ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

アメノナカノ青空

2006-01-24 02:05:47 | 映画2006
 難病ものである。日本では吉永小百合、浜田光夫主演の『愛と死をみつめて』以来、幾度となく観てきた難病ものの映画。あの映画での吉永小百合は軟骨肉腫という病気で、手術をすると顔の左半分がつぶれてなくなってしまうというものだった。決して美しい顔のまま死ぬのではなく、患部は人に見せられないほど酷くなるものだったのです。もちろん小百合さんは包帯をぐるぐる巻きにしていたので、想像するしかありませんでした・・・

 韓国映画もかつての日本映画の純愛ものを参考にしているのでしょうか、泣き所は日本人の心をがっちり掴むかのように上手く料理してありますね。まず可愛い女の子を用意して、その子に惚れてしまう男の子を用意します。この映画では修行中のカメラマンという設定なので、女の子が生きているあいだに素敵な写真を撮りまくり、クラッシックバレエ、カメ、ハワイ、雨の日の交通整理員“旗手”という男を前菜として揃えています。あとはジッポや空を描いた傘という調味料を振りかけるだけです。

 美しい映像にうっとりし、主人公ミナ(イム・スジョン)の魅惑の唇に惚れ惚れし、母と娘の親友のような構図にほのぼのさせられます。『子猫をお願い』の助監督を務めたという27歳の新人女流監督らしい映像なのですが、不安定な心理描写をするために固定カメラよりもハンディカメラのほうが説得力があったのではないかと感じました。やはり良かったシーンはバレエ教室でしょう。人生のほとんどを病室で過ごしたミナの心が好奇心とともに世界に広がった一瞬だったように感じました。

【ネタバレ注意】
 主人公ミナの左手はずっと手袋をしたまま。病院をはじめ、あちこちで気味悪がられたという事実。序盤で一瞬見えたときには灰色に変色しているように思えたので、たいしたことないだろうと思っていたのに、左手の指が3本しかない奇形だったことがラストにわかります。ホラー映画でもないのに、この事実をなぜラストにまで引っ張ったのか?監督の意図が理解できません。奇形や障害に偏見を持つ人なんて少ないでしょうから、途中でこの事実がわかれば、もっと感情移入できただろうに・・・このラストのショッキングな写真により、いいイメージだったものが全て吹っ飛んでしまいました。母親との会話で「あなたは宇宙人の子なのよ」という台詞も思い出し、こんなことまでジョークとして扱っていいのかと考えさせられます。また、母はカメラマンの男に金まで渡していたこともわかるのですが、どの時点で渡したのかが謎のままです(想像力不足)。
 色んな意味で記憶に残りそうな映画となりました・・・

★★★・・

コメント (23)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« 博士の愛した数式 | トップ | 単騎、千里を走る。 »
最近の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
漢方のような優しい映画 (祐)
2006-01-24 06:10:11
左手っての秘密 初めて知りました。何を見ていたんだろうか・・・・(汗)



難病ものの恋愛映画なので、恋人?の強引な号泣展開かとおもったら、意外とあっさりしていました。でも、母親の日記に書かれた、娘からのメッセージの深さにじわじわと心に染み込んでいく愛情表現が素晴らしいなぁと思いました。展開に斬新さを感じました。 
それの予告 (sakurai)
2006-01-24 08:42:01
見ました?いやーー、びっくらこいてしまいました。思わず椅子からひっくり返りそうになるほど。

その辺の秘密も予告でいっちゃうんだもん。少々、良識を疑ってしまった映画でした。

漢方 (kossy)
2006-01-24 09:33:40
>祐さま

左手の秘密・・・かなーりビックリしてしまいました。なんというか、悲しい思いをした直後だっただけに・・・



女流監督らしさもあって、女の子の心理がよく伝わってきました。逆に男のほうはよくわかりませんでしたけど。



>sakurai様

ありゃ~そんな予告があったですか・・・

まったく予告を見なかったのでびっくりしました。

もしかして【ネタバレ注意】なんてものは不要かもしれませんね・・・
こんにちは♪ (ミチ)
2006-01-24 13:57:56
いつも構えて見ちゃう韓国映画ですが、これは比較的大丈夫でした。

左手・・・やっぱり見せる必要あったのかな?

充分想像できたけど・・・。

カメラマンがステキな写真を残してくれるっていうのはベタだけど、ステキな表情ばかりだったのでオッケーです。

スジョンちゃんの唇ってやっぱり魅惑的なのかな(笑)
宝物 (かのん)
2006-01-24 17:39:05
内容はよく知らずに初回限定版DVDコレクターズアイテムという謳い文句に乗せられとりあえず買っておいた作品が、蓋を開けてみれば宝物の変わってしまいました。好感度の高いレビューを読むとウキウキしちゃいます(笑)どうもありがとうございました・
印象が・・・ (kossy)
2006-01-24 18:25:53
>ミチ様

左手のエピソード自体、なくてもいいと思いましたよ。

たしかにこの左手のおかげで普通の難病ものとは違った作品となったと思うのですが、俺のようにびっくりした人もいるはず・・・

写真はよかったですよね~俺もカメラマンになりたいです!



>かのん様

絶賛のようですね~

俺はそれほど絶賛できなかったので、かのん様に対して申し訳なく感じております。

でも、2回目を観ると多分印象が変わるような気がするんです。左手を見てからのキム・レウォンの心理変化とか、かなり楽しめそうですよね。
手袋 (RIN)
2006-01-25 00:14:25
コメント&TBありがとうございます♪

手袋の中の障害がどの程度なのかなあ?

というのは、途中で何度か気になりました。

思春期だし、大したことないけど、コンプレックス

的な感じなのかなあ?とか・・・。

でも、ラスト、思った以上に程度の重い障害だという

ことがわかって、私は逆に、ジョークで明るく切り返したお母さんの懐の大きさ

みたいなものや、おにーさんがバスの中で自分の

Tシャツの中に彼女の手を隠すシーンの重みみたい

なのがラストにジワっときました。



それから、「私が生まれる前からわかってたのにどうして生んだの?」

とか、手袋の中を見た人が一瞬「ハッ」とするけど、さりげなく振舞うシーンが

結構多かったので、一時のサリドマイドみたいに、

韓国ではわりと認知度の高い障害なのかな?などとも思ったりしました。
RE:手袋 (kossy)
2006-01-25 09:38:46
>RIN様

俺もそんなにたいした障害じゃないと思ってたんですよ。それなのにずっと平静を装って明るく振舞う姿。これは2回目を観ないと素直に感動できないのかも・・・などと感じました。

次のファーストデイでもう一度観ようかなぁ・・・
サリドマイド ()
2006-01-27 07:09:44
1960年代に睡眠促進や悪阻の鎮痛剤として使われたサリドマイドの影響で日本で309人の方が障害をもって生まれました。そのご使用は禁止されましたが、近年では癌の特効薬として、復活しつつあります。



韓国から個人輸入をする方もいるとの事ですので、最後のシーンは警鐘の意味もあったのかもしれません。



でも、この映画 難病度合いによって感動が変るとは思いませんでした。



母の日記を見て、自分はもう時期死ぬんだと知ったのではないかと思います。写真を撮った男性は、「娘の写真」を撮って欲しいと単純に依頼されただけだと思いました。

お金を返すシーンでは「写真を撮るにしては大金」と言ってました。もう一度見たい映画です。

日記を覗き見するシーンと、最後に娘から母親へのメッセージはキーワードです。
難病 (kossy)
2006-01-27 08:36:46
>祐さま

サリドマイド児を扱ったといえば、日本でも『典子は今』とか映画になっていますし、精神障害をもった子供の映画なんてすごく多いですよね・・・



「難病の度合いによって」なんてそんなに関係ないですよね。白血病なのか何の病気もよくわからなかったし、韓国映画は病名を明言してないものがほとんどだし。だからこそ、最後の左手も想像するところに置いてほしかったような・・・



俺も2回目を観たいんですけど、写真を撮るように頼んだのがいつ頃だったのか、お金は要らないと思うように心が変わったのがいつ頃だったのか、そして彼女の左手を見た人たちの反応、この3点を注意したいと思ってます。

コメントを投稿

映画2006」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

19 トラックバック

『アメノナカノ青空』 (異国映画館)
2003年 韓国 公開日:2005/12/10 劇場鑑賞05/12/14           アメノナカノ青空   監 督 :
予告編にもの申す (迷宮映画館)
最近、特に感じるのが予告編のあり方。一体、とんでも予告というは、誰が作っているのか。映画を見に行けば、必ず予告が付いてくる。以前は、予告編ばかり20分以上も見せられ、次は始まるんでないか、始まるんでないかと思わせ、いらいら感を頂点まで達せさせてくれたこと
アメノナカノ青空 評価額・880円 (Blog・キネマ文化論)
●アメノナカノ青空を鑑賞。 19歳のミナ(イム・スジョン)は、レストラン・オーナ
映画「アメノナカノ青空」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「アメノナカノ青空」★★★☆ これが日本映画だったらおそらく見なかっただろうし、難病モノというのがネックにはなっていたのだけれど、全く知らない俳優さんが演じることで素直に鑑賞できた。 ストーリー:病弱なミナ(イム・スジョン)は病院を退院し、念願
映画館「アメノナカノ青空」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
何気ない恋愛のエピソードがほのぼのとして心温まる雰囲気の作品でした。 幼いころから入退院を繰り返すミナと下の階に越してきた青年との交流が、チョット大げさなところもあったけれどもなんとなく実際にもありそうな恋愛の感じに似ていていい感じでした。病気を抱え...
アメノナカノ青空<...ing>/キム・レウォン、イム・スジョン、イ・ミスク (カノンな日々)
やっと日本公開の日がやってきました。韓国では2003年の年末に公開されてるから約2年越しですね。なんでこんなに時間がかかったのかな?まぁキム・レウォンの人気が高まってるからタイミング的には悪くないんですけど、ワタシ的には待ちに待ちに待ちに待ったって感じですヨ
アメノナカノ青空 (31歳独身男Kazuakiの映画日記)
「やられた。やさしくて、幸せで、とっても素敵な時間を感じた。彼女の出した答えが、理屈抜きに生きることの喜びを教えてくれた。」 さあさあ、氷室ライブの会場下見を早々に済ませ(すげえ気合い?)、今日も1本です。一度訪れてみたかったシネプレックス幕張で「アメノナ
試写会「アメノナカノ青空」 (こまったちゃん。のきまぐれ感想記)
試写会「アメノナカノ青空」開映19:00@松竹試写室 「アメノナカノ青空」 ...ing 2003年 韓国 配給:松竹 監督:イ・オニ 脚本:キム・ジン 撮影:キム・ビョンソ 出演:イム・スジョン、キム・レウォン、イ・ミスク、チェ・ドンムン、    イ・ソンギ
アメノナカノ青空 (any\'s cinediary)
残された時間、僕は君に何ができるだろう <ストーリー>小さい頃から病気がちで内
八クリ逆バージョン「アメノナカノ青空」 (凛大姐&小姐的極楽日記!)
キング・コングが観たいんだけど、腰痛がひどくて3時間座り続ける 自信なし・・・{/namida/}。 ということで、2時間なら大丈夫かなあ?と、コチラの映画をチョイス。 アートセレクションスタンプ貯まって、タダだったし・・・。 内容的には、「八月のクリスマス」の逆バー
『アメノナカノ青空』 (京の昼寝~♪)
残された時間、僕は君に何をしてあげられるだろう ■監督・脚本 イ・オニ■キャスト イム・スジョン、キム・レウォン、イ・ミンク□オフィシャルサイト  『アメノナカノ青空』 生きるのがちょっぴり苦手な少女ミナ(イム・スジョン)。 ある日、彼女が住むマンション
アメノナカノ青空:重い話にきつい冗談 シネクイント (気ままに映画日記☆)
女子高生ミナ(イム・スジョン)は体が弱く、人生のほとんどを病院で過ごし、やっと学校に通えるようになった。 ミナは毎朝学校の前の横断歩道で交通整理をしている旗手と呼ばれているおじさんの話を聞いた。彼は高校時代に好きな娘がいたが、その娘は雨の日に学校の前で.
…ing アメノナカノ青空 (C\'est Joli)
…ing アメノナカノ青空 ミナ役(イム・スジョン)ヨンジェ役(キム・レウォン)ミスクママ役(イ・ミスク) 幼い頃から体が弱く常に病院のベッドの上で生きなければならなかった少女ミナ。高校生になり、ようやく学校で友人らとともに生活できるようになったものの.
似てる題名新作対決1/韓国編 『トンケの蒼い空』vs『アメノナカノ青空』 (Dead Movie Society★映画三昧★)
同じキーワードを含むタイトルの映画が同時期に公開されるという 現象は、昔からよくある。『四谷怪談』や『エンテベ』の企画等、 数え上げればキリがないだろう。主な理由として考えられるのは、 1、一方が他方の話題作を意識して誤解を招きかねない題名を  あえて
アメノナカノ青空(ネタバレありの感想文) (ペパーミントの魔術師)
見に行きそびれた~~~の第何弾でしょうか? ただね~、韓国映画ってなんか抵抗あるんだよな・・・。 知ってます?パチンコ「冬のソナタ」。 ・・・そなたそこまでやるんですか、そうですか。 やっぱりアンチの姿勢はいまだにとれません・・・。 僕カノはハマったんですけどね~.
『アメノナカノ青空』 (ストーリーの潤い(うるおい))
鑑賞してからちょっと時間がたってますが、とても良い作品だったので少し触れます。 以下に書くあらすじ、ネタバレかどうか、かなり微妙です。 とにかく、とても良い作品だったので、観て損はないと思います。 なお、私・RYUYAが勝手に内容を整理したので、映画の内容を正
ing... アメノナカノ青空 (ぼちぼち日記 )
 午前中時間が空いたので、さくっと映画を見に行ってきました。もちろん映画館はガラガラです。平日だから仕方ないかな?上映開始のときに映画のタイトルを携帯電話カメラで撮影してた馬鹿女がいましたがけど。(ーー;)  GOOの映画評の中にこんな名文がありました。 『.
映画『アメノナカノ青空』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:...ing あなたは死んだパパの子供じゃないの、ホントのパパはあなたと同じ手をした宇宙人だったの・・雨の日もその傘のなかだけは愛に溢れ、いつでも青空だった・・ ミナ(イム・スジョン)は不治の病の長い入院生活で、すっかり人見知りな女の子、そんな...
アメノナカノ青空 (シネマ通知表)
2003年製作の韓国映画。 『箪笥』のイム・スジョンと『マイ・リトル・ブライド』のキム・レウォン共演によるピュアで切ないラブロンマンス。幼い頃から病弱なミナが住むマンションの階下に、少しいい加減だが笑顔が憎めないカメラマンのヨンジュが引っ越してくる…。 ...