ころりん~キラキラ☆

楽しいこと、嬉しいこと、伝えること ころころ~ころりん☆

ごはんを炊くときに 炭をいれましょう

2011-03-27 10:53:26 | 



水の汚染を軽減するために




ご飯を炊く時に炭を一緒に入れるとよいです。

もちろん、塩(いい塩ですよ!)は普段より多く。




炊飯用の炭もありますが、それ以外の炭でも、

自分で煮沸して熱いうちに取り出して、天日に干して使う。

(大気汚染されてたら干せないですが)




◆◇◆◇◆◇◆◇◆




普段からの体つくりも大切です。




きちんと食べて体を動かす。




放射能対策だからといって、急に毎日塩をなめるとか、

しょっぱくても我慢して味噌汁を飲むとか、

そういうことはしなくていいです。




無理を毎日続けていると体もバランスを崩します。




塩を摂りすぎちゃうと、締めすぎちゃって、

体も神経も張り詰めた状態になっちゃうから。




反動で、菓子&菓子パン食べまくりとか。

恐ろしいことです。




きちんと、ご飯(米)を食べることが大事です。

米の炭水化物をしっかり摂ることをお忘れなく。




○普段から、きちんとおいしいと思う塩気の料理を食べること。

○玄米が入るなら、玄米。

 無理なら分搗き+雑穀でもOK!(私は現在これです)

○手作りした梅干し(きちんとした食塩を使った梅干し)を食べる。

(食べられるだけ食べていいです。体が欲してるということだから。)

○味噌汁の具ににわかめ追加してみるとか。

○たんぽぽコーヒーを濃く煮だして飲むのもいいですね。




さらに、これ重要!!

●甘いものはやめる。避ける。食べない。化学砂糖使わない。




できる限り、実施されるといいですが、肉や魚を食べていると

どうしても反動で欲しくなっちゃうし、

こんな状態なので、みなさん緊張もゆるめたいですよね。




甘いもの避けられるのであれば食べないでいた方が、

万が一のときは体が楽だと思います。




できる範囲で。




あと、もっと大事これ基本です!

●よく噛む、しっかり唾液だす。自分で自分を強くする。




何を食べるにしても、ちゃんと噛むこと、

しっかり消化できるようにすることが大切です。




そして基本的には、無理のない生活をすることが大事です。




放射能をあびて具合が悪いぞ!ってときは、

ご飯のおこげ(炭)がいちばんです!




焼きおにぎりや、焼きもち。

梅干し焼いたもの、塩、味噌汁などが助けてくれます。




そばがきもいいです。

蕎麦は陽性な食べ物で、古い傷を押し出す力もあります。




みなさま、落ち着いて、知恵を出し合っていきましょう!!














最新の画像もっと見る

コメントを投稿