7月 1日 半夏生

2020-06-30 13:43:07 | Weblog
                       半夏生(夏至から11日目)・半夏・半夏雨

          七十二候の一つ『半夏生(はんげじょうず)』です。
          半夏とは烏柄杓(からすびしゃく)という植物の別名で、この毒草が生ずる季節という意味です。
          また、田植えの目安とされ、この頃までには田植えを終えるべきとされていました。
          この日に降る雨を半夏雨(はんげあめ)と言い、この雨が降ると大雨が続くと信じられていました。
          まだ梅雨の雨が激しく降っている地方も有るようですどうぞお気をつけて下さい

           (写真はからすびしゃく)


     漱石の座禅の寺や半夏雨             栗田やすし


     門前に智恵の餅売る半夏かな           小長哲郎


     古書店の匂ひこもれり半夏雨           国枝隆生


     丸薬の臭ひの強し半夏雨             山 たけし


     金槌で砕く黒糖半夏生              関根切子


     医者嫌ひ通して傘寿半夏生            鈴木みや子


     半夏雨上総暮しに慣れし庭            武藤光晴


     フルートを遺影に奏づ半夏雨           松本恵子


     犬の子の長き手足や半夏生            前野一夫


     味噌樽にたまり滲み出す半夏生          倉田信子


     半夏生小屋に褪せたる農暦            久野和子


     能楽堂松に降り込む半夏雨            石川紀子



          

            半夏生、半化粧 ( ドクダミ科の多年性落葉草本植物 )


     いつまでも明るき野山半夏生           草間時彦


     バッグ一つ提げて入院半夏雨           鈴木真砂女


     何噛みて舌頭にがし半夏生            能村登四郎


     塩入れて湯の立ち上がる半夏生          正木ゆう子


     夜へ継ぐ工煙の炎や半夏雨            角川源義


     先を読むことの空しさ半夏雨           佐藤鬼房




          

            関西地方では稲の根が、タコの足のように四方八方しっかりと根付きますようにと
            食べられているようです
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 6月 30日  | トップ | 7月 2日 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (夏子)
2020-07-02 17:48:27
両親の故郷では、半夏生の日に、以後の暑に耐えるべく、老いも若きも、またいかなる身上の家でも、一人に一本宛ての鯖の塩焼きを食べたそうです。

そんな訳で私も子供の頃は半夏生には鯖をいただきましたので、結婚後の地であるこちらのスーパーでは蛸が並べられているのを見て驚きました。所変われば・・・、ですね。
半夏生 (ころころ)
2020-07-02 19:51:20
夏子さん、こんばんは☆
鯖は若狭でしょうか?
ころころはずっと関東でこの半夏生の
食べ物は知りませんでした
冬至の南瓜のように
節気の食べ物なら当たり前なのでしょうけど・・
うどんを食べる地域も有るようですね

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事