10月 2日

2020-10-01 16:24:32 | Weblog
                         木犀・金木犀・銀木犀


     金木犀風の行手に石の塀            沢木欣一


     木犀の匂へる宿の能登飯田           細見綾子


     訃報きく金木犀の幽かな香           上杉美保子


     板塀を越えてこぼるる銀木犀          小島千鶴


     金木犀ほろほろこぼる通学路          遠藤斎子


     木犀の散り敷く薩摩義士の墓          角田勝代


     金木犀かをる町屋の奈良格子          石川紀子


     木犀の風やはらかし産着干す          玉井美智子


     木犀の風吹き抜くる杓子庵           矢野愛乃


     薬師寺を出て木犀の香を浴ぶる         二村満里子


     木犀や僧は縁側より来たり           内田陽子


     酒汲めり木犀の香に窓を開け          服部達哉


     木犀や弓道場に弦の音             山田悦三



          

              銀木犀



     木犀や夕じめりたる石だたみ          芥川龍之介


     銀木犀文士貧しく坂に栖み           水沼三郎


     町屋根の反り金木犀の土塀際          加藤耕子


     山麓の百年の家銀木犀             坪内稔典


     振り返りても木犀の見当らず          片山由美子


     金木犀部屋かへて読む放浪記          鍵和田釉子


     友らみな白髪をまじへ銀木犀          三橋鷹女



          
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 10月 1日 | トップ | 10月 3日 »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
香り (夏子)
2020-10-02 16:42:29
>振り返りても木犀の見当たらず

木犀しかり、沈丁花しかり・・。
芳香はいつも控えめですね。

新しい背景が、爽やかです。
訂正です (夏子)
2020-10-02 16:48:48
見当らず

でしたね。

「見当たらず」と変換されたのに気づきませんで、最終確認を怠りました。
片山由美子さんに失礼ですので、訂正を<(_ _)>
確かに (ころころ)
2020-10-02 17:17:53
夏子さん、こんばんは
きょうはあちこちで木犀の香を感じました
そのたびに四方の中空に探しました
本当にまだ蕾でもかぐわしいのに
明日当たりはきっと満開でしょう

今日は満月です
観月をお楽しみください

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事