ログアウトは両替前で ーある巫女の記録ー 

信長の野望オンラインでの体験を小説風に綴っていきます。
無印からの体験です。

公開最後の記事

2018-09-23 14:29:25 | この小説について
私は最後にお礼の言葉として記事を上げました。

楽しんで見ていてくださったであろうコメントを頂けた方
なんとなく暇つぶしに来てくださっていた方
間違ってこのブログを開いてしまった方…など

たった1度でも
ここへ来てくださった方に
お礼が言いたかった為です。


これが私がランキングとリーダーに存在していた
最後の記事です。



誰かに伝えたかった
でもそれは願望でも目標でもなくて
ただ「伝えたい」と思っていた私の気持ちを
このブログにぶつけていただけの事だったのです。



だからとても矛盾した行動といいますか
ランキングサイトやリーダー
ここに載るのはある程度人の目にもふれるわけで
でも何か行動しなくては何も伝えられないですし
気恥ずかしく
見て欲しいような見て欲しくないような
そういう気持ちになり
それでも嘘は書きたくなくて
こんな気持ちを察してくださる方にだけ
見て欲しいというのが本音でした。


なんだかあいかわらず言葉がまとまらずすみません…。



ここを見て下さっている方がいるんだと思えてきていた後半
私は不安で不安で仕方ありませんでした。
前にも申しましたが私はゲーム内で交流を完全に絶っていた状態です。
どんな方がここにいらっしゃってるのかわからない
面白半分で見ている方もいるかもしれない
何を思われてるかなんて想像もつかない

でも
書き終えなくては
公開した意味がない







矛盾だらけの気持ちで申し訳ありません。
色々な経緯があり
もう傷つきたくなかった私は
そういう不安を常に抱えた状態でした。



けれど
お礼の記事を上げ
さっさとここを去ろうと思っていた私の目に飛び込んできたのは
次々と上がるみなさんの温かいコメントでした。
初めてコメントを載せてくれた方ばかりです。


霧が晴れたような思いでした。
今まで見えなかったみなさんのお姿を
やっと拝見できたような
そんな気持ちでした。



お一人お一人にお返事を返しながら
涙が止まらず
あぁ書いてよかったんだ
公開して間違ってなかったんだと
みなさんがそう思わせてくれました。



あの瞬間の安堵感と感動は
きっと忘れないと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 完結に向けて | トップ | 分かれ道 »

コメントを投稿

この小説について」カテゴリの最新記事