幸力の会公式ブログ

レイドウレイキ卒業生の同窓の会です。臼井レイドウレイキマスターと卒業生の交流の場としてイベントなどを企画しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

4/29青木先生講演会&ワークショップ活動レポートと感想文

2011-05-08 23:47:08 | 活動報告と体験談
幸力の会の皆様


あっという間に過ぎたゴールデンウィーク。
皆様はいかがお過ごしになりましたか?

私はこのGW中にセンターで随分お世話になり、
長い間心の奥底にしまってあった思いを手放し、
新たな気づきの扉が開けたように思います。

さて、4月29日(金・祝)にヒューマン&トラスト研究所に
おいて、青木先生講演会 大震災から学ぶ「新たなヴィジョン
の創作」とワークショップが行われました。そのほか「祈り」の
ダンス(鎮魂の舞い)や伝承霊気、ヒーリングなど盛りだくさんの
内容でした。

活動報告をと思っていたのですが、青木先生の講演会中に
不思議な体験をし、席を外してしまいましたので、今回は
参加者のリュウさんに報告をお願いしました。
詳しくレポートしていただき、ありがとうございました。
皆さんもどうぞお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日4/29、レイドウレイキ本部のある川崎市のヒューマン&トラスト
研究所にて、特別ワークショップに参加してまいりました。
本ワークショップは、10日間の充電を終えられた青木先生による講演、
東北への遠隔ヒーリング、和田さん・今井さんによる創作ダンス、
そして伝承霊気によるヒーリング実習で構成されておりました。

前回ヒューマン&トラス研究所にオジャマしたのは1カ月と少し前で、
ちょうど研究所のボランティア活動最終日でした。その時のセミナー室は、
地震の影響で少々雑然とした状態でしたが、今回は多くの人をお迎えする
いつもの整ったセミナー室に戻っており安心しました。

10名を超える多彩なメンバーを前に、青木先生のお話が始まります。
10日間、とある修行場にいらしたようですが、そこでは会話が禁止、
午前6時と11時の2回食事をとり夜21時に就寝するまで、ひたすら
瞑想三昧だったそうです。先生のお顔はすっかりやせておられ、スト
イックな生活であったことがうかがえます。




「Start again。また始めよう」 先生が得られたメッセージ
です。震災以来、日々のブログをつづられるなかで、様々な指摘があり、
ご自身の心の揺れに思いいたったと自己開示されます。そして心身の浄化
のために、10年ぶりの長期休暇に出かけ、再出発の心境にいたられた
ようです。

一連のお話が終わった後、参加者全員が輪になって、発霊法・霊授、
そして東北に遠隔ヒーリングを送ります。エネルギーを送信するなかで、
何人かは涙にくれていました。いつもよりも参加者の反応が激しく、
中には収まらなくなって一時退席される方もいらっしゃいました。

青木先生のワークショップが続きます。ワークショップのテーマは
「ビジョンの創作」でした。”死”を起点に、「もし死ぬとしたら
どうする?言い残したいこと、やり残したことはある?」と問われました。
そして瞑想します。
僕は「いつ死んでもいいよ」とどこかから声が聞こえました。それに
対して「まだまだやるぞ、生きるぞ」と返します。そうすると、この
ゴールデン・ウィークに関西を旅するのですが、その時やるべきことが
なぜか浮かびました。

「祈り」をテーマにした和田さん・今井さんの創作ダンスは、この日
一番の驚きでした。エキゾチックな衣装にびっくりし、激しくスピーディな
動きや柔軟な身体に感心しました。鍛えている美女は絵になりますから、
見惚れるばかりでした。お二人は震災後に「レイキ」という文字を
リーディングして、今自分にレイキが必要なんだとヒューマン&トラスト
研究所に来られたそうですから、神社で巫女さんが舞いを舞うような
神事にも思えました。







「がんこ」での昼食後は、伝承霊気等によるヒーリングの時間です。
レイキ回し、頭部への伝承霊気施療、ベッドに横たわっての通常の西洋式
レイキヒーリング、伝承霊気流の集中レイキなど、レイキヒーリングに
どっぷりつかった3時間余りを過ごし、皆一様に充電した様子でした。
僕は充電し過ぎたようで、ヒーリングを受けている時はすっかり眠りこけ、
自分がヒーラー役の時も夢うつつの頭が飛んだ状態でした。
いつもよりも、濃いヒーリング時間だったように思えます。これも先生の
10日間の修行の成果なのかもしれません!?





Restartした新生レイドウレイキ本部は、より繊細で濃密な空間
になったと感じます。これからまた色んな方達が新たに訪れ、新たな
役割を果たしていくのではないでしょうか。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

幸力の会から講演会に際して、日ごろの感謝とこれからのヒューマン&
トラスト研究所の発展を祈念して青木先生に花束・小川先生に写真立て、
お二人にメッセージカードをお贈りしました。お二人ともとても喜んで
くださいました♪






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参加者の方々がお忙しい中、感想文をお寄せくださいましたので
ご紹介します。


青木先生の講演会に参加しました。
10日間の瞑想修行を終え、きっといろいろな物をそぎ落とされたのでしょうね。
なんだか、一段明るい感じ、さっぱりされているように感じました。
東北大震災で亡くなった方のご冥福をみんなで祈るワーク、その感想を
みんなでシェアしたり、死というものと向き合う時間を過ごしました。
「今日生きて、明日死んでもいいように十分生ききる」
そんなふうに毎日を充実させて生きていきたいものです。
震災後、物の見方、価値観が大きく変わったように思います。
いかにこの状況を乗り切っていけるか、日本は今そこが注目されています。
今回のワークでは祈りのダンスを見せていただきました。
天女が舞っているようでした。人間の古代のDNAが私にもあるんだなぁと思いました。
祈りのダンスに感動しました。
Mishowからも、私の他に2名参加させていただきました。
たくさんの浄化が起こって、帰りには身も心も軽くなったそうです。
今日ここからまた始める。

Mishow K.Sさん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、4月29日の特別ワークショプに参加させていただき
ありがとうございました。

 多くの人がそうであったように、3月11日以降 沢山の事を
考え、悩み、焦り、直接被災していなくても辛い毎日だったと
思います。
私も、私自身の体調不良や家族との確執等出口が見えない
辛さと向かい合っている時に大震災が起き、ますます苦しみが
増して自分でメンテナンスし切れない状態でした。

 当日は久しぶりにお会いした青木先生の笑顔に迎えられ
それだけで癒されました。
 午前中の講演 震災から学ぶ「新たなヴィジョンの創作」の中で
明日死ぬとしたら自分に対してどんな声をかけるか?
後悔せずに死ねるか? との問いに私は今の現状では やり残した
事や気がかりな事が沢山あって死ねないなぁ と思いました。
その後の創作ダンス「祈り」では 神聖で素晴らしいダンスに
涙が止まらないほど感動し、心が浄化されていくのを感じました。
 午後はヒーリング三昧で心身がとても軽くなっていきました。
最後は皆さんの愛をたくさんいただき本当に癒され感謝感謝です。

 一日を通して向き合うべき課題が明確になり、久しぶりに前向きな
気持ちになれました。

 お会いしたかった方々とも 久しぶりに笑顔でお会いできて
とても嬉しかったです。
これも本部があるからこそだと あらためて感じた幸せです。

 すべての事が当たり前ではないのだと震災を通して学ばせて
いただきました。
一日いちにちを大事に明日死んでも悔いのないよう「生ききる」
ことが出来る生き方に 少しづつ近づいていこうと思います。
ありがとうございました。
 
K.Hさん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の青木先生講演会&ワークショップは、講演・ダンス・
ヒーリングと、とっても盛りだくさんの一日で
参加してよかったです。

「Start again!」
もう一度始めよう!と締めくくりの青木先生の言葉が心に響いています。

前を向いて、一歩一歩、精一杯に歩んでいく勇気と力をいただきました。

本当にありがとうございました。

E.Sさん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さんご協力いただきまして本当にありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いします。


幸力の会 幹事 宮島・木村



<予告>
7月18日(月・祝)に明治神宮散策を計画中です。
乞うご期待!
青木先生もご参加なさいます。幸力の会の皆様との
交流を楽しみになさっています。
どうぞ予定を空けておいてください。 








コメント (3)