6月 29日

2011-06-29 00:21:39 | Weblog
               ( 凌霄花・のうぜんかずら )


昼頃に少し時間がとれたので伊吹嶺の友人へ連絡。白山神社の紫陽花祭りへ行ってみたが一昨日に終了
ということ・お誘いして申し訳なかった。
白山神社には富士塚もあり7月1日のお山開きの準備にか多くの植木職人が入っていた
そんな景色も句に仕立ててしまうのも俳句の楽しみかもしれない
お昼は蕎麦屋でもりそば二枚にビール(仕事中につきとコップに二杯で遠慮する?)
町の日差しはまさに盛夏、凌霄花,エンゼルトランペット、アメリカ凌霄花など夏の印象深い
花ばなが咲いていた


幻生の長塚節の凌霄花             石原八束


凌霄花のあふられてゐる門に着く        八木絵馬


乗り出して風と遊べる凌霄花          吉江八千代


凌霄花鎧戸白き司祭館             後藤真佐子




エンゼルトランペット(木立朝鮮朝顔・ダチュラ)


ダチュラ咲く水底に似て島の闇          黒田杏子


咲き揃ふダチュラ百管農繁期           張替総史




コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 6月 28日 | トップ | 6月 30日 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凌霄の花 (晴夫)
2011-06-30 17:47:10
凌霄の花は近所でも咲き始めました。これを見ると昨年手遅れの大腸がんで亡くなった、近くの居酒屋(店の前に立派な凌霄の花を咲かせていました)の主を思い出します。大柄で顔つきは怖いが、心根の優しい人でした。息子が跡をついでいますが、凌霄を切ってしまいました。私も足が遠のいています。駄句
居酒屋のあるじ偲べり凌霄花
凌霄の花 (ころころ)
2011-07-01 00:26:20
晴夫さんこんばんは
なるほど一つの花の印象にある店や人は有るもの
ですね そう言われれば今ごろあそこの路地の
凌霄花も盛りだろうと思い出す場所があります

居酒屋のあるじ偲べり凌霄花    晴夫

晴夫さんの優しさのお句ですね

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事