何でも実習生の実習日誌

電子工作、模型スチームエンジン工作など、何でも工作が大好きです。
手持ちの工作機械は卓上ボール盤だけ、全て手作りです。

PCオシロのX-Yモード表示  - スイープ発振回路実験 -

2018-10-12 07:56:01 | 電子工作

2018/10/11(木曜日) 雨


バリキャップを同調回路にいれたコルピッツ発振回路のスイープ発振は何とかできあがった。
バリキャップに鋸歯状電圧を加えて駆動すると発振周波数は100MHz~160MHz
ぐらいの範囲で変化する。
この周波数が変化する発振出力を吸収型周波数計(鉱石ラジオ)の同調ダイヤルを手動で回して
受信して検波出力をPCオシロで観察してみた。
通常の2現象オシロ観測は実験済みなので今回はX-Yモードで観測してみた。





その実験の様子を動画でご覧ください。





画像左上の表示域に現れる青い輝線がX-Yモードで表示された検波出力です。
吸収型周波数計(鉱石ラジオ)の同調ダイヤルを回してスイープ発振出力に同調した
検波出力が大きくなると波形の山が高くなります。

このPCオシロ(OWON VDS3104)は入力信号(CH-1、CH-2)の
波形表示域やFFT表示域も同時に表示されているので目的のX-Yモード表示は
小さなものでちょっと残念です。

X-Yモード表示をスペアナの表示として使うのにはちょっと問題です・・・・・・



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« トランジスタの負荷を抵抗(... | トップ | やっと、スクリーンいっぱい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

電子工作」カテゴリの最新記事