7月 4日

2019-07-03 16:19:31 | Weblog
              夕顔(季=夏)・夜顔(季=秋)




     百姓の渋きしはぶき夕顔棚            細見綾子


     夕顔の地に触れて咲く雨上がり          丹羽康碩


     夕顔の襞解くまでのうすみどり          平松公代


     夕顔の終の一花や訃のしらせ           漆畑一枝


     夕顔や連歌師来たる滝之坊            中川幸子



     夕顔に母よ短い杖ついて              三橋鷹女


     夕顔や櫛すべりたる洗ひ髪             鷲谷七菜子


     夕顔のとどまりがたき花の数            中村汀女




          



     咲き出づる夜顔に酔覚めにけり           影島智子


     夜顔の花のうしろに廻りけり            大野信子


     少し手に余る花なり夜顔は             高澤良一


コメント   この記事についてブログを書く
« 7月 3日 | トップ | 7月 5日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事