅くらいの狭い部屋に」って言って欲しかったかも(爆)



 片平が「手袋」を口で噛んで脱げば、仲間が貞子でお返しする・・・そして阿部はケンシロウっだったのはなかなかOKでした(笑)



 
ぶわっははは (sakurai)
2006-06-17 09:02:54
やっぱ、分かってくれたのはkossyさんでした。

「トリック」、この映画ネタバレなんかどうでもいいのです。ひたすら間抜けなギャグをいかに真面目に演じるか。40以上の哀愁をいかにくすぐるか・・・。ここにかかっているんですよね。

うちの高校生のクセに完全にオバサン化(誰の影響か)している娘が好きで、初日に連れて行かれたのですが、喜んでいたのは当然私めでした。

あーーー、「お笑いスタ誕」・・・面白かった。

是非とんねるず諸君には漫才をやってもらいたいもんです。
お笑いスター誕生 (kossy)
2006-06-17 10:05:48
>しんちゃん様

そうそう、若い人たちが可哀想なくらいでした。

途中退席する人もいたし、寝てた人も多かったし・・・

なにしろ、隣にいたカップルは、男が「このトリックって面白いんだよ~」などと女の子を誘ったような上映前のウキウキした会話からは信じられないくらいに、終わってからグッタリきていた。かわいそ・・・



>sakurai様

ストーリーについてなんて、ばかばかしくて書けませんでした(笑)

それにしても、対象年齢をかなり絞ってあるかのような続編となりましたが、若い人たちからの評判は落ちないのでしょうか・・・心配です(笑)



火サスが無い時代だから (たましょく)
2006-06-17 10:46:56
 TBありがとうございますm(_ _)m



 火サスがなくなったことで、片平なぎさ的には

なんとか「2時間ドラマの女王」とゆー位置づけ

を死守したいんですよ。今まで崖の上で説得して

いた立場が、落ちる役になったとしてもw



 世代毎に反応出来るネタが違うだけに、1シー

ンで爆笑が起きる映画ではないですね。それにし

ても「ワン●ース」ネタまで持ち出すとは予想外

でした。



 >平岡裕太



 スウィングが全盛期だと感じますw
映画ネタ (t-higu)
2006-06-17 11:00:27
こんにちは



今回のTRICKは、謎解きに関してはほとんど大したことなかった

ような感じでしたが、いろいろ小ネタが沢山ちりばめられて

いて、笑わせてもらいました。

映画ネタに関しては、「リング」と「北斗の拳」くらいしか

わからなかったですが、他にもいっぱいあったんでしょうか。



僕はクスクス笑い程度だったのですが、後ろの方の席で

一人で大爆笑している方がいらっしゃいました。



それにしても、嫌われ松子といい、TRICKといい、片平なぎさは崖とセットな女優さんですね。

コメントを投稿

映画2006」カテゴリの最新記事