6月 29日

2020-06-28 13:43:58 | Weblog
                      夕菅・黄菅

     海鳴りや黄菅群れ咲く葦毛崎           栗田やすし


     夕菅の芽吹けり水の中にまで           都合ナルミ


     夕菅や単線果つる海の町             舩橋 良



          


     古道跡石に黄菅が咲くばかり           鍵和田釉子


     日光黄菅後姿の夏を見き             川崎展宏


     夕菅やつぎなる湖ヘカヌー抱き          中戸川朝人


          


     魂魄の塔にすがりし忍冬花            沢木欣一


     忍冬の垣に錆びをり屋敷町            武藤光晴


          


     忍冬神の噴井を司る               阿波野青畝


     すひかづらたまの揚羽のながくゐず        中村汀女



          


     鉄柵の透き間に見ゆる花擬宝珠          清水弓月


     兄恋ふや遺愛の擬宝珠芽生えたる         矢野愛乃


     水音にそひて歩けり花ぎぼし           日野圭



          


     錦帯の橋の擬宝珠に花のかげ           鈴鹿野風呂


     絶壁に擬宝珠咲きむれ岩襖            杉田久女


     湖明けて一襞もなし花擬宝珠           秋元不死男

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 6月 28日 | トップ | 6月 30日  »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
擬宝珠の花 (夏子)
2020-06-28 14:53:42
擬宝珠は、亡母が大好きな花でした。
いつか句にしたいと思いつつ、思いが強すぎるせいか、なかなかものになりません。
Unknown (jikan314)
2020-06-28 16:20:24
いつも拝見しております。
キスゲって、黄菅と書くのを初めて知りました。
字も知らないと恥じ入るばかりです。
又お邪魔します。
擬宝珠の花 (ころころ)
2020-06-28 18:33:17
夏子さん、こんにちわ
こめんとありがとうございます
少し前に近くの植物園に散歩に行って
帰りましたが今年はまだ蕾でした

本当に思いの強い花を句にするのは
難しいですよね
今日は沙羅の花の落花を見てきましたが
イメージでは分かっていても詠めません
俳句は生涯かけての勉強になりそうです
きすげの花 (ころころ)
2020-06-28 18:41:41
(jikan314)さんこんばんは

こちらこそjikanさんのブログで勉強させて
頂いています 

実際黄菅ももう少し後の時期に開花です
今日の植物園は萱草の花の盛りでした
その色も茜色で美しいものです

ご訪問ありがとうございました

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事