アートプラス京めぐり

京都の探索、記事数4800 ミニ・テーマで京都をめぐります 随時記事更新中

蔵のある風景南0368回  八条 源町 

2018年03月19日 15時05分42秒 | 蔵のある風景

 

蔵のある風景 前回の記事 ➡ 蔵のある風景中0367回  壬生 付近

五七五

パソコンが反逆老いを侮るか /谷口

京の味

鱧  鱧落とし、ぼたん鱧、鱧の皮ときゅうりの和え物、つけ焼き、白焼、鱧鍋、揚げ物、鱧寿司。京都の夏といえば、祇園祭と鱧料理。鱧の骨切りはプロの板前でも10年の修行があるといわれるほどで、関東ではほとんで食べられない鱧という素材を洗練し、京も文化にまで高めたのは料理人の技術のたまものである。

 

『京都府』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 神社南0128 六孫王神社 | トップ | 花南017  椿の花束のようだ »
最近の画像もっと見る

蔵のある風景」カテゴリの最新記事