幸力の会公式ブログ

レイドウレイキ卒業生の同窓の会です。臼井レイドウレイキマスターと卒業生の交流の場としてイベントなどを企画しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年2回目のレイキカフェ終了

2014-04-30 13:37:40 | 活動報告と体験談
幸力の会の皆様、こんにちは。

2014年第2回目レイキカフェ無事に終了致しました

沢山の方にご参加頂きました。
ありがとうございます



少人数で細やかにしっかりと学べる講座は貴重です。

けれど集中レイキやレイキマラソンなど人数がいないと味わうことの出来ないエネルギーの流れもあります。

発霊法なども大人数ですると部屋中に氣が満ちてなんとも言えない心地良さを感じられます。

経験やキャリア、レイキを学ばれた想いや理由も様々だと思いますが同じレイドウレイキを学んだ者同士の交流。

そこには幸力の想いのように温かさや大きな愛を感じ、エネルギー交換している姿、そして真摯にレイキと向き合っている姿がとても美しかったです。

エネルギーの交換と共にそれぞれの方の感想や質問などをシェアする時間、学びと共に心や気持ちの分かち合いでもあったように感じました。

ご参加された皆様はいかがだったでしょうか?


貴重な休日。
体調が優れなかったり、お仕事の前後に来て下さった方もいらっしゃいました。
ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございます。

皆様にとって楽しく充実した時間になっていればと思います。

そして青木先生・小川先生、全てにおきまして本当にありがとうございます。


レイキカフェ、次回のオープンも計画中です。
楽しみながら癒され練習にもなる、そんな気軽に来て頂ける会になればと思います。
今回ご都合が悪かった方なども次回ご参加頂けると嬉しいです。

次回また皆様にお会い出来るのを楽しみにしております

幸力の会 幹事 澤田&鹿島

コメント

生還を祈ります。

2014-04-19 12:02:31 | 幹事ブログ
幸力の会 皆さま、こんにちは
幹事の澤田です。

暦を見ると、明日は二十四節気の穀雨。
田畑の準備が整い、穀物の成長を助ける春雨が降る時期となりました



すでにニュースでご存知かとは思いますが、
韓国の旅客船「セウォル号」の転覆事故は発生から3日が経過しました。

韓国政府は海洋警察や海軍の船舶、多数の潜水士を救助に投入しているものの、
速い潮流や海水の濁りなどで作業は難航。
救出作業は時間との戦いになっています。


地震で被災し建物に閉じ込められるなどした場合、
発生から72時間を過ぎると生存率が大きく下がるといわれていますが、
海上では生存者を取り巻く条件はより厳しいとのこと。


遭難者のご家族は胸がはりさけそうなお気持ちでしょう。
最後まで奇跡を信じて、遭難者の無事を祈りたいと思います。



この事故で日本の瀬戸内海で発生した紫雲丸事故を知りました。
紫雲丸事故は、1955年、昭和30年5月11日早朝、
瀬戸内海に出航した宇高連絡船「紫雲丸」が貨物船と衝突して沈没しました。
168名の方が亡くなりましたが、うち108人は修学旅行の
小中学生や引率の教師だったそうです。



この事故の発生後、四国と本土を結ぶ瀬戸大橋の必要性が強く言われ、
建設促進の一つのきっかけとなったようです。
また、泳げない子どもをなくすために全国の小中学校に
プールが設置されるようになったともいわれています。



さまざまな機器が発達し、安全性や利便性が増した現代社会ですが、
想定外との言葉が飛び交った原発事故が起こった今、
事故やエラーもありうることを前提に、
それを防止するシステムや策を講じていくことを
教訓として生かしていくことが必要です。



遭難者の無事を祈るばかりです。
そして、同じ事故が繰り返されることのないよう願ってやみません。


幸力
コメント (2)

自分のルーツ

2014-04-02 13:00:23 | 幹事ブログ
幸力の会の皆さま、こんにちは幹事の鹿島です。

4月、桜も咲きすっかり春ですね

お花見はもう行かれましたか?



突然ですが皆さま、ご自分のルーツはご存知ですか?

私は、両祖父母が亡くなる前にしっかり聞いておけばよかったと後悔しております

私は母も父方の祖父も3日が経ち日なので、父と毎月3日頃にはお墓参りに行きます。

お墓に刻まれた沢山の名前を見る度に、自分の先祖は遡るとどこの人なんだろうと疑問を持ち、何度か父に尋ねていました。

そのたびに父は「うちの先祖はみんな地元」と答えるので、なんとなく腑に落ちないままいつも黙って聞いていました。


先日、友人から自分の先祖は青森の戸来村だった。
この村に住んでる人は皆、外国人のように彫りが深い顔立ちで~と話を聞き、
羨ましく思った私は改めて父に本当にルーツが地元なのか尋ねてみました。

変わらない答えに、思わず「つまらない。大抵は地方から移り住んでくるのに…」と呟いてみると

…遡れば茨城県の鹿島神宮だよ」と…


父よ、ずっとずっと私が聞きたかったのはそこです


調べてみると東京駅から朝は10分おきに鹿島神宮まで高速バスが出ていることが分かり、初めて鹿島神宮へ行って来ました!



本殿の先から木々のエネルギーと良い氣に満ちた所でした



特に地震除けの要石の周囲はエネルギーが高くそばにいると頭がクラクラしました


そして明石浜に立つ東一の鳥居

ここは高千穂~剣山~高野山~吉野山~伊勢神宮~富士山~明治神宮~皇居を結ぶレイラインの左端に位置する鹿島神宮の海からの入口。

すべての始まりの地と言われているそうです。

ここには3・11の時に大きな津波が来なかったそうです。



ここまで連れて来て頂いたタクシーの運転手さんは
「鹿島様が護ってくれてるから」と言っていました。

「実は私、鹿島という苗字なんです」

と告げると目を丸くして私を見つめ途中からメーターを上げて帰り道だからと幾つかの場所に案内してくれました。

私の地元は鹿島という苗字でいっぱいなのですが、いま茨城県に鹿島の苗字は少ないそうです。

最後に夕日を見てから帰りなさいと鹿島城跡に連れて行ってくれました。

北浦湖畔に立つ一の鳥居が見える高台



美しい夕陽でした

私が行った時にはまだ早くて咲いていませんでしたが、この鹿島城跡には沢山の桜が植わっていて桜の名所だそうです。

鹿島神宮は邪魔するものをはねのけ進むパワーがあり意を決したものが行くべきパワースポットと言われているそうです。

心身共に満たされた温かな旅でした


お金さえかければ1000年前までご先祖様は遡れるみたいですが、
ぜひ皆さまもご祖父母さまが元気なうちにご自分のルーツを1度聞いてみたり、
ご自分が元気なうちにお子さんやお孫さんにお話しするなど話題にして頂けたらと思います。


4/29はブログやメールでもご案内しましたが2014年二回目のレイキカフェです。
気候的にも良い時期だと思いますので皆様にお会い出来るのを楽しみにしております

コメント (2)