ミドルシニア的な自分らしい幸せな暮らし方

事例案件3000件以上の経験を持つ住まい&収納デザインのプランニングプロが日常の気づきを面白おかしく綴る日記

帰省と帰郷

2017-11-22 | 日記

11月も下旬、寒くなってきましたね。
もうすぐ年末、そしてお正月です。

そろそろ年末年始ふるさとへ帰る計画を立てはじめているのではないですか?
先日、クイズ番組を見ていましたらこんな問題がありました。
「帰省」と「帰郷」の違いについてです。
「帰郷」は単にふるさとの帰るという意味で、「帰省」とはふるさとに帰って親の安否を確認するという意味があるそうです。
親の安否を確認するって・・・泣かせますね。
ネット社会の現代では、メールもしかしたらスカイプなどの画像で交信することができます。
元気にしてるのか病気はしていないか・・・。世界中ネットが通じる場所なら、子が親を思ったり、親が子を気遣ったりが簡単にできる。
便利な世の中になりました。

しかし、やっぱり会いたいものです。帰省っていい言葉ですよね。
私も嫁いで親元を離れ遠くで暮らしていました。
夫婦でいる時はまだよかったのですが、父が逝き母だけになったときはさすがに寂しそうでした。
今のこの年になって、ようやくその寂しさや子に会えた時の喜びが深く理解できます。
若い時には自分の生活が毎日怒涛のように動いていたので図ることができなかった親の思い。
あの世があるのなら親に会ったら誤らなければいけないことがいっぱいある。

「お母ちゃんらのことはええんじゃけ、からだに気をつけてがんばりんさいよ。」
そんな言葉に甘えて暮らしていた。
今更ではありますが・・・帰省の意味に深く感銘を受けて私なのでした。


今度は待つ身、孫に似合うのが待ち遠しい。

がんばっていきまSHOW  

こちらアメブロも書いてます click→☆☆☆

ブログランキの道でグに参加してます下記ボタンポチっとお願いします  

にほんブログ村 住まいブログ 住まい方へ

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暮らしは変わっても家は変わ... | トップ | こころのままに »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事