ネタバレ映画館

最強寒波が来るから
早めに映画観ておいた方がいいですよ!

理想の女(ひと)

2006-01-04 00:17:20 | 映画2006
 結婚は神様が創ったジョークである!粋な金持ちじいちゃん三人衆の戯言が面白いぞ!

 原作はオスカー・ワイルドの「ウィンダミア卿夫人の扇」。新婚の金持ち夫妻と、男を手玉にとってまるでストーカーのように夫ロバートの前に現れる婦人ステラ・アーリン。ロバート(マーク・アンバース)とステラ(ヘレン・ハント)が密会を重ね、避暑地の社交界でもその噂でもちきりとなる。妻ミグ(スカーレット・ヨハンソン)は傷つき混乱するうちに、手袋屋さんで知り合ったダーリントン卿が言い寄ってくるようになる・・・といったストーリーだ。

 時代は大恐慌の1930年。ニューヨークでは失業者であふれ、その上キング・コングも大暴れする悲惨な状況。そんな世の中であってもイタリアでの社交界は全く関係なく、パーティが頻繁に行なわれる。ミグに一目惚れしたダーリントン卿と初めて会ったのも高級な手袋屋だ。ホームセンターの軍手売り場などとはまったく異質な世界なのです。金持ちの世界は理解できないなぁ~と思っていても、ストーリーはかなり面白い。コピーにもある「全てを知り尽くした女」と「何も知らない女」の対峙という構図が戯言の中にも伏線として表れ、かなり練られた脚本だったように感じました。

 途中まではスカーレット・ヨハンソンの演技も心配な部分があったのですが、夫への疑惑を持った辺りからは純真な心を見事に表現できていました。でも彼女は台詞の少ないキャラのほうが似合ってますね。そしてヘレン・ハントと、彼女にプロポーズするタビィ(トム・ウィルキンソン)の演技が素晴らしかった。おかげでスリリングな展開と清々しいラストを存分に楽しむことができました。

 もう一つの楽しみは、邦題にある「理想の女(good woman)」とは誰の誰に対する言葉なのかと色々想像できることでしょう。答えはラストまで待て!

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (36)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
« トゥルーへの手紙 | トップ | エイリアンVSヴァネッサ・パ... »
最近の画像もっと見る

36 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2006-01-04 08:38:40
スカーレットは「アイランド」のような近未来的な作品からこういう古典っぽい作品まで似合いますね。

もちろん現代劇の「ロストイン~」も良かったし!

おなじポッテリ唇ならkossyさんはスカーレットがいいですか?ジェシカがいいですか?



タビィのような人に見初められてアーリンの後半生は磐石になりましたね~。
スカーレット (kossy)
2006-01-04 09:04:47
>ミチ様

俺はなんといっても『真珠の耳飾りの少女』ですね。

意外と子役時代の『のら猫の日記』なんてのも大女優の片鱗を見せてくれます。

スカーレット、ジェシカ、アンジー・・・唇の魅力ってすごいですね~



タビィとアーリン、いいカップルでした!
スカーレット (foo)
2006-01-04 10:08:16
こんにちは。

私が男だったら、あの唇のために何でもするでしょう。ダーリントンのように・・

どなたかがおっしゃってましたが、ベットでプレゼントをもらうときの、彼女の足ぶらぶら作戦。

あれでいちころです。
スカーレットはとてもいい (Mar)
2006-01-04 10:21:47
渋い女優対決みたいになった作品でしたね。あんなしゃれた会話がすらすら出来る人になりたいですね



スカーレットは唇だけじゃなく、スタイルも良かったですよ。映画館のロビーにドレスが飾ってあったので思わず、その細さにびっくりして、写メ撮ってしまいました。
私のベスト・ワン (butler)
2006-01-04 10:37:54
kossyさん、こんにちは。

芝居好きには堪らない映画です。

演劇的な部分と映画的な部分のバランスが抜群です。
 (kossy)
2006-01-04 13:39:14
>foo様

ベッドの足ぶらぶら・・・あちこちのブログ記事で見かけました。唇やスタイルや、魅力満載でした。つい先日、子役時代の彼女を見たものですから、急に成長したなぁ~という感じがしました。



>Mar様

俺は粋な会話をするじいちゃんになりたいです(笑)

ロビーにドレスが!!!

生で見たかったなぁ~

いや、本人のほうがもちろんいいんですけど・・・



>butler様

拝見いたしました。

1位とはすごいです。

そういえばHNも一心なさったんですね?

風と共に去りぬのデジタルリマスター版が公開されたからでしょうか。

今年もよろしくお願いいたします。

事始め (purple in sato)
2006-01-04 15:14:56
kossyさん。

新年明けましておめでとうございます。

年明け早々から精力的ですね!

本作は古典的ではありながらもスッキリと

纏まっていて、とても心地の良い作品でした。

こう言う映画って久々な感じで好きですね☆

では、今年もヨロシクお願い致します♪
なるほど・・・ (turtoone)
2006-01-04 17:12:12
キングコングが暴れていた時代だったんですね。

気がつかなかった・・・。



私はヘレンハントに終始釘付けになってしまいましたね。スカーレットも悪くは無かったのですが、唇が赤すぎたのがなんとも、という感じでしょうか。



本年も宜しくお願い申し上げます。



キングコング (kossy)
2006-01-04 18:13:46
>purple in sato様

あけましておめでとうございます。

俺も常に“古典”なんだと意識しながら観てしまいました。すると違和感なく入ってくるものなんですよね~これからもこの姿勢を貫かなきゃ。

本年もよろしくお願いいたします。



>turtoone様

すみません、ウケを狙ってしまいました(笑)

唇が赤すぎた!なるほど、それで『真珠の耳飾』の透明感を感じられなかったのかぁ~納得。

今年もよろしくお願いいたします。
謹賀新年 (更紗♪)
2006-01-04 18:47:17
おめでとうございます。

本年もよろしく御願いしますm(__)m



>粋な金持ちじいちゃん三人衆の戯言が面白いぞ!

これ言えてます。実に笑えましたもの。

その中でタピィが「金目当てでもいいんだ。俺も彼女の美貌目当てなんだから」と言うシーンが好きでした。

いい男ですわー。



コメントを投稿

映画2006」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

38 トラックバック

[ 理想の女(ひと)]見事に、やられちまった (アロハ坊主の日がな一日)
[ 理想の女(ひと)]@銀座で鑑賞。 この映画はやられた~。やられちまった。 結末がこんなことになるなんで思いもよらなかった。 もっと早く気がつくべきだった。 気づく要素は、途中でいろいろとあったのに。
映画のご紹介(78) 理想の女(ひと) (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(78) 理想の女(ひと) ヘレン・ハントは A Good Woman (理想の女) だった。 今年9月に公開された映画。 jamsession123goの住む町でようやく公開されたので、観てきた。 主
『理想の女』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
おんなと書いて、ひとと読む。 \"いい女は2種類しかいない。全てを知り尽くした女と、何も知らない女。\" これはキャッチーなコピー。的を射ているかも。 どちらがよいというのではなく、両極端な方が魅力的なんだよね。 それはあくまでも理想に過ぎないのだけれど?グッ
映画「理想の人」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「理想の人」★★★★ ストーリー: 1930年、バカンスを過ごしに南イタリアの高級リゾート地アマルフィを訪れたメグ(スカーレット・ヨハンソン)とロバート(マーク・アンバース)夫妻。ある日、ロバートは、魅惑的な女性ミセス・アーリン(ヘレン・ハント)と出
理想の女 ~A good woman (毎週水曜日にMOVIE!)
チャーリー熱が冷めないまま、先週の土曜日も観にいってしまいました。 そろそろわれに返らないと、ということで銀座シネ・スイッチに行ってきました。 また平均年齢50歳。ここは、レディースデイが異色の金曜日。しょうがないので前売りをあわててかって間に合いまし
理想の女(ひと) (Marさんは○○好き)
さすがオスカー・ワイルドだけあって、セリフがとても奥深い。 最初の現代人と言われ
理想の女 (ようこそ劇場へ!)
19世紀ヴィクトリア朝時代の風俗喜劇『ウィンダミア卿夫人の扇』の舞台を、ロンドンの薄暗い室内から、1930年代の南イタリアの海岸リゾート地へ移して先ずは成功。 邦題『理想の女』は最初、同じオスカー・ワイルド戯曲つながりで、『アイデアル・ハズバンド Ideal Hus
FUN×3 (FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~)
「未だ見ぬ姿は鏡の先に」
理想の女(ひと) (利用価値のない日々の雑学)
この「女=ひと」って、「函館の女」とか「長崎の女」とかの「人」がどうもダブってしまって(複雑な世代だなぁ~)、だからなんでこんな邦題を付けたのかって、映画には大変興味があつたのに、タイトルでかなり引いてしまっていたのも事実。細かいことだが、「理想のひと」で良
理想の女(ひと) (mimiaエーガ日記)
★★★原題:『A Good Woman 』1930年、スキャンダルの多いアーリ
「理想の女」 (てんびんthe LIFE)
「理想の女」 ヤマハホールで鑑賞 イギリス映画。チラシのキャッチコピー『いい女は2種類しかいない。すべてを知り尽くした女と何も知らない女』最近の映画のキャッチコピーはそのコピーに踊らされて期待しすぎちゃうことがあるんだけど、これはまさにずばり!はまって
理想の女 (cinema village)
コメント無きTBは、削除させて頂きます。 04スペイン伊英ルクセンブルグ米 監督/マイク・バーカー 出演/スカーレット・ヨハンソン ヘレン・ハント あらすじ/NY社交界の華として知られる若いメグ・ウィンダミアと夫ロバート。 セレブが集う南イタリアの避暑地アマ.
『理想の女』 (ラムの大通り)
------これまた時代色豊かな映画だね。 原作がオスカー・ワイルドなんだって? 彼って確か「唯美主義者」と言われてるよね。 「うん。彼のセリフに 『私は生きた時代の芸術と文化において象徴的な存在だった』 と言うのがある」 ------かっこいいニャあ。 「実際にオスカー・
【映画】 理想の女(ひと) ★★☆ (徒然なるままに・・・)
ストーリー: 1930年代の南イタリア、アマルフィ。 ニューヨーク社交界の華、ロバートとメグ・ウィンダミア夫妻は、 この地で休暇を過ごしている。 ある日、メグの誕生日プレゼントを探していたロバートは、 骨董屋で、派手な恋愛経験を重ねてきたアーリン夫人と出会う。 夫
「理想の女<ひと>」 (映画通の部屋)
「理想の女ひと」 製作:2004年、スペイン=イタリア=イギリス=ルクセンブルグ
あけまして、おめでとうございます (迷宮映画館)
今年も、どうぞ宜しくおねがいいたします。 年末の忙しさは、いつものごとくで、更新もままなりませんでした。(一応主婦ですので。黒豆も伊達巻もちゃんと作ったぞ~。大掃除もしたぞ。だれか褒めて・・・)2005年の総決算もまだです。正月休み中に何とかしないと・・
理想の女(ひと) (toe@cinematiclife)
これすごく観たかったんだけど、なかなか機会が無くて、終映間近になってようやく観れた。 観てよかったよ~♪ すごくいい映画だったぁ~。 <STORY> 1930年イタリアの高級別荘地アマルフィ。 メグ(スカーレット・ヨハンソン)とロバート・ウィンダミア(マーク・アンバー
70-理想の女 (徒然日誌)
オスカー・ワイルドの作品が映画化!というわけで、「理想の女」を見てきた。 原作は「ウィンダミア卿夫人の扇」。イタリア社交界に置き換えられていたので、舞台は南イタリアの避暑地アマルフィ。のっけからすごーく素敵な風景が登場した。 別サイトでやってる「旅行のスス
理想の女 (あんと夢子のス・テ・キ!なダイエットライフ)
オスカー・ワイルドの戯曲の代表作「ウインダミア卿夫人の扇」の映画化です。 アンティークの美しい扇を巡って繰り広げる愛と絆の物語。 奔放な恋愛遍歴を重ねてきた成熟した大人の女、アーリン 夫だけに純粋な愛を捧げる少女の様に無垢なメグ すべてを知り尽くした女と、
映画『理想の女(ひと)』 (ルールーのお気に入り)
1930年、南イタリアは高級リゾート地アマルフィ。夏のバカンスのために世界各国のセレブたちが集まるこの地に、NY社交界の華、若きロバートとメグのウィンダミア夫妻がバカンスに訪れた。そこで数々の恋愛スキャンダルで周囲の中傷に揉まれながらも、自分の気持ちに正直に
人間だもの (ブログのようでブログじゃないブログ)
実は、ボクのテレアポという仕事なんだけど、正月1月4日出勤だったのだが、 相手が法人様相手なのである。 やはり法人様となれば、正月明けは忙しいのは当然。{/face_fight/} よって、アポが取れるのもたかが知れている訳なのだ。 急遽、5日~10日までが休みになってし
貫禄ヘレン・ハント 「理想の女(ひと)」 (目の中のリンゴ)
映画の日なので、女性を中心に満員の映画館でした! オスカー・ワイルド原作の 上流階級の男女の恋模様、結婚生活を描いた物語。 財産目当てに次々に男を弄ぶ、と悪評を立てられている アーリン夫人(ヘレン・ハント)。今度の獲物は、若く美しい妻メグ (スカーレット・
理想の女(ひと) (映画とはずがたり)
“魅力的な人には2種類ある。   全てを知り尽くした人と、     何も知らない人とだ。”                        ― オスカー・ワイルド ― 全く正反対の恋愛観を持つ二人の女性。 一人は、自由奔放、恋愛経験豊富で男を食い物.
理想の女(ひと) 2004年【伊、西、英、他】マイク・バーカー監督 (トーキング・マイノリティ)
 オスカー・ワイルドの戯曲『ウィンダミア卿夫人の扇』を、舞台は1930年の南イタリアの避暑地に移し変えて映画化した作品。\'30年の優雅な女性の衣装や装身具は目を見張るものがあった。  この映画のコピーがずばり、「いい女は2種類しかいない。すべてを知り尽くした
理想の女 (吾輩はナマケモノである。)
上映が今週いっぱいだったので、仕事を少し早く抜け出して観てきました。 やっと、やっと観ることができました。 1930年代の衣装、南イタリアの美しい景色、ロマンスあり、ハラハラドキドキもあり、すご~く素敵な作品でした。 スカーレット・ヨハンソン演じるウィンダミア
理想の女 (いつか深夜特急に乗って)
「理想の女(ひと)」★★★★ (盛岡フォーラム3)2004年
理想の女(ひと) (悠雅的生活)
全てを知り尽くした女と、何も知らない女
『理想の女(ひと)』 (*Sweet Days*  ~movie,music etc...~)
理想の女(ひと) CAST:スカーレット・ヨハンソン、ヘレン・ハント 他 オスカー・ワイルドの代表的な戯曲「ウィンダミア卿夫人の扇:の映画化。 1930年、ニューヨーク。上流階級の男性達の愛人として生活をしていたアーリン夫人(ヘレン・ハント)は、それ ...
53.理想の女 (レザボアCATs)
スカーレット・ヨハンソンとヘレン・ハント、世代は異なるけれども美しい二人の女優による、人間と恋愛心理を深く掘り下げた、なかなかの佳作であった・・・
理想の女 (cinema note+)
理想の女(ひと)A GOOD WOMAN 2004年 スペイン・イタリア・ルクセンブルク・アメリカ 月イチゴローで吾郎ちゃんが1位にあげてたのでみました。 意外性のあるストーリーがシンプルに語られてます。 シンプル
『理想の女』(2004) (【徒然なるままに・・・】)
ニューヨーク社交界の華であるウィンダミア夫妻が、南イタリアの避暑地をバカンスで訪れた。妻のメグへの誕生日のプレゼントを探していた夫のロバートは、魅力的な女性アーリア夫人と知り合い、親しくなる。しかし彼女は、金持ちの男を次々と食い物にしていると評 ...
理想の女(ひと) (eclipse的な独り言)
 借りてきて見ました。これは最近の映画でも素晴らしい出来の映画です。是非見ても
「理想の女(ひと)」 (ひらりん的映画ブログ)
今もっとも旬な女優さん→スカーレット・ヨハンソンと・・・ オスカー女優→ヘレン・ハントが共演。
理想の女(ひと) (Blossom Blog)
理想の女(ひと) A GOOD WOMAN 監督 マイク・バーカー 出演 スカーレット・ヨハンソン ヘレン・ハント イギリス スペイン イタリア アメリカ ルクセンブルグ 2004
理想の女(ひと) (ひめの映画おぼえがき)
理想の女(ひと) 監督:マイク・バーカー 出演:スカーレット・ヨハンソン、ヘレン・ハント、トム・ウィルキンソン、スティーヴン・キャンベル・ムーア、マーク・アンバース、ミレーナ・ヴコティッチ... 「いい女は2
理想の女 (to Heart)
すべてを知り尽くした女と、何も知らない女― 制作:2004 イギリス、スペイン、イタリア、アメリカ、ルクセンブルグ 監督:マイク・バーカー 脚本:ハワード・ハイメルスタイン 出演:スカーレット・ヨハンソン/ヘレン・ハント/トム・ウィルキンソン/スティーヴン・キャ...
「理想の女(ひと)」★★★★☆ (JoJo気分で映画三昧!+α)
'04年製作 主演スカーレット・ヨハンセン、ヘレン・ハント 共演トム・ウィルキンソン、スティーブン・キャンベル=モア、マーク・アンバース他によるオスカー・ワイルド原作「ウィンダミア卿夫人の扇」の映画化。 1930年代、イタリア。富豪のアメリカ人ロバ...
理想の女(ひと) (Addict allcinema 映画レビュー)
いい女は2種類しかいない。全てを知り尽くした女と何も知らない女。