こりすの工房便り

趣味の手芸や旅行、日々の出来事を紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

九州旅行 18 熊本城1

2013-08-07 17:42:28 | 旅行―九州地方
熊本城



実は今日、4回目の更新なんです。


九州旅行3日目、阿蘇から熊本市内へ。

熊本城の見学です。

駐車場から入り口までガイドさんが案内してくれますが、あとはフリータイム。

トップの写真で気がつきましたか?
熊本城おもてない武将隊の一人が立っていますよ。


お城のシンボルの銀杏の木


熊本城は別名「銀杏城」と言われていますが、
篭城戦になった時の食料確保のため、築城時に加藤清正がこの銀杏を植えたと伝えられています。



本当に立派ですね~~~

この石垣もすごい

石垣の上部になるほど垂直になっていて、「武者がえし」といわれています。



中に入ります~~~


熊本城の模型


しゃちほこ


天守閣


天守閣からみた風景



昭君之間
将軍(豊臣秀吉の子・秀頼)を迎えるために造った部屋だそうです。

この部屋、襖絵や天井絵が素晴らしい!
写真ばかりです。
















ため息が出るくらいでした。
ここはフラッシュなしの撮影はOKでした。

コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 2013年のツバメ 8.7 | トップ | 紫紺野牡丹 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yasukon)
2013-08-07 20:47:50
こんばんは!
私も一度だけ行ったことが有ります。
立派なお城ですよね。
さすが細川家と思いました。
綺麗に撮れていますね♪
天守閣に登るのも急な階段でしたでしょ。
こんばんHA (雨漏り書斎主人)
2013-08-07 23:58:21
車窓からしか観たことないんですぅ (>_<)

流石、築城名人 清正公の城ですね
ホント 立派です ♪

ご紹介有難くぅ
おはようございます (こりす工房)
2013-08-08 09:08:09
yasukon様

熊本城、随分前に一度行ったきりで、
こんな感じだったかな~~~
とうろ覚えでした。
お城の前の大きな銀杏は覚えていました。

新しくできた昭君之間も美しく見事でした。
お城って、階段というより梯子が多いですよね~~~
おはようございます (こりす工房)
2013-08-08 09:17:03
雨漏り書斎主人様

今回はお城の入城がツアーに入っていました。

近くまで行っても入れないことってありますよね~~~
四国へ行った時、お城を見ながら一つも入ることが出来なかったのが残念です。
懐かしすぎる (小百合)
2013-08-08 20:02:06
こんばんは。
新婚旅行は九州でした。
熊本城行きました!。
もう35年も前のことです。
・・・ほとんど忘れています。
あんなに天井は綺麗だったかな~?

札幌に戻ったら当時の写真を見直してみます!
こんばんは (グリーンリーブス)
2013-08-08 20:11:22
熊本城に行かれたのですね。

わたしは若い頃、主人の転勤で熊本に住んでいました。
懐かしく思い出しました。
熊本城も行きました。
立派ですよね。

楽しんでこられて良かったです♪
熊本城 ()
2013-08-08 21:03:30
きれいに撮れましたねー
私も写真を撮ったのですが、こんなにきれいに撮れなくて。
久しぶりに見られてうれしかったです~

それにしても加藤家と徳川家のせめぎあいって面白いって思いました。
おはようございます (こりす工房)
2013-08-10 07:35:41
小百合様

コメントのお返事がおそくなってごめんなさい。

私も熊本城は30年弱前に行ったきりで、
お城の前の銀杏の木は覚えていたのですが
あとは全然記憶になかったです。(笑い)

昭君之間は新しく整備されたものだと思いますよ。
おはようございます (こりす工房)
2013-08-10 07:37:44
グリーンリーブス様

コメントのお返事がおそくなってごめんなさい。

グリーンリーブスさんは熊本に住んでいらっしゃったことがあるのですね。
転勤って大変って聞きますが、
一度も経験がないのでちょっぴり憧れます。(笑)

街中にお城があるって町の誇りですよね!
おはようございます (こりす工房)
2013-08-10 07:40:19
 m様

コメントのお返事がおそくなってごめんなさい。

到着した時は小雨が少しだけ降っていて、
周りの緑がとても綺麗でした。
お城はやっぱり青空が欲しかったですね。(笑)

戦国時代、どちらに付くかで天国と地獄!
情勢を読む力がないと生き抜けなかった時代ですね。

コメントを投稿

旅行―九州地方」カテゴリの最新記事