ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々

2006-05-11 12:42:35 | 映画2006
 白バラのゾフィーのように信念を貫き通すこと。そんなことが若い頃の自分にできたであろうか。

 「勝ち組」「負け組」とハッキリ区別したがる人が多い今の世の中では、自分さえよければそれでいいという個人主義の考えの人がほとんどなのかもしれません。裏切られたという「痛さ」を味わったことのある人じゃないと他人の痛みは理解できないかもしれませんし、優柔不断な世渡り上手じゃないと生きていけない世の中なのかもしれません。

 前半、ビラ配りによって逮捕された21歳のゾフィーとベテランの尋問官モーアとの壮絶なまでの心理戦では、あくまで犯人じゃないことを主張していた彼女が家宅捜索によって得た資料から徐々に崩されていく過程において、ゾフィーの精神面での成長が見られると同時に、ナチスのモーアが何とか彼女を極刑を受けさせたくないという人間らしい気持ちを取り戻す描写が見事。「まだ子供なんだよ。早く大人になりなさい」とでも言いたげなモーアではあったが、仲間は売れないという確固たる信念を崩せない苛立ちを隠せない。そして、「母親も逮捕されるのではないか?」という不安のため、そこを攻められたらお終いだと観ている者も手に汗握る場面でもあった。

 実際に前線のシーンなど出てこないが、スターリングラードでの敗北をひた隠しにするナチス。こうした戦争の生々しさの映像を一切排除して、非暴力の反戦運動を続けた若者の姿だけをとらえた演出は逆に新鮮に感じました。もしや淡々としたドキュメンタリーのような映画になるのではないかと危惧しましたけど、「正義は死なんぞ!」という父親の強い言葉に胸が熱くなりました。そして、99日の死刑執行猶予期間が覆されたあとのシークエンスには言葉も出ないくらい打ちのめされました。

 このような映画を観ると、愛国心教育が取りざたされ、日本国憲法第9条を蔑ろにしようと目論む今の日本の政治とつい比較してしまう。共謀罪などという戦前の治安維持法にも通ずる悪法を通そうとするなんてナチスと同じだ。こんなきな臭い法案が可決されたら、戦争反対という言葉を使っただけでも投獄されることになりかねない。何しろ「戦争したら負けるかもしれない」とか「戦争はよくない」という信念を持つことが許されないのです。もし本当に制定されたなら、「反戦」という言葉を使ったブログはすべて削除されるでしょう。すぐに逮捕されるかもしれません。いや、もうすでに公安から目をつけられているかも・・・5日間記事が更新されなかったら、新聞の死亡欄をチェックしてください・・・

★★★★★
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (29)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
« エリ・エリ・レマ・サバクタニ | トップ | 明日の記憶 »
最近の画像もっと見る

29 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
HN (charlotte)
2006-05-11 15:38:33
おお~☆5つ!!

緊張の連続で空気が痛いくらいでした。

台詞劇というのはそこに全てが集約されますから、うかつにうとうと出来ないし、かといって単調なカットの連続でとても自分にはきつかったです。

ラストも衝撃的。

21歳の自分と比べると雲泥の差…

新聞の欄はHN「kossy」で載るように手配もお願いしたく存じます。爆

こんにちは♪ (ミチ)
2006-05-11 15:44:28
ご覧になられましたか!

今のところ今年のマイベスト3に入る作品です。

緊迫した尋問、狂気に溢れた裁判、ラストへの加速、そして意外な方法での処刑・・・・、すべてにおいて衝撃度大です。



GW前後見たい映画が何も無くて寂しかったですが、いよいよ今週末にはたくさん公開されるのでワクワクしています。
満点 (ノラネコ)
2006-05-11 17:28:14
圧倒的な心理劇でしたね。

対照的な二人の人物を通じて、観る者の心理を炙り出す手法は見事です。

為政者と市民の利害は本来ぶつかるものですから、葛藤はいつの時代にもあると思います。

このような時代が再び来るのを阻止するために、市民の方がしっかりと権力を見ていないといけませんね。

ナチスにしても最初は合法的に選挙で勝ってる訳ですから、この様な話はいつどこでもあり得ますからね。
☆5! (mig)
2006-05-11 19:59:26
kossyさん満点!

今年のベスト10に入りそうですね~



もう

ゾフィーショルの貫き通す堅い意志が素晴らしい、いわゆる普通の女の子だったというからビックリです。

ただ、

尋問が長い~

とは言っても実際はもっと長かったのだし、

そんなことくらいで文句を言うのは甘い!

という感じですよね



ラストの処刑法は意表をつき、かなりショックでした。。。
最初から最後まで (カオリ)
2006-05-11 22:27:17
目が釘付け状態でした・・・すごい緊張感。

しかもギロチンとは・・・勝手に銃殺だと思っていたので最後は本当にきつかったです。

しかし、最近本当にきな臭いですね、日本はいったいどこへ行く。

ベスト10 (kossy)
2006-05-11 22:37:40
>charlotte様

空気を感じましたよね~

冷んやりとした、重苦しい空気を。

単調なカットばかりでしたけど、切り返しの編集が上手いというか、自然すぎる!

舞台劇のようなリアルタイムの緊張感を味わわせていただきました。



新聞の記事にはちゃんと「ネタバレ映画館」のkossyと書く様に手配しておきます(涙)



>ミチ様

衝撃波が合計4回ほど放たれました。

最も息を呑んでしまったのが、父ちゃんが乱入してきたシーンでしたし、最も泣けたのが99日の猶予がなくなったと知らされたとき・・・

ラストの真っ暗な中で、音だけというのも・・・



そっかぁ~東京へ行っていっぱい観てきたんですもんね。観る映画がなくなるわけだ。



>ノラネコ様

2人の尋問シーンはほんとに素晴らしかったです。モーアにだって、迎合主義というか、好きでナチスになったんではないような雰囲気もあったし・・・

市民の目をしっかりと養うためにも、こうした良質な映画を広めたいものですよね。今のままじゃ、相当やばいことになりそうな気も・・・



>mig様

もう確定しました。

ベスト5にだって入るかもしれません。

ゾフィー本人の写真からしても、

ほんとに普通の女の子。

父親の性格からすると、しっかり血を受け継いでいたのかもしれません。



尋問の長さも相当なものだったのでしょうね。

たしか1日目はほとんど寝てなかったような。

ギ、ギロ・・・フランスじゃあるまいし、なんて思ったのですが、単なる知識不足のせいでした。やっぱり映画は勉強にもなりますよね。
クギヅケ (kossy)
2006-05-11 22:46:50
>カオリ様

俺もまさしく釘づけ状態。

ゾフィーの表情もずっと観察したいし、字幕も全部読みたいし・・・

カオリ様も日本のことを心配していましたかぁ~

考えさせられますよね~
こんばんは (カヌ)
2006-05-11 22:56:51
「ヒトラー 最期の12日間」でも最後に、女性秘書ユンゲの告白のなかでゾフィー・ショルの名前が出てましたね。それだけドイツでも有名な人なんだって気づきました。合わせて観たい2本です。
そっか (kossy)
2006-05-11 23:12:09
>カヌ様

どこかで聞いた名前だと思ったら、そちらにも出てきましたか!

日本のTVでは偉人ベスト100みたいな番組もやってましたけど、ドイツでやったらベスト5に常に入っているのでしょう。

ヒトラー関係の映画を見漁りたくなってきました。
責任のゆくえ (祐。)
2006-05-12 01:57:24
共謀罪   非常に怖いのですが、もうひとつ怖いのは、陪審員制度です。裁判の判定は国ではなく国民の意思です。国民が密告して国民が死刑にするということも可能です。国は何も判断を下しませんから、将来裁判の結果に瑕疵があっても国が賠償しなくてもいい。

また、体制に逆らう陪審員の人がいれば 密告して裁判にかければよいです。体制に逆らうほど強い意志の持ち主は、多くは居ないのです。もしあなたがゾフィーを裁く陪審員になったら、どのような処罰をしますか?



コメントを投稿

映画2006」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

51 トラックバック

[ 白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々 ]どっち側の人間なのか (アロハ坊主の日がな一日)
[ 白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々 ]@ 日比谷シャンテ・シネで鑑賞。 ヒトラー独裁政権のドイツに、「打倒ヒトラー」を掲げた組 織があったのは思いもしなかった。 そのグループの名は“白バラ”。 本作は、“白バラ”の紅一点ゾフィー・ ...
目を見開け!良心に従え! 「白バラの祈り―ゾフィー・ショル、最期の日々」 (平気の平左)
評価:80点{/fuki_cool/} 白バラの祈り―ゾフィー・ショル、最期の日々 反ナチスのグループ「白バラ」に所属したミュンヘン大学の女学生、そのゾフィー・ショルの最期の5日間を描いた作品。 これは中々すごい映画でした。 是非、「ヒトラー 最期の12日間 ...
白バラの祈り~ゾフィー・ショル、最期の日々 (シャーロットの涙)
ゾフィー・ショル、21歳。ヒトラー打倒を市民に呼びかけた実在のグループ「白バラ」の紅一点。・・・素顔は青春を謳歌するミュンヘン大学に通う一女学生。 1943年。ヒトラー独裁政権末期。非道な戦争を終わらせたいと誰もが言いたくても言えなかった時に、国民に ...
映画「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「白バラの祈り  ゾフィー・ショル、最期の日々」★★★★★ 数多くのナチス関係の映画を見、本を読んできたけれど、また素晴らしい映画に出会った。 ヒトラー政権を批判した実在のグループ“白バラ”のメンバー、ゾフィー・ショルが逮捕され、5日間 ...
『白バラの祈り ゾフィー・ショル最期の日々』★★・・・63点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』公式サイト 制作年度/国;\'05/独 ジャンル;ヒューマン               配給;キネティック  上映時間;121分   監督;マルク・ローテムント 出演;ユリア・イェンチ/アレクサンダー・ヘルト/フ ...
『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
21歳のゾフィー・ショル信念の強さ、その勇敢さに強く心をうたれる。 1943年のミュンヘン。“打倒ヒトラー”を呼びかける組織「白バラ」のメンバーであるゾフィーと兄ハンスは、大学構内でビラをまいているところを見つかり、ゲシュタポに連行される。ビラを配 ...
白バラの祈り ゾフィー・ショル最後の日々 (吾輩はナマケモノである。)
第二次大戦末期、ドイツの多くの国民がヒトラーとナチスの嘘と蛮行に気づいていたのです。 ただ、行動しなかった。命の危険を冒してまでは出来なかった。 そんな時代に、保育士としての教育を受け、ノンポリ(無政府主義)だが自分の良心に従って行動したゾフィ ...
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
真の英雄は戦場や革命の先頭にいるとは限らない。 英雄という存在が、自己の良心と信念に基づいた行動を貫き通した人間だとすれば、ゾフィー・ショルは正しくその称号に相応しい。
白バラの祈り (人生は1度きり 後悔しているヒマはない?)
Jeden Leben kostet war.
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々 (映画で綴る鑑賞ノート)
体の芯が、カァーッと熱くなる瞬間が何度もありました。 涙よりも、ナチスに対する怒りのほうがこみ上げてきて、気づいたら拳を握り締めていました。 特に、悪名高き裁判官、フライスラーは、もう、大っ嫌いです! …かなり、感情移入していたものですから。 ...
『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』 (ラムの大通り)
----これも実話なんだって? 「そうだね。ヒトラー政権末期の1943年。 『打倒ヒトラー!』の文字を町中に書き、 郵便やビラで国民に自由を呼びかけた “白バラ”と呼ばれた若者たちのグループ。 その紅一点、ミュンヘン大学の女学生 ゾフィー・ショルの最期の日々 ...
白バラの祈り ゾフィーショル、最期の日々/SOPHIE SCHOLL-DIE LETZEN TAGE (我想一個人映画美的女人blog)
夏に公開された「ヒトラー~最期の12日間」では、 ヒトラーの残虐さ,惨さを映画として観る(知る)ことが出来た作品だった。 この映画の中でタイピストをしていた秘書の女性が 「自分と同い歳のゾフィーの存在を知って、初めて罪に目覚めた」と衝撃的な発言をして ...
白バラの祈り-ゾフィー・ショル、最期の日々~ドイツの良心 (物欲エントロピー)
白バラの祈り-ゾフィー・ショル、最期の日々をサロンシネマにて鑑賞。 反ナチ組織「
映画「白バラの祈り~ゾフィー・ショル、最期の日々」 (こまったちゃん。のきまぐれ感想記)
映画「白バラの祈り~ゾフィー・ショル、最期の日々」開映18:25@シャンテ・シネ 「白バラの祈り~ゾフィー・ショル、最期の日々」  SOPHIE SCHOLL - DIE LETZTEN TAGE 2005年 ドイツ  配給:キネティック 監督:マルク・ローテムント 製作:フレッ ...
白バラの祈り(05・独) (no movie no life)
待ちに待った上映。ギリギリで映画館に着いたらすでに1列目しか空いていない。昔「バック・トゥー・ザ・フューチャー3」を見て以来の1列目。やはりちょっと首が・・・ 上映期間は1週間、1日に1回の上映。しかしながらやはりこのような映画には自然と人が集まっ ...
「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」 (the borderland)
第二次世界大戦末期、ドイツ国内で打倒ヒトラーを呼びかけた「白バラ」という組織があった。そのなかで唯一の女性ゾフィー・ショルは、戦後、暴力や抑圧に立ち向かうシンボルとして英雄視されてるいるそうです。そんな有名人の話とは知りませんでした(^^; ...
議員会館を取り巻こう~共謀罪緊急院内集会 (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士)
共謀罪阻止のために,会社や学校の帰りがけに,永田町駅で降りて,議員会館に立ち寄りませんか?下記の集会は,会館内で行われるため,入場者に限りがありますので全員が入れるとは限りませんが,例え,入れなくても,議員会館周辺に反対の人が詰めかけたというこ ...
白バラの祈り (迷宮映画館)
第二次世界大戦、世紀の傑作番組『映像の世紀』は、かの戦争を【世界は地獄を見た】と名づけた。まさにこの世が地獄と化した戦争だったが、その地獄の釜の中のようだったと言われた戦争が≪スターリングラード≫の戦いだった。 42年の8月から始まったスターリ ...
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々 (Saturday In The Park)
ドイツ 監督:マルク・ローテムント 出演:ユリア・イェンチ     アレクサンダー・ヘルト     ファビアン・ヒンリヒス     ヨハンナ・ガストドロフ 1943年のドイツ・ミュンヘン。反ヒトラーを唱えビラ配りなどのレジスタン ス活動を繰り返 ...
「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」 (俺の明日はどっちだ)
ヒトラー政権下で反ナチスを掲げ抵抗運動を行なった学生グループ“白バラ”で活動していたゾーフィー・ショル(ユリア・イェンチ)が、兄のハンスとともにゲシュタポに逮捕され、5日後に死刑になるまでを描いたこの映画の一番の見どころは、なんといってもアレク ...
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々 (cinema village)
コメント無きTBは削除致します。 ゾフィー21歳―ヒトラーに抗した白いバラヘルマン フィンケ Hermann Vinke 若林 ひとみ 草風館 2006-02by G-Tools , 2006/04/02 05独 監督/マルク・ローテムント 出演/ユリア・イェンチ アレクサンダー・ヘルト ファビ ...
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々 (Addicted to the Movie and Reading!)
■ シャンテシネにて鑑賞 白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々/SOPHIE SCHOLL - DIE LETZTEN TAGE 2005年/ドイツ/121分 監督: マルク・ローテムント 出演: ユリア・イェンチ/アレクサンダー・ヘルト/ファビアン・ヒンリヒス/ヨハンナ・ガスト ...
映画 『白バラの祈り/ゾフィー・ショル、最期の日々』 (Death & Live)
『白バラの祈り/ゾフィー・ショル、最期の日々』 2005年 Marc Rothemund監督 暴力を伴わない戦い方もある。 しかし、暴力を伴わない戦い方をした場合、 多くは、暴力を伴わなかった側が権力者側の暴力により潰され、多くの死者を出して来た。 それは、歴史の表 ...
太陽は輝き続ける (自由自在)
友達がブログで「一人でも多くのひとに見てもらいたい映画です。」 と薦めていた映画『白バラの祈り ゾフィー・ショル 最期の日々』を JRに乗って、13駅向こうの大きな街の映画館まで行ってきました。
『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々』 (mimiaエーガ日記)
★★★★★ 原題:『Sophie Scholl - Die letzten T
白バラの祈り 2005年【独】マルク・ローテムント監督 (トーキング・マイノリティ)
 冒頭で提供のひとつが朝日新聞、\'90年代に発見された新資料に基くとのクレジットがあり、型どおりの反戦、反ナチ映画ではないかと予想したが、やはり予感は当たった。それでもこの映画を見に行ったのは、学生時代に『白バラは散らず』という本を読んでいたか ...
15-白ばらの祈り~ゾフィー・ショル、最期の日々 (徒然日誌)
ちょっとした衝撃作だった。 1943年、ミュンヘン。ドイツのヒトラー独裁政権末期。ヒトラー政権を批判し、戦争終結を求める地下組織「白バラ」。定期的にヒトラーを批判する内容のビラを配り、壁に「打倒!ヒトラー」のスローガンを書く、非暴力的なレジスタンス活 ...
おじさんシネマ(白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々) (おじさん日記By宙虫)
歴史に、かかわっていくこと。 それはどういうことなのか? 自分の生命や信念といったものにどうやってかかわっていくのか? そして、そのとき、社会はどう受け入れてくれるのか? 言論の自由はどう扱われるのか?
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々 (メディアショップ駿河屋 なぜベス!)
わてが丁稚の定吉だす。 「白バラの祈り」を観て来ました。 わての書き込みはトラックバック先での表示を念頭に置いて、上記2行に続いてキャッチコピーのような1センテンスでまとめてから本題に入る、というパターンを作ろうとしているのですが、この作品だけは1セ ...
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々 (映画を観たよ)
これまた実話。 最近こういう重いのが多い気がしますね。 反ナチ組織「白バラ」の女の子メンバーのゾフィーの死刑になるまでを描いているわけですが・・・ 前半は大学でビラまいて捕まっちゃいます。この辺はちょっとドキドキで見れたんだけどその後の尋問がかな ...
つれづ映画日記VOL.45 (○美屋の日々)
万歳・ハイル・マンセー・・・・。 今回の映画 「白バラの祈り」 わたしのお気に入りに登録してるミチさんとyossyさんが推薦してくれたので「映画との出会いは人の出会いと 同じ一期一会」を心情としている私としては行かなくてはと思い行っ ...
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々 (龍眼日記 Longan Diary)
昨年公開された「ヒトラー最期の12日間」。 その中でヒトラーの秘書であった女性ユンゲの後に残した言葉が胸に残った。 「あの頃私は自分の置かれた立場とナチというものを結びつけて考えることは できませんでした。 でも後に自分と同じ年に生まれ、自分が ...
白バラの祈り/ゾフィー・ショル、最期の日々 (映画通の部屋)
「白バラの祈り/ゾフィー・ショル、最期の日々」SOPHIE SCHOLL-DIE
未来を知る者「白バラの祈り」 (再出発日記)
暫く休んでいましたが、「お家の事情」も小康状態になったので、少しずつはじめようと思います。この一週間で、いろんな方からTBを頂きましたが、全て返しきれていません。すみません。国会の審議は緊迫しているようですが、私はいつもひとつのことだけを書くこと ...
白バラの祈り (Literally Memodesuko Mudaidesuvic)
反ナチ活動グループ“白バラ”のメンバー、ゾフィーと兄ハンスが反戦ビラを配ったために逮捕された。ゲシュタポから決定的な証拠を突き付けられたゾフィーは、ある悲痛な決意を固めていく。 公式サイト フェルメールを意識してるのか ...
『白バラの祈り ゾフィー・ショル 最後の日々』 (flicks review blog II)
 1943年ミュンヘン大学において反政府の内容が書かれたビラをまいたとして秘密警察に連行されたハンスとゾフィーのショル兄妹の逮捕から処刑にいたるまでの5日間を、かつてソ連軍が
シネマ日記 白バラの祈り (skywave blog)
制度とは道具であり、道具は意思を持たない。だが、使う人間の意思を表す。ナチスドイツにも無論、裁判制度はあり、裁判官、検事、弁護士が揃っていている。制度的としては、公平
白バラの祈り (いつか深夜特急に乗って)
「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」 ★★★★(盛
白バラの祈り (playtcafe*cinemaartbook )
白バラの祈り―ゾフィー・ショル、最期の日々― 121minstoryヒトラーの第三ドイツ帝国を失脚させるべく、レジスタンス組織「白バラ」が結成された。ゾフィー・ショルは、唯一の女性メンバーとしてグループに入る。1943年2月18日。ゾフィーは大学で反戦チラシを配 ...
白バラの祈り -ゾフィー・ショル、最期の日々- (映画とはずがたり)
ヒトラー政権下で反ナチスを掲げ、 抵抗運動を行なった学生グループ“白バラ”の紅一点、 ゾフィー・ショルの壮絶な最期を描いた真実の物語! STORY:1943年のミュンヘン。 “打倒ヒトラー”を呼びかける組織「白バラ」のメンバーである ゾフィー(ユリア・ ...
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々 (お楽しみはこれから!)
 タイトルの「白バラ」は、ナチス独裁下、ミュンヘンの学生たちによって行われた反ナチ運動の名前で、映画の主人公ゾフィー(ユリア・イェンチ)は女子学生です。  1943年2月18日、ハンス(ファビアン・ヒンリヒス)とゾフィーの兄妹は、ミュンヘン大学の ...
白バラの祈り -ゾフィー・ショル、最期の日々 (cinema note+)
白バラの祈り -ゾフィー・ショル、最期の日々-SOPHIE SCHOLL-DIE LETZTEN TAGE 2005年 ドイツ まさかこんな結末になるとは思わなかったので驚いた。 前半の様子から、延々と取調べが続くのかと思ってました。 タイ
白バラの祈り (Akira's VOICE)
永遠に語り継ぐべき若き女性の気高い勇気の行動。
『白バラの祈り -ゾフィ・ショル、最期の日々-』 (Sweet* Days)
白バラの祈り -ゾフィー・ショル、最期の日々- CAST:ユリア・イェンチ 他 STORY:1943年2月、ドイツ、ミュンヘン。反ヒトラーのビラを大学に撒いた罪として、非暴力的レジスタンス「白バラ」のハンス・ショルと、妹のゾフィー・ショル(ユリア・イェ ...
『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』’05・独 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1943年、ドイツのミュンヘン。ヒトラーによる圧制を疑問視するハンスとゾフィーの兄妹は反ナチス組織"白バラ"のメンバーに加わっていた。そんなある日、ゾフィーは大学構内でビラをまいているところを見つかりゲシュタポ将校に連行されてしまう。や ...
「白バラの祈り -ゾフィー・ショル、最期の日々」映画(DVD)感想 (Wilderlandwandar)
こちらもネット上で評判が良かったけど、公開時見逃してしまった映画「白バラの祈り
『白バラの祈り/ゾフィー・ショル、最期の日々』 (すきなものだけでいいです)
 第78回アカデミー賞・外国語映画賞ノミネート作品 太陽の光は、いつも平等に、私達の元に降り注ぎます。 正義無き戦争で、無残に命を亡くして行く者にも。 その戦争を指導し、自らは温かいソファの上で寛いでいる者にも
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】1943年2月のドイツ、ミュンヘンで、ヒトラーの政策に反対し戦争終結を訴える非暴力レジスタンス『白バラ』のゾフィー・ショル(ユリア・イェンチ)は、兄ハンス(ファビアン・ヒンリヒス)と共に、大学でビラを撒いた罪でゲシュタポに捕らえられて...
映画評「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2005年ドイツ映画 監督マルク・ローテムント ネタバレあり
DVD“白バラの祈り” (小さな心の旅)
白バラの祈り -ゾフィー・ショル、最期の日々-/ユリア・イェンチ ¥3,455 Amazon.co.jp   ナチス・ドイツ政権に異議を唱え、密かに活動、   戦争終結を訴え続けるレジスタンス組織白バラ。   メンバーの兄妹が、大学でビラまきを行い捕らえられてしま...
劇団民藝公演「白バラの祈り」 (お楽しみはこれから!)
 劇団民芸公演「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」を紀伊国屋サザンシアターで観て来た。  第二次世界大戦中のドイツでナチスの暴政に反旗を翻したミュンヘン大学の学生グループ。彼らは同じドイツ人でありながら、ナチ政権を倒すために「白バラ」...