アートプラス京めぐり

京都の探索、記事数4800 ミニ・テーマで京都をめぐります 随時記事更新中

石仏左027  静原 薬王坂  弥陀二尊板碑

2018年05月17日 06時41分20秒 | 石仏

 

弥陀二尊板碑

赤松の大木の根に巻かれて建っているのは花崗岩の板碑で正面の角形に彫り込んだ内に浮彫りにされている石仏は、蓮座に座る二体の阿弥陀如来です。その下に磨滅していますが、次の通り三行の銘文が刻まれています。

為弘阿弥聖霊

願主 尼蓮性

貞治3年8月3日

在俗出家夫婦の妻蓮性が亡夫弘阿弥の菩提を弔い、後生安楽を祈って建てたものかと思われます。貞治3年は1364年南北朝時代の後期で、以来数百年の風雪に耐えた尊貴な石仏です。 西京区 一参拝人

 

 

石仏 前回の記事 ➡ 石仏左026  大原 井手町

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます

『京都府』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 下京区  町名  仁丹   | トップ | まち歩き左0809 薬王坂  ... »
最近の画像もっと見る

石仏」カテゴリの最新記事