ネタバレ映画館

最強寒波が来るから
早めに映画観ておいた方がいいですよ!

カポーティ

2006-10-31 01:10:51 | 映画2006
 途中ちょっとだけウトウトしてしまいましたが、94%は覚えていますよ!

 ニコラス・ケイジ主演映画『8mm』では、アダルトショップの店員マックス(ホアキン・フェニックス)が読んでいた「アナル秘書」のブックカバーの下にはカポーティの「冷血」が隠されていた。裏世界の犯罪者の愛読書なのかと先入観を持ってしまっていたので、この映画に登場する一家4人惨殺事件の犯人の1人ペリー(クリフトン・コリンズJr.)の姿に驚きを隠せませんでした。トルーマン・カポーティについての知識も全く持ち合わせていなかったので、『ティファニーで朝食を』の原作者だったことにも驚いてしまいました(無知ですみません・・・)。

 社交界でも饒舌、変人と見られるほどであるが天才的な小説家カポーティ。ゲイであることも相まって性格も読みづらい。しかし、さすがはアカデミー賞主演男優賞を獲得したフィリップ・シーモア・ホフマンがその難しい役作りを見事にこなしていました。1959年の凄惨な事件を知り、意欲的に取材に取り組むことになったのですが、犯人が捕まると、その心理を追求したくなり、長編ドキュメンタリー小説を書きたくなる。

 興味本位からスタートして、彼の生い立ちを知るにつれ徐々に共感を覚え、優秀な弁護士を紹介して控訴まで持ち込む。「冷血」というタイトルをも決めて、前編を発表したりもするが、犯人ペリーにのめり込むにつれ、小説のタイトルを彼に伝えられなくなってしまうのです。被害者の友人からも刑事からも日記を借り、真相を追究する姿勢は気迫に満ちたものでしたが、ペリーの日記だけはそれが裏目に出てしまったのかもしれません。

 事件当日の真相を知りたい。その一心で彼に心をぶつけるが、逆にペリーの方も親近感を覚え、接見で涙を流すほどに・・・恐ろしい事実を知ったときには「早く死刑執行されればいい」と考えも変わったのでしょう。その辺りは微妙な葛藤、ジレンマ。ホフマンとコリンズのやりとりが徐々に表情が変化、犯行当日の真相を聞きだす時点で一変するところが見ものなのです。だけど、カポーティが冷血なのかというとそうでもないような気がする・・・彼を救おうとしたけど、できなかったという自責の念をもこめた作品発表だったのだと思います(かなり推測)。

 面白いのは助手としてカポーティを手伝っていたネルが『アラバマ物語』を発表した席。彼は駄作だつぶやいていましたが、映画は名作。黒人青年を助ける熱血弁護士の話と、最終的に見放してしまったカポーティとのコントラストがとても皮肉なコントラストになっていました。

★★★★・
『名探偵登場』出演
『悪魔をやっつけろ』脚本
『終着駅』脚本
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (26)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木更津キャッツアイ ワール... | トップ | ナチョ・リブレ 覆面の神様 »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この映画を観た後で (しんちゃん)
2006-10-31 08:03:16
 名作の誉れ高い「冷血」を見たら、なかなか趣深いものがありました。



 アカデミー最優秀男優賞受賞は納得なんですが・・・



やっぱこの映画好きじゃないなぁ(^^;



 
こんにちは♪ (ミチ)
2006-10-31 08:45:52
先日は私のブログに温かいコメントをいただきありがとうございました。



この映画の中でカポーティが『アラバマ物語』をイマイチといっているシーンがありましたが、オイオイ!って思ってしまいましたよ~(笑)

あれは名作ですよね~。

いつも寄り添っていたネルの存在がとても印象深いです。
えらーい♪ (とらねこ)
2006-10-31 19:42:18
そうですね!『8mm』の裏ビデオ屋の店員が、カバーの下に『冷血』を読んでたのですよねー!
kossyさんよく覚えててスラスラ出てきますね♪
『アラバマ物語』って名作なんですね、見てみたくなりました。
アラバマ物語 (kossy)
2006-10-31 22:19:44
>しんちゃん様
『冷血』観たいで~~す。
最近wowowで見たのは『吸血鬼』。
ちょっと違いました(笑)
俺も2度目はしばらく遠慮したいのですが、もう1度あの心理変化を楽しみたかったりもします・・・

>ミチ様
なりすまし事件での心労お察しします。

「アラバマ物語は駄作だ」という台詞がかなりいい味付けだと思いましたよ。犯罪者(被告人)を救うという点で自分と重ね合わせたのでしょうね~それとも「そんなに簡単に被告人を助けることはできない」ということを言いたかったのかもしれませんね。
ネルもちょっと謎があったりして、この人も伝記化されるのでしょうか・・・

>とらねこ様
いや、実は最近見たのです(汗)
そんなの覚えれるわけないじゃないですかぁ~~(笑)

『アラバマ物語』は泣けましたよ。
あれだけ昔の映画なの人種差別をしっかり描いていたことにも驚かされました。機会があればぜひ!
kossyさん☆ (mig)
2006-11-01 00:11:54
うとうとしたけど、、、!
わたしも あのシーモア演じるカポーティの声が
子守り歌になりそうで、、、、

あちらの評論家たちが好きそうな作品だなぁ、と
思っちゃいました。
期待しすぎたかな。。。
ホフマン (charlotte)
2006-11-01 00:19:34
こんばんは。
どうも彼の真似が私の周りでは流行ってまして。
クレヨンしんちゃんに迫る勢いです。爆
・・・結構この独特な毒のある外見だけがクローズアップされがちかなと思ってましたが、見てみたらホフマンをちょこっと見直しました。
カポーティってウォッカばかり飲んでいたようですが、そういうものに逃避したくなる気持ちが結構痛々しくて、その後の人生を変えてしまうほどのめりこんでいたんだなと思うとやりきれないです・・・
純粋な創作への想いと、純粋な愛情 (bakabros)
2006-11-01 01:53:56
それが相反するもので、両方とも同じだけの強さだとしたら。
自分で自分をコントロール出来なくなるほど激しい、異なる2つの想いに引き裂かれていく、カポーティの心の動きが鮮烈な印象を残す映画でした。
眠気を誘う映画 (misao)
2006-11-01 04:27:28
 流石に演技は素晴らしかったですが、なぜこれが作品賞に入らなかったのか判りました、ね・・ねむい映画でした。
旦那はアメリカ人にもかかわらず途中で寝てましたよ・・・それにしてもご本人の本物の写真にそっくり・・
みなさん観てますね~ (kossy)
2006-11-01 08:04:34
>mig様
たしかにあの声が続くと子守唄になってしまいそうです。会話することで緊張感は保てるんですけどねぇ・・・
日本じゃどうなんだろ・・・とか言ってみても、映画ブロガーの方はかなりご覧になっているようですね。

>charlotte様
そんなに真似する人がぁぁぁ。
俺の周りでは映画館に行く人が少なくて・・・旧作の話題ばかりになってます(汗)
彼の天才ぶりのせいか、真の姿を理解してくれる人が少なかったのも苦悩を増幅させたんでしょうねぇ。酒に溺れるのもわかりますが、離乳食に酒を混ぜるなんてのは幼児性も秘めていたんでしょうか・・・面白いところです。

>bakabros様
自分をコントロールすること。人と会話するという社交性は持ってたわけですが、そこまで彼の心をわかってくれる人がいなかったのでしょうか。
ゆれる心理描写が見事でしたね。

>misao様
そうなんですよね。
後半にすごい葛藤を持ってくるために中盤の盛り上がりに欠ける映画でした。
そんなに本物そっくりだったんですかぁ~最近の伝記映画って凄いですよね~
私も・・・ (更紗)
2006-11-01 17:10:13
私も前半居眠りしちゃいましたよ。
見る前に「整体」にいったせいかな?とも思いますけど
そういう作風だよね(笑)
でも、後半はカポーティの気持ちの起伏が激しく見せ場でしたね。

コメントを投稿

映画2006」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

50 トラックバック

「カポーティ」 (the borderland )
「ティファニ-で朝食を」で有名なトールマン・カポティ。 当時、小説と言えばフィクションが当たり前のなか、実際に起こった殺人事件を元に小説を書くことを決意する。最高傑作と言われている作品「冷血」を執筆するカポーティの作家としての狂気性や複雑な人格 ...
カポーティ (2005) CAPOTE 114分 (極私的映画論+α)
1959年11月15日、カンザス州ののどかな田舎町で一家4人惨殺事件が発生する。翌日、ニューヨークでこの事件を知った作家カポーティは、これを作品にしようと思い立ち、すぐさま現地へと取材に向かう。ノンフィクション・ノベルという新たなジャンルを切り拓いた ...
映画「カポーティ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「カポーティ」 作家トルーマン・カポーティが「冷血」を書き上げた6年間に迫る伝記映画。 「ティファニーで朝食を」などで有名になったカポーティ(フィリップ・シーモア・ホフマン)は社交界では皮肉なギャグを飛ばすスター的存在。有名俳優との親交 ...
『カポーティ』を観た (TV視聴室)
私も、読んだときのことを思い出しながら観ていたけど、この作品をより理解するためにも、『冷血』を予め読むことをお勧めしたい。
カポーティ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
数々のスキャンダラスなゴシップで知られ、アメリカの社交界の頂点に君臨していた人気作家トルーマン・カポーティが、「冷血」を執筆中に見たものとは??。 1950年代末、作家トルーマン・カポーティは輝く光に包まれていた。 「ティファニーで朝食を」で ...
108.カポーティ (レザボアCATs)
『ティファニーで朝食を』、『遠い部屋、遠い声』の作家トルーマン・カポーティが、ノンフィクション小説『冷血』を書き上げるまでの数年間を描いた本作。脇役として面白い存在感をこれまでにも放っていた、フィリップ・シーモア・ホフマンが、初主演、アカデミー ...
『カポーティ』 (千の天使がバスケットボールする)
コートも脱がずにホテルのベッドに腰をかけ、ひとりの男が背中を丸めて幼なじみの友人に電話をかけている。 「僕は、もう立ち直れないかもしれない。」 すすり泣きながら独特の高いトーンで、今にも消え入りそうな弱々しい声で彼は訴えた。 「彼らは死んだけれど、 ...
映画 『カポーティ』 (Death & Live)
フィリップ=シーモア・ホフマンのファンなのでね、 やっと観に行きましたよ。 それにしても、よくぞここまで名優を揃えたもんです。 天晴れです。 『カポーティ』  2005年 原題 : CAPOTE 監督 : Bennett Miller ペリーの失敗は ...
カポーティ (シャーロットの涙)
言わずと知れた「冷血」の作者、トルーマン・カポーティ 実際の彼は知る由もないのだけど、フィリップ・シーモア・ホフマンが徹底的に研究したとあっては、スクリーン上にいたのはまさにカポーティ、その人であったのだろう。 予告編で何度も聞いてきた高い声。独 ...
カポーティ/CAPOTE (我想一個人映画美的女人blog)
『ティファニーで朝食を』の著者で有名なトルーマン・カポーティ。 ある死刑囚と出会い、現代文学最高の傑作と讃えられる『冷血』を書いた。。。 フィリップ・シーモア・ホフマンの、 魂乗り移ったような見た目のソックリ具合とそのなりきった演技が絶賛され話題 ...
「トンマッコルへようこそ」 (てんびんthe LIFE)
「トンマッコルへようこそ」ヤマハホールで鑑賞 韓国では珍しいファンタジー作品だそうです。真夏のGTFでの試写会からすこぶる前評判のいい作品。あまりに期待していたらなかなか当たらなくてやっと今日みてきました。基本は朝鮮南北戦争。よくわからないけれど ...
『カポーティ』 (試写会帰りに)
恵比寿ガーデンシネマにて『カポーティ』(CAPOTE)鑑賞。『冷血』を執筆中のカポーティが、それを生み出すのに、何を得て何をなくしたのか。淡々と描かれる抑えた映像が、カポーティの苦悩と恍惚を、静かに激しく訴えかけてきます。1960年代のアメリカ、その時代 ...
★「カポーティ」 (ひらりん的映画ブログ)
この作品で2005年度のオスカー主演男優賞を取った、フィリップ・シーモア・ホフマン。 名前が長いので、略してF・S・Hとしておこう。 受賞するとは思ってなかったのか、だいぶ経ってからの公開。 この種の映画は、受賞でもしなかったら劇場未公開になっ ...
「虹の女神 Rainbow Song」 (てんびんthe LIFE)
「虹の女神 Rainbow Song」新宿シアターアプルで鑑賞 久しぶりに上映後にさわやかな気分になりました。嫌味がない、そんな作品。 熊澤尚人監督の作品はみたことが無いけれど、はじまってしまえばこれは岩井ワールド炸裂でした。今回岩井監督はプロデューサー ...
カポーティ (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Capote”原作=ジェラルド・クラーク。脚本=ダン・ファターマン。監督=ベネット・ミラー。ノンフィクション・ノヴェルの傑作『冷血』(In Cold Blood)創作過程5年間のカポーティの執念から苦悩に至る、心理の揺らぎが描かれている。フィリップ・シーモア・ホフ ...
カポーティ (cinema village)
コメント無きTBは承認いたしません。 冷血トルーマン カポーティ Truman Capote 佐々田 雅子 新潮社 2006-06売り上げランキング : 315おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 監督/ベネット・ミラー 出演/フィリップ・シーモア・ホフマン キャサリン ...
カポーティ:CAPOTE (銅版画制作の日々)
京都シネマにて鑑賞。オードリー・へップバン主演の映画「ティファニーで朝食を」で有名な人気作家、トールマン・カポーティが、ある死刑囚と出会い、現代文学最高の傑作「冷血」を書いたこの映画「カポーティ」はその執筆する経過や体験などの苦悩を綴った物語で ...
カポーティ (ルナのシネマ缶)
「ティファニーに朝食を」などで 有名な作家、 トルーマン・カポーティが、 彼の代表作となる「冷血」を 執筆する経緯を描いた ノンフィクション映画です。 1959年、カンザス州の裕福な農場主の一家四人が 惨殺される事件が起き、 新聞でその記事を読んだ ...
真・映画日記『カポーティ』 (CHEAP THRILL)
10月5日(木) 仕事がものすごく忙しかった。 全体的にではなく個人的に。 夕方前の2時間で御成門から八丁堀-京橋-日本橋-八重洲-日比谷とめまぐるしく回る。 おまけに雨。 会社に戻って最後に行くところを見てみたら、 また八重洲に・・・ と思って ...
「カポーティ」  Capote (俺の明日はどっちだ)
まずはともあれ、予告編でも充分伝わってきたフィリップ・シーモア・ホフマンのカポーティへの成りきりぶりは、ある程度予想していた言え、やはり驚嘆もの。 独特の甲高く特徴のある話し方、ゲイならではの身のこなしとファッションセンス(特に衣装は抜群でした ...
『カポーティ』 (京の昼寝~♪)
何よりも君の死を恐れ、誰よりも君の死を望む。     ■監督 ベネット・ミラー■原作 ジェラルド・クラーク■脚本 ダン・ファターマン■キャスト フィリップ・シーモア・ホフマン、キャサリン・キーナー、クリス・クーパー□オフィシャルサイト  ...
映画~カポーティ (きららのきらきら生活)
 「カポーティ」公式サイト映画の日、2本目はコレ。2006年アカデミー賞主演男優賞受賞(フィリップ・シーモア・ホフマン)作品。1959年11月15日。カンザス州ホルカムでクラッター家の家族4人が、惨殺死体で発見される。事件に目をつけた作家トルーマン・カポーテ ...
カポーティ (メルブロ)
カポーティ 上映時間 1時間52分 監督 ベネット・ミラー 出演 フィリップ・シーモア・ホフマン キャサリン・キーナー クリフトン・コリンズ・Jr クリス・クーパー 評価 6点(10点満点) 会場 恵比寿ガーデンシネマ  前回見に行こうと思ったら、夜 ...
『カポーティ』 (すきなものだけでいいです)
人が死ぬ。 人が死ぬ。 愛に包まれた人、 孤独に苛まれている人、 無垢な人、 罪を犯した人、 状況や理由はどうであれ、人はいつしか死んでゆく。 しかし、その命の重さは、目に見えない故に第三者には伝わり
カポーティ (利用価値のない日々の雑学)
ノンフィクション作品を如何に文学として高めて行けるかどうかは、まさに、作者の手腕でしか為しえない一大事業である。冷血という小説はその存在は知っていたが、残念ながら読んだことも、又、映画化された同名作品を観たこともない。ただ概していえば、例えば「 ...
カポーティ(映画館) (ひるめし。)
何よりも君の死を恐れ、誰よりも君の死を望む。 製作年:2005年 製作国:アメリカ 監 督:ベネット・ミラー 出演者:フィリップ・シーモア・ホフマン/キャサリン・キーナー/クリフトン・コリンズ・Jr/クリス・クーパー 時 間:114分 [感想] ヤバイ・・・ほ ...
カポーティ (peruriの劇場映画鑑賞記)
[コメント]「ティファニーで朝食を」の作家、トルーマン・カポーティが「冷血」を書き上げた時期をシリアスに迫った映画です。シーモアの演技に頼った会話が中心の場面作りなので、カポーティと「冷血」を知らないと、眠くなるだけだと思います。評価がはっきり ...
カポーティ(9/30公開) (第八芸術鑑賞日記)
 代表作『冷血』を執筆していた時期のトルーマン・カポーティを描いた作品である。20世紀アメリカの代表的作家である彼は、あるとき新聞で目にした小村での一家惨殺事件に興味を抱き、その犯人へのインタビューをもとにノンフィクションを書き上げた。しかし、そ ...
カポーティ (八ちゃんの日常空間)
小説のタイトルが「冷血」と決まりながらも、それを言えずにいるカポーティ。 そして衝撃の施行現場を目の当たりにする事になる。 「冷血」、それは作品のタイトルでありながら、カポーティ自身を比喩しているのではないか、そう思うぐらい恐ろしく冷血な映画だ ...
カポーティ (えいがの感想文)
監督:ベネット・ミラー 主演:フィリップ・シーモア・ホフマン トルーマン・カポーティの「冷血」を執筆する課程を描いた作品。 娯楽に傾けることなく、揺れ動く複雑な彼の心理に焦点を絞り、 がっちり追ってました。 殺人犯を利用し傑作を企 ...
カポーティ (とんとん亭)
「カポーティ」 2006年 米 ★★★☆ 暗い映画でした。 「ティファニーで朝食を」の原作者で脚本も手がけた有名な作家、トルーマン・ カポーティ(ホフマン)が、後年ノンフィクション小説の名作「冷血」を書き上げるまでの6年間を描く。 実在 ...
カポーティ (バカ水溶液)
後藤です。 まだまだやってんじゃん、とノボボンとしていたら、日比谷も恵比寿も金曜までだと? てなモンで大急ぎで観て来ました映画「カポーティ」。 早速。 ↓↓ストーリー↓↓ 基本、実話。 早くから「恐るべき子供」として才能を認められて、 今や ...
カポーティ (お日柄もよく映画日和♪)
昨年のアカデミー賞で、フィリップ・シーモア・ホフマンが主演男優賞を 獲得した「カポーティ 」。 念願かなって、先日やっと見ることができました。 待ちに待ちかねた作品であっただけに、多大な期待を持って見ましたが、 期待は裏切られることなく、充分に見ご...
映画* カポーティ (有閑マダムは何を観ているのか?)
カンザス州の田舎町で起きた一家四人惨殺事件を題材とした、ノンフィクション・ノベルを執筆中のトルーマン・カポーティ。 その姿を描く、ストーリー。 彼は、一体この事件の何にそんなに興味を持ち、どうやってこの本を書いたのか?? この映...
カポーティ (ぶっちゃけ…独り言?)
7点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) うん、凄い! 本当に凄かったです。 何が凄かったって、やっぱりフィリップ・シーモア・ホフマンでしょ。 ぶっちゃけてしまえば、ワタクシ的には大して興味(『ティファニーで朝食を』 は大好きな映画です...
カポーティ (CinemA*s Cafe)
公式サイト 私はこの主人公を知らないので、どれほどそっくりなのか分からないのだけど、かなりそっくりらしい。 最近のアカデミー主演賞は実在の人物だった人をどれほどそっくりに演じられるかということにかかっ
カポーティ (cinema note+)
カポーティ コレクターズ・エディションCapote 2005年 アメリカ なんだか釈然としない話だった。 以前TVで見たカポーティのドキュメンタリーでは カポーティが「冷血」を書き上げるにいたって、死刑囚ペリー
「カポーティ」 (シネマ・ワンダーランド)
「ティファニーで朝食を」や、「冷血」などで知られる米国作家トゥルーマン・カポーティの半生を描いた「カポーティ」(2005年、米)。徹底したリアリズムで描いたこの作品は、今日的にどのような意味があるのか。カポーティを演じたフィリップ・S・ホフマンは、その...
カポーティ (Capote) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ベネット・ミラー 主演 フィリップ・シーモア・ホフマン 2005年 アメリカ映画 114分 ドラマ 採点★★★★ 非常に単純な生き物なので、誰かが自分の事を好きでいてくれているってだけで勇気やら自信やらなにやらかにやらモロモロが倍増する私。その反面、いったん誰...
カポーティ (こんな映画見ました~)
『カポーティ』 ---CAPOTE--- 2005年(アメリカ) 監督:ベネット・ミラー 出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、キャサリン・キーナー、クリフトン・コリンズ・ジュニア、クリス・クーパー、ブルース・グリーンウッド ノンフィクション・ノベルという新たなジャ...
冷血の宿 (Akira's VOICE)
「カポーティ」 「ホステル」
カーポティ ~ 冷血 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
「アラバマ物語」はけっこう適当に書かれたんだよ。 「冷血」はこうして書かれたんだよ。  ....って映画(違) カポーティposted with amazlet on 07.04.23ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2007/03/16)売り
カポーティ (eclipse的な独り言)
 小さい街では当然上映のなかったこの映画。観てみました。ネタバレです。
『カポーティ』’05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ農家の一家4人が惨殺された事件に目をつけたカポーティ(フィリップ・シーモア・ホフマン)はこの事件を題材に雑誌の記事を書くことを思いつく。ザ・ニューヨーカーの編集者ウィリアム・ショーン(ボブ・バラバン)に話を持ちかけたカポーティは事件のあったカン...
『カポーティ』 (Sweet* Days**)
カポーティ コレクターズ・エディションフィリップ・シーモア・ホフマン (2007/03/16)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント この商品の詳細を見る監督:ベネット・ミラー CAST:フィリップ・シーモア・ホフマン、
カポーティ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】農家の一家4人が惨殺された事件に目をつけたカポーティ(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、この事件を題材に雑誌の記事を書くことを思いつく。ザ・ニューヨーカーの編集者ウィリアム・ショーン(ボブ・バラバン)に話を持ちかけたカポーティは...
映画評「カポーティ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2005年アメリカ映画 監督ベネット・ミラー ネタバレあり
カポーティ (映画鑑賞★日記・・・)
【CAPOTE】2006/09/30年公開製作国:アメリカ 監督:ベネット・ミラー原作:ジェラルド・クラーク出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、キャサリン・キーナー、クリフトン・コリンズ・Jr、クリス・クーパー、ブルース・グリーンウッド
カポーティ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『何よりも君の死を恐れ、 誰よりも君の死を望む。』  コチラの「カポーティ」は、演技派俳優として知られるフィリップ・シーモア・ホフマンが、初めて製作総指揮と主演を務め、アカデミー賞をはじめとする主要映画賞の主演男優賞を受賞した映画なんですが、9/30に...
カポーティ (映鍵(ei_ken))
おそらく本当に「救われ」なかったのだろう、犯人もカポーティ自身も。それを厳然たるものとして表現するために、「救いのない」映画になったと感じた。犯人はともかく、作家にはいくらでも「逃げ道」はあったろうに