これから 別館

2019年6月大腸癌が見つかりました。
cT4aN2bM0

経緯2019年

2019-10-30 23:28:00 | 経過
"2019年
5/24 夫のクリニックで年に一度の健康診断を受ける

5/28 cea ca19-9の値が良くないので総合病院を予約したと電話有り。

5/30 地元総合病院受診
◎血液検査、
◎胃カメラ、
◎CT
血液検査の項目をみてアウトだと思う

6/4 大腸内視鏡を受ける 大腸癌発覚
ステージ2で、リンパ節には転移してないと言われる
ここでは、大腸内視鏡が最後までてきず、生検検査も取り方が悪く判断出来ず。癌専門病院に予約を入れる。

6/6 癌専門病院初受診 
主治医不在。検査始まる
◎血液検査、採尿
◎胸部立位撮影、腹部立位撮影、腹部臥位撮影
◎負荷心電図
◎肺機能検査

6/12 各種検査
◎血液検査  5本ほど
◎心臓の超音波検査
◎下部内視鏡検査
◎下肢静脈の超音波検査

6/13 主治医と初顔合わせ。
◎総合内科(循環器)
◎腹部超音波
◎CT撮影
◎主治医診察
12日の腸注のバリウムが抜けず次週CT再検査。

4型(びまん性=スキルス性)大腸癌と言われ青天の霹靂。
この日夫と田舎に帰り、二人で落ち込む。今生の別れかもと思う。

6/20 診察 CT
現時点でS状結腸癌 ssn1m0ステージ3a  病理診断で中分化
だったら夏を越せる❗と嬉しかった。

6/26 癌専門病院に入院

6/28 癌専門病院にて腹腔鏡で手術

7/3 腹膜播種があり、ステージがひとつあがり4に。

7/11 退院

7/25 術後初回検診 (大腸外科)
腹膜播種ではなく癌細胞はなくて筋腫だと言われステージは3へ。
T4aN2M0 ステージ3c

7/25 消火器内科初受診  
術後補助的化学療法はXELOX療法決定

8/8 初回1クール
XELOX療法(カペシタビン:ゼローダーとオキサプラチン:エルプラット)1クール3週間を8クール。期間は半年の予定

8/28 2クール

9/30 ポート埋め込みの為2泊3日で入院予定

10/1 ゼロックス療法3クール
オキサリプラチン 25%減量
ゼローダ 1錠 減薬

10/17 Yクリニックで造影剤CTを撮る

10/24 ゼロックス療法4クール
オキサリプラチン 25%減量
ゼローダ 1錠 減薬 

CTを撮ったクリニックから結果戻る。明らかな転移、再発はなしとの回答。しかし腫瘍内科の主治医から転移の示唆あり。

10/31 大腸外科で術後4ヶ月検診
転移なし。肺結節は経過観察。






この記事についてブログを書く
« ゼロックス療法4クール6日目 | トップ | 術後4ヶ月検診 »