ログアウトは両替前で ーある巫女の記録ー 

信長の野望オンラインでの体験を小説風に綴っていきます。
無印からの体験です。

コメントを通して

2018-09-18 10:45:57 | この小説について
私はブログも素人です。
難しい事は全くわかりません。

頂いたコメントに対してのお返事も
こんな感じでいいのかなぁ
と不安になりつつ
返した記憶があります。



お話を書き進めていってつくづく思ったのは
結局オンラインというのは

「人と繋がっていなければ飽きてしまうもの」

なんだなぁという事でした。



お話を公開している時にはすでに復帰を諦め
何も無い環境でした。
もちろんすでにこの頃は課金も止めていました。


私は「完全復帰」の意味を
とても難しく考えていたのだと思います。
今で言えば

「冒険板を使い誰とでもどこでも行ける環境」

にする事が
完全復帰したという意味になると思っていたからです。




この考えが
大きな間違いだったのだと
ずっと先で私は知る事になるのですが…。





ご存じの方がいらっしゃるかもしれません。

コメントを頂けたその方は
記事を上げる度に言葉を残していってくれました。

その方から2度目のコメントを頂いた時には

「えっ…」

とかなり驚いて

あれ…
ブログのコメントって2度目も頂けるものなんだ…


と嬉しさ半分
複雑な気持ち半分


だった気がします。




その方が
ブログを始めたと聞いた時

復帰して
ブログ仲間と言いますか ご友人を作る為に
挨拶まわりのような事をしているのかな?
と思ったのが正直なところでした。



ですが
私のお話には「終わり」があります。


ランキングサイト
信onリーダー
どちらも書き終えたら解除するのは決めていた事でしたし
そもそも私は課金すらしていません。




申し訳ないなぁ
という気持ちでしたが
様々な事を曖昧にする為にも(わかりにくい表現ですが…)
あえてその方に今の現状を明かすつもりはありませんでした。


これから
「楽しもう」と思っている方に
私の現状をお話しする事は
あまり良い事では無いと考えた為です。



こんなに色々書いておきながら
結局
もう遊んでいないんじゃないか
と知ってしまう事で
ブログ仲間を作ろうとしているその方を
落胆させてしまうはずだ と。




その方からのコメントは
ずっと続きました。


マメな方だなぁと感じたと同時に
段々…
どうしてなんだろう
という疑問もわいてきました。


こんな無名のなんて事の無い日常を綴ったプレイヤーの昔話に
どうしてここまで
お付き合い頂けているのか。


本当に不思議で不思議で
「目的は…何なのでしょう…」と
ご本人が聞いたら叱られそうですが
そう感じた事もある程でした。



ごめんなさい…。




ただ
コメントをやり取りしていて
お話する事が好きな方なんだなぁというのは
感じていました。



その方の考えに
共感する事もたくさんありました。


本来ならこんな場所では無く
ゲームの中でお話するべきような
お互いの考えのやりとりに



入れ違いだったなぁ…と
あちらで出逢えなかった事を
残念にも思っていました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ブログを続ける決意 | トップ | 気づいた事 »

コメントを投稿

この小説について」カテゴリの最新記事