ログアウトは両替前で ーある巫女の記録ー 

信長の野望オンラインでの体験を小説風に綴っていきます。
無印からの体験です。

術忍 任務完了

2017-05-22 20:55:41 | 果鈴
久しぶりに会った姉様の姿を見て私は嬉しくなった。 ちゃんと頑張ってるんだね。 やっと私に追いついた♪ でもなぁ~っ。 私は姉様に顔を近づける。 「姉様ぁ~?恋!してないでしょーっ?」 途端に顔を赤らめて 「なっ!?何言ってるんですかっ!?」 と姉様は慌てふためいている。 「顔が怖いよっ。そんな眉間にしわ寄せて歩いてたらせっかくの巫女様が台無しっ!」 まぁねっ。 神職はやる事 . . . 本文を読む
コメント

さよならの決意

2017-05-22 09:59:47 | 果鈴
私は自分の屋敷へと戻ってきていた。 屋敷に並ぶ様々な家具。 これ苦労して手に入れたなぁ…。 揃いきっていない七段飾りを眺めながらあの頃を思い出す。 私のLVは49で止まったまま。 惜しいなぁっ。あとほんの少しで50になったのに…。 あれから随分と時間が経った。 たくさんの事が変わっていた。 知人欄を開く。 もう誰一人ここには残っていない。 唯一会えていた右音ちゃんや駆部ちゃんの姿 . . . 本文を読む
コメント

最後の笑顔

2017-05-08 20:51:05 | 果鈴
「きらりも呼びましょう。」 お姉様の言葉に私は首を横に振った。 「養子に迎えてくれたおねーさまと最後は過ごしたいかなっ♪」 私はお姉様の腕にしがみついた。 「最後だなんて…。戻ってくるのでしょう…?」 あーっ!また泣きそうになってるしっ。 あいかわらず泣き虫だなぁっ。 「うんうんっ♪心配しなくていいよっ!あ、それとね、楽器なんだけど…。」 あの後頑張ってあちこち飛び回 . . . 本文を読む
コメント

浴衣

2017-05-02 09:27:35 | 果鈴
全てを話した事で私は自由を手に入れた気がした。 もう先に進む事への苦痛を感じなくて済む。 この頃になると私は低LVさんのお手伝いや 誘われて行くTD ソロで倒した事の無い敵を探したり 利益関係なしの商いをして過ごした。 稲葉で時々知人に会う事はあったけど それでも知ってる顔は少なくなっていった。 呼子ちゃんの姿や芽侖の姿もほぼ見なくなり 事実上固定徒党は解散となっていた。 . . . 本文を読む
コメント

2017-05-01 00:30:52 | 果鈴
私は会合の場所に夜の尾張でとわがままを言わせてもらった。 ここは少し山奥で危険な敵もいるけど…。 でもどうしても姉様達とここへ来たかった。 蛍がたくさん飛んでいる。 姉様達は歓声をあげた。 ドロップ狩りで色々な所へ行けた私は 大事にしたい風景がたくさんある。 たくさんの思い出と共に。 「みんな大きくなったね。」 巫女の姉様はにこやかに笑う。 「ほとんど生産してますけど特化の . . . 本文を読む
コメント

楽器と決意

2017-04-30 14:09:59 | 果鈴
「眠くなってきちゃったなぁっ。」 私は伊勢の山奥で大きく伸びをした。 ここは鼓と笛を隠し持っている敵が存在する。 もちろん価値8以上の代物だっ。 今は安い楽器を使っている姉様だけど 必ずいつか必要になる日がくる。 これが私に出来る最後の仕事かなぁ~っ。 姉様の求める情報をこれ以上集める事は出来ない。 これ以上先に進める気がしないやっ。 農民に情報を聞いて回る . . . 本文を読む
コメント

指切り

2017-04-27 08:52:20 | 果鈴
付与20台が初心者。 30台で中級者。 40台で上級者。 50装備なら廃。 どんなに頑張っても30台付与が限界だーっ。 15の付与石2つ買ってロスがそれぞれ5位だとして…。 額あてを見ながらブツブツ考え込む。 みんなそれぞれ養子を迎え忙しそうだ。 駆部ちゃんは僧 呼子ちゃんは侍 そして右音ちゃんも侍を迎えた。 呼子ちゃんとは時々昔のように2人で狩りに出たりもして . . . 本文を読む
コメント

売り子さんのプレッシャー

2017-04-24 20:51:45 | 果鈴
「方解石が2つですね^^自分現在器用はこんな感じです。」 鍛冶は器用装備に着替えると丹を使った。 入魂は運!入魂は運なんだっ!! ドキドキしながら鍛冶を見つめる。 「はいっ!お願いしますっ!!」 私は手を合わせ祈る。 どーかせめて2回入魂いけますようにっ!! 「ではっ。いきますぞー。」 鍛冶は1度目の入魂をする。 「お。」 鍛冶はチラッと私をみると嬉しそ . . . 本文を読む
コメント

入魂

2017-04-24 19:22:02 | 果鈴
ここ最近呼子ちゃんを見かけない。 駆部ちゃんは狩りやボスに誘われる事が増えたようで 少し疲れ気味みたいだ。 「わぁーっ。額あてが安いっ!!」 いつものように稲葉でフラフラしていた私は 鍛冶の売り物に立ち止まる。 忍者の頭装備は本当地味で全然可愛くないっ! 強ボスへ行く事の無い私は額あてを愛用していた。 防御力は思いっきり下がるけど女子ならやっぱり顔は出さなくちゃっ♪ . . . 本文を読む
コメント

解釈

2017-04-24 01:13:48 | 果鈴
和やかに始まったTD。 最初の敵で私は遁を打つ。 「毎度思うがその華やかさは卑怯だ。」 駆部ちゃんはこの遁が陰陽道の術より派手でズルいとよく言っていた。 「えへへっ♪」 でも私も右音ちゃんのこの遁に惚れて術忍になったんだよなぁっ。 「なかなか術忍さんと組む機会が無いので新鮮ですー^^」 駆部ちゃんの知人の僧が連撃しながら微笑む。 連撃しながら!? あーっ!この方僧兵さ . . . 本文を読む
コメント