ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

20世紀少年<第2章>最後の希望

2009-02-01 04:32:34 | 映画2009
 常盤荘の管理人は常盤タカコ

 第1章を観てから我慢できなくなって原作漫画を読破した。ともだちの正体も理科室の謎もわかってしまうと、映画の興味は常盤荘の管理人とユキジ(常盤貴子)がどう対面するかという一点のみ・・・しかし、名前が書かれていただけ。愕然としてしまい、原作にはない小ネタ探しに集中するも、忠実にストーリーを追うばかりのダイジェスト版のような作りにがっかりさせられた。

 原作を読んでみたからといって好きになったわけじゃなく、映画化されるとしたら、このシーンがメインになるんじゃないかと想像してみたり、漫画キャラにそっくりだと好評だったキャスティングに期待した程度です。2015年の新たなキャラ、小泉響子(木南晴夏)などはそっくりすぎて驚いたし、そっくりじゃないのにピタリとはまっていたサダキヨ(ユースケサンタマリア)にも満足できました。それに本物のトヨタ2000GTにも感動(でも炎上しないのね)・・・

 公開前日に日テレ系で『もう一つの第1章』なるダイジェスト版が放映されましたが、カンナのナレーションで進むというあくまでも第2章を観るための宣伝版であり、“未公開シーン”を楽しむより、カットされまくりで意味不明だったのが残念でした。登場人物名やキャストを復習するには最適だった程度です。

 そんな万全の態勢で臨んだ第2章。予想ではバーチャル世界での理科室とオッチョ(豊川悦司)たちが向かう理科室がクライマックスになるのかと思ってたのですが、これがあっさり描かれ、ともだちのパレードという別のクライマックスを用意してありました。漫画は読んでいてもハラハラドキドキさせられたのに、なぜか面白くない。バーチャル世界と現実世界を同時に描くことによる混乱を避けるための脚本かと思うけど、原作の構図そっくりに撮ることも裏目に出てしまったのかもしれません。そんな中、もっとも面白かったのがお面を取るとユースケサンタマリアの顔だったというシーン・・・あまりにも予想通りだったので笑ってしまいそうになった。

 原作で好きだったのが、カンナがカリスマ性を発揮してローマ法王暗殺計画を阻止すべくタイマフィアと中国マフィアをまとげあげるところでした。これもクライマックスとして成立する部分なのに、ローマ法王が訪日する気配すらありませんでした。そして最大の謎“ともだちの正体”も明かされない・・・まぁ、これは第3章まで引っ張るつもりだろうからしょうがないか・・・

 パレードで暗殺されたともだちが3日後に復活し、キリスト以来の神の誕生劇。本来のともだち(誰かは明かされない)は死んでしまい、第2のともだちが成すますという展開になっていくはずですが、復活したともだちの声がユースケサンタマリアだったような気がしてなりません。サダキヨが死んだという事実もないし、もしかすると原作とは違う結末になるのかも・・・

★★・・・

コメント (20)   トラックバック (57)   この記事についてブログを書く
« リダクテッド 真実の価値 | トップ | レボリューショナリー・ロー... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
肉声 (たいむ)
2009-02-01 09:33:00
kossyさん、こんにちは。
>復活したともだちの声
おおー鋭いですねー。実は、誰か思い出せなくてずっと悩んでました。そう言われればそんな気がします。
それよりもコンチが全然山寺さんに見えなくって悩んでました。

サダキヨの生存説は原作でも・・なので、気にしていませんでしたが、そうきますかー!
やはり原作でも、あの「彼」が最後の”ともだち”だったのには、賛否両論はいろいろ言われていたとのことですしね(^^;

それでも私は2章、面白く見られました(^^)
こんにちは♪ (ゆかりん)
2009-02-01 11:58:54
全部見終わるまで原作は読まずにいるのですが、お話についていくのが大変でしたぁ。
なのでまともなコメントができないのでこれにて失礼します(笑)
満員御礼 (turtoone)
2009-02-01 13:20:31
初日に行かれず、今朝シネコンに行ったら長蛇の列。
(「マンマミーア」も並行してますから・・・)
なので、本日の鑑賞は諦めましたが、kossyさまのレビューを読んで、これは、早めに行かないとという焦燥感が一杯です。

テレビ効果は凄いですね。

私は敢えて、この映画3部作の試みに敬意を表して、映画が完結するまで原作は読みません。ですから余計に一昨日手に入れたDVDとアナザーストーリー効果で、それこそ日テレの思う壺(笑)

一家でトモダチ探しをしています。

鑑賞終えたら、また、お伺いします。


やっぱり・・・ (せるふぉん)
2009-02-01 13:53:27
そうそう、生き返ってからの「ともだち」の口調が
何だかユースケっぽいよな~。と思ってました。

第1章から最終章までのつなぎ的要素が強くて
途中ちょっと疲れましたが
ドンキーがなんで理科室から飛び降りたのか・・・って
ところがちょっとビックリでした。

たぶん原作とはだいぶ違うんでしょーね。

これは全部見終わるまで原作封印します。
最終章の公開日は奇しくもわたしの誕生日です(笑)
未読派と既読派の感想が最終章では楽しみですね (PGM21)
2009-02-01 14:19:32
何時もお世話になっております。

まあ監督が堤さんなのでこういう細かいところへのギャグも多くなるでしょうね。

私は最後まで原作未読のまま最終章を鑑賞しますが、原作を読んでいる人と違った感想になるはずなので、その読み比べには良いでしょうね。

確かに最後のともだちの声はユースケだったようにも感じましたが、なんか私の中ではサダキヨを含めるなら3人怪しんですよね。
うち2人は死んだ事になっていますから余計怪しいし、実は身近にという感じもあります。
オッチョの回想シーンで有り得るかな・・・という感じです。
ともだちは誰だ? (kossy)
2009-02-01 21:53:39
>たいむ様
サダキヨってのが死んだのかどうなのか微妙・・・というか、原作でも死んだと思ってた人間が“ともだち”でしたからね~
原作の最後の“彼”に関しては、生きてるかどうかよりもすっかり忘れ去られた人物だったし、驚くよりも「ふ~ん」で終わってしまいました・・・
改変するならば、サダキヨが一番妥当なところか、それとも「ばはは~い」のセリフから推理するならばケロヨンなんですよね(笑)

>ゆかりん様
俺は我慢できずに・・・
原作を見ずに理解するなら第一章まででしょうね。それ以降は登場人物が多すぎるし、丁寧にメモっておかねばなりませんもん・・・
とりあえず最終章に期待です!

>turtoone様
やっぱり長蛇の列ですかぁ。
俺は初日の深夜12時台。
観客も少ないと思ってたのに30人以上いたでしょうか。

俺も原作読まずに行こうと思ってたのですが、ともだちの正体を知りたくて我慢できなくなりました(笑)
原作を知ってしまってからは原作と違ったラストに期待をかけてしまいます!
テレビ効果がすごいだけじゃなく、日テレアナウンサーのオンパレードというところも・・・

>せるふぉん様
やっぱりユースケ?!
でも、これも罠なのかも・・・(笑)

俺も最終章への繋ぎというイメージが強くて、いまいち乗れませんでしたが、これも原作を読んでしまったせいだと思います。
理科室のシーンは何度も小出しに登場する原作ですが、バーチャルでは万丈目もともだちも登場したりして緊張感あふれてました。あのカラクリはわからないままでしたが・・・

今回の改変はともだちのパレードシーンかな。原作ではローマ法王のパレードだったし・・・

>PGM21様
多分原作既読派と未読派のレビューにはかなり温度差が出てきそうですよね。
細かなギャグを探すなんてのも、ストーリーを知ってるからこそできることだし・・・

ともだちの正体に関しては、原作と同じく二人必要になってくるのでしょう。まぁ、殺された元の正体は伏せておきますが、生まれ変わった、明らかに別人のともだちの正体は誰がなってもおかしくないんですよね。
俺的にはサダキヨを一押し!
今回登場しなかったケロヨンも候補に入れたいです。
こんばんは! (くろねこ)
2009-02-02 01:26:51
スリリングながらこの淡々と進む展開・・。
この評価は覚悟してましたよ~(涙)
でも私ね。だからこそ引き込まれましたよ~
コレ原作を読んでた時と同じ感覚だったんだもん♪

う~ん。鋭いかも。
あのバッチの人物が「彼」にすりかわってたもんね。
この先は原作ファンも翻弄させるつもりかも?
次回も又不安半分。期待半分?なんにせよ。
やっぱドキドキ!!コレもまた楽しです(笑)

昨日みたよ~ (シネマ大好き娘)
2009-02-02 04:02:20
こっそり教えて~~~ともだちって誰?!
Unknown (FREE TIME)
2009-02-02 07:23:03
こんにちは。
自分も復活したともだちの声が誰の声のなのか気になりました。
第2章は、確かに急ぎ足で話を進めてしまった部分は見受けられましたが、それでも2時間半近くあった上映時間があっという間に感じてしまうほど、夢中になって魅入っていました。
第3章は8月末。
今から待ち遠しいです。
ワクワク感 (ノルウェーまだ~む)
2009-02-02 20:00:58
こんばんは☆
私も第1章を見てから、コミック大人買いして読破した口ですが、やはりどうしても、ドキドキワクワク感は薄れてしまいますよね。
特に、サダキヨとヤマネくんは、あっさりだったので、ちょっとガッカリ。
何しろ小泉響子が似ていてキュートでした!

コメントを投稿

映画2009」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

57 トラックバック

20世紀少年-第2章- 最後の希望 (LOVE Cinemas 調布)
昨年の夏に公開された『20世紀少年』の続編。今回の主人公はケンジの姪で前作では幼女だったカンナを平愛梨が演じる。もちろん豊川悦司や常盤貴子といったレギュラーメンバーも健在。前作は期待が大きかった分、あまりの出来の悪さにショックが大きかったので、今回は期...
「20世紀少年-第2章-最後の希望」みた。 (たいむのひとりごと)
「第1章」の復習上映会に行き、”もう一つの第1章”という「特別版」を金曜ロードショーで視聴、万全の態勢で臨んだ「第2章」だ。そうそう、原作も22巻+2巻をしっかり読了。再編集+新撮未公開シーンが満載だ
20世紀少年 -第2章-  (Akira's VOICE)
同級生を思い出そう。  
20世紀少年 -第2章- 最後の希望 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/日本 監督:堤幸彦 出演:豊川悦司、 常盤貴子、 平愛梨、 香川照之、 ユースケ・サンタマリア、 藤木直人、 石塚英彦、 宇梶剛士、 小日向文世、 佐々木蔵之介、 森山未來、小池栄子、 木南晴夏、 ARATA、片瀬那奈、石橋蓮司...
20世紀少年<第2章>最後の希望 (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/01/31製作国・年度:上映時間:139分鑑賞日:2009/01/31監督:堤幸彦出演:豊川悦司、常盤貴子、平愛梨、香川照之、ユースケ・サンタマリア、藤木直人、石塚英彦、宇梶剛士、小日向文世、佐々木蔵之介、森山未來、古田新太、小池栄子さあ、みんな“つづき...
20世紀少年 第2章 /最後の希望 (せるふぉん☆こだわりの日記)
本日より公開の「20世紀少年 第2章」見てきました~ 前作に続いてやはり子供が多
「20世紀少年 第2章 最後の希望」カンナが辿ったともだちの過去と目的を知った先にみた恐ろしい計画の続き (オールマイティにコメンテート)
「20世紀少年 第2章 最後の希望」は昨年8月に公開された「20世紀少年」の続編で、2000年12月31日に血の大晦日でともだちと戦った原っぱのメンバーがそれぞれ地下活動をしながらともだちへの反撃を伺っていた。行方不明になったケンジの姪のカンナを中心に2015年の人類滅...
[映画『20世紀少年 最後の希望 』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆すいません、これ、私には駄目でした。  全然、何が何やら分かりませんでした。  なかなかの長尺の上映時間を全く飽きることなく見て、  主人公のカンナ(平愛梨)のグリグリに大きな瞳やシャープな輪郭の美しさ、  それと正反対の小泉響子(木南晴夏)の面長で...
20世紀少年-第2章-最後の希望(2009年製作) (勝手に映画評)
昨年夏に公開された映画『20世紀少年』の第二部。3部構成なので、残るは第三部。こちらは、今年の夏公開予定。ちなみに、映画公開のとき、第一部にはサブタイトルは無かったと思いますが、DVD化に際して『20世紀少年 第1章 終わりの始まり』と言うタイトルになったようで...
「20世紀少年 -第2章- 最後の希望」 「つなぎ」になるのは仕方がない、か・・・ (はらやんの映画徒然草)
原作をビジュアル的に完コピしきった第1章から半年経って、第2章が公開されました。
20世紀少年 第2章 最後の希望 (いい加減社長の映画日記)
朝、空席状況を見ようとすると、既に「座席少なし」のマーク。 あわててネットで予約。 こんなに人気があるとは^^; 「UCとしまえん」は、映画サービスデーで日曜日ということで、かなりの人出。 「20世紀少年 第2章 最後の希望」は、大きめのスクリーンで、ほぼ満席。 ...
20世紀少年 - 第2章 - 最後の希望 (★ Shaberiba ★)
早く先が読みたくて次のページをめくる手が震えた・あの感覚が甦りました(笑) 原作の再現力。出演者の「そっくりさ」も健在だ~! 楽しかったです!!
映画「20世紀少年 -第2章- 最後の希望」 (FREE TIME)
2月1日のファーストデーに、映画「20世紀少年 -第2章- 最後の希望」を鑑賞。
劇場鑑賞「20世紀少年-第2章-最後の希望」 (日々“是”精進!)
映画「20世紀少年」第2章オフィシャル・ガイドブック「20世紀少年-第2章-最後の希望」を鑑賞してきました浦沢直樹の同名コミックを「トリック」の堤幸彦監督がオールスターキャストで映画化する全3部作の2作目。「第1章」から15年後、高校生に成長したケンヂの姪....
20世紀少年-第2章-最後の希望 (めでぃあみっくす)
原作は相変わらず未読、というか読まないまま最終章まで見たいと思っています。なので必然的に映画だけの感想ということになりますが、正直1本の映画としては第1章よりも面白くなかったです。ただこれは3部作の第2章。最終章を見るとまた違った感想になるかも知れませ...
「20世紀少年最後の希望」 (かいコ。の気ままに生活)
浦沢直樹原作を全3部作として実写映画化したサスペンス第2作。「20世紀少年最後の希望」公式サイトさして映画好きでもない主人が第1章でえらいツボ入ったらしく地球滅亡+宗教+70年代カルチャーで・・夏から楽しみにしてた1本でした。「つまんなかったら?」て言っても「つ....
「20世紀少年ー第2章ー最後の希望」ともだちランドで見たもの・・・ (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
試写会絶ちをしはじめたら、途端に3日連続で試写会が当たった。 他の二枚はお友達に行ってもらうことにしたけど、これだけはどうか行かせて! だって、観なくちゃでしょ?? 20世紀少年第2章だもん。
20世紀少年 第2章 最後の希望 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『さあ、みんな ”つづき”を 始めよう─』  コチラの「20世紀少年 第2章 最後の希望」は、浦沢直樹によるベストセラーコミックを3部作構成で実写映画化し、昨年夏に公開された「20世紀少年 第1章 終わりの始まり」の1/31に公開となった続編なのですが、早速観て...
20世紀少年・第2章 (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 待望の第2弾を観て来ましたよっ!!「20世紀少年」!!  2015年。  ”血のおおみそか”をケンヂ率いるテロ集団から守った”ともだち”が日本の政治を牛耳っています。  一方、ケンヂたちは散り散りになりみな行方不明になっています。  ケンヂの姪・カンナ(...
20世紀少年<第二章>最後の希望 (ドラ☆カフェ)
原作 浦沢直樹 脚本 長崎尚志、渡辺雄介 脚本・監修 浦沢直樹 監督 堤幸彦 公開年 2009年1月31日さあ、みんな "つづき"を...
20世紀少年 -第2章- 最後の希望 (そーれりぽーと)
原作漫画がそのまま実写になったような上手さでファンを沸かせた『第一章』から半年。 続きは徐々に違う展開を見せるのだそうで、期待して『20世紀少年 -第2章- 最後の希望』を観てきました。 ★★★★ 昨晩テレビで放送していた第一章で描かれていなかった部分を追加し...
20世紀少年-第2章-最後の希望 (花ごよみ)
“血の大みそか”から15年。 日本は『ともだち』が中心となる、 国家に変遷…。 豊川悦司、常盤貴子、新たに平愛梨が加わる。 オッチョ役のトヨエツはカリスマ性たっぷり。 今回はカンナの平愛梨ちゃんとともに主役。 かっこいいシーンがたくさんあって 見応えありま...
20世紀少年・第2章 (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 待望の第2弾を観て来ましたよっ!!「20世紀少年」!!  2015年。  ”血のおおみそか”をケンヂ率いるテロ集団から守った”ともだち”が日本の政治を牛耳っています。  一方、ケンヂたちは散り散りになりみな行方不明になっています。  ケンヂの姪・カンナ(...
映画「20世紀少年」-第二章- 最後の希望 (*うわのそらブログ*)
観てきましたー! ファーストデイというのもあり、館内はたくさんの人で埋まっていました。 第2章ですが、前回と違い客層は若い方や子連れが...
20世紀少年 <第2章> 最後の希望 (POCKET BASE)
浦沢直樹の漫画が原作の映画『20世紀少年 <第2章> 最後の希望』を観てきた。全3部作の第2章。公開前日にテレビでやっていた『20世紀少年 ~もう一つの第1章~』で前作を復習し、準備...
「20世紀少年<第2章> 最後の希望」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「20世紀少年<第2章> 最後の希望」 監督:堤幸彦 出演:豊川悦司、常盤貴子、平愛梨、香川照之、ユースケ・サンタマリア、藤木直人、石塚英彦、宇梶剛士、小日向文世、佐々木蔵之介、森山未來、古田新太、小池栄子、木南晴夏、ARATA、前田健、荒木宏文、六平直政...
【映画感想】20世紀少年 第2章/最後の希望 (掃き溜め日記~てれびな日々~)
「20世紀少年 第二章 最後の希望」を見てきました!“血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間が行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は救世主と崇...
【20世紀少年 -第2章- 最後の希望】第1章と最終章の繋ぎ的な・・・ (映画@見取り八段)
20世紀少年 -第2章- 最後の希望 監督: 堤幸彦 出演:  平愛梨、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、ユースケ・サンタマリア 公開: 2009年1月 ...
【20世紀少年 第2章】 (日々のつぶやき)
監督:堤幸彦 出演:平愛梨、豊川悦司、常盤貴子、藤木直人、香川照之、ユースケ・サンタマリア、唐沢寿明、 「2000年の血の大晦日の実行犯とされたケンヂたちはバラバラになって姿を消し、それを食い止めたとしてともだちは世界の救世主と崇められていた。 2015年
20世紀少年 最後の希望 (to Heart)
さあ、みんな “つづき”を始めよう──。 製作年度 2008年 上映時間 139分 原作 浦沢直樹 監督 堤幸彦 出演 豊川悦司/常盤貴子/平愛梨/香川照之/ユースケ・サンタマリア/藤木直人/宇梶剛士/小日向文世/森山未來/木南晴夏/光石研/西村和彦/西村雅彦/甲本雅裕/石橋蓮司 /...
★「20世紀少年<第2章> 最後の希望」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」で2本。 その2本目。 はもちろん劇場で鑑賞・・・ こういう豪華キャスト系てんこ盛り作品は大好きだけど、 本格科学冒険映画・・・という見出しタイトルは意味不明だよねーーー。
20世紀少年 最後の希望(映画館) (ひるめし。)
さあ、みんな”つづき”を始めよう―。
『20世紀少年<第2章> 最後の希望』2009・2・1に観ました (映画と秋葉原と日記)
『20世紀少年<第2章> 最後の希望』  公式HPはこちら ←クリック   ●あらすじ 2000年に起こった大爆発から15年立ち、その大爆発・テロは、ケンヂ(唐沢寿明)とその仲間達を犯人にしてともだちは、それを阻止した救世主として崇められていた。行方不明に
20世紀少年 第2章/最後の希望(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】堤幸彦 【出演】豊川悦司/常盤貴子/平愛梨/香川照之/ユースケ・サンタマリア/藤木直人/石塚英彦/宇梶剛士/小日向文世/佐々木蔵之介/小...
「20世紀少年 第2章 最後の希望」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
************************************* 2000年12月31日、謎の巨大ロボットが世界各地に現れ、街を破壊し乍ら殺人ウイルスを撒き散らした。歴史上「“血の大晦日”」と呼ばれるこの人類滅亡計画は“悪魔のテロリスト”ケン...
面白くなってきた!『20世紀少年 最後の希望』 (水曜日のシネマ日記)
浦沢直樹の人気漫画を実写版映画化した作品。全三部作のうちの第二章です。
カンナ登場、20世紀少年第二章『最後の希望』 (オヤジの映画の見方)
20世紀少年第二章「最後の希望」。いよいよカンナが活躍する。前作と同じく、キャスティングが良い。特に小泉響子役の木南晴夏が良かった。マルオの変貌ぶりも注目したい。
20世紀少年〈第2章〉最後の希望 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
今年に入ってやっと3本目の劇場鑑賞が出来ました~感激【story】“血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間が行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は救世主と崇められていた...
20世紀少年 第2章 最後の希望 (利用価値のない日々の雑学)
「20世紀少年 第1章」から僅か5ヶ月の続編の速さには驚いたが、今回の番宣は異常な程の力の入れようだったと思う。そして、第1章のレビューではこの3部構成の製作化に気合の入った試みだと高い評価を下したが、残念ながらこの2作目を観たところでは、試みは立派だったが...
20世紀少年 (平愛梨さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆平愛梨さん(のつもり) 平愛梨さんは、現在公開中の映画『20世紀少年<第2章>最後の希望』に遠藤カンナ 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
20世紀少年<第2章>最後の希望 (ルナのシネマ缶)
3部作の2作目は、 どうしてもイマイチ作品が 多いような気がするのですが。 まあ、次回の3章を観てみなくて なんとも言えませんが・・・。 コミック約10冊分以上の内容ですから 詰め込み過ぎって感じで 原作を読んでいないと 話についていくのがちょっと大変かも...
20世紀少年&lt;第2章&gt; 最後の希望 (だらだら無気力ブログ)
浦沢直樹の同名コミックを、総製作費60億円をかけた全3部作のうちの 第2作。前作の&#39;血のおおみそか&#39;から15年たった2015年を舞台に ケンヂの姪であるカンナを軸に、秘密基地のメンバーたちのそれぞれの 戦いを描く。2000年の&#39;血のおお...
20世紀少年<第2章> 最後の希望(2008) (萌映画)
「20世紀少年」の続きを見てきた。第2章。そしてまだトモダチの正体は明らかにならない…。 「2015年、しんじゅくのきょうかいで きゅうせいしゅはせいぎのためたちあがるが、あんさつされてしまうだろう」 しんよげんの書を実現すべく物事は動く。 そんな中、高校生に...
【映画】20世紀少年 第2章 (新!やさぐれ日記)
▼動機 ラストがみたいだけ。 ▼感想 指の上げ方を間違ってるエキストラ多すぎ。 ▼満足度 ------- おいとき ▼あらすじ “血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間...
20世紀少年 <第2章> 最後の希望 (ダイターンクラッシュ!!)
2月11日(水) 18:00~ 109シネマズ川崎1 料金:0円(提携Edyカード会員ポイント使用) パンフレット:未確認 『20世紀少年 <第2章> 最後の希望』公式サイト 3部作の2作目。 単独の作品とするには、いまいち面白くない。 長回しが結構あり、冗長だし。 そも...
映画 「20世紀少年 第2章  最後の希望」 (ちょっとひとことええでっかぁ―♪)
第2章公開前日に第1章をテレビ放送したら劇場が混むでしょう┐('~`;)┌ 復習のつもりでちゃんと見ましたけどね、お陰で公開初日大入り満...
「20世紀少年<第2章>最後の希望」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
観ちゃいました。第2章! カンナさん大成功です(笑)!!いや、冗談抜きで! カンナちゃん素敵でしたよ~!その一言ですね(笑)。平愛梨さん、伸びるでしょうね!楽しみな女優さん登場です! 舞台は2015年の日本・・。 「ともだち」が日本を支配していた。 2000年12...
ハローハローぇエブリバディ~♪ (i Cast !)
「少年メリケンサック」を観にいく前に、 「20世紀少年第二章」の感想書かねばw。 まず率直な感想を書くと、素直に面白かったっすよ...
20世紀少年<第2章> 最後の希望  (明るくなるまで待って Wait until light)
原作を読んでいてストーリーはわかっているでの、あのシーンはどんな風に演出されてる
『20世紀少年 -第二章-最後の希望』試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
西暦2015年。2000年に起こった「血の大晦日」は、ケンヂたちが行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は世界の救世主として崇められていた。ケンヂの姪、カンナは高校生に成長し、学校で習う「血の大晦日」に憤りを感じていた。そんなカンナは学校で問題児扱いされ...
20世紀少年<第2章>最後の希望 (Blue Blue Blue)
前作は主役級をズラリと揃えてましたが、 今作は個性的な脇役を揃えた感じ。 その分ストーリーにも強弱がついていて、 前作より楽しめた気がします。 結婚して吹っ切れたのか、 小池栄子が濃いキャラを演じてました。 佐藤二朗は最近顔と名前が一致したのですが、 いろ...
20世紀少年<第2章> (いろいろと)
  浦沢直樹 原作のコミック(1999~2006年)の映画化  監督 堤幸彦  
映画「20世紀少年 第2章」 (興味的雑記帳)
原作を知らないとむずかしいんじゃないの?これ。という感じですね。展開早いし、登場人物多いし、そしてわけがわからない。原作でちょっと迷走していた中盤部分なだけに、観ていてもダルさがあった。そして、長い。今回の主役はカンナ。ほぼ出っぱなしなのだけど、カンナ...
「20世紀少年 第2章」 おまえ、アイツか? (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
前作「第1章」の部分が、漫画の中でも一番面白いとこやって、それがあの程度の出来でしかなかったから、この「第2章」は、もっとダメなんわかって見とったけど、ここまでひどく作られてるとは思いもよらんかった。 まだ「第1章」の時は、完全コピーとか、そっくりさん大会...
20世紀少年<第2章>最後の希望■単なる凡作 (映画と出会う・世界が変わる)
凡庸な映画というのは、このことを言うのだろうか。この映画の作者たちは、この膨大な内容を破綻なくまとめることだけに力を注ぎ、出演している俳優たちの個性を活かして観客を楽しませることまでは力は及ばなかったようだ。これだけ個性派の俳優たちを使って、その片鱗す...
『20世紀少年~もう一つの第2章~』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ“血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間が行ったものとされそれを阻止したともだちは救世主と崇められていた。高校生になったケンヂのめいであるカンナ(平愛梨)...
「20世紀少年 第2章 最後の希望」・・・プチレビュー (気ままな映画生活)
「20世紀少年 第2章 最後の希望」を見てきました。 今回も見事に膨大な原作の名シーンをばっさり 切っていました(笑)あ~、あれカットしたんだ(ノ◇≦。) ビェーン!! そのぶん、スピード感がありサスペンス性も高まり・・・ あっという間の2時間30分でした。