カワセミ側溝から (旧続・中岳龍頭望)

好きな言葉は「のこのこ」。好きなラジオ中継「相撲」。ちょっと苦手「煮た南瓜」。影響受けやすいけど、すぐ忘れます。

疑惑は掘り下げられるか

2008-09-21 | 時事

 飛行機の待ち時間にビールを飲んだのだが、到着後車を運転しなければならない人がいて、少し重い空気になった。連鎖的に判明したが、それは聞いた以上いけないことだと発言した本人でさえ車を運転しなければならないらしい。もちろん時間的な関係があるのだが、飲んだ時間から5時間ほど後になる予定だから、微妙といえばそうなのかもしれない。
 大田農相が辞任したが、責任を取るというより、これも失言によるところが大きい印象を受ける。もちろん他にも叩けば問題が出ることも確かそうだったし、次の選挙に向けての本人以外の事情なのかもしれないが、見た目からいうと「じたばたする」という言葉の使い方だけだといってもいいかもしれない。もちろん認識に甘さがあるということなのかもしれないが、本来的な意味として、既に混ざったものを飲んだり食べたりした人が、そのために健康被害をこうむる可能性は低く、パニックをあおってはいけないという判断を伝えたかったものだと素直に読める。マスコミと大衆は素直でないから餌食になったと読むべきだろう。資質の問題や本来的な問題となんら関係無いが、そんなものである。もちろん僕は同情的でもないし、庇う心情も無い。無いがこれで問題解決は遅れるだろうとは容易に予想は出来るだけである。ますます躍起になって表面を取り繕うことに専念されるからだ。
 テレビで三笠フーズのトンネル会社の取材を見た。見事に内情が分かったのだが、記者がこのようなことをして消費者に影響が出ないとは考えなかったのかというような誘導尋問をして電話を切られていた。テレビ的に欲しい絵というものは分かるが、これで表面的な取材は終わったと見るべきだろう。たぶん、本当に真相を伝えたくは無いのだろうと思う。面白い物が撮れたらテレビの仕事は終わりということだ。しかし住所を当たったらトンネル会社そのものに当たるようなずさんさというインパクトは確かに面白いが…。
 構造的な癒着があった可能性は非常に高いだろう。しかし、その糸は簡単に切れるのである。この事件以外の可能性はどうだろうか。普通に考えて偽装の撲滅は不可能であるが、相当減っているはずであるとは思われるものの、これだけ大きなものが明らかにされた。まだまだ高枕で寝ているような人だっているのであろう。
 社会的な制裁というものが必要なのかということはひとまず措くが、法律よりも有効である可能性は否定できない。多少神経質すぎて窮屈であるにせよ、昨日の世界より、今日は少しだけ安全になっているのかもしれない。もちろん明日がそれ以上に安全である保障は無いのだが…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 本体は何処へ? | トップ | 贅沢は敵 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

時事」カテゴリの最新記事