10月 30日

2020-10-29 13:34:50 | Weblog
                        障子貼る・障子入れる・襖入れる・障子替える


     禅寺の大障子張る雨の日に           細見綾子


     障子貼り替へし座敷に碧の軸          栗田やすし


     障子貼る朝より風のなき日和          下里美恵子


     山の日を集めて峡の障子貼り          藤田岳人


     声ひびく仏間の障子張り替へて         岸本典子


     二人居や不器用に貼る白障子          武藤光晴


     茅屋根にやはらかき日や障子貼る        井沢陽子


     貼りたての障子明かりに嬰寝かす        久野和子


     貼り終へし障子にぬくき入日かな        幸村志保美


     貼り替へし雪見障子に鳥の影          高木佐知子


     障子張り蛹のやうに眠りけり          八尋樹炎


     谷川の音を遠くに障子貼る           高橋幸子



          



     相睦ぶ薄きへだての障子貼る          林 翔


     貼り替へし障子の中に寝過しぬ         菖蒲あや


     障子貼るひとり刃のあるものつかひ       橋本多佳子


     ささやかな幸逃さじと障子貼る         朝倉和江


     親鸞の話障子を貼りながら           関戸靖子


     月を待つ如く貼り終へたる障子         今瀬剛一


     話しつつ妻隠れゆく障子貼           白岩三郎




          
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月 29日 | トップ | 10月 31日 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (gogo55dokomademo)
2020-10-30 09:54:32
いつも素敵な俳句をありがとうございます。障子貼りってとても大変で面倒だと思っていましたが、大変ですが終わった後の心地よさもとても良いですよね。昔から多くの皆さんも同じように感じていたのだなあと思うと、そんな人々とつながっているような親しみを感じました。
又今年もそういう時期になったのですね。
障子貼り (ころころ)
2020-10-30 14:15:25
ノハラさん、こんにちわ🎃

今日はお仕事でしたか?お疲れ様です

ノハラさんの時代と私の時代は違いますが
昔は障子、襖の部屋がいっぱい有ったんです
家は佃煮屋ですから12月はおせちなどなど
三人兄弟も駆り出されて家業を手伝いました
ですから11月には障子貼りの手伝いでした
子供ですから貼れないので、桟の水洗いでした
今よりずっと寒い11月でしたよ

今は日本間も少なくなりましたね
Unknown (gogo55dokomademo)
2020-10-31 22:23:31
幼い頃のお話、ありがとうございました。生家は佃煮屋さんだったのですか。それでは毎日忙しかったのでしょうね。活気もあったのでしょうね。しかも、男の子3兄弟だったのですか?すごい賑やかなお家だったのでしょうね‼️
ありがとうございます (ころころ)
2020-11-01 06:02:59
墨田区亀沢で生まれ牛島神社が産土の神様です
小さな町工場が多く、同級生の匂いはみんな
家業の匂いがしていました
我が家は姉・兄・私の三兄弟
そのころの子供はよく親の手伝いをしましたよ

ノハラさんのブログでの子育てのお話
下町だったから余計に子供は町で育てる意識が強く
お祭りの世話人はどこの子供の名前もすべて
知っていたような気がします
鍵をかけなくても眠れたのは町内が顔見知りだから
なんて思っています

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事