アートプラス京めぐり

京都の探索、記事数4500 ミニ・テーマで京都をめぐります 随時記事更新中

祠南038 稲荷大神

2018年03月19日 20時53分47秒 | 町内の小さな祠

 

 祠 前回の記事 ➡ 祠南037  児水不動尊 

五七五

手術する瞳に桜焼きつける /栗林

京の味

鯖寿司 若狭から届くひと塩の鯖を三枚におろし、小骨を抜いてから酢でしめ、寿司飯の上に乗せて竹の皮で包んだ棒寿司。鯖の上に薄い白板昆布を乗せるものもある。5月の祭、祇園祭、秋祭など季節を問わず祭りや行事には欠かせないもの。祭りの時には、各家で作ったものを親戚や知人に配り、ともに祝う。

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます

 

『京都府』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花南017  椿の花束のようだ | トップ | まち歩き下0726  高倉跨線... »
最近の画像もっと見る

町内の小さな祠」カテゴリの最新記事