アートプラス京めぐり

京都の探索、記事数4800 ミニ・テーマで京都をめぐります 随時記事更新中

ポスター0094 古知谷 阿弥陀寺 感得阿弥陀如来立像

2018年03月20日 22時15分51秒 | 掲示ポスター

平成29年 春季 京都非公開文化財 特別公開

毎年 春と秋に実施されています

古知谷光明山と号する浄土宗知恩院派の寺で、慶長14年(1609)木喰僧弾誓上人が創建した加法念仏の道場である。上人は尾張国海辺村の生れ、9歳にして出家し、諸国を回遊して京都に至った。たまたま五条橋上より北方に紫雲がたなびき、光明たるを発見して、遂にこの地に来たって一宇を建立したのが、当寺の起こりと伝える。上人はこの地に、住すること4年、慶長18年(1613)5月、62歳で亡くなった。

本堂(開山堂)には世に「植髪の像」と称し、弾誓上人の髪を植えた自作の像を安置し、右脇壇には阿弥陀如来座像(鎌倉・重文)を安置する。その背後の開山窟には、上人の遺骸をおさめた石棺があり、宝物殿にはまた上人常用の法衣や仏具等が展示されている。

ポスター 前回の記事 ➡ ポスター0093  白隠禅師 250年遠忌 妙心寺

五七五

年齢を重ねてすこしずつこわれ /杉山

京の味

鹿ケ谷かぼちゃ供養 安楽寺 7月25日

江戸時代、安楽寺の真空上人が、夢で土用にかぼちゃを供養すれば病から逃げられるというお告げを受け、仏前に供えて供養した後、食したのが始まりとされる。当日、鹿ケ谷かぼちゃが参詣者にふるまわれる

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます

『京都府』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 寺院下0435  法順寺  真... | トップ | まち歩き下0727  う~ん ... »
最近の画像もっと見る

掲示ポスター」カテゴリの最新記事