初心者でもわかる経済・時事ニュース

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

入社試験に落ちた場合

2016-09-18 09:20:18 | 日記
早いところでは、高卒見込み入社試験結果が、火曜日には学校に届くようです。
高卒で学校を通して入社試験の受験の場合、校内選考である程度ふるいにかけられ、
人数制限のある中で入社試験を受験しますが、
残念な結果になることもあります。

ただ長い人生の中、第一志望に合格することで、一生涯安心ということは、
残念ながら、保証できないのが常です。
私自身合格したくて、それなりに努力もし、会社でも頑張りましたが、
それでもリストラ対象になり、退職となってしまいました。
一緒に受けて落ちた同級生は、二次募集の信用金庫に行き、
支店長さんの勧めでお見合い、地元の名士の息子さんと結婚、
子育てを終えてから就職活動後、某会社の事務員の正社員として働いています。
また、別の同級生は、中小企業へ行き、そこでの経験を活かし、
昔落ちた会社(一部上場企業)へ途中入社し、30代で部長となり、同級生はおろか、
高学歴の男性が部下になっています。

ですから、本当何が幸いするのか、本当に分かりません。
ただ途中入社の場合、今までの職歴で採用となります。
ただぼーっと10年働いていても、今までより待遇のいい会社へ採用されるのは、奇跡に近いです。
少なくとも、3年間あらゆるノウハウを身に着け、そこで勝負できるようにしておくこと。
私は、今働いている会社は転職組の一人ですが、
その会社で必要な資格を取得していたことが、採用の決め手となったようです。

今は転職自体、サラリーマンの4割近くする時代ですから、珍しくも何ともありません。
ですから、落ちたことは残念ですし、悔しいですが、それをばねにして頑張ってください。
実際私も手が痛くなるぐらい履歴書を書き、自分は社会から必要とされてないと、落ち込んだこともあります。
でも、今「その会社に縁がなかっただけ」だと、今では思えるようになりました。

自分を幸せにできるのはやはり自分だけです。
自分のこれからの人生を大事にしてください。
人生90年ですよ!!
今より若い時はないです。
後悔少なき人生をお互い送ってきましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9/17 経済時事ニュース | トップ | 小売り情報 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事