きになるぶろぐ

都城市で不動産売買専門の「株式会社きになる」 代表の前田です。きになることをだらだらと書いていこうかと。

行動に移す。心の準備。

2018-11-04 17:05:17 | 日記
都城市【株式会社きになる】の前田健二です。




最近めっきり、日が落ちるのが早くなり、秋
から冬に向かっているのを感じる…。



先日、都城拘置所付近の高木原緑道沿いの道
を帰宅しようと車を走らせていたら…。
道路中央に自転車で転倒した人が微動だにせ
ず横たわっている!
しかも1車線の対向車側は、倒れた人を挟ん
で数台の車が通れず渋滞している…。




なんじゃ?




と、思いつつ私は手前の交差点を右折すれば
渋滞を回避できると一度は思ったものの、放
置されている、この倒れた人をどうにかしな
いと、渋滞のままだなぁ…、だれかが応対す
るんだろうな…。と思い…ハッとする!




だれかではなく、じぶんがやれば!




と、右折後すぐに車を路肩に寄せてハザード
を点灯し、車を降りて、この倒れた人のとこ
ろに向かい一声かけてみた…。




「大丈夫ですか?」
「・・・・」



返答がない…、もしや!と思ったものの、




「アアァ??」っと、もっさりとした反応があり
、死んでいるのではなかったので一安心。



見た目の齢は80才位の男性…。
すると、渋滞している車の中から妙齢の女性
数名がこのおじいちゃんに声をかけるも、反
応はいまいち…、女性のひとりが救急車が必
要と、携帯で連絡をしようとすると…。




「だいじょうぶ、きのうもこうだった、よば
 んでいい・・・」




と、横たわりながら、このおじいちゃんは力強
く言う…、ということは立てるか?と私は再度
声をかける。




「おじいちゃん、起き上がれます?」
すると
「大丈夫」




ならば、と様子を見るものの自分では立ち上が
れない感じだったので、肩を貸しつつ起き上が
るのを手伝ったときに、【杖】を発見。




考察するに、このおじいちゃんは【杖】を自転
車のハンドル部分にかけていて、この【杖】が
車輪にひっかかり、ストッパーの役目になって
転倒したと思われ。




先程の、救急車を呼ぶために携帯で連絡した女
性は電話口で、たぶん状況を確認するために、
この男性の症状を聞こうとするも、この男性…。




「だいじょうぶなんだが!」




とよろよろの状態で、自転車をこぎだす!
大丈夫なのか⁉と思いつつも、どんどん闇夜に
消えていく…。
拍子抜けした、その場にいた全員が…。




「まぁ、大丈夫そうですね…」と話して解散。



私も、自宅に戻って、この顛末の話をして着替
えコンビニに買い物に行こう…。と思い次女を
連れて車を走らせ、やはり気になったので、先
程の道を通って、コンビニに向かうと…‼‼‼‼‼‼‼











先程のおじいちゃん…職質受けてました…。




さて、いままでは、倒れている人がいたとして
も、見て見ぬふり、誰かがやるだろう、と他人
事で、済ませていたのが、「自分がやる」もし
くは「ここで動かないと後悔する」と自分が思
えば【行動する】に変わったのが、自分の心の
準備をしていた結果だと思いました。
実際、おじいちゃんを送り出した後の、その場
にいた数名の人たちの中には、少しあたたかな
空気が流れました。
私も、実際見て見ぬふりをして自宅に帰れば、
(あのおじいちゃんどうなったんだろう…)と
悶々とした思いになるのが、今回は職質受ける
というオチになりましたが、行動することで、
わかることや、つながることもあることを感じ
ました。




やはり、行動ありきですね。





★★★不動産のことなら『きになる』へ★★★
〒885-0019
宮崎県都城市祝吉3丁目12-8
株式会社きになる
電話:0986-36-6703
H  P:http://www.korekininaru.jp/
営業時間:9:00~18:00
定 休 日:水曜日
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 43歳になりました。 | トップ | 小さな来訪…。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事