ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

酔画仙

2004-11-05 23:26:09 | 映画2004
 貧しい家に生まれながらも宮廷画家にまでなった実在の人物チャン・スンオプの半生を描いた映画である。金沢コミュニティ映画祭2004にて。
 画商の持っていた絵をちょっと盗み見ただけで、そっくりに描くことが出来た天才。女と酒が無ければ描く気もおこらない性格。それをチェ・ミンシクがコミカルでもありシリアスでもある二面性を見事に演じきっているのだ。模倣・贋作には秀でるものの、絵が売れ有名になるにつれ、オリジナリティが欠落していることに悩み、詩や書を取り入れなければ芸術としての絵が成り立たないという風潮に反発するスンオプ。そして貧しい家庭の出身であることが最期までつきまとい、逃亡と放浪を繰り返すのだ。

 映像がとにかく素晴らしい!まるでスンオプの描く山水画そのものであるかのような雰囲気を醸し出しているのだ。特に、スズメが鷹に追われる自然の映像はよかった。それを題材にした彼の絵もすごいですよ。

 歴史的な背景も押し付けがましくない程度に出てきます。日本では丁度明治維新、朝鮮は清帝国に支配されていて、日本軍も常駐するようになった時代。朝鮮にとっては激動の時代で、そういう中で自由きままな天才画家が生き抜いたのも何かしらの運命を感じてしまった。

2002年カンヌ国際映画祭監督賞受賞
★★★★・
酔画仙@映画生活
コメント (11)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« キャットウーマン | トップ | ホワイト・バレンタイン »
最新の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (木村)
2004-11-06 11:06:48
突然の書き込み失礼致します。



ホームページランキングネットの管理人の木村と申します。

現在ジャンル(映画部門)新設によるサイト規模拡張に伴い是非、貴サ

イト

様のような素晴らしいサイトに参加して頂きたく、ランキングへの参加のお誘い

に参

りました。

当サイトを「アクセスUP、検索エンジン対策、エンターテイメントの一つ」と

して

ご利用頂ければ幸いです。

宜しければ、一度ご検討下さい。

宜しくお願い致します。



下記、簡単ではございますが当サイトの特徴です。

1ランキングへの参加、閲覧、全て無料です。

2アダルトサイトは全てお断りしております。

3あくまで人気のある優良なサイトが上位に表示されるように不正投票をチェッ

クし

ております。

4日本最大のランキングサイトです。



http://hp-ranking.net/



カット割多すぎて・・・ (祐)
2005-02-27 21:20:04
韓国史実を知らないと理解不足になりそうでした。

結局よくわからなかったけど、すごい画家が居たということが解りました。

先生と弟子の関係が絶対というのが印象に残りました。それ以上の印象は無かったなぁ。

カンヌ好みですから。 (kossy)
2005-02-27 22:03:42
>祐さま

俺も史実なんてさっぱりわかりません・・・汗々

結局、ミンシクの演技力と絵の世界に浸れるかどうか・・・これだけの映画だと思いますよ。

R15でしたっけ?

これも意味がわかんないのですが・・・見えたのかな?
TBありがとうございました (gantakurin)
2005-03-28 17:38:36
gantakurin@「シネまだん」です。

TBありがとうございました!

確かに画像は素晴らしかったですね。

出生が彼自身を苦しめていたというのも、

感じます。
ミンシク (kossy)
2005-03-28 22:39:42
>gantakurin様

あの絵はまるで映画でした。。。

粗暴な性格になるときの心理描写さえしっかりしていれば満点!・・・といっても、もう忘れてるところが多いので、も1回観たいです。
こんばんは (カヌ)
2005-04-04 23:40:58
日本の画家のことも知らんのに、朝鮮の画家のことに興味持てるわけ無いよなと、見終わってから気付きました(^^;チェ・ミンシクはさすがでしたね。
ミンシク (kossy)
2005-04-05 01:27:06
>カヌ様

俺も全く知りません・・・

見た時期が『オールドボーイ』と同じ頃だったので、彼の演技にほれぼれしちゃいました。
絵のような風景 (bakabros)
2005-09-22 20:39:33
こんにちは! TBさせて頂きました。

実在の人物の話だとも知らずに観てしまいました。

荒涼とした大地、山川、自然の景観が素晴らしかった!

絵を描いている所を見たりするのも好きなので、半紙に向かうシーンも緊張感があってとても良かったです。
風景画 (kossy)
2005-09-23 00:54:36
>bakabros様

どうもありがとうございます。

俺も絵と風景が重なる終盤の映像がとても印象に残っています。ニワトリの絵は好きじゃなかったけど、これもまた印象に残って・・・

どちらかというと中国の山水画が好きなんですけど、似たような雰囲気もあって気に入りました!

これもソン・イェジンが出てたんですよねぇ・・・
栄枯盛衰 (Aki)
2008-03-04 15:04:19
名声を手にしても、自分らしさを求め、苦悩し、自然の中に答えを探し、放浪し続けた、天才画家の生涯。
放浪中の景色は、どれも美しく煌めき、息づき、広大で、素晴らしい映像でした。
画家役のチェ・ミンシクさんの演技は、プンプン臭いが漂ってきそうなくらい人間臭く、名演。
史実を知らなくても、見ごたえ十分、楽しめました。
哲学、宗教、芸術、文化、思想、時代背景、様々な要素が盛り込まれていました。
本作を観終え、目的や答えを作らないと生きていけない人間・・自然はただそこに在り、時はただ流れ続ける・・人間は自然の一部なのに・・漠然と、虚しさと、愛しさを感じました。

コメントを投稿

映画2004」カテゴリの最新記事