きになるぶろぐ

都城市で不動産売買専門の「株式会社きになる」 代表の前田です。きになることをだらだらと書いていこうかと。

大でも小でも。

2018-09-13 13:35:23 | しごとのこと
都城市【株式会社きになる】の前田健二です。



先日、投資コンサルタントで尊敬している方
で、私が取得した資格の先生が、スルガ銀行
の不正融資に関する調査報告書を読んでいる
投稿を見て、私も、読んでみた…。



ちなみに、全文は読み応えあります



金融機関も、融資(お金を貸して)をする事
によって利息を取って収益を出すことから、
営業としての側面もあり、その中で、数字が
上がらない状態だと…。



「ビルから飛び降りろ」という過激発言も日
常的にあったみたいで…。
私も、他に尊敬している社長さんから不動産
に関するブラックなことを書いているので面
白いですよ!と言われた本【狭小住宅
とデジャブした。




親としたら、せっかく金融機関という抜群の
高収入企業に、必死に働いて大学に入れた子
供がいったのに、こんな状態だとかなりショ
ックだと思う。




責任感が強ければ強いほど、精神的な苦痛は
大きく、結果命を落とす方もでてくるなか、
先日の会議で、【エゴグラム】を持いて人間
関係を構築するときに、相手の属性を考慮し
てコミュニケーションをとるといった研修動
画をみて、この会社(スルガ銀行)さんは、
こういうこともできない状態だったんだろう
なぁ…、と考えさせられました。




大きな企業だから働いている人すべてが紳士
であり淑女であるということは、まったくな
いといういい例かと思います。
大企業の幹部だから識者という訳でもないし
大企業に勤めているから偉いわけでもない。
私も、一番最初に社会人になった会社は現在
東証一部に上場してますが、入社当時の呼ば
れ方は「戦闘員」
いつでも補充の効く、鉄砲の玉みたいなもの
でしたし、サービス残業当たり前。自腹を切
るのも当たり前。上司の飲み会は絶対。数字
がない時は、精神的に追い詰める言動は当た
り前だったし、会社に行くのが嫌だったし。




現在は、売り手市場ということで、人員確保
に各企業が必死にアピールしてますが、結局
人材育成の仕組みや福利厚生を含めた会社と
しての魅力がなければ、結局のところどこの
会社に入っても常に転職を考えなければなら
ない状態なら一緒な気がするし、就職したと
してもスキルが未熟であれば即戦力として採
用を考えている中小企業では結局生き残って
いけなくなると思う。




現在それをなくすために、会社の仕組みとマ
ニュアルの整備及び働きやすい環境の整備と
各スタッフに必要な道具をどんどん整備して
生産性の向上と、効率よい仕事の行い方で時
間短縮による残業の軽減を実行中。





宮崎県で誇れる会社にまずなれるように、ま
だまだ勉強します。面白い会社にします!
ただ、最近困ったことは、仕事が面白いから
といって社内に残って、仕事と遊びを半分ず
つしているみたいな状態があるので…。




やめさせなきゃな…。見てるほうは面白いけど。




★★★不動産のことなら『きになる』へ★★★
〒885-0019
宮崎県都城市祝吉3丁目12-8
株式会社きになる
電話:0986-36-6703
H  P:http://www.korekininaru.jp/
営業時間:9:00~18:00
定 休 日:水曜日
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 強制執行断交日当日 | トップ | 【栄町】戦国やきとり よっ田や »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

しごとのこと」カテゴリの最新記事