koromo_goo_gooですが何か?

日頃のカキコ、食べたぞログ などなど

日本橋の高島屋裏のバリ男

2013年02月27日 | 食べたぞログ
2013年 2月27日

 日本橋高島屋の裏の路地にひっそりとあるバリ男にラーメンを食しに行った。
高島屋の裏の小さい路地にあり、人気がないところをウロウロしないと見つからないような店だ。
店に入ろうとしたら横に自販機のように券売機が設置されていた。
券売機のボタンに“気合いラーメン”なるナイスなネーミングのラーメンを発見したのでチョイスしてみた。
店に入り、カウンターで待つ。10分くらい待っていたら出てきた。カウンターに置かれたので取ろうとしたら、
(ちょっと待ってください、今気合いを入れます。)と言ってから・・・(えいっ!) と。。。
憮然としたが、あっ、はいっ、と意味解らず返事していた。超はずかしいんですけどぉ。
気合いラーメン、ぶっとい麺の上にイヤというほどモヤシが置いてある。ほんとにイヤだ。モヤシを掻き分け麺を出すと、黄色っぽいうどんのような太さの麺が出てきた。しかも超ニンニク臭い。スープは背油混じりのコッテリ系で、味はまぁまぁ。でもぱねぇ量だ。冬の寒い中でもラーメンとの格闘で汗だくである。あちぃ~、苦しぃ~と思いながら半分イヤイヤ食べていたら、いつの間にかメガネが吹っ飛んでいた。危うく壊れるところだった。目の前に店員がいるのでたくさん残すわけには行かず苦しかったがソコソコ食べた感があるほどこなした。お腹パンパンである。
もう来ない。苦しいだけだ。
なんとなく勉強した。デカ盛り系の店や、ぱねぇ量を食べた店はまた来ようと思わないことに気づいた。いかん。


ぞっとする量である。ニンニク、唐辛子はデフォルトにあるにもかかわらず目の前にたんまり置いてある。


 
ぶっとい麺がお腹にズシンとくる。


コメント

品川の伝説のすた丼屋

2013年02月27日 | 食べたぞログ
2013年 2月27日

品川の高輪口にある品達の伝説のすた丼屋にすた丼を食しに行った。
お昼を過ぎて行ったので比較的空いていた。当然ながら券売機ですた丼を選ぶ。丼の癖に意外に待たされた。出てきたときのインパクツ。ニンニクくさ~ぃ。まだ仕事なんだけど。。
豚丼でもニンニクがぱねぇ。食べた瞬間から汗腺から匂いが出て来そうな感じだ。でもおいひぃ、ガツガツ行ける。でもぱねぇ量のために途中でギブアップ。
今度行くときはすきっ腹で挑戦するのだ。


ぱねぇニンニクの匂いだ。



線路下に並ぶ品達ラーメンとどんぶり屋。


コメント

静岡 磐田の天婦羅屋 味匠 天宏

2013年02月25日 | 食べたぞログ
2013年 2月24日

静岡磐田の天婦羅屋さん、味匠 天宏に掻揚げ丼を食しに行った。
ここは完全予約制と一般と分かれた店構えになっていて、そこそこいい感じの店である。掻揚げが2枚のっているためデカ盛り系で有名である。
店に入りさっそく掻揚げ丼を頼む。先にお茶が出されてゆっくり寛ぐ。
15分ほどしたら出てきたどんぶりの上には掻揚げがドドーンと2枚。油がテカテカしている。
1枚は蓋に移してから食す。エビがプリプリしていておいすぃ。
しかし、食べていくうちにだんだん苦しくなってきた。意外にごはんの量が多く、掻揚げ2枚あるからバランス的にごはんがなくなると思ったがしつこいくらいに下から出てくる。ごはんの量に苦戦している中で更に掻揚げの油がお腹に溜まっていく感じで、徐々にムカムカしてきた。油がキツイ。
とっても苦しい思いをして何とか食べきった。最初の1枚まではよかったが2枚目に入ってからは罰ゲームだ。油がきつい。まっ、話題性はあるから1度は来ても良いかもしれないが、掻揚げ2枚はきつい。


蓋は最初から閉まらない、取り皿のようにお盆に置いてあった。



さすが2枚、見栄えよく聳え立つ。


 
左側が別館椿で予約無しで入れる。


 
いい感じ。テーブルも広々として寛げる。


コメント

東京駅キッチンストリートの広東炒麺 南国酒家

2013年02月20日 | 食べたぞログ
2013年 2月20日

東京駅外のキッチンストリートにある広東炒麺 南国酒家にあんかけ焼きそばを食しに行った。
あんかけ焼きそばで有名な店で、いつもご飯時には人が並んでいる。今回夕方でも早い時間に行ったので、席が空いていてサクッと入れた。手荷物を預かってくれて席につく。
メニューを見るとやはりあんかけ焼きそば系が最前列を占める。ここは定番五目焼きそばだ。
頼んですぐに中華っぽいトロッとしたスープがきた。スープはどうでもいいと思いながらレンゲですくって飲んだら、激熱で吐き出しそうになった。口の中がヒリヒリする。
そんなことしてるうちに五目焼きそばがやってきた。
口がヒリヒリするのが気になって食べる気がなくなった。口を冷やそうと水を全部飲み干してしまったのでこれでお腹が膨れてしまった。
しかしせっかくなので写真をパシャ。
見た目、普通と言えば普通。食べてみて、普通のあんかけ五目焼きそばだ。人気がある割にはそれなりの値段でそれなりの味の気がする。見ての通りで、大きな期待をしていた分、損した気がした。まずいわけではないので、普通に行く店である。
しかしわざわざあんかけ焼きそばを食べに行くという感じでもない。梅蘭焼きそばのほうがインパクトがある気がする。


ソコソコの見た目であるが、普通と言えば普通。



なんかお持ち帰りも出来るカウンターがある。気が利いている。


コメント

静岡 掛川の中西屋

2013年02月17日 | 食べたぞログ
2013年 2月16日

 静岡掛川にある、正直あり得ない掘建て小屋のラーメン屋中西屋に行った。
以前にも行ったことがあるが、相変わらず汚い小屋みたいな店で、営業されている。
小さい公園の横にボソッと建っているだけなので、知らない人はラーメン屋とは思わないであろう。
店の中に入り、ラーメン、焼きそば、餃子を頼む。周りの人はモクモクと食べている。隙間風がどこからか入ってくる店で、なんとなく寛げない。
しばし待っていると出てきた。焼きそばからだ。焼きそばはガーリックの匂いがプンプン、口に入れるとガツンとガーリックが利いている。見た目は大したことないが激ウマである。
続いてラーメン、餃子とやってきた。ラーメンは醤油ベースにチャーシュー3枚に縮れ麺のパターン。これもウミャウミャ。餃子はまぁまぁ普通である。すべて並盛りで¥500。安さもあり、こんな小屋でもすごく人の回転がある。
でもあまりにも店らしくなくてみすぼらしいので、遠くからわざわざここに来ることはそうないであろう。
一度はチャレンジしてみても良いかもしれない。


ガーリックが利いていて激ウマである。



デカチャーシューがお得感を引き上げる。



具沢山でソコソコおなかに来るいい感じの餃子である。



ゲッと思うような風貌である。


コメント

新橋の豚大学

2013年02月13日 | 食べたぞログ
2013年 2月13日

 リーマンの聖地、新橋のニュー新橋ビルにある豚大学を卒業すますた。
ニュー新橋ビル1Fにある豚大学で豚丼(大)を食した。
仕事終わりに新橋で降りてニューシンバシビルへ。さすがに会社終わりのリーマンがすっきりした顔してウロウロしている。
ビルの中にも待ち合わせをしているような人がうじゃうじゃしている。さっそく豚大学に直行。しかし狭い店内は満席。ビルの中で待つのも暇なのでビルを出て外をウロウロしていたら外側にも入り口があった。そこから偵察するも席がなかなか空かない。も一度ビルに入り中を物色。昭和の匂いがするいい感じの猥雑な店がごちゃごちゃしている。
しばらくしてまた店に行ってガラス越しに除くと食べ終わった客が帰ろうとしていたのでサクッと店に入った。券売機で食券を買い注文。特大サイズがあったが危険すぎるので“大”にしてみた。
豚は注文が入ってから焼くので時間がかかると書かれていた通り、すぐには出てこない。しばし携帯電話をイジイジしていたら出てきた。
いい感じの色艶、ビューテフォー! 店の名前もワンダフォー! しかしでかいっ。
豚大学5か条にしたがい掻き込む。うみゃうみゃである。
でも量がぱねぇ。
ご飯がズシンとおなかに沈む。
ベルトにお腹が引っかかっているのがわかる。しかし掻き込む。うぅぅぅ。食った。
特大を食べている人の気が知れない。。


ビューテフォ~! うみゃうみゃである。



リーマンの聖地、新橋。ニュー新橋、何がニューなのだ。



コメント

静岡 藤枝の芳蘭

2013年02月10日 | 食べたぞログ
2013年 2月10日

静岡藤枝の駅前通りにある芳蘭に行った。

以前も行ったことがあるが、なぜか知らんがそこそこ本格的な中華が食べられる。
今回、ターゲットはなかったがメニューを見て選んだ。そこで即効、みそ挽肉麺にロックオーン。他にも唐揚げが目に入ったが超でっかい唐揚げが出てくることが予想されたのでやめておいた。
しばし他の客の注文を取りながら料理を続行、熱っつ熱の麺が出てきた。
一見大したことなさそうであるが、挽肉が溶岩のように熱を持っている。汁はないので油そばなみに混ぜて食す。
みそ挽肉が麺に絡んでうみゅうみゅである。
お見事。パチパチッ。
何気に駅前通りはシャッター街になりつつあるが、この店は存続を望みたいものだ。また行こぉ。


お上品に装っているが激熱である。



麺にみそ挽肉がねとっとまとわり、ウマウマである。


コメント

東京 武蔵小山のくいしんぼう がぶ

2013年02月07日 | 食べたぞログ
2013年 2月 6日

 武蔵小山にあるくいしんぼう がぶ に がぶ丼を食しに行った。
夜遅くなってしまったので、酒飲みがいるかと思ったが、平日だからか、2人カウンターに居ただけで静かにごはんを食していた。というか思っていたより小さい店である。カウンターは並んでも5人くらい、2人席が3つで、こじんまりした店である。
店に入ってさっそくメニューを見てがぶ丼をオーダーする。もちろん、大輪の花、大(肉370g)盛りにした。
しばしカウンター内の厨房でシコシコと仕込んでいたかと思ったら出てきた、出てきた。
ぉぉぉおおー、ビューテフォー!!。お見事である。
さすが大盛り、デカイ!
さっそく食す。肉は黒胡椒がガツンと利いて超ウマ。肉がビロビロ華やかな分、ごはんは少ない。全然足りない感じである。
しかし肉の量が多いので、ビールのおつまみにもなる。
これは一回は食べるべし。超インパクトのあるどんぶりなり。


お見事!並は\1,200であるが、大盛りは\1,700となる。しかしインパクトがある。



こじんまりした飲み屋のようである。


コメント

静岡 藤枝朝ラー 竹乃や

2013年02月03日 | 食べたぞログ
2013年 2月 3日

 藤枝朝ラー、 焼津の竹乃やに行った。
久しぶりの竹乃や、今日は温並、冷並両方たのんだ。
朝ラーと言っても今回は11:00過ぎに行ったのであるが、まだ満席状態。周りの人も朝というより昼ラーメンを食しに来ているような様子であった。
混んでいたので意外に待った気がしたが温からやってきた。相変わらずとろっとしたスープが絶品である。ズルズル食べ進んで半分を過ぎた頃、冷がやってきた。
体も熱くなってきたので丁度よかった。温を完食、続いて冷に進む。冷たいスープに締まった麺とわさびがお見事である。
わさびのツンとした感じがとってもいい感じ。これはこれでズルズル進む。
温と冷両方を食すとさすがにおなかにガツンとくる。お腹が重い。それでもまた食べに来たくなる、なんとも言えない味である。また来よぉぉ。


相変わらず絶品スープである。温並、冷並合わせて\1,000なり。



わさびが絶妙な味を醸し出す。お見事である。




コメント