koromo_goo_gooですが何か?

日頃のカキコ、食べたぞログ などなど

グリップエンドを交換

2017年09月24日 | 車・バイク
2017年 9月24日

 バイクのグリップエンドを交換した。立ちごけした際にジョリジョリになって剥げてきていたのでかっこ悪いので交換を思い立った。
ナップスでなるべく安いものを物色して買って帰ってきた。
さて、取り付けにかかろうとグリップエンドを外したら何か違う。ハンドルをハリケーンのものに替えていたので取り付け方が違っていたようだ。
ハリケーンはゴムのブッシュが刺さっているだけのようで、引っ張ったら抜けた。
ここに新しく買ったエンドを取り付けた。ありがちなPOSH Faithのエンド(¥2,400なり)である。
ネジをグルグル回して取れたが、結局は引っ張れば取れる単純なものであった。添付されていたM6のネジではゴムブッシュが入りにくくなったのでM5のネジをカインズホームに買いに行き、M5ネジを使って取り付けた。
なんかコロッと落ちそう。。


黒色で角がある丸美を持ったシックな感じでなかなか良い。



ハリケーンのハンドルのエンドである。メッキが剥げている。。



ナップスで買ったPOSH Faithのエンド。お手頃である。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

EDWIN バイク専用設計ジーンズ

2017年09月24日 | 日記
2017年 9月23日

 冬を前に、ナップスで新しいズボンを物色。暖かそうなパンツを各社出していたが、お財布と相談、EDWINから出しているバイク専用設計ジーンズなるものをゲッツ。
裏地が付いていていかにも暖かいですって言っている感じ。


膝あてをポケット下から簡単に入れられる意匠登録を出願している。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お台場に ガンダム ユニコーン

2017年09月24日 | 旅行
2017年 9月20日

 仕事でお台場に行った帰りにガンダムユニコーンを見に行った。
展示は9月24日からだと広告されていたが、既に設置しているだろうと言うことで観に行った。ダイバシティの裏側に向かうとでっかい足が見えてきた。実物大ということで圧倒する迫力である。北朝鮮もびっくり。9月24日から展示ということで、設置工事中であった。


圧倒される迫力である。可動部も動くとのことで、真面目に軍事用か救護用に使えるようにできないか!?



大型建設物であるため、ちゃんと要所要所に警告表示されている。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都、鞍馬寺、貴船神社と安井金毘羅宮へ行った

2017年09月10日 | 旅行
2017年 9月 9日

 久々に京都へ行った。今回は駅からちょっと遠い鞍馬寺とハイキングコース的に山を歩いて行ける縁結びで超有名な貴船神社、それと縁切りで有名な安井金毘羅宮に行った。

鞍馬寺は若かりし頃牛若丸といっていた源義経が修行した場所、また天狗が武芸を教えたとされる「鞍馬天狗伝説」があるところである。
ここから貴船神社へはハイキングコースになっていて、山道を通って抜けることができる。今回この山道を通って貴船神社に抜けた。鞍馬寺もかなりの山の上にあるため、ここの本殿に行くにもそこそこの山である。
本殿金堂には天のエネルギーが降臨するといわれている鞍馬寺正殿前に六芒星(ろくぼうせい)がある。ここの中心に立つとエネルギーを感じることができるということらしい。
ここから山深く登って行って魔王殿があり、そこから山を下っていくと貴船神社がある川音が聞こえる麓にたどり着く。
貴船神社は鬼のように若い女性がお参りとおみくじに並んでいた。貴船神社の奥宮、中宮、本宮をお参りしてからバス、叡山電鉄、京阪を乗り継ぎ花見小路を抜けて、安井金毘羅宮に行った。ここにも鬼の女集団。縁切りなのか縁結びなのかわからないが、縁切り縁結び碑を潜り抜ける順番待ちで狭い境内を
埋めていた。


国際会館から京都バス52番に乗り終点に鞍馬バス停がある。目の前がこれ。



ここを登ると鞍馬山鋼索鉄道(ケーブルカー)乗り場にたどり着く



ケーブルカーに乗っても本殿に行くにはこんな山道を歩くことになる。



年寄や足が悪い人は正直本殿に行くのはやめた方がいい。



日がたっぷり注ぐ明るい場所に本殿が現れる。



本殿前の六芒星(ろくぼうせい)。宇宙のエネルギーを感じることができる。できる。。



本殿からまた奥の院へ山道を歩いてく。岩盤が地表近くのため木の根が露出している木の根道である。



650万年前に金星から魔王が地球に降り立った場所だそうだ。



山を下って貴船神社に辿り着いた。ここを登ったところが本宮である。



鬼の行列、平日ならどうなんだろうか。



川には川床が並んでいて予約客が優雅に食事していた。



祇園に戻って花見小路。なぜかほっとする場所である。



安井金毘羅宮、縁切り縁結び碑を潜り抜ける順番待ちが境内を埋めている。



西花見小路に入ってみたらお茶屋さんから舞妓はんが出てきた。ラッキィ!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加