アートプラス京めぐり

京都の探索、記事数6500 いろいろなテーマで京都をめぐります 
京都市外も始めました 先ずは京都南部から

寺院城陽0764  極楽寺  本尊は重要文化財

2021年01月21日 18時00分39秒 | 寺院

 

極楽寺

浄土宗 慶長15年(1610)僧空円によって再建されたが、

正徳2年(1712)9月の木津川堤防決壊によって被害をこうむり、記録を失った。

本堂には阿弥陀如来立像を安置し、

他に地蔵堂・弁天堂・土蔵・庄屋文次郎碑などがある。

 

阿弥陀如来立像

極楽寺の阿弥陀如来立像は、像内から見つかった文書から、

阿弥陀如来立像の像内から4種類の古文書が発見された事により、

この像が鎌倉時代の代表的な仏師「快慶」が製作にかかわった最後の作品であると推測されます。

「法華三十講経御名帳」の「十二日分別功徳品」の項に「過去法眼快慶」と記されており、

生没年が不明である快慶の没年を推定する貴重な発見です。

鎌倉時代を代表する仏師である快慶が制作を始め、

快慶の死後に弟子の行快が1227年に完成させたと考えられています。

重要文化財(仏像など) ⇒ まとめ040 重要文化財 ・仏像等

寺院 前回の記事 ⇒ 寺院城陽0763 浄土宗 阿弥陀寺  薬師如来像は重要文化財

   次回の記事 ⇒ 寺院城陽0765 正行寺 浄土宗

下の地図のーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


この記事についてブログを書く
« 京の昔の話題0038  天皇の... | トップ | まとめ040 重要文化財 ・仏... »
最新の画像もっと見る

寺院」カテゴリの最新記事