8月 5日

2019-08-04 15:57:01 | Weblog
                朝顔・牽牛花  <季=秋>




     朝顔に水やりしあと月待ちし          細見綾子


     野朝顔断崖つづく喜屋武岬           栗田やすし 


     綾子忌の雨に色増す牽牛花           武田稜子


     子規庵のあさがほの青色褪せし         玉井美智子


     朝顔の鉢二つ提げ銀座線            森田とみ


     朝顔の蜜吸つて母忍びけり           上田博子


     朝起きてまづ朝顔の花数ふ           太田滋子


     母の庭地を這つて咲く牽牛花          伊藤貴美子


     朝顔の紺ばかり咲く町工場           鈴木英子


     野朝顔からまる岩や自決壕           平千花子


     鉢植の朝顔並ぶ無人駅             鳥居純子


     朝顔の小ぶりとなりて紺深し          山下 護




          



     休暇はや白朝顔に雨斜め             中村汀女


     朝顔の紺のかなたの月日かな           石田波郷


     海の色に朝顔咲かせ路地ぐらし          菖蒲あや


     朝顔や風にさらはれさうな母           鍵和田釉子


     朝顔や足袋を持参の稽古事            小川軽舟




          
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 8月 4日 | トップ | 8月 6日 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
朝顔 (夏子)
2019-08-04 21:00:50
>海の色に朝顔咲かせ路地ぐらし

格調高い句も味わい深いですが、朝顔には、この句が一番似合っているように思います。
朝顔 (ころころ)
2019-08-05 20:38:10
今日も暑かったですねぇ

菖蒲あやさんは東京葛飾生まれ
岸風三楼⇒富安風生⇒菖蒲あや の流れ 代表句も
路地に生れ路地に育ちし祭髪
粋な一句ですよね

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事